財布 おろす 日 2020 年。 【2020年・2021年】 お財布はいつ使い始める?いつ買う?オススメの吉日をご紹介!【令和2年・令和3年】

寅の日2020最強の開運日は?大安と重なる日が今年はあと3日

財布 おろす 日 2020 年

【天赦日(てんしゃにち)】 この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。 出典: 【一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)】 一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。 一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。 出典: 【寅の日(とらのひ)】 BIGの購入や財布を新しくすると出て行ったお金が戻ってくる、この日に旅行に出かけると安全に帰ってくることができる、などと言われているのですね。 出典: 特に天赦日は、 吉日のなかで最も縁起のいい日です。 まずは財布の購入を検討している月の天赦日をチェック! もし天赦日があれば、その日に財布を新調しておろすと金運アップが期待できます。 かなりレアな日なので、見逃さないようにしましょう。 【7月】一粒万倍日が多くて買う日を選びやすい 【天赦日】• 2日(水) 【一粒万倍日】• 1日(火)• 6日(日)• 9日(水)• 14日(月)• 21日(月)• 26日(土) 【寅の日】• 8日(火)• 20日(日) 9月は2020年下半期の中でも、財布の買い替え・使い始めにもってこいの月です。 なんといっても下半期に3回しか訪れない、 最上の吉日「天赦日」が2日に訪れます。 運気をしっかり取り込むなら、この日を狙ってみましょう。 それ以外でも、20日と26日も財布を買う日にはおすすめ! 「20日=寅の日と大安が重なる日」「26日=一粒万倍日と大安が重なる日」、このように大安と寅の日・一粒万倍日が重なるんです。 2日に財布を買い換えられないという方は、20日や26日も狙ってはどうでしょうか。

次の

財布をおろすのに縁起のいい日【2019年】は?金運をあげるポイントもしっかりチェック!

財布 おろす 日 2020 年

今回はお財布の使い始めについてです。 いろいろ験担ぎがあるのでご紹介します。 お財布を買い換え時期に良い「 春財布・秋財布・締め財布」とは? 普段使っているお財布。 お金とは切っても切れない関係にあります。 そんなお財布を買い換えるとき何を基準に選んでいますか?• 新しい財布が出た時?• 欲しい財布が出た時?• 使っているのが壊れたとき? いろいろタイミングがあると思います しかし、財布をかうならただ買うのではもったいない。 実は買い換えの時期で金運アップにもつながるからです。 ではどのタイミングでかいかえればいいのか? 財布の換え時期は3種類あります。 春財布• 秋財布• 締め財布 それぞれ説明してきます。 春財布とは? まずは 「春財布」です。 「春財布」とは別名「 張る財布」とも言われ、縁起がいいとされています。 春は冬を越えて花や草木が沢山芽吹きます。 それにあやかり、財布がパンパンに張るという意味が込められています。 春財布の時期ですが諸説あります。 主に2種類ほどあり二十四節気で以下の期間が「春財布」の時期と言われています• 秋財布とは? 続いてご紹介するのが「 秋財布」。 「秋財布」とは秋というと同じ同じ音の言葉で「飽き」「空き」などがあります。 ネガティブなイメージがありますが、実りの秋に例え「 財布が実る」と言われています。 お金が貯まると秋財布も金運アップに良いとされています。 秋財布の時期も諸説あり、以下の2種類の時期が「秋財布」の時期とされています• 新嘗祭は秋を締めくくる五穀豊穣を感謝する為のお祭りです。 なので秋財布はこの時期までに買うのが良しとされています。 締め財布とは? 「秋財布」のシーズンで買い換え忘れてしまった! そんな人に朗報です。 実は 12月中に買い換えるのも有効なんです。 それが「 締め財布」と呼ばれる物です。 春財布・秋財布に比べ聞きなじみがないかも知れませんが、12月買い換えることを「 締め財布」といいます。 これは年末で「締まる」事から由来し、 財布が締まって余計な出費をしなくなる。 