逆流 性 食道 炎 治療。 胃食道逆流症(逆流性食道炎)

【医師監修】逆流性食道炎の治し方 ― 食事と生活習慣の見直しがポイント!

逆流 性 食道 炎 治療

スポンサードリンク 逆流性食道炎の治療方法はどんなものがある? 胸やけやのどの息苦しさなどの症状から逆流性食道炎を疑っている場合、まず本当に自分が逆流性食道炎かどうかを診察するところから始めましょう。 何科を受診すればよいのか 自分が逆流性食道炎ではないかと疑いがある場合受診しておきたいのが、 内科、胃腸科、消化器科 のいずれかです。 診察の方法としては、 胃カメラによる内視鏡検査で胃にびらんや潰瘍があるか、またその大きさなどを判定します。 内視鏡検査の費用はだいたい15000円くらいです。 内視鏡検査でも見つからない場合、プロトンポンプ阻害薬と呼ばれる胃酸の分泌を抑制する薬を使用して、胸やけなどの症状が改善するかテストします。 これにより改善が見られたら、逆流性食道炎と診断されます。 治療方法の種類 逆流性食道炎を治療する際に中心となるのが、食生活の改善、姿勢の改善、服薬治療となります。 食生活の改善 逆流性食道炎の原因の一つとして、偏った食事が挙げられます。 これは、脂肪の多いものやたんぱく質の多いものの食べ過ぎといった2点です。 脂肪の多い食事は下部食道括約筋を緩め、胃酸を食道に逆流させやすくします。 たんぱく質の多い食事は、胃に長時間とどまり続けるため、胃酸の生成を増進させ、逆流の可能性を高めます。 よって、これら 脂肪、たんぱく質の多い食事を控えることで逆流性食道炎の症状を抑える効果があります。 姿勢の改善 また、逆流性食道炎の原因には、姿勢や体型なども挙げられます。 良くない姿勢としては、 背中の曲がった猫背体型、良くない体型としては、 肥満が挙げられます。 この姿勢や体型だと、おなかを引っ込めているため、 胃が圧迫されやすく胃液が逆流しやすくなります。 また、圧迫によって胃と食道の境目(噴門)が横隔膜からはみ出してしまうため、締め付けが弱まり胃酸の逆流が起こりやすくなります。 よって、猫背の改善、肥満の解消が逆流性食道炎の治療としても効果的となります。 あと ズボンのウエストをきつくしすぎるのも圧迫の観点からよろしくないです。 服薬による治療 食生活や姿勢、体型の改善ではすぐには効果は表れないため、薬での治療も欠かせないものとなります。 薬の治療を行う効果としては、 大まかに 胃酸の生成を弱めるもの、 食道の粘膜を保護するもの等あります。 H2ブロッカー、PPI(プロトンポンプ阻害薬)、粘膜保護薬、等 これらの詳しい効能は割愛します。 ここで書いたとしても、手に入れるには実際に医師の診断が必要であり、この薬を出すかどうかの判断も医師によるものだからです。 まあ薬に限らず、生活習慣についても内科、胃腸科、消化器科を受診すれば、お医者様が話してくれることなんですけどね。 実際、ここで読むよりも信憑性ありますし、詳しいことが聞けると思います。 補足 また、逆流性食道炎の原因としてもう一つ、ストレスが挙げられます。 これも下部食道括約筋を緩め、胃酸を増やしてしまうため日々の心のケアも大事になってきます。 もしかすると同時に自律神経の不調等で息苦しさや圧迫感を感じているかもしれませんので、同時に心療内科や精神科も受診されてみるといいかもしれません。 参考までに。 