ハガネール 対策。 ハガネール|ポケモン図鑑ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【ポケモンGO】サカキ対策!勝てるポケモン・勝ちパターンを見つける攻略【エンテイ登場】|ポケらく

ハガネール 対策

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、ハガネールなりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [17. 69] 70. 0 [16. 31] 26. 8 [17. 06] 15. 7 [14. 61] 14. 1 [15. 35] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [118. 5] 16. 4 [115. 4] 16. 8 [106. 3] 17. 2 [104. 1] 18. 6 [101. 9] 20. 5 [99. 2] 17. 0 [98. 8] 18. 2 [95. 5] 18. 0 [94. 5] 22. 2 [93. 8] 17. 1 [92. 0] 20. 9 [91. 8] 19. 8 [90. 0] 20. 8 [90. 0] 18. 2 [89. 5] 16. 7 [88. 3] 16. 5 [88. 0] 19. 8 [87. 4] 17. 8 [87. 4] 15. 7 [87. 4] 19. 5 [87. 2] 18. 2 [86. 9] 17. 1 [86. 9] 18. 5 [86. 3] 20. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

ハガネール

ハガネール 対策

ドラゴンタイプを持つためタイプ耐性数も8と多いです。 「みず・くさ・ほのお」と御三家進化系の強力特別技に耐性があるのも魅力的です。 多くのポケモンに通る攻撃 「ギラティナ・アナザー」は主にタイプ一致となる「ドラゴン」あるいは「ゴースト」タイプの攻めが主力です。 これらのタイプの技で 弱点を突くことができるポケモンは多くないですが、逆に見ると耐性(与えるダメージが減る)となるタイプ・ポケモンも少ないです。 どんなポケモンでもダメージを与えることができるという安定感があります。 フェアリー・あく・こおり技に要注意 攻撃に安定感はあると言っても 「ドラゴン」タイプの技で攻める場合は、 「フェアリー」タイプのポケモンには2重耐性となりダメージを与えることができません。 「フェアリー」タイプポケモンは天敵に近い存在なため、 ギラティナ・アナザーを選出するときはパーティ構成も含めて「フェアリー」対策をしていきましょう。 また、 ハイパーリーグでよく選出されるポケモンや技では 「あく」タイプ技や「こおり」タイプ技も効果抜群のダメージとなるため要注意です。 入手が難しいところが難点 そんなハイパーリーグで絶大な強さを誇る「ギラティナ・アナザー」ですが、 伝説のポケモンとなるためいつでも入手できるわけではありません。 これまで2回ほど一定の期間伝説レイドボスとして登場しましたが、現在持っていなければゲットするには次の登場を待つしかありません。 どうしてもほしければ 既に持っているフレンドさんとポケモン交換で入手する方法があります。 しかし、図鑑未登録のポケモン交換は大親友でも「ほしのすな」が4万ほど必要なので要注意です。 げんしのちからの弱体化に注意 これまでスペシャルアタックの開放技は能力アップ(バフ)効果があり威力もそこそこ高い「げんしのちから」がおすすめでした。 しかし により、 「げんしのちから」の威力が約35%減と大きな弱体化となっています。 これを考慮すると、開放技は 「かげうち」がおすすめです。 5倍上昇)」で無敵の強さとなるため、ロマン枠としての採用はアリです。 対面有利なポケモン ハイパーリーグによく選出されるポケモンの中から、 「ギラティナ・アナザー」が有利にバトルできる主なポケモンです。 「ゴースト」技がギラティナに効果抜群• 逆に ギラティナの「ゴースト」技は2重耐性あり アロベト・ハガネールの「あく」技攻撃が有効 「アローラベトベトン」はタイプ一致で「ギラティナ・アナザー」の弱点となる「あく」タイプ技で攻撃できます。 他にもアローラベトベトンは「アーマードミュウツー」や「クレセリア」などの「エスパー」タイプにも優位にバトルできます。 「ハガネール」は耐久力が高く覚える技構成が優秀なためギラティナ・アナザーに対して優位にバトルできます。 ただし、ギラティナ・アナザーに弱点を突くことができる技をタイプ一致で撃てないため火力(与えるダメージ)は低めです。 「フェアリー」タイプもおすすめ 「フェアリー」タイプのポケモン・技は ギラティナ・アナザーの「ドラゴン」技に2重耐性を持つため対策として非常におすすめです。 攻撃側でも 非常に高威力のノーマルアタック「あまえる」がガンガン刺さるので、 「トゲキッス」や「ピクシー」に覚えさせて攻めましょう。 「カビゴン/ベロベルト」も攻撃・防御面優秀 「カビゴン」と「ベロベルト」はノーマルタイプなため ギラティナの 「ゴースト」技に2重耐性があります。 「したでなめる」が有効であり、 さらに「ベロベルト」はスペシャルアタックで覚える 「シャドーボール」がギラティナに効果抜群となるため攻撃・防御面どちらも有利にバトルができます。 ただし ギラティナのノーマルアタックが「りゅうのいぶき」だった場合は互角近くのバトルとなることもあるため要注意です。 GOバトルリーグ情報.