と言われています。 つまりお金が溜まりやすくなるという事なんですよね。 などの秋財布を逃してしまった方は「締め財布」もオススメです。 お財布の買い換えのタイミングは? お財布を買い換えるタイミングはいつがいいのか? 人によっては10数年使っていたり、1年で買い換えたりする場合があります。 お気に入りの財布は長く使っていたい物ですが、ここにもタイミングがあります。 まずは ボロボロの財布は使ってはいけないと言うことです。 風水的に見てもボロボロな物は金運が逃げやすくなってしまいます。 なので、買い換えのタイミングの 目安は3年と言われています。 3年に一度買い換えて金運のアップしていきましょう。 お財布の買い換え・使い始めにいい吉日 財布には買い換えの「時期」だけでなく、 買い換えるや使い始めに適した「日」があります。 いわゆる「吉日」と呼ばれる日です。 日本の暦には金運アップにいいとされる吉日が幾つかあります。 もちろん時期も大切なのですが、むしろ「吉日」の方が重要なんです。 中でも暦の上で購入とてもいいとされる日は以下4つ。 天赦日(てんしゃにち)• 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび)• 寅の日(とらのひ)• 巳の日(みのひ) これらの日に「買い換え」や「使い始め」にすると金運アップに繋がります! それぞれ説明していきます 天赦日 (てんしゃにち) まずは「 天赦日」についてご紹介します。 「てんしゃにち」または「てんしゃび」といいます。 この天赦日がどんな日かというと この日は、百神が天に昇り、天が万物の罪を赦(ゆる)す日とされ、最上の大吉日である。 () と言われています。 従って何をするにもいい日とされ、 婚礼、引っ越し、開業、財布の新調が特に良いとされている日です。 天赦日は1年に5~6日しかないので、この日に縁起を担ぐのはとてもいいことですね。 2020年の「天赦日」 1月27日(日) 1月22日(水) 2月5日(木) 4月5日(日) 6月20日(土) 9月2日(水) 11月23日(土) 11月17日(火) 一粒万倍日(いちりゅうまんばいび・いちりゅうまんばいにち) 続いては「 一粒万倍日」をご紹介します。 「いちりゅうまんばいにち」または「いちりゅうまんばいび」といいます。 この一粒万倍日はどんな日なのかというと 「一粒万倍」とは、一粒の籾(もみ)が万倍にも実る稲穂になるという意味である。 一粒万倍日は何事を始めるにも良い日とされ、特に仕事始め、開店、種まき、お金を出すことに吉であるとされる。 但し、借金をしたり人から物を借りたりすることは苦労の種が万倍になるので凶とされる。 と言われています。 一粒万倍日は「 お金が何倍にも膨らむ」と考えられています。 従って、この日にお財布を購入または使い始めるのがいいですね。 注意点は借金をすること。 この日にすると倍になってしまうので注意が必要なんです。 また、一粒万倍日は数が多いので他の暦注と重なりやすいのも特徴。 先ほど説明した「天赦日」と重なれば 効果は倍に、 逆に縁起の悪い日「不成就日」(後述します)とかさなれば 効果だと半減するそうです。 チェックが必要ですね。 2020年の「一粒万倍日」 1月: 10日・13日・22日・25日 2月: 3日・ 4日・9日・ 16日・21日・28日 3月: 4日・7日・ 12日・19日・ 24日・31日 4月: 6日・15日・18日・27日・ 30日 5月: 12日・13日・ 24日・25日 6月: 7日・8日・ 19日・20日 7月: 1日・2日・14日・17日・ 26日・29日 8月: 8日・ 13日・20日・25日 9月: 1日・6日・9日・ 14日・21日・ 26日 10月: 3日・9日・18日・21日・30日 11月: 2日・14日・15日・ 26日・27 12月: 10日・11日・22日・23日• 寅の日とは12日ごとに巡ってくる吉日のことです。 虎の黄金色の縞模様は金運の象徴と言われています。 なので、「寅の日」は吉日の中でも最も 金運に縁のある日とされています。 この日に財布を買うと 「 出て行ったお金を呼び戻してくれる」とも言われています。 また、古来より虎は一瞬で「千里を行って千里を帰る」チカラを持つとされています。 このことから「この日に旅行に出かけると安全に帰ってくることができる」といわれています。 