ラインで友達を紹介。 友達の紹介での恋愛を発展させる方法!LINEでの最初の話題と進め方

LINEで友達のアカウントを別の友達に紹介、連絡先を教える方法 IDが使えない時に便利

ラインで友達を紹介

みなさん、こんにちは。 マーケティングデザインの宮葉です。 皆さんの施設において、紹介キャンペーンを行うときにどのようなツールを使って実施していますか? 今回のブログでは、スマホを使った告知方法で、一人の方が複数のお知り合いを紹介することを目指す方法をご紹介します。 これにはまず、1人の会員様が複数の方々に紹介できる状況を、こちら側が用意してあげる必要があります。 SNSを上手に活用して、紹介キャンペーンを実施する 近年、多くの企業がSNS、特にLINEを使ったクチコミ紹介を導入するようになりました。 SNSでの運用方法をお伝えする前に、なぜクチコミにLINEが選ばれるのか、まずは年齢別に分けた対象ユーザーから見ていただきます。 左からFacebook、Twitter、LINEの順でグラフを並べました。 60代ではたったの2. LINEの年齢別ユーザー数 グラフを見ていただくと多くの企業が紹介告知に起用しているLINEは、平均的にユーザーが多いことがわかります。 10代が77. では、「LINE@はじめました」このようなマーク、見たことありませんか? LINEは自社のLINEアカウントを作成して、ホームページなどで告知することで、「お友達ユーザー」を増やすことができます。 また、会員登録していただいたユーザーに対して、スマホ上で回覧板のようにキャンペーンの案内ができ、一括して会員に向けて配信することができる面では、紙面告知に比べると、紙媒体の制作費や配る労力は軽減できるといえます。 ) LINEを使った紹介キャンペーン例 次に、LINEを使ってどのような紹介キャンペーンを仕掛けているか、少し例をあげてご紹介いたします。 上の画像はカード会社で実施しているLINEを使った紹介キャンペーンです。 アイコンで表示されているように、LINEとEメールから簡単に申し込みができるお友達紹介キャンペーンです。 ホームページ上に設置してあるボタンをクリックすると申し込みができて、お友達が入会すると紹介者に特典がもらえるという仕組みです。 次に、QRコードを利用した紹介キャンペーンの紹介です。 上記の画像にあるように、QRコードにアクセスしてもらうと、お友達に紹介キャンペーンのメッセージを送れる画面に移動します。 「紹介券」を受けったお友達が入会された場合、紹介した方とお友達にも特典が渡されるようになっています。 紹介メッセージは、LINE、メール、Facebookに投稿する、QRコードを送付する、などからから選ぶことができます。 このときLINEを選択したすると、紹介できそうな全てのお友達にチェックを入れて一斉送信する機能が備わっています。 つまり一対複数といった紹介が可能なのです。 多くの企業が紹介告知にLINEを採用している理由がここでお分かりいただけましたね。 紙面告知とSNS紹介告知の併用して紹介キャンペーンを展開する スマホを使った紹介キャンペーンをお伝えしてきましたが、50代、60代の年代層においては、紙媒体でのアプローチもまだまだ有効的です。 紙面告知とSNS紹介告知、この両方を併用してアプローチしていくことがさらに有効的なのです。 まとめ 今回のブログでは、今からでもすぐに始められるスマホを使った紹介キャンペーンのご紹介をさせていただきました。 効果的な販促を継続していくためには、ユーザー年齢層を考慮した販促活動をしていくことが大切です。 より効率良く、より効果的な集客のために、ぜひSNSを活用した紹介キャンペーンを皆様の集客の参考にしていただければと思います。 (宮葉).

