光回線 10mbps。 フレッツ光100Mbps契約なのに夜になると10Mbps→プロバイダ変更で改善 │ ゲームについて思いついたことを書く

NURO光の回線速度が遅い原因と対処法

光回線 10mbps

目次 この記事でわかること• 光回線の速度が遅いと感じた時まず試しておきたいこと 光回線の速度が遅いとどうしても、機器の故障や回線の不具合を疑ってしまいますよね。 しかし、回線速度が遅いからといって必ずしも修理を要する故障や不具合が生じているとは限りません。 ちょっとしたことで回復することがありますので、業者や契約元に連絡をする前に確認や試しておきたいことについてまずは紹介します。 回線の契約プランを確認する 利用している光回線がそもそも速度の遅い契約プランではないか確認をしてみてください。 光回線にはさまざまな契約プランが存在しますが、 すべてのプランが最大速度1Gbps(一般的な光回線の速度)ではありません。 月額利用料の安いプランを選択していた場合には最大速度が遅い可能性がありますので、注意が必要です。 モデム ONU や無線LANルーターを再起動して接続しなおす モデムやルーターのコンセントを抜いて再起動・再接続するだけでも速度に対して効果が表れる可能性があります。 特に、 再起動・再接続は接触不良を起こしている場合に有効な方法です。 再起動の順番は「ルーター」の次に「モデム」の順番で電源を切ってください。 機器のランプが消えたらモデムから先に電源を入れ、モデムのランプが点灯し落ち着いたらルーターの電源を入れてください。 PC・スマホ・タブレット端末を再起動して接続しなおす インターネットに接続する PC・スマホ・タブレットなどの各端末を再起動することで速度が回復することがあります。 回線速度に限らず、PCなどでの作業中に何か不具合があったら、一度情報をリセットすることで動きが良くなることがあります。 光回線の速度を計測してみよう さて利用している中で「速度が遅いな」と感じても、具体的なスピードがどれだけ出ているのかは実際に計ってみないとわかりません。 そんな時、速度測定のスピードテストサイトなどを利用することで、速度を数値として確認ができます。 イメージとしては、自動車の速度メーターのようなもので、自分の感じたスピード感が実測値としてどのくらいなのかを数値化してくれるというもの。 速度測定方法について紹介していきます。 速度測定方法とオススメスピードテストサイト 速度測定には、無料のスピードテストサイトの利用が便利ですので、数々のスピードテストサイトの中からオススメのものを2つご紹介します。 BNRスピードテスト 下りと上り両速度を計測ができます。 基本的にはFlashプレイヤーの動作環境が必要ですが、Flash未対応の場合は画像読み込み版もあるので便利です。 speedtest. net スタイリッシュな見た目で測定するのが楽しくなるようなスピードテストサイトです。 下りと上り、さらにPING値まで測定してくれます。 自動車のタコメーターのようで、わかりやすい表示が人気です。 光回線の一般的な最大速度は1Gbps NURO光は業界最速級の2Gbpsですが、現在の各光回線の下り最大速度は「1Gbps」が一般的です。 注目するべきは「最大速度」という言葉です。 ベストエフォート値とも呼ばれますが、これは 「最もいい条件下での通信速度」という意味です。 陸上選手に例えると「ベストなフィールドコンディションで、全力で走れば1Gbps出ます」といったイメージです。 光回線のほとんどがこのベストエフォート方式を採用しており、広告などで前面に出されている数値もこのベストエフォート値です。 実際に一般家庭の環境下で1Gbpsが出ることはまずありませんので、 環境や条件によって速度は変動するものと思っておきましょう。 また、最大速度が出ない場合の保証もありません。 しかし、普通にサイト閲覧や動画視聴といった利用方法であれば、30Mbpほど出ていれば支障はありませんのでベストエフォート値にこだわる人はあまりいないでしょう。 インターネット利用の場面 快適な速度 メールの送受信・標準画質の動画再生 5Mbps以下 シンプルなサイトの閲覧・ブログの更新・HD画質の動画再生 5~10Mbps ソフトウェアのダウンロード・音や映像が流れるサイトの閲覧・4K画質の動画再生 25Mbps以上 光回線の速度が遅くなる原因と対処法 速度計測によって自身の光回線が遅いということに気づいたら、次は光回線の速度が遅いときの具体的な原因と対処法を調べていきましょう。 回線速度が出ない時に思い当たる原因は限られていますので、ひとつひとつ検討していくことで原因を突き止めることができます。 原因1. LANケーブルの規格が高速通信に対応していない 家電量販店などで販売されているLANケーブルには規格というものが存在します。 規格によっては 高速通信に対応していない場合があり、光回線の速度を生かしきることができません。 対応している規格によって「カテゴリー CAT 」が分けられていますので、通信速度の遅いカテゴリーのLANケーブルを使っている場合は、高速通信に対応しているカテゴリーのケーブルに取り替えましょう。 以下に、現在販売されているLANケーブルのカテゴリーをまとめました。 