集団 ストーカー 病気。 集団ストーカー・テクノロジー犯罪の被害実態と対策ガイド|ストーカー・嫌がらせ対策の探偵・興信所|ストーカー・嫌がらせ被害対策室

関東全県で、創価学会の集団ストーカー反対運動が起きてますが。。。

集団 ストーカー 病気

これほどまで ぴったりと一致するのも珍しいのではないでしょうか? 統合失調症の妄想型は妄想が主な症状で、妄想のことを除けば統合失調症とは分からないという特徴があります。 思考の型は乱れていないので、言われなければ統合失調症と分からない場合もあります。 誰かが小声で話しているといった、ちょっとしたことでも、妄想して解釈してしまいます。 普通、ゆっくり発症するのではなく、急激な発症がみられます。 幻覚や幻聴を伴うこともあり、その場合、「盗聴器が仕掛けられている」といったりする妄想とか、怒りが抑えられないという症状がでます。 比較的抗精神病薬が効きやすく、他の統合失調症に比べて治療がしやすいタイプです。 この妄想型の統合失調症は 終始一貫したストーリーを持つ妄想や幻覚を特徴としています。 本人の主張は、幻覚、妄想からきているので、 周りの人には納得できるものではありませんが、 思考がはっきりしており、 言うことが最初から最後まできちんとつながっています。 本人は妄想をもとにして、 周りの人にはわからないことを言うので、 「変な人」と見られることも多いですが、 他の症状がないため病気だと気付かないまま、 そのままの生活をしている人もいます。 当人はもちろん、 自分が統合失調症であるとは思っていませんから、 自分から進んで病院へ行くことはよほどのことがないとありません。 周りの人が、明らかにおかしいと気づいて、 当人を病院に連れて行く頃には、当人の妄想、 幻覚が周りの人に迷惑をかけるレベルに達していることが多いです。 患者の妄想・幻覚がどのようなものかにより周囲にかかる迷惑も変わってきますが、 たとえば、「周りの人が自分を傷つけようとしている」といって、 警察に駆け込んだり、「自分のことを中傷する報道をしている」 とテレビ局に怒鳴り込んだりと、 家族や被害を受けた人はたまりかねて、 やっと本人を病院へ連れて行く結果となります 妄想性障害は成人期中期から後期にかけて発症します。 妄想は奇異な内容のものではなく、後をつけられている、毒を盛られる、感染させられる、だれかが遠くから自分のことを愛している 実生活でも起こり得るような状況を含んでいます。 妄想性障害の亜型もいくつか知られています。 被害型の場合は、だれかが自分に対して陰謀をたくらんでいる、見張られている、中傷されている、嫌がらせをされているなどと思いこみます。 裁判所など行政機関に訴えて、繰り返し正当性を主張しようとします。 まれに、想像上の迫害に報復しようとして、暴力的な手段に訴えることがあります。 妄想性障害から重度の障害に至ることはまずありません。 しかし、次第に妄想に深くのめりこむようになることがあります。 たいていの場合、仕事を続けることができます。 一般に、抗精神病薬は用いられませんが、場合によっては症状を抑える効果があります。 本人の関心を妄想からもっと建設的で満足感のあるものへ移すことが長期治療の目標とされますが、かなり難しい目標です。 被害妄想がある人は、いじめられている、後をつけられている、だまされている、見張られているなどと思いこみます。 関係妄想では、本、新聞、歌詞などの1節が特に自分に向けられていると思いこみます。 人は自分の心が読める、自分の考えが人に伝わっている、外部の力によって考えや衝動が自分の中に吹きこまれているなどと思いこむ思考奪取や思考吹入という妄想もあります。 音、視覚、におい、味、感触についての幻覚が生じることがありますが、最も多いのは音の幻覚(幻聴)です。 自分の行動に関して意見を述べる声、互いに会話する声、あるいは批判的で口汚いことを言う声などを「聞く」ことがあります。 妄想は誤った信念のことで一般に、知覚や体験の誤った解釈に関係しています。 統合失調症の人のおよそ10%が自殺します。 