オキシドール 手 の 消毒。 オキシドールってとにかく便利すぎる!役に立つさまざまな活用法まとめ

【徹底調査】身近なもので手のシミを消す方法|オキシドールの効果は

オキシドール 手 の 消毒

写真:朝日新聞社/時事通信フォト 新型コロナウイルスの感染予防に万全を期したい気持ちはあれども、マスクと同じく、いまだになかなか手にできないのがアルコール消毒液だ。 消毒液は、なぜこんなにも足りないのか。 (ダイヤモンド編集部 新井美江子) いつまでたっても全く足りない! 花王がついに通常の20倍の消毒液生産へ 2月は平時の約2倍、3月は同2. 5倍——。 日本全体でそれほど生産が増えているというのに、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う需要の爆発で一向に供給が追い付かないでいる製品がある。 というのも、消毒液は「もともとそんなに市場が大きい製品ではなかった」(経済産業省関係者)。 そのため、数倍レベルに生産量を増やしたところで今のコロナ禍の下では「焼け石に水」(ドラッグストア幹部)なのだ。 例えば「ビオレu 手指の消毒液」などを生産する花王は、既存の自社設備や製造委託先の設備などをフル稼働させることで、2月は2019年の通常月と比べて2倍、3月は同3倍の消毒液を生産した。 しかしそれでも全く足りず、他製品を生産していたラインを消毒液向けに転用するなど、消毒液を生産できる全ての工場での対応を決めた。 4月9日には、こうした措置によって、4月後半からは実に同20倍以上の生産量を確保すると発表。 まずは政府の要請に従う形で医療機関や介護施設等の需要から対応するものの、「何とか一般家庭向けにも振り向けられるようになる」(花王)としている。

次の

部屋をきれいに保つオキシドール活用法|消毒、掃除、シミ取りに

オキシドール 手 の 消毒

僕も薬局やドラッグストアに行っても、手ぴかジェルを長いこと見ていません・・・ 自家製アルコール消毒液作りに必要なもの アルコール除菌液に必要なのは 商品名 値段 消毒用エタノール(無水) 約1,000円(100g) 精製水 約100円(500ml) この2つを用意すれば完成します。 少しでも殺菌力・保存などを優先するなら、購入した方が良いと思います。 逆に、そこまで神経質にならないという方であれば、自宅の水道水でも問題ありません。 僕ならそこまでは気にしないので、消毒用エタノールを多めに買って、自宅の水道水で作ります。 ただし、水道水には不純物が多いので、作ったらできる限り早めに使い切る必要があります。 また、本日のニュース(4月9日)で「精製水が手に入らない」との情報がありましたが、緊急事態宣言で買いだめなどがあったのかもしれません。 売っているお店 無水エタノール・精製水はドラッグストアや薬局で手に入ります。 ドンキやダイコク・スギ薬局・ツルハドラッグ・ウエルシア薬局などなど。 精製水はココカラファインでは98円で売ってました(2月5日現在) 楽天やアマゾンなどでも販売されていますが、送料が負担になることと、最近は転売目的で価格が上がっているものもあるので、薬局やドラッグストアでの購入をおすすめします。 マスクに関しては僕のところでも品切れ状態で手に入れるのが難しかったので、自宅で作れる手作りマスクを紹介しているので、ぜひ見てみてくださいね。 アルコール消毒液の作り方 アルコール消毒液は容器に入れて作りますが、手洗い用に作るので、スプレータイプがオススメです。 容器になるアドマイザーは100均でOKです。 それでは肝心の作り方ですが、 無水エタノール8:精製水2 この割合で作ってください。 例えばですが、100mlのアルコール除菌スプレーを作る場合は、 無水エタノール80mlに、精製水20mlで完成となります。 ある薬局に行ってみたら、 【無水エタノール:精製水を8:2の割合で割ると、消毒用エタノールと同じ濃度でご利用いただけます】って貼り紙が表示され、大量の無水エタノールと精製水が棚に並んでたよ-。 10mlくらいの香水に使うものだと、使い切りやすくておすすめですよ。 無水エタノールも売り切れてるし機械製品を何で洗浄すりゃいいんだよ! 買い占め許すまじ。 手を除菌するアルコール消毒液の作り方!自宅で作れる新型コロナウイルス予防 国内でも新型コロナウイルス(肺炎)が蔓延しており、すでにマスクや消毒液が品切れになっています。 ドラッグストアや薬局だけではなく、コンビニでも売り切れており、無水エタノールも入手困難になっています。 現状は石けんでの手洗いで対応するしかなく・・・。 当初は専門家も楽観的でしたが、世界中で新型コロナウイルスの感染者が増えており、一刻も早いワクチンや薬の開発が望まれます。

