中村 倫也 水曜日 が 消え た。 中村倫也【水曜日が消えた】着用ファッション・衣装(服・靴・アクセなど)ブランドはこちら♪

中村倫也『水曜日が消えた』新公開日は6月19日に、須田景凪が歌う主題歌MVお披露目

中村 倫也 水曜日 が 消え た

最近ではカメレオン俳優とも言われ、人気もうなぎ上りの中村倫也さん主演映画『水曜日が消えた』。 本来であれば『水曜日が消えた』は、5月15日に公開を迎えるはずでしたが、現在公開延期中で近日公開ということになっています。 しかし公開間近だったこともあり、試写で見ることができた方はいたようで、口コミも少し出てきていますね。 実はその口コミの中で、『水曜日が消えた』にパクリ疑惑が出ているんです。 全然違うよ、パクリじゃない!という声もありますが、『水曜日が消えた』は『セブンシスターズ』のリメイク?オマージュなの?という声もかなり多く見られます。 『水曜日が消えた』は『セブンシスターズ』のオマージュ作品なのでしょうか? 今回は公開延期中の『水曜日が消えた』に出ているパクリ疑惑の真相、『セブンシスターズ』との違いなどを調査してみました。 子供の頃の事故がきっかけで解離性同一性障害を患ってしまった主人公「僕」。 曜日で異なる7人の人格を生きている僕は、曜日の名前でお互いを呼び合いながらも、それなりに穏やかな暮らしを楽しんでいます。 もちろん各曜日で性格も違っていて、「火曜日」は掃除や通院など煩わしいことをいつも押し付けられてしまう、いちばん損で地味な役回り。 そんな「火曜日は」いつものようにベットに入り、眠りにつくのですが、起きた世界はまるで別世界になっていました。 「火曜日」が起きたのは水曜日の世界で、どうやら水曜日が消えてしまって、「火曜日」が水曜日を生きている。 初めての水曜日を楽しむ「火曜日」ですが、初めての楽しさは得体のしれない恐怖に変わっていく。。。 中村倫也(なかむら ともや)• 生年月日:1986年12月24日(33歳)• 出身地:東京都• 趣味:散歩・写真撮影・サッカー サッカーの強豪高校に進学したほど、額税時代はサッカー一筋だったようです。 中村倫也さんはお笑い芸人コンビ「バナナマン」が大好きな事は有名です。 これは俳優ムロツヨシさんから勉強になるからとすすめられて観たところ、すっかりはまってしまったようですね。 実際に『水曜日が消えた』を観ることができた方の口コミを見てみましょう。 のパロディ?オマージュ?パクリ? 邦題だとセブンシスターズだからなんでもありなのか? 観てないで言うのもなんだけど、大元の設定が近そうでなんか、不快。 確かに映画『水曜日が消えた』には『セブンシスターズ』のパクリだ、という声は多く見られます。 しかし同時に、映画『水曜日が消えた』を絶賛する声も多く見られます。 実は、映画『水曜日が消えた』を鑑賞した方の口コミを紹介する中で、映画を鑑賞した上でパクリだ!と言っている方の口コミが、残念ながら見つかりませんでした。 パクリだと言っている方は、まだ『水曜日が消えた』を未鑑賞の状態で、設定やストーリーからパクリだと言っている方がほとんどでした。 しかしそこまで、似ている!パクリだ!と言われるのに、オマージュ作品でもないとすると、パクリではない決定的な違いがあるのではないでしょうか。 「水曜日が消えた」とセブンシスターズの違い これだけまだ『水曜日が消えた』を観ていない状態で、パクリだ!オマージュ?と言われてしまうのはどうしてなのでしょう。 オマージュでもリメイクでもない、『水曜日が消えた』は今回監督デビューとなる吉野耕平さんの完全オリジナル作品であると言われています。 『水曜日が消えた』のストーリー見た感じだと『セブンシスターズ』と似てるよね~ 似ている部分があるからこそパクリやオマージュと誤解されてしまいまいますが、実はその似ていると捉えられてしまう部分に、決定的な違いがあります。 映画『セブンシスターズ』は、人口過多や食糧難などで強制的な一人っ子政策などが取られるなか、7つ子が誕生してしまった一家が、各曜日ごとの名前で7人を割り振りひとりを演じることに。 子供は7人いるのひとりでにあることにする中で、「マンデー」が夜遅くなっても帰宅しない、という事件が発生します。。。 確か出てくるワードとしては• 曜日ごとの名前• 7人 と似ているので、何となくオマージュ?という話になるのも分かる気がします。 『水曜日が消えた』は【ひとりが7人の人格を持っている】設定で、『セブンシスターズ』は【7人がひとりを演じている】という、設定自体は全く別物です。 しかし、そのうちのひとりがいなくなってしまう展開など、似ている部分が多いのも事実です。 監督・脚本の吉野耕平さんが『セブンシスターズ』を知っていたかどうかわかりませんが、オマージュ?と言いたくなる気持ちも分かるような気がします。 まとめ 火曜日くんと水曜日くんの、 『 シャワーの温度論争 』 で、きっかけは月曜日くんが温度上げっぱなしなこと。 確かに設定を見てみると、『水曜日が消えた』と『セブンシスターズ』には似たような設定が見受けられるのは事実です。 これがオマージュじゃなかったらパクリなんじゃ?という声も実際に見られました。 大筋では【7人の人格を持つひとり】と【ひとりのふりをする7人】という部分では、全く違いますよね。 しかし違いはありつつも、似ている部分が多いというのも事実です。 まだ公開はしていませんが、公開後にはまた『水曜日が消えた』に出ているパクリ疑惑が再燃しそうですね。 個人的には、『セブンシスターズ』を知っていたら、こんなに似た部分を多く残したりしないのでは?と思っています。 設定だけを取り上げたら、似ている映画は他にも山ほど出てくる気もします。 パクリなど評価するのは『水曜日が消えた』を実際に見てからでも良いのではないでしょうか?.

