川越女子高校 進学実績。 川越女子に合格したい!開示点をもとに川越女子の合格ラインを独自に予想!

川高川女合格専門!爆裂松江塾!!

川越女子高校 進学実績

この記事では、星野高校 偏差値・進学実績・入試日程・評判などついて、 どのサイトよりもできるだけ詳しく解説していきます。 星野高校に進学したい方、進学予定の方、すでに通われている方は必見です。 武田塾では、 星野高校に在籍している生徒が自分が本当に行きたい志望大学に合格しようと 頑張って勉強しています。 今なら、無料で大学受験への受験相談を行っています。 ご興味がある方はお申込みください。 なんと13も違います。 偏差値が70と53というとかなり違いますよね。 この偏差値の大きなばらつきがあるのは多岐にわたるコースのためでしょう。 難関大を目指す受験生はできるだけ偏差値の高いコースに行くように頑張りたいですね。 創立者である星野りちは、「誰もが公平に知識や技能習得の機会を得るとともに、よき人格の育成を目指す教養教育」を理念とし、ここ川越の地から、多くの人材を輩出してきました。 一般に教育という言葉は、「知性を高める」という意味でとらえられがちですが、星野高校では、優れた知性と共に、健やかな身体と豊かな心をバランスよく育むのが真の教育だという考えを、120年貫き、実践してきているようです。 学びたいから学ぶ、という心を原点に 星野高校では、創立以来、自ら求めて学び、実践のなかで教養を深め、高めた力を他者のために活かすという精神を大切にしているようです。 授業や課外活動では本物を体験できる機会をできる限り多く設け、クラブでは部員たちがクラスや学年の枠を超えて互いに教えあい高めあうような活動のあり方を奨励しているそうです。 このような人間形成のあり方は、これからの時代が求める教育と重なり合うかも知れませんね。 1年次には全てのコースの生徒が同じカリキュラムで学びます。 2年次からは、進路希望に応じて「国公立文系」「私立文系」「理系」に分かれます。 さらに2年次からは文系クラスと理系クラスに分かれ、最難関の国公立大学や私立大学、医学部への進学を目指します。 2年次からは文系クラスと理系クラスに分かれ、国公立大学や難関私立大学への進学を目指して学業に励みます。 2年次から文系クラスと理系クラスとに分かれ、将来進みたい道を見すえて4年制大学への進学を目指します。 進級時には、習熟度に応じて他のコースに移動することもあります。 1年次はすべてのコ-スの生徒が共通のカリキュラムで学びます。 2年次から、進路目標に応じて、文系や理系などに分かれます。 ・S類特進選抜コース S類特進選抜コースでは1年次から難度の高い授業が繰り広げられ厳選された副教材や発展課題で応用力が養われます。 2年次からは文系クラスと理系クラスとに分かれ、それぞれが最難関の国公立大学や私立大学、医学部への進学を目標に学びます。 2年次からは文系クラスと理系クラスとに分かれ、国公立大学や難関私立大学への進学を目指して学業に励みます。 2年次からは文系クラスと理系クラスとに分かれ、いずれも名門4 年制大学への進学を目指します。 進級時には、習熟度に応じて、他のコースへ移動することもあります。 図書室にはおよそ2万冊の蔵書があり、自習室と共に、放課後には多くの生徒が自習をしています。 1階には生徒ホールがあり、昼食時にはパン、お弁当の販売が行われ、昼休みや放課後にはラウンジのような場所として生徒の交流が深められる場所となります。 ・星野記念講堂 ハーモニーホール(大ホール)と小ホール、ブリーズウェイプラザ(野外劇場)の3つからなります。 ハーモニーホールは最大収容人数1500名で、県内有数の音響設備を誇り、照明設備、プロジェクター等を備え、種々の式典やコンサート、大学の出張講義や講演会、部活動の練習などで使用されます。 小ホールは最大収容人数200名で、授業や講演会等で使用されます。 ・第2体育館 1階に最新鋭設備のトレーニングルーム、卓球場、剣道場、器械体操のピット等が、2階にはバレーコート3面がゆったりとれる広さがあります。 授業や行事、部活動の練習等で使用されます。 放課後は、2階で新体操部も練習しています。 ・室内温水プール 床上下可動式 用途に合わせて床の高さを調整できる温水プールです。 授業のほか、部活動で使用されています。 ボイラーも備えているので室温の調整ができ、年間を通して泳ぐことができます。 ・星野ドーム 地面は人工芝で、小・中・高の全校生徒が入る大きさがあります。 フットサルのコートや、野球の内野、小学生のための遊具なども配置されています。 雨天時の避難場所にもなります。 ・弓道場 的を12個つけることのできる、県内有数の規模・設備を誇る弓道場です。 ・第1総合グラウンド 400mトラックをとることのできる、夜間照明設備を備えた広大なグラウンドです。 授業のほか、体育祭もこちらで行われます。 放課後には、ソフトボール部や陸上部、サッカー部などが練習で使用しています。 ・第2総合グラウンド 夜間照明設備を持つグラウンドです。 放課後は硬式野球部の練習にも活用されます。 主に3年生の教室があります。 ・2号館 教室のほか、礼法室(和室)、調理室などがあります。 主に1、2年生の教室になります。 1階には生徒ホールがあり、昼食時にはパン、お弁当の販売が行われ、昼休みや放課後にはラウンジのような場所として生徒の交流が深められる場所となります。 ・生徒ホールSAKURA 自然のぬくもりが感じられる、落ち着いた明るい空間で、生徒たちは昼休みや放課後に、勉強をしたり、おしゃべりをしたり、それぞれの時間を穏やかに過ごします。 春には桜を望むことができるこの空間で、生徒に満開の花を咲かせてもらいたいという思いを込めて「SAKURA」と名付けられました。 ・講義室・自習室 大講義室「MO・Li」:座席が半円型に配置され、視聴覚環境も整った講義室です。 受講者の視線が中央に集まる構造になっており、難関大対策特別講座など高い集中力が求められる講義や演習の場として活用されています。 床のブラウンは土、ウッドデザインの机・椅子は樹木、生徒たちは葉や花、果実。 「日の光を浴び、樹木が育つ」成長過程をイメージしたデザインです。 小講義室「HIKA・Li」:白を基調とした清潔感溢れる講義室です。 図書館に差し込む自然光の明るさを活かしています。 個別学習室:約40人が学習できる個別ブース型。 静かな環境で集中できます。 ・図書館 約5万冊の蔵書があります。 2階には自習スペースも備え、昼休みや放課後には多くの生徒が自習に勤しんでいます。 北は関東圏内ですね。 高崎経済大学、前橋工科大学などに合格者を出しています。 一方、南は琉球大学・宮崎大学・熊本大学など多岐に渡ります。 注目すべきは、 「防衛医科大学」に3名も受かっています。 その他、旧帝国大学の 名古屋大学にも合格者を出していますね。 それ以外にも最難関の国公立、 東京外語大学・東京医科歯科大学・国際教養大学などにも合格者を出しています。 GAMRCHは3桁です。 進学実績をよく見ていくと、川越付近の受験生は、人気の東洋大学を受験する受験生が多いですが、星野高校は東洋大学への合格者数はなんと100名を超えています。 その他、注目は医学部の進学実績です。 自治医科大学、東京医科大学、埼玉医科大学などに合格者を出しています。 その点をプラスに感じる方、マイナスに感じる方が半々な印象。 完全予約制となっておりますので、ご希望の方はお早めにお申し込みください。 〒350-1123 埼玉県川越市脇田本町6-6 石川ビル 2F 受付時間:13:00~21:30(日曜除く) 東武東上線 川越駅西口 徒歩1分 JR線 川越駅西口 徒歩1分 西武新宿線 本川越駅 徒歩12分 TEL:049-257-6696 13時~21時30分 日曜除く.