次の

LINEで友達に友達を教える・紹介する方法、IDわからなくてもOK

ラインで友達を紹介

インスタグラムの機能として共有することができれば、毎回投稿のついでにラインにも送ることができますが、機能としての連携はないのでいちいち自分でコピーしたり、リンクを貼ったりして共有することになります。 このような手間はかかりますが、インスタグラムとラインの共用ができないわけではありません。 これを知らないでいるとインスタグラムの写真や動画をシェアしようとしたときに、ラインは出来ないとあきらめてしまうことになります。 他のSNSにアカウントがあればいいですが、ない場合はインスタグラムだけでの投稿になるので、友達に観てもらえない可能性も出てきます。 確実に観てもらうためには、ラインに投稿を共有させましょう。 ラインで友達にインスタグラムの投稿を送る場合は、マナーを守りましょう。 あなたの投稿を友達に送るならどんなものを送っても問題ありませんが、他人のインスタグラム・アカウントに投稿されている写真や動画を送る場合は、そのアカウントのユーザーネームを文章で添えるのがマナーです。 リンクを貼り付ければ基本的に、ユーザーネームは表示されますが、もしされなかった場合はあなたがユーザーネームを文章に入力してください。 そして友達が送られてきた写真や動画を、インスタグラムに投稿したいという場合は、ユーザーネームのリンクを文章につけてもらいましょう。 インスタグラム上の写真や動画には当然ですが、著作権があるので投稿を共有する際は気を付けてくださいね。 インスタグラムには検索機能があり、アカウントを持ったばかりの人が知り合いや友達を探すことができます。 インスタグラムで検索をかけるときは、メールアドレス、電話番号、Facebook、連絡帳の4つの要素を使います。 ただ電話帳の場合は、設定でアクセスを許可しないといけません。 このアクセス許可をしていても友達やアクセス許可をしていないと検索できませんし、インスタグラムでつながりたくない友達に検索されてしまう可能性があります。 またインスタグラムに登録するメールアドレスは、専用に新しく作る人も多いです。 皆にアカウントを観てほしいと思っている人とは違い、余計な知り合いにアカウントを発見されたくない人も多くいます。 電話番号もあえて自宅の番号にしている人もいるので、Facebookで検索をかけるのが確実です。 あなたのインスタグラムのアカウントURLをラインで送信したい場合は、まずインスタグラムにログインしてユーザーネームをコピーしましょう。 短いユーザーネームなら自分で入力してもいいのですが、人と被らないように複雑なユーザーネームにしている人が多いので、自分で入力してユーザーネームを共有するのは大変ですよね? そこでインスタグラムのアカウントで右上の「…」マークから「プロフィールを編集する」をタップし、「コピー」というタグをタップしてユーザーネームをコピーします。 instagram. インスタグラムのURLをラインで相手に送る方法は、手間がかかりますよね? そんな時に便利なのがインスタグラムの新しい機能・ネームタグです。 ラインのQRコードと同じでインスタグラムのカメラで撮影するだけで、そのアカウントにアクセスすることができるのです。 ネームタグはあなたのインスタグラムのプロフィール画面上にあるカメラに「」がついたマークをタップすると、ネームタグ作成画面に切り替わります。 「スキャン」アイコンをタップすれば、基本のネームタグが登場するので、好みの色やデザインに編集して完了です。 ネームタグを作成すれば相手も共有するのは楽ですが、インスタグラムにアカウントを持っている人しか共有できないというデメリットがあります。 インスタグラムの投稿を広めると、投稿への評価が上がり、「いいね」やコメント、フォロワーを増やすことができます。 ラインのタイムラインに投稿して評価を受けてもいいのですが、それだと知り合いや友達の間でしか評価を高めることができません。 もっと評価を高めるためには、他のSNSにアカウントを作ることがおすすめです。 インスタグラムの機能内で簡単に連携させることができるのはFacebook、Twitter、amebaなどです。 この中でインスタグラムと違い投稿をさかのぼって見やすいのはamebaブログですね。 インスタグラムやTwitter、Facebookは新しい投稿をすると古い投稿はどんどん流れてしまい、見づらくなります。 amebaブログなら記事を一覧でチェックできるから、投稿をさかのぼって見やすいですし、サイトのリンクなども貼りやすいです。 基本的にインスタグラムに投稿して、定期的にamebaブログを利用すると、投稿への評価や注目度をあげやすいです。 ただamebaブログは登録する手間がかかるので、やはりラインのタイムラインの方が手軽ですね。

次の

LINE(ライン)使い方完全ガイド LINEの機能・疑問を徹底解説!