カテゴリー 通信速度 対応規格 CAT8 最大40Gbps 40G BASE-T CAT7 最大10Gbps 10G BASE-T CAT6A 最大10Gbps 10G BASE-T CAT6 最大1Gbps 1000BASE-TX CAT5e 最大1Gbps 1000BASE-TX CAT5 最大100Mbps 100BASE-TX 「CAT5e」以上であれば光回線の標準的な速度である1Gbpsに対応していますので、古いケーブルを長い間使用しているという方は、カテゴリーがCAT5e以上であるか確認してみましょう。 原因2. 通信障害が起きている 回線やプロバイダがなんらかのトラブルで通信に障害をきたしていることがあります。 この場合では、ユーザー側では対処ができない問題なので、通信の回復を待つしかありません。 回線の公式ホームページに 通信障害やメンテナンスの情報が公開されているので、チェックして回線速度低下の原因が通信障害であるかを確認しましょう。 原因3. 回線が混雑している 道路状況などと同じように、 同じエリア内で同じ回線を大勢の人が集中して利用すると混み合ってしまいスムーズな通信ができなくなってします。 この場合の一番確実な対処法は、回線が混雑しやすい夜間などの時間帯を避けることですが、仕事などの都合でどうしてもその時間帯にインターネットを利用しなければならない方もいるかと思います。 そのような場合は、 多くの人が利用している接続方式であるIPv4ではなく最新バージョンのIPv6の利用も有効です。 利用者の比較的少ない独自回線サービスを利用するのも良いでしょう。 いずれにしても、インターネット上のトラフィック(交通量)が少ないところを選ぶことが解決策となるのです。 原因4. 機器が故障している ルーターなどの 機器が故障していて上手く電波を飛ばせていない場合があります。 古いルーターによくあることですが、まれに新品でも初期不良があるものもあります。 故障や初期不良が考えられる場合は購入先かメーカーに問い合わせ、交換してもらえるかどうか聞いてみましょう。 原因5. PC・スマホ・タブレット端末のOSが古い OSが古いと速度が出にくくなります。 その理由は、CPU(中央演算装置)というコンピューターの中枢にあたる部分の処理能力にあります。 最新のOSならば処理能力が高速回線についていけますが、古いものでは処理が追い付かず、結果速度低下につながるのです。 この場合は、新しいOSにアップグレードするか、端末ごと新しいものに買い替えることで解決する可能性が高いです。 原因6. PC・スマホ・タブレット端末のメモリーが不足している インターネットに接続するPC・スマホ・タブレット端末側で、 アプリケーションのインストールや画像・動画のデータの蓄積などが原因でメモリー不足が起きていると、速度が落ちる傾向にあります。 重たい荷物を持っていると速く走れないのと同じように、重たいデータで容量がいっぱいのメモリーではデータを早く処理することが難しいのです。 メモリーは増設ができますので、早くしたい場合は別売りしているメモリーを個人で購入し自分で増設することで対処が可能です。 原因がわからない場合は問い合わせる これまで挙げた原因と対処法を試してみたけれど速度が回復しなかったという方は、契約している回線やプロバイダに問い合わせをしてみましょう。 問い合わせる前に通信速度を測定しておき、問い合わせ時に具体的な数値を伝えると状況が正確に理解してもらえるでしょう。 解決しない場合は解約・乗り換えも検討する どうしても回線速度が遅い場合は、 契約プランやエリア・環境などが合っていない可能性があります。 この場合は思いきって解約し、他社へ乗り換えることも検討しましょう。 光回線の解約手順 回線によって詳細は異なりますが、共通する解約手続きの流れは以下のとおりです。 光回線の解約金を無料にする方法 解約する時に一番気になるのは違約金ではないでしょうか。 できることなら違約金は払うことなく解約したものですが、ここではその違約金を無料にする方法をご紹介します。 契約更新月に解約する プランによって異なりますが、契約には2年~3年の契約期間が定められています。 この契約期間の途中に解約してしまうと違約金が発生してしまうので、 2年または3年に一度訪れる「契約更新月」に解約しましょう。 契約更新月の解約はどの契約先でも無料となっています。 事前にしっかりと確認し、このタイミングを逃さないようにしましょう。 違約金負担や高額キャッシュバックのある回線に乗り換える 乗り換え先のキャンペーンに 「他社からの乗り換え費用負担」がある場合があります。 このキャンペーンを利用することで、 解約時に発生した違約金を乗り換え先に負担してもらい、自己負担額を減らすことができるのです。 また、違約金負担キャンペーンは展開していないけれども高額キャッシュバックキャンペーンを行っている申し込み先なら、 そのキャッシュバックされた金額で違約金を賄うこともできます。 高速通信ができる光回線への乗り換えがオススメ! 高速で通信ができる乗り換え先選びで迷っている方に向け、オススメの高速光回線を紹介いたしますので、ご参考にしてみてください。 契約する光回線を決めるポイントは、速度や月額利用料だけではなく、自分に合ったプランや対象エリア、スマホとの関わりなどさまざまです。 auユーザーなら「auひかり」「So-net光」 auのスマホを使用している方は「auひかり」や「So-net光」を契約することで、「auスマートバリュー」が適用されます。 auスマートバリューは、 家族全員(最大10回線)のau端末料金が、1回線につき最大2,000円 税抜 割引され、家族にauユーザーが多いほどお得な割引サービスになっています。 