ただ、気をつけたいのは単なる吉日ではないと言うこと。 1ヶ月に2~3回やってくる日なので、 仏滅などの縁起が悪い日にも当たりやすいです。 その場合は 大凶日となってしまうので注意が必要です。 2020年の「寅の日」 1月: 12日・ 24日 2月: 5日・17日・29日 3月: 12日・24日 4月: 5日・17日・ 29日 5月: 11日・ 23日 6月: 4日・ 16日・28日 7月: 10日・22日 8月: 3日・15日・27日 9月: 8日・ 20日 10月: 2日・ 14日・26日 11月: 7日・19日 12月: 1日・13日・ 25日• 赤字は大安と重なっている日です。 青字は仏滅と重なっている日です。 巳の日 「 巳の日(みのひ)」とは7福神の一人「 弁財天」にゆかりのある日。 弁財天は 芸術や財運の神さまと言われています。 鎌倉の銭荒井弁天をはじめお金にまつわる由来のある神社もありますよね。 また、弁財天はインドにおいて水の神としてあがめられていました。 その水がある「川」からイメージされ「蛇」を神の使いとしてあがめたそうです。 従って「巳の日」は弁財天に由来する日なんです。 「巳の日」は十二支の1日。 12日ごとに巡ってきます。 巳の日に弁財天のつかいである蛇(特に白蛇)に願い事をすると弁財天に届けられると言われています。 特に金運・財運にまつわる縁起のいい吉日。 「巳の日」の中でも60日に一度にやってくる「 己巳の日(つちのとみのひ)」は最も縁起がいい日とされています。 己巳の日は1年で6回ほどやってきます。 この日を狙って 弁財天にお願い事をしたり、宝くじや財布を新調するといいですね。 2020年の「巳の日」 1月: 3日・15日・27日 2月: 8日・20日 3月: 3日・ 15日・27日 4月: 8日・20日 5月: 2日・14日・26日 6月: 7日・19日 7月: 1日・13日・ 25日 8月: 6日・ 18日・30日 9月: 11日・23日 10月: 5日・17日・29日 11月: 10日・ 22日 12月: 4日・16日・28日• 赤字は大安と重なっている日です。 青字は仏滅と重なっている日です。 2020年の「己巳の日」• 1月27日• 3月27日• 5月26日• 7月25日• 9月23日• 11月22日 財布の買い換え・使い始めのいい日はここだ! お財布の縁起を担ぐには「 天赦日」・「 一粒万倍日」・「 寅の日」・「 巳の日」の4つの吉日をご紹介しました。 では、どの日にお財布を「買い」・「使い始める」といいのか? 吉日が重なる日に使うのがいいとされています。 残念ながら2020年は吉日が3つ以上重なる日がありません。 なので、いずれか2つが重なった日を使い始めとするのがいいですね。 また大安と組み合わせると効果がアップします。 以下の3パターンに分けてご紹介します。 超オススメの日• オススメの日• 使い始めNGの日 2020年で超オススメの日 まずはオリンピックイヤーの2020年で財布の買い換え・使い始めに超オススメの日をご紹介します。 2020年「超オススメの日」• 2020年1月22日 天赦日+一粒万倍日• 2020年6月20日 天赦日+一粒万倍日• 2020年2月5日 天赦日+寅の日• 2020年4月5日 天赦日+寅の日 2020年は吉日が三つ重なることはありませんでした。 しかし、いずれも天赦日と組み合わせがあります。 なかでも、 一粒万倍日との組み合わせはうまく利用したいですね。 2020年のオススメの日 続いて2020年でお財布の買い換え・使いはじめにオススメの日です。 超オススメと比べても遜色はありません! 2020年「オススメの日」 <一粒万倍日+巳の日>• 2020年6月7日 《一粒万倍日+巳の日》• 2020年7月1日 《一粒万倍日+巳の日》 <寅の日+大安>• 2020年11月22日 《巳の日+大安》• 2020年12月4日 《巳の日+大安》 注意点としては2020年は前年の2019年にくらべると、オススメの日が減っているところです。 なぜ減ってしまったのかは理由があります。 それを次の項目で説明します。 「不成就日」 とは? 縁起がいい吉日についてご紹介してきましたが、実はその逆もあります。 暦でも仏滅があるよう、お財布を買い換える上でも縁起の悪い日があります。 