ラインで友達を紹介

友達に紹介してもらった彼とのLINEのコツ では、友達に紹介してもらった彼とのLINEのコツを5つ紹介します。 初めて友達の紹介の相手とLINEをするときに、大事なことは距離感です。 業務的な文面だと固く、相手と仲良くなりづらく、いきなり敬語なしでは、馴れ馴れしいと感じてしまいます。 急に「よろしくね!」とくれば軽くて信用できない印象をがあるでしょう。 逆に「よろしくお願い致します。 」だと固いし、仕事みたいですよね。 「よろしくお願いします!」のように 丁寧だけど明るい文面だと、相手にも信用されやすく、受け入れやすくなりますよ。 適度に敬語を交えて、明るい文面を心がけて相手との距離感を大事にしたいですね。 顔が直接見えないLINEでも、初めの印象が大事でしょう。 はじめましての挨拶、誰に紹介されたか、自分の名前とよろしくお願いしますという挨拶で簡潔にまとめた自己紹介をするといいですね。 自分の名前だけで済ませると、相手には当然誰なのかわかりません。 必ず誰に紹介されたのかという文面は必要です。 いきなりアピールが過ぎても引かれるので、初めは 簡潔に安心感が持てる自己紹介から始めましょう。 はじめはお互いのことは分からずに、LINEもよそよそしいものになることも多いでしょう。 最初にわかっているのは、共通の友達の紹介で知り合ったということです。 お互いに知った友達の話題であれば、LINEの話題にも困らないでしょう。 ただ、友達との仲を詳しく聞き過ぎるのも引かれる事があります。 無難に「何友達なの?」や友達のいいところなどを挙げたりして、LINEのキャッチボールの入り口を探しましょう。 LINEだけだと相手のことは分からないのは当然ですが、いきなりデートに誘ってもお店や場所にも困ることが多いです。 趣味や好きなものを聞き出せば、 ご飯を食べに行く時や、デートの場所選びも相手の好みの場所で選べばいいので、選択肢が絞れますよ。 もちろん、趣味の話題や、好きなものの話題でLINEも楽しく続けることができるので、相手のことを知るためにも、趣味や好きなものを聞き出しましょう。 相手のペースに合わせる事で、LINEしやすいなと思ってもらえれば好印象にも繋がります。 既読スルーは決してしてはいけません。 返信をわざと遅らす、恋の駆け引きで焦らすということもありますが、まだ知り合って間もなかったり、LINEでしか繋がっていないなら逆効果です。 既読しても返さないということは、相手は自分に興味がないんだなと考えて、LINEやデートにも繋がらない恐れがあります。 既読したらその日のうちには返信しましょう。 友達に紹介してもらうメリット では、友達に紹介してもらうことのメリットをみていきましょう。 自分のタイプを知っている• 相談しやすい• 身元がわかっているので安心• グループデートできるかも 続いて、友達に紹介してもらうことのメリットを、それぞれ詳しくみていきます。 自分のタイプを知っていてくれるから、 それに合う人を紹介してくれるので、友達の紹介はうまくいきやすいのでしょう。 また、なぜか自分でいいと思った男性はダメ男ばかりという人もいます。 そんな人とっては、 客観的に自分に本当に合うだろうという男性を知っている友達の紹介ならば、ちゃんとした男性と付き合えるということもあります。 自分で見つけるのが苦手な人や、手っ取り早くタイプの男性と出会いたいという人は、友達の紹介はとても合っているでしょう。 友人はもちろん相手のことを知っているはずです。 紹介してくれた相手についてわからないこと、不満に思うことなどは友人に聞いてもらって解決できることも多いでしょう。 友人も紹介した手前、 進んで相談に乗ってくれることもありますよ。 正直、付き合うとなったら気になる女性遍歴のことも、聞けてしまいます。 そんなときは、 紹介してくれた友達が、頼もしい相談相手になってくれるのです。 身元が分からない人との恋愛は、ちょっと怖いと感じる人も多いでしょう。 