次の

映画『水曜日が消えた』オフィシャルサイト

中村 倫也 水曜日 が 消え た

中村倫也が主演を務める映画『』の新公開日が6月19日(金)に決定。 新型コロナウィルス感染拡大防止対策による方針を受け、公開を延期していた『』が6月19日(金)より公開される。 購入済みの前売券についても、引き続き使用可能となっている。 今後、政府・各地方自治体から劇場へ休業要請や、不測の状況になった場合は、再度延期の可能性もある。 また、吉野耕平監督自らが手掛けた主題歌「Alba(アルバ)」(須田景凪)のMVが解禁となった。 須田景凪の作品としては、初の全編CGのMVに仕上がっている。 MVを鑑賞した中村は「どうやって作っているんだろうと最初に思いました。 監督が一枚一枚書いているのかな?って。 元々、映画と歌の雰囲気と歌詞の世界観が絶妙に混じり合っていて、まさしく主題歌という印象でしたが、それを視覚的に監督が作ってくれて、映画の中に出てくる様な風景だったり、アイテムが加わったことでより結びつきが強くなった感じがしました。 」と感想を述べている。 須田景凪は「『』の公開、大変嬉しく思います。 大好きな映画です。 MVにも映画の要素を、吉野監督が繊細に散りばめてくれました。 是非楽しんで頂けたら嬉しいです」とコメントしている。 中村倫也 コメント MVを見ての感想 どうやって作っているんだろうと最初に思いました。 監督が一枚一枚書いているのかな?って。 元々、映画と歌の雰囲気と歌詞の世界観が絶妙に混じり合っていて、まさしく主題歌という印象でしたが、それを視覚的に監督が作ってくれて、映画の中に出てくる様な風景だったり、アイテムが加わったことでより結びつきが強くなった感じがしました。 (観ると)楽しいと思います。 素敵な音楽と素敵な映像。 映画は、まだ公開前ですが、想像を膨らませて愛でてもらえれば嬉しいです。 気になったシーン 映画を作っていた身としては、思い浮かぶシーン、思い入れのある小物とかが、全てのカットに散りばめられていて、楽しかったです。 靴だけで、あれだけ見せられるっていうのも凄いし、窓から差し込んでくる花びらとかそういう一個一個の映像に温もりがあって吉野監督らしい作品だと思いました。 あと、豚のストラップが好きだなと思いました(笑)。 吉野耕平 コメント 映画「水曜日が消えた」と共に生まれた曲、Alba。 そのミュージックビデオを担当させていただくのは、一つの世界の中の少し違った場所を旅するような不思議な感覚でした。 映画に登場したものと同じ、7種類の靴や7種類のペンが出てきますが、あくまでAlbaのミュージックビデオとして楽しんでいただけるように作らせていただいたつもりです。 ただ両者は全く別の話、というわけではなく、いわば一つの物語の『外側』と『内側』みたいな関係かもしれません。 是非、映画を観る前、観た後と、それぞれ両方楽しんでいただければと思います。 映画『』は6月19日(金)より全国公開 C 2020『水曜日が消えた』製作委員会.