それが「 不成就日(ふじょうじゅび、ふじょうじゅにち)」と呼ばれる日です。 不成就日は名前の通り「 何事も成就しない日」とされています。 この日は財布の買い換えはもちろん、 結婚・開店・移転・願い事全てにおいて 凶とされています。 しかも、不成就日は他の吉日とも重なるので注意が必要です。 その場合は 大凶となることもあります。 従って、該当する日に財布の買い換えや使い始めはもってのほかですよ。 2020年の「不成就日」 1月: 8日・16日・24日・27日 2月: 4日・12日・20日・25日 3月: 4日・12日・20日・24日 4月: 1日・9日・17日・26日 5月: 4日・12日・20日・26日 6月: 3日・11日・19日・25日 7月: 3日・11日・19日・26日 8月: 3日・11日・21日・29日 9月: 6日・14日・18日・26日 10月: 4日・12日・17日・25日 11月: 2日・10日・18日・26日 12月: 4日・12日・19日・27日 2020年でお財布買い換え・使い始めにNGな日 それでは「2020年」で買い換え・使いはじめNGな日をご紹介します。 2020年「NGな日」• 2020年2月4日 《一粒万倍日・不成就日・大安》• 2020年3月4日 《一粒万倍日・不成就日・大安》• 2020年3月12日 《一粒万倍日・寅の日・不成就日》• 2020年3月24日 《一粒万倍日・寅の日・不成就日》• 2020年6月19日 《一粒万倍日・巳の日・不成就日》• 2020年7月26日 《一粒万倍日・不成就日・大安》 一粒万倍日と不成就日がかなり重なっているので注意が必要です。 特に3月は注意してください。 一粒万倍日・寅の日・不成就日の組み合わせは逆効果。 かなり警戒が必要ですよ。 財布を使い始める時間もこだわってみる お財布を使い始める日には適する日があります。 となると時間はどうのか? 時間にも使いはじめに適した時間。 適さない時間があるのではないか? そう思う方も少なくないでしょう。 実は使いはじめにも適した時間があるんです。 では、 使いはじめに良い時間はいつなのか? 時間の縁起を担ぐ上でかかせないのが「 陰陽五行説」。 中国発の自然哲学の思想です。 陰陽五行説は「木」・「火」・「土」・「金」・「水」の5つがありそれぞれに意味があります。 細かい説明は省略しますが、お金にまつわるのは五行のなかでも同じく「 金」です。 つまり「 金」に該当する時間に使い始めればOK。 金の時間はいつなのか? それが以下の時刻です。 15時~17時(申) 17時~19時(酉) 「申の刻」と「酉の刻」と言われる時間帯です。 この時間帯に使い始めればOKです。 逆に 使いはじめに適さない時間もあります。 それが「 火」の時間です。 火は陰陽五行説で相克関係(相手を打ち滅ぼす関係)。 火は金属を熔かすという意味で使いはじめにはあまり適さない時間帯です。 火の時間は何時なのかというと以下の時刻です 9時~11時(巳) 11時~13時(午) 「巳の刻」・「午の刻」と言われると時間帯です。 この時間での使用開始には注意したいですね。 使い始める日にこだわったら時間にもこだわるのもありですよ。 ベストな買い換え方法・縁起の担ぎ方は? ここまで買い換え・使い始めにいい吉日などをご紹介しました。 では、購入から使いはじめまでどうすればいいのか? 担ぐべき縁起が多くてわからなくなりますよね。 次の方法が一番ではないでしょうか? 1.吉日に財布を買う 2.縁起を担ぐ方法で寝かせる 3.次の吉日に使い始める 例えば2020年6月までにお財布を買う場合。 寅の日・巳の日などの吉日にお財布を買う。 縁起を担ぐ方法で寝かせる。 そして、4月~6月の一粒万倍日である以下の日から使い始める。 4月: 6日・15日・18日・27日・30日 5月: 13日・24日・25日 6月: 7日・8日・20日 中でもオススメなのは 2020年6月7日と6月20日です。 6月7日は一粒万倍日かつ巳の日。 そして、6月20日は 一粒万倍日かつ 天赦日です。 6月7日に購入して13日ほど寝かして20日に使い始めるのが理想です。 なお、2020年は不成就日が多いので注意が必要です。 暦のチェックを忘れずにしてください。 縁起の担ぎ方は別の記事で解説しています。 そちらをあわせて読んでみてください。

次の

財布の使い始めで買う日&おろすと良い日は?金運爆上げの財布の法則【2020年最新版】