次の

便利!オキシドールの使い方 — みんな健康

オキシドール 手 の 消毒

子どもの頃、転んでケガをすると「オキシドール」を塗られた。 オキシドールが傷に染みる痛さといったら、傷ができたときの比ではない。 シュワシュワと出てくる泡を見ながら、「これで傷が治るのだから」と激痛を我慢していたものだ。 このような傷の治療法は、過去の遺物と言ってもいいだろう。 というのも、むしろ消毒が傷の治りを悪くさせることもわかってきているからだ。 消毒薬が「上皮細胞」を破壊する ところが、学校の保健室では相変わらず、子どものすり傷に消毒薬が使われていることがある。 傷を水道水で洗うだけだと、「子どもがケガをしたのに、学校では消毒もしてくれないのか」と保護者から苦情が入ることもあるようだ。 「これまで消毒薬を使って傷が治っているのだから、やめる必要はない」という意見も強いらしい。 ケガに消毒薬を使うか? 使わないか? あなたはどちら派だろうか? まずは、オキシドールなどの消毒薬を使ったときに生じる「痛み」について検討しよう。 この痛みは、オキシドールによって私たちの「細胞が傷つけられている」ことで生じている。 いわば「細胞の悲鳴」なのだ。 オキシドールは「過酸化水素(H2O2)」の水溶液である。 オキシドールを傷口に塗ると「活性酸素」が発生し、傷に付着している細菌を死滅させる。 そこで問題になるのは、活性酸素が細菌だけでなく、私たちの細胞にもダメージを与えることだ。 活性酸素についてはすでにご存じの方も多いだろうが、「がん」や「老化」の原因物質とされている。 活性酸素は反応性が高く、周囲にあるタンパク質や脂質、糖質などを酸化する。 たとえば、皮膚が大量の紫外線を浴びると活性酸素が発生する。 こうして皮膚の脂質が酸化されると、シミが発生しやすくなる。 また、活性酸素が細胞に障害を与え続ければ、皮膚がんのリスクが高まる。 痛みもなく早く傷が治る「湿潤療法」 そもそも「痛み」とは、私たちの体の防衛反応である。 「それ以上やめて!」と体が危険を知らせているわけだから、強い痛みを引き起こす行為は逆効果だろう。 「これまで消毒薬を使って傷が治っている」という意見もあるが、傷が治っているのは人間の自然治癒力のおかげで、消毒薬は傷の治りを遅くしている。 これは、皮膚の表面の組織などを形成する「上皮細胞」を消毒薬が破壊するからだ。 では、どのような処置が最善か? これまでの「消毒・乾燥・ガーゼ」による治療とは真逆の「湿潤療法(モイストヒーリング、ラップ療法)」を実際に試してほしい。 消毒するときの痛みもなく、早く傷が治ることを実感できるはずだ。 正しい「湿潤療法」のやり方 湿潤療法の大まかなやり方は次のとおり。 ぜひとも『傷はぜったい消毒するな』(夏井睦、光文社)などの書籍を参照してほしい。 消毒は行わない)。 なお、動物にかまれたり、釘などが突き刺さったり、傷が赤く腫れ上がったりしているときは、深くまで細菌が入り込んでいる危険があるので、必ず受診しよう。 ケガに消毒薬を使うかどうかは、本人の自由だ。 ただ、子どもが学校などでケガをしたときに、「消毒もしてくれないのか」と苦情を入れる前に、消毒薬を使わない処置が主流になりつつある現状を理解してほしい。 (文=森真希) 森真希(もり・まき) 医療・教育ジャーナリスト。 大学卒業後、出版社に21年間勤務し、月刊誌編集者として医療・・教育の分野で多岐にわたって取材を行う。 2015年に独立し、同テーマで執筆活動と情報発信を続けている。 あわせて読みたい•

次の