どこで住んでいて、どこで働いているのか、だいたいこんな性格である、などある程度のことを知らないと恋愛対象にも出来にくいということもあります。 飲み会で出会っても、相手のことを知らないため、声をかけずらかったりもするでしょう。 友達の紹介なら、その点はクリアしているので、安心してデートに行けますよね。 ダブルデートや、グループデートなどは楽しそうだけど知っている仲間同士でないとできないことです。 友達の紹介で出会った人ならば、当然友達はよく知っている仲なので グループデートに誘いやすいですよね。 また、付き合っていても彼女への振る舞いと、友達への振る舞いは違う人もいます。 複数の友達と一緒遊ぶことができれば、 友達への振る舞いも見れるので、早いうちから相手の本質に気付きやすいというメリットもありますよ。 男女200人に聞いた!ダブルデートをした経験がある人は半数以上 みなさんはダブルデートをした経... noel編集部 Q. 友達の紹介で異性と知り合うデメリットは? では、友達の紹介で付き合うことのデメリットはどんなものがあるのでしょうか? ここでは、友達の紹介で付き合ううえでのデメリットを男女200人にお聞きしました。 男性のコメント 友達に紹介してもらうデメリット では、友達に紹介してもらうことのデメリットをみていきましょう。 断りにくい• デート内容が筒抜けになるかも• 気を使う• 友情にも影響することも 続いて、友達に紹介してもらうことのデメリットを、それぞれ詳しくみていきます。 友人が自分に合うと紹介してくれても、タイプじゃなかったりすることはあります。 人を介して出会わなかったら、次のデートは断るだろうと言う相手でも、友達の紹介で会った場合は、簡単には断りにくいでしょう。 ここで断ったら友人を嫌な思いにさせてしまうかも、という悩みも出てきてしまいます。 これを断ったら、次に紹介してくれることはないかもしれない心配もありますね。 断った時の不安感があるため、簡単には断りにくくなってしまうことがあるのです。 メリットとして、相談しやすいことがありますが、それは相手にとっても同じことでしょう。 その相手が相談するときに、デート内容が友人にも知れ渡ってしまうことがあるのです。 特にやましい事がなくても、二人の間柄であったことを人に知られるのは、いくら友人であっても恥ずかしいものですね。 まだ出会いたての頃は、友達に言わないでとも言いづらいので、特に筒抜けになる可能性が高いでしょう。 相談しやすいという事がデメリットにもなってしまうこともあるのです。 友達の紹介ということは、相手は友達と親しいということでしょう。 友達の親しい人に悪いことはできないと、 気を使ってしまい自然に振る舞えないということもあるのです。 そんなに気を使うと、友人に恥をかかせてはいけないという緊張もあり、疲れてしまいますね。 デート内容が筒抜けになる恐れがあるデメリットと合わせて、何かあったら友人にすぐバレてしまうかも、と考えると気を使って話さなければならないこともあります。 紹介してもらったけど、合わないから断らせてもらったら、友人との仲が気まずくなってしまうのではという不安もあるでしょう。 本当に仲のいい友人なら心配いりませんが、そこまででもない友情なら影響することもあるでしょう。 紹介してもらったひとが、どう見てもタイプではなかったり、実は友人の元カレだったりして、なんで紹介してくれたのかと、友人に不信感を抱くこともあります。 いい出会いをしたかっただけなのに、 友人との仲がギクシャクしてしまうことになるデメリットもあるのです。 髪型はツヤとまとまりがあるといいですね。 しっかりとヘアアレンジをしてもいいですし、ヘアアイロンで巻いてもいいでしょう。 しかし、ヘアアレンジをしても巻いても、ツヤがなかったり後れ毛がピンピン飛び出していると魅力は下がってしまいます。 