財布 おろす 日 2020 年

財布の使い始めに良い日2020を、月別に分かりやすくまとめてみました。 財布は使い始めの日や、財布を買う日が重要だといわれています。 財布はマメに買い替えて、新しいきれいな財布にした方が金運が上がるとも、昔からよくいわれていますよね。 使い古しのくたびれた財布は運気が落ちる、ともいわれています。 財布を使い始めるのに、縁起が良い日と悪い日があると聞いたことがあり、ほんとにそんな日があるのか財布の使い始めに良い日を調べてみることにしました。 そしたら「財布の使い始めに良い日」と古代から言われている日があったのです! 昔の人は、財布のおろす日や時間を、気にする人が多いとも聞いたことがあります。 財布の使い始めに良い日があるという事は、悪い日もあるということですよね。 やはりココは金運が上がるように、財布の使い始めに良い日を選んで使いたいと思いませんか? 財布の使い始めに良い日を選んだら、金運が上がるよう財布を寝かす方法、財布を雨の日に使い始めると良い、といわれている理由なども気になりますよね。 こちらで紹介している記事は、新しい財布をおろすときに、きっとお役に立つと思いますよ。 また、 お札が財布から出て行かないといわれている、お札の入れ方も紹介しますね! 目次• 財布の使い始めに良い日2020年1月 【2020年1月】 天赦日 てんしゃにち 22 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 10. 25 寅の日 とらのひ 12. 24 大安 たいあん 6. 29 新月 しんげつ 25 2020年1月の財布の使い始めに最も良い日は、天赦日と一粒万倍日が重なっている 22日です。 ちなみに、 25日は一粒万倍日と新月が重なっています。 12日と24日は寅の日と大安が重なっていますので、財布の使い始めに良い日です。 また、これらの日は財布の購入にも良い日とされています。 財布の使い始めに良い日2020年2月 【2020年2月】 天赦日 てんしゃにち 5 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 3. 28 寅の日 とらのひ 5. 29 大安 たいあん 4. 27 新月 しんげつ 24 2020年2月は、天赦日と寅の日が重なる 5日が、最も財布の使い始めや、財布の購入に良い日です。 4日と16日も一粒万倍日と大安が重なり開運財布になる日となり、財布の使い始めや購入日に良い日です。 財布の使い始めに良い日2020年3月 【2020年3月】 天赦日 てんしゃにち なし 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 4. 31 寅の日 とらのひ 12. 24 大安 たいあん 4. 26 新月 しんげつ 24 2020年3月は天赦日はありません。 24日は一粒万倍日と寅の日と新月が重なっているので、2020年3月の財布の使い始めに最も良い日です。 新月は、何かを始めるのに適した日なので、財布をおろす日に向いています。 また財布の購入にも良い日です。 12日も一粒万倍日と寅の日が重なっていますので、財布の使い始めや、財布の購入にも良い日です。 一粒万倍日と大安が重なっている 4日も縁起のいい日です。 財布の使い始めに良い日2020年4月 【2020年4月】 天赦日 てんしゃにち 5 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 6. 30 寅の日 とらのひ 5. 29 大安 たいあん 1. 30 新月 しんげつ 23 2020年4月は、天赦日と寅の日が重なっている 5日が最も財布の使い始めや、財布を買う日に適している日です。 4月の春の財布は「財布が張る 春 」ともいわれ、新月の 23日や一粒万倍日に購入する財布も、お金を生みます。 財布の使い始めに良い日2020年5月 【2020年5月】 天赦日 てんしゃにち なし 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 12. 25 寅の日 とらのひ 11. 23 大安 たいあん 6. 30 新月 しんげつ 23 2020年5月は天赦日はありません。 