「auひかり」「So-net光」が速いといえる理由 auひかりは、高速通信が安定して利用できる「IPv6」規格への対応が進んでいるほか、戸建向けの高速通信プランとして「auひかり ホーム5ギガ・10ギガ」を提供しています。 なお、「auひかり ホーム5ギガ・10ギガ」は通常の「auひかり ホーム1ギガ」から追加料金(高速サービス利用料)を支払うことで利用可能となりますが、 「超高速スタートプログラム」の適用で3年間料金が割引されます。 なお、超高速スタートプログラムの適用は、「ずっとギガ得プラン 3年契約 」とネット+電話の申し込みが条件になっていますので注意しましょう。 以上より、auひかり・So-net光とも通信速度が速く安定しており、快適に利用ができるといえます。 auひかりの契約は代理店フルコミットがおすすめです。 最短翌月に最大52,000円のキャッシュバックがもらえます。 3年間の契約で大幅な月額料金の割引きが受けられます。 セット割は、契約プランによって割引金額が異なりますが、 シェアパックのデータサイズが大きいほど割引額が大きくなります。 大容量のシェアパックを契約しそれを家族でシェアすることで、一人でデータパックを使うよりもお得に利用ができます。 「ドコモ光」が速いといえる理由 ドコモ光でも、高速通信が安定して利用できるIPv6インターネット接続機能「IPv6通信」「IPv4 over IPv6通信」に対応していますので、快適に利用できます。 IPv4 over IPv6機能は全国で可能ですが、利用できるプロバイダが ドコモ光タイプAのプロバイダに限られますので注意が必要です。 ドコモ光でIPv6接続のできるプロバイダは以下のとおりです。 ・ドコモnet ・plala ・GMOとくとくBB ・So-net ・DTI ・ nifty ・IC-NET ・Tigers-net. com ・andline ・BIGLOBE ・エディオンネット ・スピーディアインターネットサービス ・シナプス ドコモ光の契約はGMOとくとくBB特典サイトからのお申し込みがおすすめです。 速度に関する評判がよく、特典サイトからのお申込で最大20,000円のキャッシュバックがもらえることが魅力です。 「おうち割 光セット」は家族で最大10回線まで適用されるため、家族にSoftBankユーザーが多いほど、割引が大きくお得です。 SoftBank光の契約は代理店NEXTがおすすめです。 最短2ヶ月で最大33,000円のキャッシュバックがもらえます。 通信速度をより重視する方は、NURO光がオススメです。 NURO光はSo-net公式サイトからの契約がおすすめです。 下記特設ページより申し込みで、最短2ヶ月で最大45,000円のキャッシュバックがもらえます。

次の

回線速度の平均は80Mbps、速い?速くない?

光回線 10mbps

目次 この記事でわかること• 光回線の速度が遅いと感じた時まず試しておきたいこと 光回線の速度が遅いとどうしても、機器の故障や回線の不具合を疑ってしまいますよね。 しかし、回線速度が遅いからといって必ずしも修理を要する故障や不具合が生じているとは限りません。 ちょっとしたことで回復することがありますので、業者や契約元に連絡をする前に確認や試しておきたいことについてまずは紹介します。 回線の契約プランを確認する 利用している光回線がそもそも速度の遅い契約プランではないか確認をしてみてください。 光回線にはさまざまな契約プランが存在しますが、 すべてのプランが最大速度1Gbps(一般的な光回線の速度)ではありません。 月額利用料の安いプランを選択していた場合には最大速度が遅い可能性がありますので、注意が必要です。 モデム ONU や無線LANルーターを再起動して接続しなおす モデムやルーターのコンセントを抜いて再起動・再接続するだけでも速度に対して効果が表れる可能性があります。 特に、 再起動・再接続は接触不良を起こしている場合に有効な方法です。 再起動の順番は「ルーター」の次に「モデム」の順番で電源を切ってください。 機器のランプが消えたらモデムから先に電源を入れ、モデムのランプが点灯し落ち着いたらルーターの電源を入れてください。 PC・スマホ・タブレット端末を再起動して接続しなおす インターネットに接続する PC・スマホ・タブレットなどの各端末を再起動することで速度が回復することがあります。 回線速度に限らず、PCなどでの作業中に何か不具合があったら、一度情報をリセットすることで動きが良くなることがあります。 光回線の速度を計測してみよう さて利用している中で「速度が遅いな」と感じても、具体的なスピードがどれだけ出ているのかは実際に計ってみないとわかりません。 そんな時、速度測定のスピードテストサイトなどを利用することで、速度を数値として確認ができます。 イメージとしては、自動車の速度メーターのようなもので、自分の感じたスピード感が実測値としてどのくらいなのかを数値化してくれるというもの。 速度測定方法について紹介していきます。 速度測定方法とオススメスピードテストサイト 速度測定には、無料のスピードテストサイトの利用が便利ですので、数々のスピードテストサイトの中からオススメのものを2つご紹介します。 BNRスピードテスト 下りと上り両速度を計測ができます。 基本的にはFlashプレイヤーの動作環境が必要ですが、Flash未対応の場合は画像読み込み版もあるので便利です。 