いつ治るのか不安で仕方ないかと思います。 ただ、この逆流性食道炎の完治には個人差が大いに関係してきます。 早い人では1か月もかからずに完治してしまったり、 遅ければ1年以上かかることもあります。 また、びらんや潰瘍がなくなって完治しても 再発する人もいます。 軽い症状の場合は、薬を飲めば大体治ったり、症状が出たときのみ薬を飲めばよかったりします。 症状が重い場合、毎日薬を飲んだり、生活習慣などにもシビアに気を遣わなくてはいけません。 さらに、全く改善が見られなかったり、再発を何度もしてしまう場合は手術しなくてはいけない場合もあります。 このように、症状の重症度合いや日々に生活習慣などによっても完治までの期間は異なってきますので、 一概にいつ治るとは言えない のがこの病気の難しいところです。 逆流性食道炎を放っておくとどうなる? この逆流性食道炎ですが、診察もせず、治療もせず放っておくとどうなるのか。 放置すると悪化するのはもちろんのことなのですが、さらに恐ろしいことに食道がんを患う危険性があります。 変に不安を煽り立てるのは良くないことだとは思います。 しかし、診察も治療も何もしていないのなら、そうした危険があることも頭には入れておいてほしいです。 そしてできれば早急に医師の診断を仰ぐようにしましょう。 何度も書きますが、逆流性食道炎を診察するには病院は何かを受診すればよいのか。 最後に・・・ ネットで病気のことを調べるのは大事なことだとは思いますが、こうした医師の診断もなく、顔も見えない相手の情報を鵜呑みにしてはいけません。 こうしたインターネットの情報は医者にかかる前の軽い情報収集ととらえ、頭の片隅に置いておく程度にしておきましょう。 逆流性食道炎の治療法、期間、放置まとめ 逆流性食道炎の治療方としては、猫背の改善、肥満の解消、ストレス解消、薬による治療が挙げられます。 これらには、下部食道括約筋のゆるみの改善や胃酸の分泌の抑制などの目的があります。 また、治る期間ですが、症状の重さによって人それぞれですし、食生活や体型などもそれぞれなので一概には言えません。 この逆流性食道炎を放置すると、最悪、食道がんの危険性があります。 逆流性食道炎の疑いがある場合は、内科、胃腸科、消化器科を早急に受診しましょう。 最近人気の記事一覧!• 突然、皮膚がピリピリしたり チクチクして痛みを感じることがあります。 とくに、肌があれていた... 就職活動中の学生にとって平日は企業説明会や面接、 就職課の先生と会ったりとなかなか身が空きません。... 我が家では食洗機で何度かゴキブリを発見しました。 そのたびに食器洗い機の使用を中断していたので... 子供が生まれて100日たつとお食い初めをしますが、どこでやれば良いのでしょうか? 実家でやるの... 公務員から公務員に転職する際に気になることの一つとして、 給料、ボーナス、退職金の引き継ぎ等が... 好きな女性を思いきって「USJ」に誘う。 目的は、もちろん、告白。 でも、「USJ」ってあまりに... 胸の真ん中が何だかおかしい。 微妙な痛みというか、違和感というか、圧迫感みたいなものがある。... 尿について日頃から気にかけることはないと思います。 とはいえ、緑色の尿が出てきたらびっくりしま... ほぼ通年出回っていると言っていいほど、お馴染みの魚であるイサキ。 魚釣りでも人気ですね。