財布の使い始めとして、寅の日と新月が重なった 23日、一粒万倍日と大安が重なった 12日、24日が財布を買ったり、財布をおろしたりする日に良い日です。 また5月は 7日が満月です。 月のパワーが最大限になる日です。 財布を買うのに縁起の良い日でもあります。 満月の日に財布を購入し、しばらく財布を寝かせ、天赦日や一粒万倍日、寅の日、大安に財布を使い始めるのも良いでしょう。 財布の使い始めに良い日2020年6月 【2020年6月】 天赦日 てんしゃにち 20 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 7. 20 寅の日 とらのひ 4. 28 大安 たいあん 5. 27 新月 しんげつ 21 天赦日と一粒万倍日が重なった 20日が2020年6月では、最も金運財布に適した日で財布の使い始めや購入に良い日です。 新月と大安が重なった 21日も、財布の使い始めや購入に良い日です。 一粒万倍日と巳の日が重なった 7日と19日も財布の使い始めに良い日です。 財布の使い始めに良い日2020年7月 【2020年7月】 天赦日 てんしゃにち なし 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 1. 29 寅の日 とらのひ 10. 22 大安 たいあん 3. 26 新月 しんげつ 21 2020年7月の、財布の使い始めや購入に良い日は、一粒万倍日と大安が重なっている 26日です。 一粒万倍日と巳の日の重なっている 1日も財布の使い始めに適した日です。 2020年7月はこの他には開運日が重なった日はありませんが、一粒万倍日、寅の日、大安、新月は、お金に縁がある開運日ですので、これらの日に財布を買ったり、おろしたりすると良い日ですよ。 財布の使い始めに良い日2020年8月 【2020年8月】 天赦日 てんしゃにち なし 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 8. 25 寅の日 とらのひ 3. 27 大安 たいあん 1. 29 新月 しんげつ 19 一粒万倍日と大安が重なった 13日が、2020年8月では唯一、開運日が重なっています。 この日は、財布の使い始めや購入に良い日です。 8月は開運日の重なる日は、他にはありませんが、新月やそれぞれの開運日が多く存在する月で、財布との良いご縁が授かる日が多いということになります。 財布の使い始めに良い日2020年9月 【2020年9月】 天赦日 てんしゃにち 2 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 1. 26 寅の日 とらのひ 8. 20 大安 たいあん 4. 26 新月 しんげつ 17 2020年9月2日は、天赦日でこの日は満月となっています。 月のパワーを授かることができる、月のパワーが満ち足りた日であり、財布の使い始めに良い日です。 20日も寅の日と大安と重なり、財布の購入や使い始めに良い日です。 26日は、一粒万倍日と大安が重なり、財布の使い始めなどに良い日とされています。 財布の使い始めに良い日2020年10月 【2020年10月】 天赦日 てんしゃにち なし 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 3. 30 寅の日 とらのひ 2. 26 大安 たいあん 2. 31 新月 しんげつ 17 2020年10月は、寅の日と大安が重なる 2日と14日が財布の使い始めに良い日です。 特に2日は満月とも重なり月のパワーの元、御利益が大きく反映しそうです。 17日は新月で巳の日でもあり、この日も財布の使い始めや財布をおろす日に良い日です。 財布の使い始めに良い日2020年11月 【2020年11月】 天赦日 てんしゃにち 1. 17 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 2. 27 寅の日 とらのひ 7. 19 大安 たいあん 6. 28 新月 しんげつ 15 2020年11月の天赦日は、 1日と17日とめずらしく2回もあります。 天赦日は、日本の暦の上で最上の吉日といわれている、年に数回しかない貴重な日です。 この日からの財布の使い始めは、金運に恵まれる運を授かれます。 