speedtest. net スタイリッシュな見た目で測定するのが楽しくなるようなスピードテストサイトです。 下りと上り、さらにPING値まで測定してくれます。 自動車のタコメーターのようで、わかりやすい表示が人気です。 光回線の一般的な最大速度は1Gbps NURO光は業界最速級の2Gbpsですが、現在の各光回線の下り最大速度は「1Gbps」が一般的です。 注目するべきは「最大速度」という言葉です。 ベストエフォート値とも呼ばれますが、これは 「最もいい条件下での通信速度」という意味です。 陸上選手に例えると「ベストなフィールドコンディションで、全力で走れば1Gbps出ます」といったイメージです。 光回線のほとんどがこのベストエフォート方式を採用しており、広告などで前面に出されている数値もこのベストエフォート値です。 実際に一般家庭の環境下で1Gbpsが出ることはまずありませんので、 環境や条件によって速度は変動するものと思っておきましょう。 また、最大速度が出ない場合の保証もありません。 しかし、普通にサイト閲覧や動画視聴といった利用方法であれば、30Mbpほど出ていれば支障はありませんのでベストエフォート値にこだわる人はあまりいないでしょう。 インターネット利用の場面 快適な速度 メールの送受信・標準画質の動画再生 5Mbps以下 シンプルなサイトの閲覧・ブログの更新・HD画質の動画再生 5~10Mbps ソフトウェアのダウンロード・音や映像が流れるサイトの閲覧・4K画質の動画再生 25Mbps以上 光回線の速度が遅くなる原因と対処法 速度計測によって自身の光回線が遅いということに気づいたら、次は光回線の速度が遅いときの具体的な原因と対処法を調べていきましょう。 回線速度が出ない時に思い当たる原因は限られていますので、ひとつひとつ検討していくことで原因を突き止めることができます。 原因1. LANケーブルの規格が高速通信に対応していない 家電量販店などで販売されているLANケーブルには規格というものが存在します。 規格によっては 高速通信に対応していない場合があり、光回線の速度を生かしきることができません。 対応している規格によって「カテゴリー CAT 」が分けられていますので、通信速度の遅いカテゴリーのLANケーブルを使っている場合は、高速通信に対応しているカテゴリーのケーブルに取り替えましょう。 以下に、現在販売されているLANケーブルのカテゴリーをまとめました。 カテゴリー 通信速度 対応規格 CAT8 最大40Gbps 40G BASE-T CAT7 最大10Gbps 10G BASE-T CAT6A 最大10Gbps 10G BASE-T CAT6 最大1Gbps 1000BASE-TX CAT5e 最大1Gbps 1000BASE-TX CAT5 最大100Mbps 100BASE-TX 「CAT5e」以上であれば光回線の標準的な速度である1Gbpsに対応していますので、古いケーブルを長い間使用しているという方は、カテゴリーがCAT5e以上であるか確認してみましょう。 原因2. 通信障害が起きている 回線やプロバイダがなんらかのトラブルで通信に障害をきたしていることがあります。 この場合では、ユーザー側では対処ができない問題なので、通信の回復を待つしかありません。 回線の公式ホームページに 通信障害やメンテナンスの情報が公開されているので、チェックして回線速度低下の原因が通信障害であるかを確認しましょう。 原因3. 回線が混雑している 道路状況などと同じように、 同じエリア内で同じ回線を大勢の人が集中して利用すると混み合ってしまいスムーズな通信ができなくなってします。 この場合の一番確実な対処法は、回線が混雑しやすい夜間などの時間帯を避けることですが、仕事などの都合でどうしてもその時間帯にインターネットを利用しなければならない方もいるかと思います。 そのような場合は、 多くの人が利用している接続方式であるIPv4ではなく最新バージョンのIPv6の利用も有効です。 利用者の比較的少ない独自回線サービスを利用するのも良いでしょう。 いずれにしても、インターネット上のトラフィック(交通量)が少ないところを選ぶことが解決策となるのです。 原因4. 機器が故障している ルーターなどの 機器が故障していて上手く電波を飛ばせていない場合があります。 古いルーターによくあることですが、まれに新品でも初期不良があるものもあります。 故障や初期不良が考えられる場合は購入先かメーカーに問い合わせ、交換してもらえるかどうか聞いてみましょう。 原因5. PC・スマホ・タブレット端末のOSが古い OSが古いと速度が出にくくなります。 その理由は、CPU(中央演算装置)というコンピューターの中枢にあたる部分の処理能力にあります。 最新のOSならば処理能力が高速回線についていけますが、古いものでは処理が追い付かず、結果速度低下につながるのです。 この場合は、新しいOSにアップグレードするか、端末ごと新しいものに買い替えることで解決する可能性が高いです。 原因6. PC・スマホ・タブレット端末のメモリーが不足している インターネットに接続するPC・スマホ・タブレット端末側で、 アプリケーションのインストールや画像・動画のデータの蓄積などが原因でメモリー不足が起きていると、速度が落ちる傾向にあります。 重たい荷物を持っていると速く走れないのと同じように、重たいデータで容量がいっぱいのメモリーではデータを早く処理することが難しいのです。 