心理療法: 心理療法では一般に、本人、家族、そして医師との間に協力関係を築くことを目標とします。 そうすることにより、本人が自分の障害を理解してコントロールし、処方通りに抗精神病薬を服用し、障害を悪化させる可能性のあるストレスを管理する方法を学びます。 医師と患者の間に良好な関係が築けるかどうかが、しばしば治療の成否を握る鍵となります。 心理療法で症状が治まるケースもあれば、再発防止に役立つ場合もあります。 この頃リチャードは、誰かに毒を盛られているとか、FBIがヘリコプターを飛ばして尾行している、「彼ら」が欲しいのは自分が知っている化学的な秘密情報だ、母親も「彼ら」の仲間だなどと言い始めました。 そしてしきりに何かを書きとめていました。 それは、古代エジプトの象形文字、化学方程式、HIVやAIDSに関するさまざまな理論、脳内化学物質に関する情報などでした。 私はその文書を見ながら、不吉な予感を感じました。 「今まで仲良かった同僚たちが、私の悪口を言っている・・」 「マンションの上の階の家族が、うちを盗聴している・・」 「24時間、監視されている・・」 耳元で囁かれる、自分の悪口 振り返るといる、見知らぬ人間の姿 かなり怖いですよね。 まだ、あなたの知らない統合失調症の症状があります。 遅発性統合失調症(精神分裂病) 遅発性統合失調症というのは、40歳代以降に発症し、主に、被害妄想を中心とする統合失調症(精神分裂病)です。 通常の統合失調症が十歳代から、二十歳代の若い頃に発症するのに対して、四十歳代以降に発症するこの病気を区別し、分かり易くするためにつけられた病名です。 精神分裂病(統合失調症)には、クレペリンが付けた「早発性痴呆」という病名がありますから、それと対比させたのかも知れません。 具体的な症状としては、誰かが覗いている。 見張られているといった被害妄想が中心です。 その結果、まともな日常生活が送れなくなるというものです。 2008年6月24日、日本テレビの夕方、六時台のニュースで、この遅発性統合失調症が取り上げられました。 また同じ内容が夜のニュース番組、『News Zero』でも紹介されました。 これは近年、増えて来た病気だそうです。 どうやらご近所で、迷惑おばさんになってるらしい。 心配なので、一緒に行って、調べてほしい』という娘さんからの依頼がありました。 そこで娘さんと一緒に、その番組のスタッフが、ご近所の方に情況を聞いて回りました。 なんでもご近所の方の話では、誹謗中傷の手紙をポストに入れられたり、怒鳴られたりしたことがあったということでした。 そこで番組のスタッフが、その家にビデオカメラをセットし、その母親の日常の行動を撮影したところ、一人で部屋の中で叫んだり、怒鳴ったりしている。 完全に妄想に支配されているような状態でした。 娘さんは番組のスタッフと相談して、この状況を解決するために、精神科の医者にビデオを見せて判断してもらいました。 診断の結果は、入院加療が必要な統合失調症(精神分裂病)でした。 出演した精神科の医師は、やや重症だと話していました。 その母親には、自分が病気であるという「病識」はありませんから、始めうちは精神科へ行くことを嫌がりました。 そこで娘さんと、そのご家族が熱心に説明して、病院へ行く必要性を説きました。 かなり時間がかかったようですが、それによって母親は、ようやく入院を了承しました。 その際に母親は、次のような一言を洩らしました。 「本当は、苦しかった。 自分でもおかしいと思っていた。 でも子供に、迷惑はかけられないと悩んでいた。 」 すぐに入院して、投薬治療が始められました。 その後は、症状も治まり、日常生活も快適に過ごしているようでした。 この母親が、そうなったきっかけは、ご主人を病気で亡くしてからだということでした。 医師の説明によれば、この病気は50歳代から、60歳代の女性で多く発症する。 そして、発症した女性の多くは離婚か、死別で、一人暮らしである。 ただし、これは未知の病気ではあるけれど、早期に発見して適切な治療を開始すれば、症状は治まるとのことでした。