また 15日も、一粒万倍日と新月が重なり、良い開運日です。 財布の使い始めに良い日2020年12月 【2020年12月】 天赦日 てんしゃにち なし 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 10. 23 寅の日 とらのひ 1. 25 大安 たいあん 4. 27 新月 しんげつ 15 2020年12月は、 10日が一粒万倍日と大安が重なっており、財布の使い始めや購入に良い日です。 15日も大安と新月が重なっており、財布の購入やおろすのに良い日です。 4 日も大安で巳の日が重なり、お金に縁がある開運日です。 一年を通して様々な開運日がありますが、財布の使い始めに良い日といわれる、それぞれの意味を下記で紹介していきますね。 財布の使い始めに良い日とは 天赦日 てんしゃにち 日本の暦の上で最上の吉日とされている日です。 天赦日は、百神が天に昇り天が万物の罪を赦(ゆる)す日といわれ、とにかく新しい何かを始めるのに最適な日です。 年に5~6回しかないので逃したくない開運日です。 一粒万倍日 いちりゅうまんばいび 一粒万倍日とは、たった一粒のモミが、万倍にも実り稲穂になるという意味で、「お金が何倍にも膨らむ」とされている吉日です。 この日に借金などすると、借金も膨らむとか。 寅の日 とらのひ 黄色のシマ模様の寅は金運の象徴です。 寅は、一瞬で千里の道を駆け、一瞬で戻ってくるので、この日に財布を使い始めると「使ったお金がすぐにまた戻ってくる」とした日です。 財布の使い始めとして人気のある日です。 寅の日は、宝くじを買ったり賭け事にも向いている日とされています。 旅行に出かけるのも適した日で、安全に帰って来れるといわれています。 婚礼 離婚につながる や葬儀 死者が戻る は、不向きの日です。 大安 たいあん 大安は、とにかく何をするにも縁起の良い日とされています。 財布を購入しても良し、使い始めるのにも良し、何事においても吉の日です。 新月と満月 古代より日本には「お月見」という行事がありますよね。 また、昔から「月に願い事をする」という言葉もあるぐらいで、月には大きなパワーがあるといわれています。 月の満ち欠けにより、海の潮の満ち引きも影響を受けているといわれています。 月の満月や新月を基準にして、地球上の様々なものが影響を受けているそうです。 もう少し詳しくいいますと、 新月は、始まりの運気を持つといわれており、風水的にも新月は、目標を立てたり、新しいものを使い始めたり、新しい事の始まりに適しているといわれる日です。 新月と満月のパワーの違いは、新月は満月に向かい、始まりの運気ということで、何かが向上することや、何かが増えることを願うと良い日です。 例えば、金運アップを願ったり、目標が達成するように願うと良いとされています。 よって、新月に、財布を購入したり、財布をおろしたりすると良い日ということです。 逆に 満月は減少をすることにパワーを与えてくれるので、減らしたいパワーを願う、例えば、借金や苦労、災いなどが減るようにお願いをすると良いとされています。 また、満月にはパワーがあります。 満月はパワーが満ち足りているといわれており、自身が満月のパワーを授かりたいときには、月光欲をするといいといわれています。 新月も満月も、月のパワーは同じですが、プラスしたい願いのパワーと、マイナスにしたい願いのパワーによって違います。 お金を増やしたいと、金運アップの願いを込めて、財布の使い始めとして力を授かりたいというのなら 「新月」です。 また追記ですが、天赦日と仏滅が重なる時もありますが、 天赦日は仏滅や大安に関係なく、年に数回しかない日本の暦の上で最も良い日、最上の吉日とされていますので、仏滅は気にしなくても大丈夫です。 以上のように、1年に何回か財布の使い始めに良い日がありますが、自分にとっての財布の買い替え時期はいつなのか迷ってしまいますよね。 次は財布の買い替え時期を考えてみましょう。 財布の買い替え時期 財布の寿命は1000日 3年 とよく聞きますね。 それは、 使っていくうちに厄がたまっていくからだそうです。 長年使ってきた愛着のある財布ですが、くたびれた古い財布に執着するのは運気を落としかねません。 できれば年に1回新しい財布に替えるのが理想的だとか。 風水では定期的に財布を買い替え、 運気を入れ替えた方が より金運が上がると言われています。 