メモリーは増設ができますので、早くしたい場合は別売りしているメモリーを個人で購入し自分で増設することで対処が可能です。 原因がわからない場合は問い合わせる これまで挙げた原因と対処法を試してみたけれど速度が回復しなかったという方は、契約している回線やプロバイダに問い合わせをしてみましょう。 問い合わせる前に通信速度を測定しておき、問い合わせ時に具体的な数値を伝えると状況が正確に理解してもらえるでしょう。 解決しない場合は解約・乗り換えも検討する どうしても回線速度が遅い場合は、 契約プランやエリア・環境などが合っていない可能性があります。 この場合は思いきって解約し、他社へ乗り換えることも検討しましょう。 光回線の解約手順 回線によって詳細は異なりますが、共通する解約手続きの流れは以下のとおりです。 光回線の解約金を無料にする方法 解約する時に一番気になるのは違約金ではないでしょうか。 できることなら違約金は払うことなく解約したものですが、ここではその違約金を無料にする方法をご紹介します。 契約更新月に解約する プランによって異なりますが、契約には2年~3年の契約期間が定められています。 この契約期間の途中に解約してしまうと違約金が発生してしまうので、 2年または3年に一度訪れる「契約更新月」に解約しましょう。 契約更新月の解約はどの契約先でも無料となっています。 事前にしっかりと確認し、このタイミングを逃さないようにしましょう。 違約金負担や高額キャッシュバックのある回線に乗り換える 乗り換え先のキャンペーンに 「他社からの乗り換え費用負担」がある場合があります。 このキャンペーンを利用することで、 解約時に発生した違約金を乗り換え先に負担してもらい、自己負担額を減らすことができるのです。 また、違約金負担キャンペーンは展開していないけれども高額キャッシュバックキャンペーンを行っている申し込み先なら、 そのキャッシュバックされた金額で違約金を賄うこともできます。 高速通信ができる光回線への乗り換えがオススメ! 高速で通信ができる乗り換え先選びで迷っている方に向け、オススメの高速光回線を紹介いたしますので、ご参考にしてみてください。 契約する光回線を決めるポイントは、速度や月額利用料だけではなく、自分に合ったプランや対象エリア、スマホとの関わりなどさまざまです。 auユーザーなら「auひかり」「So-net光」 auのスマホを使用している方は「auひかり」や「So-net光」を契約することで、「auスマートバリュー」が適用されます。 auスマートバリューは、 家族全員(最大10回線)のau端末料金が、1回線につき最大2,000円 税抜 割引され、家族にauユーザーが多いほどお得な割引サービスになっています。 「auひかり」「So-net光」が速いといえる理由 auひかりは、高速通信が安定して利用できる「IPv6」規格への対応が進んでいるほか、戸建向けの高速通信プランとして「auひかり ホーム5ギガ・10ギガ」を提供しています。 なお、「auひかり ホーム5ギガ・10ギガ」は通常の「auひかり ホーム1ギガ」から追加料金(高速サービス利用料)を支払うことで利用可能となりますが、 「超高速スタートプログラム」の適用で3年間料金が割引されます。 なお、超高速スタートプログラムの適用は、「ずっとギガ得プラン 3年契約 」とネット+電話の申し込みが条件になっていますので注意しましょう。 以上より、auひかり・So-net光とも通信速度が速く安定しており、快適に利用ができるといえます。 auひかりの契約は代理店フルコミットがおすすめです。 最短翌月に最大52,000円のキャッシュバックがもらえます。 3年間の契約で大幅な月額料金の割引きが受けられます。 セット割は、契約プランによって割引金額が異なりますが、 シェアパックのデータサイズが大きいほど割引額が大きくなります。 大容量のシェアパックを契約しそれを家族でシェアすることで、一人でデータパックを使うよりもお得に利用ができます。 「ドコモ光」が速いといえる理由 ドコモ光でも、高速通信が安定して利用できるIPv6インターネット接続機能「IPv6通信」「IPv4 over IPv6通信」に対応していますので、快適に利用できます。 IPv4 over IPv6機能は全国で可能ですが、利用できるプロバイダが ドコモ光タイプAのプロバイダに限られますので注意が必要です。 ドコモ光でIPv6接続のできるプロバイダは以下のとおりです。 ・ドコモnet ・plala ・GMOとくとくBB ・So-net ・DTI ・ nifty ・IC-NET ・Tigers-net. com ・andline ・BIGLOBE ・エディオンネット ・スピーディアインターネットサービス ・シナプス ドコモ光の契約はGMOとくとくBB特典サイトからのお申し込みがおすすめです。 速度に関する評判がよく、特典サイトからのお申込で最大20,000円のキャッシュバックがもらえることが魅力です。 「おうち割 光セット」は家族で最大10回線まで適用されるため、家族にSoftBankユーザーが多いほど、割引が大きくお得です。 SoftBank光の契約は代理店NEXTがおすすめです。 最短2ヶ月で最大33,000円のキャッシュバックがもらえます。 通信速度をより重視する方は、NURO光がオススメです。 NURO光はSo-net公式サイトからの契約がおすすめです。 下記特設ページより申し込みで、最短2ヶ月で最大45,000円のキャッシュバックがもらえます。

