うる星やつらパチンコ。 PAうる星やつら 99ver 甘デジ パチンコ

Pうる星やつら パチンコ

うる星やつらパチンコ

鳥居ちゃんです。 先週一週間のパチンコ稼働を振り返ります。 2019年6月第1週のパチンコ稼働 新台導入されたのは、• Pうる星やつら• Fマクロスフロンティア3(ライトミドル)• PFバイオハザード(甘)• P咲阿知賀編(ミドル)• PA女子ザジャイアント• P SHOW BY ROCK 以上の機種となります。 初期稼働 初動トップは 『Pうる星やつら』 単体の数字を見ても、今年の導入機種の中では悪くない稼働状況です。 後述しますが稼働維持率も非常に良く、久しぶりに手ごたえを感じる出足となりました。 ニューギン様は昨年から慶次漆黒、ゴジラと高稼働実績があり、サイボーグ009も今年の機種の中では良い部類でしたが、うる星やつらも期待できそうですね。 今、全メーカーの中で一番稼働期待値が高いメーカーだと感じます。 残りの 『Fマクロスフロンティア3』『Fバイオハザード』『咲阿知賀編』『女子ザジャイアント』『SHOW BY ROCK』に関しては、横一線という初動の状況です。 マクロス・バイオ・咲はスペック替え機で、マクロス、咲にいたっては元機種のリリースからほとんど間も空いていないので予想通りという状況ではありますが、完全新機種の『女子ザジャイアント』『SHOW BY ROCK』はかなり厳しい初動と言えるでしょう。 稼働維持率 続いて稼働維持率を見てみましょう。 初動では横一線だったうる星やつら以外の機種も、維持率で見ると既にかなり差がついてきています。 初日稼働 金曜日稼働 日曜日稼働 うる星やつら 100% 91. 1% 95. 9% マクロスフロンティア3(ライト) 100% 78. 1% 93. 2% 咲阿知賀編(ミドル) 100% 81. 6% 95. 4% SHOW BY ROCK 100% 77. 4% 90. 6% バイオハザード(甘) 100% 82. 6% 91. 0% 女子ザジャイアント 100% 87. 6% 94. 7% 89. 8% DD北斗の拳主役はジャギ 100% 88. 5% 93. 0% ターミネーター2 100% 85. 9% 93. 4% ゴッドイーター319ver 100% 87. 2% 97. 4% マクロスフロンティア3 100% 87. 0% 93. 7% ヱヴァンゲリヲン超暴走 100% 91. 4% 97. 2% 劇場霊 100% 88. 8% 94. 3% サイボーグ009 100% 89. 6% 98. 4% ルパン三世LASTGOLD 100% 92. 6% 100. 9% まず 『Pうる星やつら』がはっきりと良い状況。 ご覧のとおり、導入週の週末(金曜日)の時点で90%越えの機種は今年の中ではかなり少なく、土日の数字を見ても悪くない数字。 初週の状況としては、今年の機種の中で見るならほぼ満点に近い稼働状況だと言えるでしょう。 その他の機種に関しては、そもそもの初動が高い状況ではないにせよ、 『咲阿知賀編』は維持率だけならまずまずといったところ。 特に土日の状況が良く、稼働の底を支えてくれるコンテンツファンのお客様がおられることが数字に表れています。 元機種のライトミドルでも同様の傾向はあったので、そういったお客様がいるホールは特にうまく使っていきたいところです。 『女子ザジャイアント』も維持率は悪くないですが、完全新規の甘デジ機種で、コアなファンが「1度は打ってみたくなる」系のコンテンツなので、この数字はあまり参考にならない気はしています。 2週目の今週の維持率が今後を占う上で非常に大事になるでしょう。 『マクロスフロンティア3』『SHOW BY ROCK』はかなり厳しい状況。 特にSHOW BY ROCKは完全新規機種で、導入当初に関しては明確に稼働維持率が高くなる傾向にある「潜伏確変機」でありながらこの状況ですので、非常に厳しい状況と言えるでしょう。 『バイオハザード』に関しては、スペック替えの甘デジ機としては可もなく不可もなくといった状況だと思います。 まとめ ニューギン様の好調ぶりがはっきりとした結果となりました。 導入台数的にそれほど多いわけでもありませんので、「しばらくの間、集客の中心に」という類の機種ではありませんが、最近、導入初週の段階で「いつ外すか」を考えなければいけないような機種ばかりでしたので、前向きな運用方法を考えられるというだけでも良かった気になってしまいます・・・ 同時に、やはり「設定なし」でないと厳しいと判断せざるを得ない事例がまた1つ増えた、とも言えると思います。 「先週のパチンコ稼働」の記事一覧はこちら!.

