和田アキ子 顔変わった。 アッコにおまかせ|和田アキ子の目が変でおかしいのは眼瞼下垂の手術の影響か?

和田アキ子の顔の異変はシェーグレン症候群が原因?病気経歴まとめ

和田アキ子 顔変わった

Contents• 宮根誠司の顔がいつもと違う?目が変だとか怖いと話題に! テレビで見ない日は無いと思うほどに 司会業で大忙しの宮根誠司さんなので 見た目に変化があれば、視聴者もすぐ 気づいてしまいますよね。 そんな彼が小さなワイプでも分かって しまうほど、以前と比べ 顔が変わった という指摘がありました。 その画像は、宮根さんの左目が異様に 腫れぼったいというか 頬辺りもむくみ があるようで別人に見える画像でした。 明らかに、 目が変だとか 顔がパンパン という印象の彼なのですが、普段通り 司会進行をしていただけに逆になにが あったのか心配した人も多いとか。 まあ、ただ単に ものもらいでまぶたの 一部が腫れ上がったのかもしれません が、患部が赤くなっている症状が無い ので、それ以外の可能性もあります。 メイクが原因なのかとも思いましたが それでも不自然さがあるし怖ささえも 感じてしまいますよね。 彼が司会の番組ミヤネ屋にて、自身の 顔とくに左目が腫れてたことについて 説明をされていました。 宮根さんはこの日の番組で、「左目が腫れてるってみなさんに心配されている」と切り出し、施術したと明かした。 左まぶたが下がっていると指摘されて病院に行ったところ、医者から 「加齢」が原因だと言われ、施術を勧められたという。 10分ほどでまぶたを縫いあげ、「まだ少し腫れていますけど、結果的に プチ整形」と笑いを誘い、「これがどうなっていくか皆さんお楽しみに」と呼びかけている。 引用元: 宮根さんもやはりネットで整形疑惑が 出ていたことをご存知だったようです ね(笑) ただ、それも分かったうえで プチ整形 と笑い飛ばしたのはさすがベテランの 司会者! 現在は、まだ腫れが目立っていますが 症状が軽くなるに連れて、整形をした ような見た目はだんだんと収まってく ようなので安心しました。 宮根誠司さん2019年現在は 55歳だと まだまだ元気な現役世代なんですが、 くれぐれも無理だけはなさらずに番組 の司会進行でこれからもお茶の間の人 たちにニュースを届けてほしいですね。

次の

和田アキ子の目が現在違う【顔画像比較】整形ではなく眼瞼下垂手術の失敗が原因?

和田アキ子 顔変わった

スポンサーリンク 和田アキ子のプロフィール• 生年月日:1950年4月10日• 職業:歌手• 出身:大阪府大阪市天王寺区舟橋町• 本名:飯塚現子• 所属事務所: ホリプロ 知らない方も多いかもしれませんが、和田アキ子さんは在日韓国人。 本名は「飯塚現子」ですが出生名は「金福子」でした。 私立の高校に入学されましたが、たった3日間で高校生活を終える事になってしまいます。 その理由はお父さんが退学届を勝手に提出してしまったから!とても悲しいエピソードですが、代わりに素晴らしい出会いも待っていました。 和田アキ子さんはホリプロの社長にスカウトされた事によって芸能界デビューされます! 子供の頃から歌う事が大好きだった彼女は1968年にシングルデビューを果たしました。 そして4年後にリリースされた「あの鐘を鳴らすのはあなた」が大ヒット!レコード大賞を勝ち取りお茶の間の人気者に。 和田アキ子さんは174センチと女性にしては高身長で声量もあり、「姉さん」と呼ばれるにふさわしい貫禄もあったので 怖いという印象を持たれるようになりました。 1970年代、出演されたバラエティ番組では大活躍されますが、歌手としての和田アキ子か、タレントとしての和田アキ子かを天秤にかけた際 どうしても歌手でありたかった和田アキ子さんは番組を降板して歌一本で生きる事を決意! 降板される時に揉めてしまった為にテレビ局が出禁になってしまう事もありましたが現在では解決されました。 80年代以降は「アッコにおまかせ! 」で司会を務めたり、紅白にも出場されたりと歌手とタレントのお仕事を両立されます。 バラエティ番組に出られるだけあって和田アキ子さんもお笑いが大好き! 明石家さんまさん、ダウンタウン等多くの芸人さんと仲良しなんですよ。 キャラクターのせいか怖いイメージのある和田アキ子さんですが、本当は誰とでも仲良くなれる優しい女性なんですね。 和田アキ子さんの芸歴が分かってきた所で、お次は若い頃と現在の顔の変化を見てみましょう。 実は和田アキ子さんは顔の手術をされていたんですよ。 手術で顔が変わった?和田アキ子の若い頃と現在を画像で比較 ここでは和田アキ子さんの画像を若い頃の順に紹介していきます。 顔が変わったかどうか見比べてみてくださいね。 デビュー間もない頃の和田アキ子 こちらは歌手デビューしてまだ間もない頃の和田アキ子さんです。 和田アキ子さんといえばベリーショートで前髪パッツンなイメージがあったので、パーマ姿は新鮮ですね! レトロな髪型がよく似合っていて色気もあり、美人なお姉さんという印象です。 目は幅が狭めな平行二重ですね。 スポンサーリンク 手術前の和田アキ子 こちらは顔の手術をされる前の和田アキ子さん。 和田アキ子といえばこの笑った時のタレ目の印象が強いですが、手術でこの印象が少し変わりました。 続けて手術後の和田アキ子さんをみていきましょう。 手術後の和田アキ子 こちらは手術をされた後の和田アキ子さんの画像です。 「アッコにおまかせ! 」にて顔の手術をされた事を明かされました。 実は和田アキ子さんは眼瞼下垂で、瞼の力があまり入らないようです。 瞼が垂れ下がって視界を奪い、無理に瞼を持ちあげようと力む事によって肩こりや頭痛を引き起こしてしまいます。 長年この症状に悩まされた和田アキ子さんは2018年に手術をし、すぐに番組に出演されました。 瞼がしっかりと持ちあがったので黒目がちゃんと見えています。 まだ目の腫れが完全に引いていなかったので目立ってしまっていますが こうやって表に出て自分から手術をした事を公表するのは女性にとって勇気のいる事だったでしょう。 手術というとその後の体調や精神面が気になる所ではありますが、和田アキ子さん自身は元気で問題ないとの事。 これで肩こりや頭痛が改善されて、ますます活躍されるといいですね。 まとめ 今回は和田アキ子さんの若い頃と現在の画像を比較して、顔が変わったのかどうかについて見ていきました。 手術のために目の印象は確かに変わったのですが、昔から二重だったので変わったというよりは元に戻ったと表現した方が良いかもしれませんね。