次の

NURO光の回線速度が遅い原因と対処法

光回線 10mbps

マンションタイプの場合契約戸数で速度がかなり変化します。 お住まいのマンションの契約戸数を確認してはどうでしょうか? Bフレッツマンションタイプの場合 私がそうなので ある戸数以上 数字を忘れました 利用している場合設備を増やしてマンション内の最低速度を維持することをします。 各社この戸数が異なるかもしれません。 DIONの場合、20戸以上のご利用見込みがない場合、サービスをご提供できない、と書いてありますが、NTTの場合、8ユーザ以上の契約が見込まれる場合・・・とのことで、マンションにつける機械 100M光 1台に何戸まで接続を許すかが異なるような気がします。 また、DIONのHPでこんなアナウンスがありますが該当していませんか?参考URLはこの件です。 VDSLモデムと一部のブロードバンドルータを組み合わせてご利用になる場合に「インターネット接続等の通信ができない」もしくは「接続が不安定」な状態になります。 お勧めプロバイダーについては、マンションによりますが、光サービスを1社しか選べないところもありますので、KDDI以外の選択肢しかないかもしれません。 その場合詳細調べていませんが、DION以外選べないような感じです。 間違っていたらすみません ちなみに自宅はBフレッツ-SO-NETで今度設備増強することになっています。 NTTが無料でやります 参考になれば。 そういう話ではないですよね。 現在でもマンションタイプではVDSLというADSLと親戚の技術を使っていますがマンション内程度の距離で速度低下はないでしょう。 光ファイバー自体は距離で速度低下という話はありません。 遅いのには色々な理由がありますが、ありがちな順にいくと。 相手が遅い 自分の回線がいかに速くてもアクセス先サーバが混んでいるなどで遅ければ遅くなります。 プロバイダが遅い プロバイダとインターネットとの接続回線がボトルネックになることもあります。 100M回線で32ユーザ共有だと最悪3M程度まで落ちます。 これが原因で1Mはありえませんけど。 Q ご覧戴きましてありがとうございます。 丁度、新築戸建に一週間前にフレッツ光(戸建て)の工事をNTTにして戴いてから、PCの通信速度が異様に遅いのです。 ・回線速度チェッカーで測定したら、0. 1~2M位 ・有線のLANで直結しています。 ・インターネットをしていてリンククリックすると、リンク先に 繋がるまで、30秒~1分もかかります。 (ADLSの時は1秒程だったのですが) 考えられる原因など、ご教授戴けたら幸いです。 宜しくお願いします。 Q 契約対応:NTT東のBフレッツマンションタイプ、VDSL方式(100M) プロバイダ:Yahoo! BB 8戸のアパートなんですが、VDSLというのは100Mの回線を各戸でわけあっているという認識でいいんですよね? ここ数日、夜8時ごろから23時過ぎまで、回線速度が異様に落ち込みます。 よくRadishという回線速度測定サイトで速度を見ているんですが、昼間や夕方あたりは、下り上り共に40Mbpsほど出ているんですが、上記の時間帯になると下りが「1Mbps」まで落ちます。 (逆に上りは60Mbpsほど出ています・・・) もちろん測定時は同時にダウンロードやストリーミングは使用していませんし、インターネットに接続されている機器は測定時に使用するPC1台のみにしています。 VDSL方式は、やはり他の入居者の使用状況によって速度が大きく左右されるのでしょうか・・? そうだとしても、40Mbpsから1Mbpsにがくっと下がるのは、他の入居者がファイル共有ソフトなどで大きな負荷をかけているということなのでしょうか・・・? もしそうだとしても誰がそのような負荷をかけているのかわからないので解決は難しいですよね・・? プロバイダやNTTに相談するべきなのでしょうか・・。 契約対応:NTT東のBフレッツマンションタイプ、VDSL方式(100M) プロバイダ:Yahoo! BB 8戸のアパートなんですが、VDSLというのは100Mの回線を各戸でわけあっているという認識でいいんですよね? ここ数日、夜8時ごろから23時過ぎまで、回線速度が異様に落ち込みます。 よくRadishという回線速度測定サイトで速度を見ているんですが、昼間や夕方あたりは、下り上り共に40Mbpsほど出ているんですが、上記の時間帯になると下りが「1Mbps」まで落ちます。 (逆に上りは60Mbpsほど出ています・・・) もちろん測... A ベストアンサー >8戸のアパートなんですが、VDSLというのは100Mの回線を各戸でわけあっているという認識でいいんですよね? VDSLは各戸からアパートの集合装置までは、電話線を使って100Mbpsで接続され、集合装置からNTT局舎までが光で100Mbpsで接続されています。 とはいえ、各戸間で直接通信できるわけではないので、大局的にはあなたの理解で合っています。 >VDSL方式は、やはり他の入居者の使用状況によって速度が大きく左右されるのでしょうか・・? はい。 >そうだとしても、40Mbpsから1Mbpsにがくっと下がるのは、他の入居者がファイル共有ソフトなどで大きな負荷をかけているということなのでしょうか・・・? 原因は分かりませんが、広帯域使用者(単数、複数)に競合で負けていることは間違いないでしょう。 ただし、あなたに迷惑をかけている人が同じアパートとは限りません。 