次の

Pうる星やつら ラムのラブソング|パチンコ 保留・演出・信頼度・ボーダー・止め打ち・スペック

うる星やつらパチンコ

CRうる星やつら [ ] 発売。 1スペックのみのリリース。 ラウンド・カウント数:15ラウンド・10カウント CRうる星やつら2 [ ] 発売。 奥村遊機の新内規対応機種第一弾ということもあり、多種多様のスペックがリリースされた。 スイングライト役物(LEDのついた棒が左右にスイングし、残像を利用して文字を表示する)が特徴。 はじめてオリジナル曲「すきなのに」が使用された。 「好きなのに」と表記される事が多いが、メーカー公式サイトでは「すきなのに」の表記。 歌手名や作曲者等は非公表。 声の質からCRうる星やつら2でのランの声優(名前は不明)という説があるが確証はない。 なおパチンコの声優は、ラム役の以外はアニメとはキャスティングが異なる。 CRうる星やつら2のランの声優は、アニメで起用された声優のやではなく、が起用されている。 9 75. 7 66. 1 87. シリーズ初のスペックが入っている。 液晶上部の可動タイトル役物が特徴。 オリジナル曲はココロレーダーとGoodLuck GoodDay。 歌手は。 両曲を収録のマキシシングル(ユーキャン FRCA-1179 2007年6月6日)が発売されている。 CRうる星やつら2のオリジナル曲「すきなのに」も使用されている。 シリーズ第4弾で本来なら「CRうる星やつら4」となる所だが、パチンコ業界で4は忌み番であるため上記機種名となった。 全スペックが回数切り確変搭載の変則バトルタイプ。 大当たり中は右打ち消化。 オリジナル曲はCosmic Love Story、Forever Love、お願いダーリンの3曲。 作曲者や歌手名等は非公表だが、関係者が自らのブログやツイッターで公表したものはある。 Cosmic Love Storyの作曲者(作詞も)は。 歌手はStefanie(小貫早智子)。 「お願いダーリン」の歌手はフルカワモモコ。 CRうる星やつら2のオリジナル曲「すきなのに」、CRうる星やつら3のオリジナル曲「ココロレーダー」とGoodLuck GoodDayも使用されている。 本機では新枠「クリスタルエッジ」を使用。

次の

PAうる星やつら 99ver 甘デジ パチンコ

うる星やつらパチンコ

0% 時短100 36. なお、通常大当たり後の時短も100回転あるので、引き戻し期待度は36. 演出は新規アニメーションを数多く取り入れた原作&アニメファンも納得のハイクオリティ。 通常時は「キセル演出」「電撃おしおきギミック」「ムービー演出」「金系演出」「金髪ラムちゃんカットイン演出」に注目で、これらの演出が発生すれば、大当たりへの期待感が急上昇するぞ!! ヘソ入賞時 種類 電サポ内容 割合 4R確変 200回 ST200回 50% 4R通常 100回 50% 電チュー入賞時 種類 電サポ内容 割合 10R確変 200回 ST200回 50% 4R確変 50% ヘソ入賞時の大当たりは全て4Rで、7図柄以外の図柄揃い時は「ラムBONUS」、「ラム降臨チャンス」での大当たり時は「MISSION BONUS」となる。 どちらの大当たりも、ラウンド中の演出に成功すればST200回転の「超友引WARS」に突入、失敗した場合は時短100回転の「友引WARS」となる。 なお、7図柄大当たり時と「ラムZONE」を経由するラム図柄大当たり時は「LOVE song BONUS」となり、ラウンド終了後はSTの「超友引WARS」に直行するぞ!! 電チュー入賞時の大当たりは全て確変大当たりで、ラウンド終了後は必ずSTの「超友引WARS」に突入する。 なお、10R確変大当たりは「超電撃BONUS」、4R確変大当たりは「電撃BONUS」だ。 SPリーチは「テンちゃんの恋」「夢の仕掛け人、因幡君登場!」「怒れシャーベット!」「ハートをつかめ!」の4種類。 トータル信頼度はそこまで高いわけではないが、タイトル色やテロップの色などのチャンスアップ次第では大当たりに期待できるぞ。 演出の種類 演出の信頼度 テンちゃんの恋 13. 6% 赤 16. 4% 金 94. 1% 役モノ落下 94. 2% テロップいの色 赤 32. 6% シェイクビジョン 30. 5% チャンスルート 通常 52. 3% チェリー出現 77. 6% カットイン なし 6. 4% あり 68.

次の