次の

集団ストーカーの被害に悩まされている人へ伝えたいこと

集団 ストーカー 病気

「集スト」という奇妙な言葉があります。 「パンスト」のタイプミスではありません。 これは 「集団ストーカーヶ」の略称です が、その集団ストーカーという現象がま た奇妙なのです。 ネット上のSNSやツイッターでのいじめ に近いものですが、通常のいじめと違 い、被害者の方も神がかりなのですね。 電磁波を使って身体攻撃、睡眠妨害を してくるという話もあります。 私はプロの無線の資格をもっています が、 身体に影響が出る程の電磁波 は、その強度は相当なものです。 アンテナや送信機も大がかりになりま すし、人目につかないようにそのクラ スの送信機を使うのは、まず無理でしょう。 となると、この集団ストーカーとは一体 どういう現象なのでしょうか? 今回は、その集団ストーカーに的を絞り、 その 理由や対応などを調べてみました! Contents• 集団ストーカーをされる理由とは? 通常のストーカー事件では、被害者は 善良な普通の市民であり、悪いのは完 全に加害者の方です。 犯罪の責任は一方的に加害者にあり、 被害者にはなんの責任もありません。 しかし、集団ストーカーという現象では、 被害者側の意見や体験談に、どうにも 奇妙で不可解な点が多すぎるのです。 加害者側と被害者の幾つかのサイトを 調べてみたのですが、何をいいたいのか、 よ~わからんという所が共通点です。 これらのサイトは、文章がメチャクチャ に上に誤字だらけなので、全部読んでも 何を言いたいのか わからないのは、読む前と全く同じです。 以下それらのサイトでの言い分ですが、 わからないのをこちらで勝手に類推し ているだけなので、加と被を間違えていたらごめんなさいね。 集団ストーカーは、被害者に原因がある が、それは、 精神病・困り者・ニート・ 無職・悪人だからだ、というのが加害者側の言い分だそうです。 精神科通院歴、犯罪者(前科者)、異性 への酷い行い、無職などですね。 被害者には人畜無害系の人が多いとのこ とです。 そこからも組み立てられた被害者側の仮 説が以下のようなものです。 集ストはできるだけラクな仕事がしたい• その為、自分たちが反撃されない大人しい相手を選定する• 一応、集ストをする理由が必要なので、悪評工作ででっち上げる• ラクな仕事で正義感と達成感が得られ、防犯日誌も埋められる これで「被害者が普通に大人しければ誰 でもよい」集スト犯罪の説明がつきます、 とのことです。 この意味、わかりますか? なんで楽がしたいと集団ストーカーをす るのか、これで納得できれば、その人は 天災天才です。 他にも たた(ママ)でさえ気味の悪い醜いババ アが「病気になるが」「病気になるが」 と繰り返す」 というのもあります。 これは集団ストーカーをする側の発言だっ たのかも知れませんが、 加害者側も被害 者側も内容が理解できないので、判別できないのです。 また、こんな説もあります。 企業に返品するときの氏名がブラック リストに載り、企業・警備会社・警察 他が共有している 海外ではフリーメーソン、国内では創価 が集ストの犯人役として仕立てられ、 加害者が正体撹乱に利用しており、両団体にしてみればいい迷惑だ 保険医協会のデータが流出している ??? 企業に返品するとブラックリストにのるのですか。 珍説というか怪説というか・・・ 創価学会もフリーメーソンと同格にされて、 さぞ名誉に思っているでしょうね。 なんで、唐突に返品やらフリーメーソン やらが出て来るのか、 前ふりがないので まるでわからないのも、これらのサイトの得意技です。 以下は、ある集団ストーカー被害者 (と自称している)の文の(一部の) 要約です。 私たち、集団ストーカー (新世代型秘密警察ネットワーク)被害者 は、システムの運用リスクを高める必要があるのです。 それはシステムによって得られる権力や 利益を減少させることで、それにより、 世界支配層は、意外なほどあっさりシステムを手放します。 まず、集団ストーカーに関与している勢 力の闇の部分を、世に明らかにすることが必要です。 集団ストーカー加害勢力は、疑似テロを 始め、 あらゆる非合法犯罪に関与しています。 (以下略) はぁ・・・ 集団ストーカーは、社会のあらゆる 非合法犯罪に関与に関与しているそうです。 結婚式衣装のサギも、自転車の盗難も、この 新世代型秘密警察ネットワークによる ものなのでしょう。 と学会が喜びそうな文ですね。 と学会「おお! 新ネタがでたぞ!」 尚、 と学会とは妄想や珍想奇想を、面白 おかしく茶化すグループで、書籍も出て いますので、興味のある方はご一読を! 中々面白いですよ。 このようなものを読みますと、ますます 集団ストーカーとその被害者の関係が、 わからなくなってきます。 SNSやツイッターの書き込みを、皆でタコ 殴りにする単純な人たちだけが、集団ス トーカーというわけではないのですね。 集団ストーカーへの対処法は? この2000年代は、集団ストーカーによる 被害が年々激増しています。 その被害の内容は、暴行や、誹謗中傷の ビラ、手紙、メールのような物的 証拠の残る嫌がらせは少ないのです。 複数の人数によるつきまといや、昼夜の 別なく 誹謗中傷、罵詈雑言、脅迫の声が 継続して聞こえてくるなどがあります。 また、夜昼問わず自宅を覗き込まれたり する、証拠が残らない嫌がらせが大半です。 中には 電磁波攻撃をうけたという話もあります。 ある探偵社の話では、複数の人間(集団 ストーカー)のように見せかけて、実 は只一人の人間(元彼氏)が行っていたものもあるそうです。 そして、組織的計画的で、長期間継続す る集団ストーカー行為の事実を 確認したことはないとのことでした。 被害者に精神的ダメージがある場合、あ るいは性格的に不安定な場合には、 誤解や勘違いの可能性もありえます。 誹謗や中傷する声が聞こえてくるという 場合でも、車などの都会の噪音には、 そのように聞こえるものもあります。 ストーカー行為というものは、片思いや 思い込み、あるいは交際拒否などの極め て 個人的な原因で起こすケースが殆どです。 集団ストーカーのように多数の人間を動 かすには、それなりのお金がかかります。 その多額の費用を費やして、加害者側に は どんなメリットがあるのでしょうか? 集団ストーカーについて、 そんな疑問を感じませんか? 勿論、前項で紹介したようなと学会もの については、また別の話です。 これらは、ネタとして話題にしているか、 まともに信じているなら 「お薬出しておきますね」の世界です。 「それでも声は聞こえてくる」という人 には、 有能な探偵に依頼することをおすすめいたします。 声が聞こえてくるなら周囲の張り込みや 聞き込み、つけ回されているのなら尾行など、してくれます。 また、郵便やSNSなら相手の割り出しな ど、色々な 手を尽くして犯人の特定を してくれるでしょう。 こちらの探偵社がオススメです! 全国に対応してくれますし 即日対応してくれますのであなたを 守るためにもまずは 相談してみましょう! 警察は証拠がないと動いてくれません。 そのために探偵で証拠を掴んで 警察に動いてもらいましょう! 結び 集団ストーカー行為については、加害者 側被害者側を通じて、奇妙で不可解な点 が多すぎる所があります。 なにを言いたいのかまるで意味不明で、 「なぜそういうことになるの?」と 聞きたい位なのです。 加害者側の言い分では、集団ストーカー は被害者に原因があるが、それは、被害 者が精神病・困り者・ニート・無職・悪人だからだ、というのです。 ここで普通の人間はまず躓いてしまいます。 「なぜストーカー行為の被害者は、全て 精神病・困り者・ニート・無職・悪人な の」と聞きたい人は多いでしょう。 被害者側の言い分も、これに劣らずチン プンカンプンで、「集団ストーカーは 新世代型秘密警察ネットワーク」だそうです。 これで「ああそうなのか、それで全てわかっ た!」という人は、極めて幸せな人です。 集団ストーカーへの対処法としては、 よいお薬を出してくれる病院を探すか、 または有能な探偵を探すかでしょうね。

次の

お部屋1628/「集団ストーカー」というキーワード

集団 ストーカー 病気

検索: 最近の投稿• カテゴリー• 216• 184• 473• 214• 401• 136• 273• 277• 1,088• 164• 260• 629• 335• 2,043• 175• 19 アーカイブ•

次の