次の

【ポケモンGO】ハガネールのおすすめ技と最大CP&弱点

ハガネール 対策

タツベイ戦でアルロにシールドを2回使わせると、2匹目と3匹目が戦いやすくなるため、 スペシャル技の回転率が高いポケモンを1匹目に出してシールドを剥がしましょう。 技の回転率も高いため、シールドを剥がす役割として非常に優秀なポケモンです。 育成している方は是非採用しましょう。 性能も攻撃種族値が高く優秀なため、初心者の方は採用してみましょう。 リザードンは火力が高いため、いわ技で弱点を突き、HPを削られる前に倒しきりましょう。 ほのお技とひこう技に耐性があるいわタイプのポケモンを中心に編成すると、リザードンからの被ダメージを極端に減らせるのでおすすめです。 攻撃性能が高いので、 強化済のバンギラスであれば問題なく倒しきれます。 耐久が高く、アメの入手難易度も低いため、 バンギラスの育成が済んでいない方の選択肢として有能と言えます。 ひこう技が等倍になる点に注意しましょう。 カメックス タイプ 通常わざ スペシャルわざ アルロが2匹目に出してくる「カメックス」は、みずタイプなので でんき、くさ技で弱点を突くことができます。 カメックスの通常技に「かみつく」があるため、あく技に耐性があるポケモンの編成も考慮すると盤石です。 アメの入手難易度も低く、育成しやすいのも魅力と言えます。 カメックスのスペシャル技がれいとうビームの場合は倒されてしまうので、注意しましょう。 被ダメージを気にせずゴリ押せるため、フシギバナとダーテングを強化していない方におすすめできます。 通常技とスペシャル技に各3種類のタイプがあるため、 2匹目に出してくるポケモンの中で最も厄介です。 攻撃と耐久がともに高水準のポケモンなので、こおり技で2重弱点を突き、一気に倒しきりましょう。 PvEでも活躍できるため、複数育成することをおすすめします。 アメの入手難易度も低い点も魅力的です。 ハッサムは耐久が低いため、ほのお技を中心にゴリ押せば安定して倒せるため、編成する時はほのおタイプのポケモンを採用しましょう。 ほのお技で2重弱点を突けるので、問題なく倒しきれます。 伝説ポケモンなので育成コストはかかりますが、育成する価値はあるので、最低でも1匹は育成しておきましょう。 技の回転率が高いですが、耐久が心許ないため、シールドを駆使してカバーすると欠点を補えます。 カイリューと同様にこおり技を持つポケモンを中心に編成することをおすすめします。 ボーマンダは通常技とスペシャル技にほのお技を持っているため、育成が不十分なこおりポケモンを編成すると逆に倒される危険があることに注意が必要です。 PvEでも活躍できるため、複数育成することをおすすめします。 「れいとうビーム」を覚えることができるため、わざ解放することで汎用性がより際立ちます。 育成コストはかかりますが、強化して損はしないポケモンです。 関連記事 ロケット団の関連記事 アルロ対策.

次の