フレッツは、契約単位に(マンションタイプは最大16世帯単位に)、局舎内の集合装置に集約され、そこから各戸が契約しているISPの集合装置に分岐されます。 ISPでは局舎内の集合装置を束ね、そこからISPに繋がります。 局舎の集合装置を県単位で束ねてからISPに繋がっていることもあります。 つまり、どこかが詰れば、あなたの通信は遅くなります。 今のご時勢では、100Mbpsなんてのは性能差で左右される程、各戸のPC性能に差があるとは思えません。 夜になると混むISPがピーク時を無視して設備投資を怠り(経営的には正しいです)、結果、夜になると遅くなるというだけではないかと思います。 IXに直接収容されていないISP、やたら契約数だけは多い癖に投資を怠るISP、アドレスに余裕がなく他ISPに出るときはNAT(アドレス変換)するといったISPでは、そういう傾向はあるでしょう。 ISP名を言ってくれれば「あぁ、なるほど」と思えるかもしれませんが、それに対して答えてしまうと、思わぬ恨み(契約数の多いISPの中には、狂信的なユーザが集まっているところもあります)、反感を買う可能性もあるので、これ以上は言及を控えます。 ISPに言えば、NTTに言えといわれ、NTTに言えば、ISPに言えといわれる盥回しが想像されますので、可能であればご自身の判断で評判の良いISPに変えるのも手です。 Rwinを変更するかどうかは微妙なところですが、とりあえずはMSSは調整してみては如何でしょうか。 MSS値の調整は、ほとんどの解説ページでMTU調整と言っていて、言葉尻を捕らえるのも何ですが、やっていることは同じですので。 >8戸のアパートなんですが、VDSLというのは100Mの回線を各戸でわけあっているという認識でいいんですよね? VDSLは各戸からアパートの集合装置までは、電話線を使って100Mbpsで接続され、集合装置からNTT局舎までが光で100Mbpsで接続されています。 とはいえ、各戸間で直接通信できるわけではないので、大局的にはあなたの理解で合っています。 >VDSL方式は、やはり他の入居者の使用状況によって速度が大きく左右されるのでしょうか・・? はい。 >そうだとしても、40Mbpsから1M... Q ここ最近急激にネット速度が落ちました;; ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果 v3. RWin設定や、LANアダプタなどの通信機器を見直してみて下さい。 メモリが222Mしかないようなので、それが原因でもあるのでしょうか? 接続方法はフレッツ接続ツールでやってます。 モデムが悪いのではないのかと思いモデムの速度?を見たいんですけどやり方が分からず困ってます>< パソコンのことはあんまり分からないので、自分では限界です・・・ 助けてください!! >< ここ最近急激にネット速度が落ちました;; ブロードバンドスピードテスト 通信速度測定結果 v3. RWin設定や、LANアダ... Q OS : Windows XP SP2 notebookタイプ ルーター使用せず、直接VDSLに接続 先日、Bフレッツ・マンションタイプ1を契約したのですが、速度がダイヤルアップ並みに遅いのです。 gooスピードテストで測定したところ何度トライしても0,8M程度しか出ません。 NTTにお願いして再度訪問して速度チェックしてもらいましたが、NTT専用サイトでのスピードテストでは20M程度出ているから問題は無い、PC側に問題があるのでは?とのこと。 しかし、契約3週間前まで現在の契約住居近辺でずっとホテル居住(ネット環境)しており、使用したPCは現在光フレッツに接続したものと全く同じものです。 もちろん、サクサクと動作は機敏でした。 もちろんデフラグやクリーンアップ等は常にこまめに起動しております。 またスパイウェア・ウィルス等の感染もチェック済みでなんら問題ありません。 セキュリティにはavast home editionを使用しておりますが、念のため接続停止しても若干の速度アップにしかなりません。 また、フレッツ接続をインストール時に下記内容のコメントが出ました。 これも気になるところです。 EXE(または必要なファイルが見つかりません)パスおよびファイル名が正しいか、必要なライブラリイがすべて使用可能かどうか確認してください」 どうどよろしくお願いします。 ネット環境(新設)を条件に部屋の賃貸契約を結んだので今のままではすべてが狂ってしまいます。 NTTの対応は悪くは無いのですが、経過・履歴を考えるとどうしても、この遅さが納得できないのです。 お助けください。 OS : Windows XP SP2 notebookタイプ ルーター使用せず、直接VDSLに接続 先日、Bフレッツ・マンションタイプ1を契約したのですが、速度がダイヤルアップ並みに遅いのです。 gooスピードテストで測定したところ何度トライしても0,8M程度しか出ません。 NTTにお願いして再度訪問して速度チェックしてもらいましたが、NTT専用サイトでのスピードテストでは20M程度出ているから問題は無い、PC側に問題があるのでは?とのこと。 しかし、契約3週間前まで現在の契約住居近辺でずっとホテル居住(ネット... A ベストアンサー DYNABOOKには色々なモデルがあるので、CPU:1. 参考までに、私はフレッツハイパーファミリーなのでマンションより有利ですがPCの設定は下記で運用しています。 studio-radish. 23Mbps 10. 