次の

中村倫也の水曜日が消えたネタバレ!キャストとあらすじ7重人格の男

中村 倫也 水曜日 が 消え た

中村倫也が主演を務める映画『』の新公開日が6月19日(金)に決定。 新型コロナウィルス感染拡大防止対策による方針を受け、公開を延期していた『』が6月19日(金)より公開される。 購入済みの前売券についても、引き続き使用可能となっている。 今後、政府・各地方自治体から劇場へ休業要請や、不測の状況になった場合は、再度延期の可能性もある。 また、吉野耕平監督自らが手掛けた主題歌「Alba(アルバ)」(須田景凪)のMVが解禁となった。 須田景凪の作品としては、初の全編CGのMVに仕上がっている。 MVを鑑賞した中村は「どうやって作っているんだろうと最初に思いました。 監督が一枚一枚書いているのかな?って。 元々、映画と歌の雰囲気と歌詞の世界観が絶妙に混じり合っていて、まさしく主題歌という印象でしたが、それを視覚的に監督が作ってくれて、映画の中に出てくる様な風景だったり、アイテムが加わったことでより結びつきが強くなった感じがしました。 」と感想を述べている。 須田景凪は「『』の公開、大変嬉しく思います。 大好きな映画です。 MVにも映画の要素を、吉野監督が繊細に散りばめてくれました。 是非楽しんで頂けたら嬉しいです」とコメントしている。 中村倫也 コメント MVを見ての感想 どうやって作っているんだろうと最初に思いました。 監督が一枚一枚書いているのかな?って。 元々、映画と歌の雰囲気と歌詞の世界観が絶妙に混じり合っていて、まさしく主題歌という印象でしたが、それを視覚的に監督が作ってくれて、映画の中に出てくる様な風景だったり、アイテムが加わったことでより結びつきが強くなった感じがしました。 (観ると)楽しいと思います。 素敵な音楽と素敵な映像。 映画は、まだ公開前ですが、想像を膨らませて愛でてもらえれば嬉しいです。 気になったシーン 映画を作っていた身としては、思い浮かぶシーン、思い入れのある小物とかが、全てのカットに散りばめられていて、楽しかったです。 靴だけで、あれだけ見せられるっていうのも凄いし、窓から差し込んでくる花びらとかそういう一個一個の映像に温もりがあって吉野監督らしい作品だと思いました。 あと、豚のストラップが好きだなと思いました(笑)。 吉野耕平 コメント 映画「水曜日が消えた」と共に生まれた曲、Alba。 そのミュージックビデオを担当させていただくのは、一つの世界の中の少し違った場所を旅するような不思議な感覚でした。 映画に登場したものと同じ、7種類の靴や7種類のペンが出てきますが、あくまでAlbaのミュージックビデオとして楽しんでいただけるように作らせていただいたつもりです。 ただ両者は全く別の話、というわけではなく、いわば一つの物語の『外側』と『内側』みたいな関係かもしれません。 是非、映画を観る前、観た後と、それぞれ両方楽しんでいただければと思います。 映画『』は6月19日(金)より全国公開 C 2020『水曜日が消えた』製作委員会.

次の