次の

和田アキ子の身長と足のサイズと年齢、顔が変わった?という噂を検証

和田アキ子 顔変わった

すぐ読める目次はこちら• 和田アキ子の目が変なのはいつから?【昔の目と比較】 和田アキ子さんの目が変だと話題になったのは 2018年12月のことです。 12月2日の「アッコにおまかせ」に出演した和田アキ子さんをみた視聴者が、 和田アキ子さんの目が変だとSNS上で話題にしたのがはじまりでした。 アッコさん、目元いじりました?笑 年明け一発目なのに、なんか違和感たっぷり。 それともむくみ? — めーちゃん meeeerchan 確かに、それ以前の和田アキ子さんと比較すると、 かなり目の印象が違い違和感がありますよね。 これは話題にもなるでしょうという印象です。 別人?と思うほど変わっていますね。 では、和田アキ子さんの目は なぜこんなにも変わってしまったのでしょう。 和田アキ子は眼瞼下垂手術をして二重に! 和田アキ子さんの目がこんなにも変わってしまった原因は、 眼瞼下垂の手術が原因でした。 和田アキ子さんは以前から眼瞼下垂に悩まされていたようです。 そして、症状がひどくなったため手術を決意。 手術の結果、目の印象が変わってしまったということです。 和田は2018年11月に、まぶたが垂れて視野が狭くなり、頭痛などの原因になるという眼瞼下垂と診断されて手術。 しかしその後、結果について「ものすごい変な目になった」などと悩みを明かし、再手術の可能性も示唆していた。 眼瞼下垂の手術でこんな目になってしまうとは、 和田アキ子さんも思っていなかったことでしょう。 とくに、テレビに顔がでる芸能人という職業柄、 ショックも大きかったと思います。 しかし、手術についても堂々と公表している潔さが、和田アキ子さんらしい気がします。 スポンサーリンク 眼瞼下垂手術とは? そもそも 眼瞼下垂手術とはどのようなものなのでしょう。 まぶたが気になる方は、眼瞼下垂の手術についてをご覧ください。 さらに、無理に目を開こうとすることで、 頭痛や肩こりの原因にもなり 自律神経失調症の症状がでることもあるそうです。 眼瞼下垂手術は、この 下がってきた瞼を上げ視野を元に戻すという手術。 眼瞼下垂の手術後は 目が腫れるのが一般的で腫れの引き具合は個人差があるようです。 和田アキ子さんの場合、 腫れがなかなか引かなかったんですね。 二重になると黒目にも変化が? 和田アキ子さんは眼瞼下垂手術後、目の印象がかなり変わりましたが、違和感があるのは印象が変わったからというより 黒目の割合が増えたからではないでしょうか。 和田アキ子さんの手術後の画像を見ると、 目のほとんどが黒目?という感じがします。 二重になったからといって黒目が大きくなるわけはないのですが、瞼全体が腫れているので 白目が見えなくなっているのでしょう。 黒目だけが見えるというのは、やはり 違和感がありますね。 和田アキ子は目の手術失敗で整形できる病院へ 和田アキ子さんが眼瞼下垂手術を受けたのが2018年11月ですが、その後、 目の腫れはかなり改善しましたが、元の和田アキ子さんを知っているからか 違和感は残りますね。

次の