0 上り回線 速度:24. 36Mbps 3. 7 フレッツスクェア(IE6 SP2)で測定 : 89. 13Mbps DYNABOOKには色々なモデルがあるので、CPU:1. 参考までに、私はフレッツハイパーファミリーなのでマンションより有利ですがPCの設定は下記で運用しています。 Q 夜10時になると回線速度が異常に低下して困っています。 タイトルのように夜になると回線速度が異常に低下します。 遅くなる時間帯はまちまちですが、たいてい夜10時になると遅くなります。 これが毎日起こるのでかなりきついです。 いつもは下り190Mbps、上り60Mbpsなんですが、 遅くなると、下り30Mbps、上り20Mbpsまで、さがります。 一般的な速度のように感じますけれど、実際ネット対戦相手からは重いを苦情をもらいます(速いときはそんなことありません) この症状が出るようになったのは今年の3月程からです。 ちなみに今日、測っていると、夜10時半までは下り190Mbpsだったんですけど、11時頃になった途端、下りが30Mbpsまで低下しました。 ネット対戦で毎回重くなるので、どうにか改善したいと思っています。 3月頃に重くなった事から、 新年度に備え、誰かが私と同じアパートに越してきた。 どちらの方が可能性としてありそうでしょうか? また、改善方法として、AUの1Gbpsタイプの回線があるそうなんですが、それに切り替えることで回線速度がアップする可能性はありますか? どうかご教授お願いします。 OS:XP sp3 メモリ:2G CPU:core2duo E8400 グラボ:GeForce GT 220 使用ルータ:CG-BARGX corega製 回線:Bフレッツ 光ネクスト マンションハイスピードタイプ(下り速度最大200Mbps) プロバイダ:bb. sokudo. タイトルのように夜になると回線速度が異常に低下します。 遅くなる時間帯はまちまちですが、たいてい夜10時になると遅くなります。 これが毎日起こるのでかなりきついです。 いつもは下り190Mbps、上り60Mbpsなんですが、 遅くなると、下り30Mbps、上り20Mbpsまで、さがります。 一般的な速度のように感じますけれど、実際ネット対戦相手からは重いを苦情をもらいます(速いときはそんなことありません) この症状が出るようになったのは今年の3月程から... A ベストアンサー 利用しているメールアドレスでも簡単にわかると思います。 freeアドレスしか利用していない場合、プロバイダーはIPアドレスで確認は出来ると思います。 cman. cgi こちらのサイトで 【IPアドレスの情報を見る】をクリック、開いた画面で【管理情報照会】をクリック。 アドレス名変換で表示されたアドレスでプロバイダーがどこかは確認可能だと思います。 回線種は利用している機器で ADSLモデム=ADSL回線 ターミナルアダプター=ISDN回線 回線終端装置=Bフレッツファミリー VDSL装置=Bフレッツマンション PC操作・機器確認が出来ない状態だと、確認方法はありません。 Q 現在使用中の無線LANルーターの実効速度が原因不明で大幅に低下し、一度低下するとルーターをリセットするまで続きます。 (続くようです。 ) この状況で無線LANから有線LANに切り替えるとほぼ正常な速度が出ます。 また、ルーターのリセットで直ちに正常復帰することから速度低下の原因はよく言われる近隣の電波妨害・干渉によるものではないしハードウエアの問題でもなく、ルーター内部の制御パラメータが一部書き換えられた結果と推定しています。 この原因に技術的な興味があって調べています。 無線ルーターに詳しい方のアドバイスをお願いします。 ルーターはプロバイダーからのレンタル品でNEC製です。 7 Mbps) 速度低下時 下り回線が大幅に低下 下り 0. 8 Mbps) 4.パソコン~ルーターの通信速度、電波強度、信号品質 BUFFLOのクライアントマネージャVでモニター 正常時、速度低下時も大きな変化は見られない。 通信速度 58 65 78 104 117 130 Mbps の間で変化 電波強度 非常に強い 信号品質 ほぼ100% 5.ルーターの設定 チャンネル 自動 通常は3chで動作していて(2chと4chは空き)近隣のアクセスポイントの電波と直接の重なりはありません。 6.安定性 ネットワーク全体は安定していて何もしなければ正常状態を維持できるようです。 LANの設定変更やLANケーブルの着脱を行うと速度低下を引き起こすようです。 現在は速度低下の状態で5日目です。 原因を究明したくてルーターのリセットをせず我慢して使っています。 状況は以上のとおりです。 長くなりましたが、下り実効速度が大幅に低下する理由として考えられる原因は何でしょうか、また原因を特定する簡単なテスト方法(フリーソフト等)があれば教えてください。 現在使用中の無線LANルーターの実効速度が原因不明で大幅に低下し、一度低下するとルーターをリセットするまで続きます。 (続くようです。 ) この状況で無線LANから有線LANに切り替えるとほぼ正常な速度が出ます。 また、ルーターのリセットで直ちに正常復帰することから速度低下の原因はよく言われる近隣の電波妨害・干渉によるものではないしハードウエアの問題でもなく、ルーター内部の制御パラメータが一部書き換えられた結果と推定しています。 この原因に技術的な興味があって調べています。 無線ルーターに...

次の