次の

逆流性食道炎の原因と治療方法について

逆流 性 食道 炎 治療

逆流性食道炎のメカニズム 通常人体には胃酸が逆流しない仕組みが 備わっています。 食道蠕動運動による胃酸の胃内への排出、嚥下された唾液による胃酸の中和などがその例ですが、最大の防御機構は下部食道括約筋(LES)です。 LESは食道の胃のつなぎ目(噴門部)に存在する筋肉であり、10〜20mgHgの圧(LES圧)で収縮することで噴門部を閉じ、胃酸の逆流を防いでいます。 普段は収縮しているLESですが、弛緩するタイミングがふたつあります。 ひとつは食べ物を飲み込むとき、もうひとつは胃内の空気を食道側へ排出するとき(いわゆるゲップ)です。 胃内の空気を食道側へ排出するときのLESの弛緩を一過性LES弛緩といいます。 そして、一過性LES弛緩に伴って胃酸が逆流することが逆流性食道炎の最大の原因です。 以前は収縮時のLES圧が低下すること(低LES圧)で胃酸逆流が発生すると考えられていましたが、最近の研究では胃酸逆流の原因の大部分は一過性LES弛緩によるものであり、低LES圧によるものはまれであることが明らかになっています。 ただし重症例では低LES圧による胃酸逆流も起こっていることがわかっています。 プロトンポンプ阻害薬(PPI) 逆流性食道炎の第一選択薬はプロトンポンプ阻害薬(PPI)です。 逆流性食道炎の重症度は食道の酸曝露時間と逆流胃内容物のpHに相関します。 したがってより強力かつ持続的な酸分泌抑制作用を有する薬剤が逆流性食道炎の治療に適しています。 ガイドラインでは、逆流性食道炎の初期治療において各PPI間での有意差はなかったと記載されていますが、PPIによっては8週間投与による治癒率がCYP2C19遺伝子多型の影響を受けるとも書かれています。 PPIのうちCYP2C19遺伝子多型の影響を受けやすいはランソプラゾール(タケプロン)とオメプラゾール(オメプラール、オメプラゾン)ですから、これらの投与で効果不十分の場合にはCYP2C19遺伝子多型の影響を考慮すべきでしょう。 PPIは保険適応上、投与日数上限が適応症ごとに細かく決まっています。 レセプト返戻、個別指導などで頻繁に狙われるポイントですので、投与日数と適応症をきちんと確認し、必要に応じて疑義照会を行うことが、薬局業務では重要です。 H2受容体拮抗薬(H2RA) H2受容体拮抗薬(H2RA)は第一選択薬ではありません。 逆流性食道炎の原因となる一過性LES弛緩は食後2〜3時間以内に起こることが多いため、食後に十分な酸分泌抑制作用を発揮する薬剤であることが治療薬に求められる特性ですが、H2RAは就寝時に高い効果を発揮するものの、日中の効果は高くありません。 したがってH2RAは逆流性食道炎の第一選択薬とはなりません。 しかしながら、常用量のPPIで効果不十分な場合に、就寝前にH2RAを追加投与することがあります。 これは、nocturnal gastric acid breakthrough(NAB)の抑制効果を狙ったものです。 NABとはPPI投与中の夜間に胃内pH4未満となる時間を連続して 1 時間以上認める現象のことであり、NABがなぜ起こるかは不明であるものの、その対策にはH2RAの就寝前追加投与やPPIの1日2回投与が有効であることがわかっています。 ピロリ菌と逆流性食道炎 ピロリ菌と逆流性食道炎 について解説します。 研究により、ピロリ菌感染例で逆流性食道炎の有病率が低いことが明らかになっています。 なぜピロリ菌感染があると逆流食道炎になりにくいのでしょうか? それは、ピロリ菌感染により胃酸分泌が低下するからです。 ピロリ菌感染は萎縮性胃炎を引き起こし、萎縮性胃炎では胃酸酸分泌能が低下します。 ピロリ菌感染は胃潰瘍、胃がんのリスクですが、逆流性食道炎では逆にピロリ菌除菌がリスクとなり得るのです。 では逆流性食道炎患者はピロリ菌を除菌すべきではないのでしょうか? 賛否両論ありますが、現在のところ、逆流性食道炎患者であってもピロリ菌除菌を行うべきと考えられています。 除菌により発生、悪化する逆流性食道炎は一過性のものであり、重症化するのはまれです。 pylori 感染の診断と治療のガイドライン 2009 改訂版」には次のように記載されています。 pylori 除菌後に逆流性食道炎の発症増加や症状増悪をほとんど認めないので、逆流性食道炎の存在が H. pylori除菌の妨げとはならない。 (中略) 我が国では、除菌後酸分泌が増加し一過性に逆流症状の出現や悪化、あるいは逆流性食道炎の増加が見られることが報告されている。 しかし、一方で、消化性潰瘍患者に対して除菌を行っても、逆流性食道炎は増加しないという報告や十二指腸潰瘍を合併している逆流性食道炎ではむしろ食道炎が改善するという報告もあり、病態によっては、除菌が逆流性食道炎の発症を抑制する場合もあると考えられる。 いずれにせよ、 除菌成功後の逆流性食道炎の頻度は我が国においても除菌前よりもある程度高くなるものの、H. pylori 非感染者とほぼ同率となるだけであり、除菌後の逆流性食道炎を長期観察した場合でも、Los Angeles 分類の A, B の軽症者が大多数であり、重症化することはほとんどないと考えられる。 また、消化性潰瘍患者に対しては逆流性食道炎による治療費の増加を考慮に入れても、除菌治療が従来療法よりも Cost-effective であり、 逆流性食道炎の発生増加は除菌治療を行う妨げとならないと考えられる。 (後略).