アレンジ前にしっかりと寝癖を直して、洗い流さないトリートメントなどで ツヤや髪がまとまっていれば、アレンジしてなくても清潔感があり、好印象にうつるでしょう。 また、友達の紹介で初めて会う人とは、まずは食事になることも多いです。 食事の時に邪魔になるくらいの肩程の長さの人は、まとめ髪をすると食事の姿もキレイに見えるでしょう。 注意点 友達の紹介で初めて会う時に注意するポイントは、 ラフすぎない事です。 友達の友達だからと、気軽すぎる格好、軽すぎる口調で会うと、異性として見られずにただの友達の関係となってしまうこともあります。 相手がラフだと感じると、こちらのやる気もないんじゃないかと思われる恐れもあるのです。 友達の紹介で会っているので、そのような感想が友達に渡ってしまったら、紹介したのにやる気がないなんて残念だと思われてしまいます。 適度な女性らしい服装と、全体的に清潔感がある格好で、言葉使いも多少気を使い、 出会いに前向きな姿勢を見せることが必要でしょう。 友達の紹介から付き合うまでのステップ では、友達の紹介から付き合うまでのステップを5つ紹介します。 まずは自己紹介から始まり、雑談をちょっとして、食事などの軽めのデートへと繋げるやりとりをしていきましょう。 自己紹介でおおよその情報を相手に知らせ、安心感を持ってもらいます。 雑談では共通の話題、簡単に好きな物を教えてもらったり、相手に伝えましょう。 LINEのコツでも紹介しましたが、自己紹介は大切なファーストコンタクトです。 誠実なLINEのやりとりで、相手に好印象を与えるようにしましょう。 問題はお店選びです。 女性からすると、男性にリードして欲しい人と考え、男性にお店を決めてもらいたいと思う女性も多いです。 しかし、なかなかお店を決めてくれない人だと受け身なのかな?とか優柔不断かも?とか考えてしまうこともあるでしょう。 男性でもリードが苦手だったり、あまり女性の扱いに慣れていない人は、食事のお店も悩むことも多いのです。 人任せにせず、女性からも選択肢を出したり、提案すれば、好みのお店にも行けるし、思いやりのある子だと思ってもらえることもあるでしょう。 友達の紹介であっても、相手とはLINEを少ししただけで、ほぼ初対面なため、何を話せばいいか困ることもあるでしょう。 まず、会ってすることは相手のことを知る事です。 しかし、唐突に色々な質問をして相手を探っているのがわかってしまうのは気が引けることもあります。 現状に合うことから、順を追って相手を知るきっかけをつかみましょう。 たとえば、このお店までどれくらいかかった?となればどこに住んでいるの?につなげることが出来ます。 連想ゲームのように相手のことを知る質問をしていけば、会話にも困りませんよ。 実は、初めの軽めデートはできても、次のデートがなかなかできないということも多いです。 気に入ったと思ったら、 初めてのデート中にも次のデートの約束を取り付けると、次へのステップに進みやすくなりますよ。 そして、デートをする間柄になったからと、LINEはデートの約束だけの業務連絡になってしまうのも途切れてしまう理由です。 次のデートまでの間には、適度な頻度で 用事がなくても雑談などのLINEを送ると、親密さも増すでしょう。 毎度デート後のお礼LINEも彼と親しくなるキッカケになります。 今日のデートがどうだったか、相手は気にしていることも多いです。 楽しかったいうLINE一つでも彼を喜ばせ、さらに仲良くなれるでしょう。 デートの帰りにさりげなく「付き合う?」と言ったノリだと伝えやすく、気まずくもなりにくいです。 特別にオシャレな場所に誘えば、相手も告白されるかもと心構えもできるかもしれませんね。 告白は男性からして欲しい女性も多いですが、いつまでも待ってもしてくれないと大事なチャンスを逃すことになります。 せっかく友達の紹介で出会った人なので、 いいと思ったら自分から行くのも大切です。 そして、うまく付き合うことが出来たなら、仲介人である友人にお礼の連絡をするのもマナーですね。

次の