また 『春財布』と呼ばれている、春の時期に買う財布は「財布が張る 春 」と読み、財布が膨らむという意味で、春の新生活に向けて買い替える人もいます。 しかし人それぞれタイミングがあると思いますので、財布の買い替え時期は、今使っている財布が古くなったなとか、財布を買い替えようと、ふと思った時があなたにとっての財布の買い替え時期だと思います。 そのタイミングで一番近い吉日を、財布のおろす日として選ぶのがベストでしょう。 もしかしたら、古い財布が「そろそろ疲れました・・」と、あなたに言っているのかもしれませんね。 次は、財布を買い替えたら、新しい財布に金運が上がるようたくさんのお金を記憶しておいてもらいましょう。 お札の入れ方 新しい財布を購入したら、その財布がお金に縁があるように1番最初に入れる金額は、できるだけ多くの札束を入れてください。 なぜなら、財布というものは 最初に入った金額を記憶するそうです。 そして常にそれぐらいの金額が入っているように保とうとする性質があるので、最初にたくさんのお金を入れてあげると後々、それと同じぐらいのお金を財布の中に維持しようとしてくれます。 中に入れておくお札はできれば綺麗な新札が理想的で、お札の向きも綺麗に揃えておいてください。 お札の向きは、頭が上向きでも下向きでも、それぞれご自分のお好きなように。 ちなみに私は昔から、お札の入れ方として、お札の頭を下向きに揃えて入れています。 理由は、外に飛び出すときには普通、頭から上に出ていきますよね。 お札の頭が上だとお金が出ていきやすい。 また、入ってくる時も頭から飛び込んでくるイメージなので、頭が下だとスムーズにそのまま、頭からお財布に納まりやすい。 という意味です 昔、京都の祇園で聞いたことがあります お札の頭が上向きに入れる方が良いという人もいるし、別にどちらでも良いと思います。 そして、新しい財布に、できるだけ沢山のお金を入れたら、そのまま白い半紙や和紙にお財布を包み、北の方向の暗い所に 引き出し・押し入れなど 10日間ほど、9日以上は必ず寝かせてあげることが重要です。 寝かせている間に財布の中に入っているお金を記憶してくれるそうです。 よく「財布の使い始めは寝かす」といいますが、お金を記憶さすという意味だそうです。 9日以上寝かせてあげたら、最初に入れた札束を取り出して、カードなど中身を移し替えてください。 財布と雨の日 また、新しい財布の使い始めは、 雨の日を選ぶのも風水的に良いようです。 なぜ財布の使い始めが、雨の日が良いかといいますと『水の気』で、今までの 悪い金運を浄化し、水は新たに金運を引き寄せてくれるというからです。 風水では、お金は『金の気』を、雨は『水の気』を持ちます。 金と水は相性が良く『水の気』は『金の気』を引き寄せてくれるそうです。 それから、財布の中身の移し替えも吉日の夜中が良いようです。 財布の使い始めの時間は、夜の方が良く、お金の気と水の気の相性がいい時間帯は、17:00~23:00です。 この時間帯が一番金運アップ効果が期待できるといいます。 以上が金運が上がる財布になる方法です。 幸運の財布はコチラからどうぞ! >>最も金運が上がる 一粒万倍財布) そしてまた、日々使っている財布を定期的に休ませてあげましょう。 財布と五円 ここまで、財布の使い始めに良い日や、金運が授かるという財布の入れ替え方などを紹介してきました。 最後に財布と五円玉の、開運財布になる簡単な方法も追記しておきますね。 開運財布になる方法とは『新しく買った財布に、五円玉を切らさないように常に財布に入れておく』ことです。 お金とのご縁が訪れる、御縁財布になる、といわれています。 また、カエルの小物を財布に入れておくのも開運財布になるようです。 使ったお金が返る カエル といって、財布とカエルも良い縁があるようです。 あなたに合った、開運財布にしてくださいね! まとめ 財布の使い始めに良い日2020を、月別にまとめてみました。 金運が上がる新しい財布への入れ替え方も紹介しましたが、いかがでしたか? 財布を買い替えた時は、これまで使ってきた古い財布に「ありがとう」の感謝を込め供養をし、新しい財布に、金運を引き寄せてくれるよう祈りつつ大切に使わせていただきましょう。 毎日の労務でお財布もくたびれます。 レシートでパンパンにならないように、マメに財布の中を整理してあげ、たまには休ませてあげてください。

次の