次の

逆流性食道炎の薬物治療、服薬指導の解説

逆流 性 食道 炎 治療

逆流性食道炎の検査方法 逆流性食道炎は、主に次の2つの検査で診断を行います。 問診による診断 まずは患者様から現在の症状をおうかがいして、逆流性食道炎であるかどうかを診断します。 胃カメラ検査による診断 胃カメラで実際に食道を観察して、食道粘膜にびらんや潰瘍など食道炎の病変が見られる場合を「逆流性食道炎」と呼ぶのに対して、「食後に胸焼けがする …」「胃液がこみ上げてきて酸っぱく感じる …」などの不快な症状があるものの、胃カメラで食道炎が見られない場合を「非びらん性胃食道逆流症」と呼びます。 また、これらの病態を総称して「胃食道逆流症( GERD)」と呼びます。 このように、胃食道逆流症では症状と胃カメラでの重症度が必ずしも一致しないことが特徴とも言えます。 Fスケール 逆流性食道炎の症状や治療効果を確認するためのツールとして「 Fスケール」と呼ばれる問診票が使用されます。 問診票の答えを点数化し、 8点以上となった方は逆流性食道炎の可能性が高いと診断されます。 質問 記入欄 ない 稀に 時々 しばしば いつも 1. 胸焼けやけがしますか? 0 1 2 3 4 2. お腹が張ることがありますか? 0 1 2 3 4 3. 食事をした後に胃が重苦しい(もたれる)ことがありますか? 0 1 2 3 4 4. 思わず手のひらで胸をこすってしまうことがありますか? 0 1 2 3 4 5. 食べた後、気持ちが悪くなることがありますか? 0 1 2 3 4 6. 食後に胸焼けが起こりますか? 0 1 2 3 4 7. 喉の違和感(ヒリヒリなど)がありますか? 0 1 2 3 4 8. 食事の途中で満腹になってしまいますか? 0 1 2 3 4 9. ものを飲み込むと、つかえることがありますか? 0 1 2 3 4 10. 苦い水(胃酸)が上がってくることがありますか? 0 1 2 3 4 11. ゲップがよく出ますか? 0 1 2 3 4 12. 前かがみをすると胸焼けがしますか? 0 1 2 3 4 逆流性食道炎の治療方法 逆流性食道炎の治療方法には、大きく2つの方法があります。 「薬物療法」と「生活習慣の改善」です。 薬物療法 「PPI(プロトンポンプ阻害薬)」や「H2ブロッカー」など、胃酸の分泌を抑制するお薬を中心に処方して、つらい症状を改善させます。 生活習慣の改善 「肉や脂っこいものばかりを好んで食べる」「満腹になるまで食べる」「食べてすぐに横になる」などの生活習慣が原因で、逆流性食道炎が起こる場合があります。 患者様から普段の生活スタイルをおうかがいして、症状の改善と再発防止をはかります。 食習慣以外にも、「肥満」「喫煙・飲酒」「腹部の締めつけ」「お仕事などで前屈みの姿勢をよくとる」「便秘(腹部に力を加える)」なども、逆流性食道炎を引き起こす原因となりますので、こうした生活習慣がある方は特に注意するようにしましょう。 生活習慣が改善されないと再発する恐れも 逆流性食道炎は、「肥満」「食後、すぐに横になる」「前屈みの姿勢をとる」などの生活習慣と深い関わりがある病気です。 例えば、太り気味の方の場合、脂肪が胃を押して胃酸の逆流の原因となる場合があるため、肥満が改善されないといつ再発してもおかしくないといえます。 また、女性の場合、脊柱後弯症(亀背:きはい)になりやすく、腰が曲がると腹部全体が圧迫されるため、胃酸の逆流が起こりやすくなります。 このように、逆流性食道炎の再発予防のためには、生活習慣の改善が重要となります。 当クリニックでも、胃酸の逆流を防ぐために大切な「日常生活でのポイント」をアドバイスさせていただきます。

次の