次の

川越東高校を受験する!⇒偏差値と入試問題、学費、進学実績は?|やる気の中学生!

川越女子高校 進学実績

Contents• 2倍 合格164名(理数) 合格199名(普通) 川越東高校の入学試験は、• 単願入試(第一志望)• 単願入試と併願入試の内申基準をクリアするためにも、日頃から家庭での学習習慣も付けて、定期テスト対策も万全にしておく必要があります。 川越東高校の偏差値は「理数=66」「普通=63」と埼玉県の私立高校の中でも上位クラスです。 川越東高校は、入学試験当日の受験者数も多いですし、受験者の学力レベルも高くなる傾向にあります。 入学試験では不合格になる受験生も多く、倍率もそこそこあります。 川越東高校の合格を確実に勝ち取るためにも、受験当日に向けて勉強に励み、偏差値を上げる努力を続けてください。 併願受験の方は特に勉強の手を緩めないように! 川越東高校では、入学試験とは別の日程で、特待生試験を実施しています。 受験者の約5%は3年間の授業料免除となり、受験者の約12%は入学手続時の納入金が免除になります。 国・数・英(各50分・各100点、マークシート)• 個人面接(5分)• 調査書 併願入試• 国・数・英(各50分・各100点、マークシート)• 個人面接(5分)• また、高校2年生では、• 普通文系• 普通理系 という4コースに分かれます。 理数コースは、難関国公立大学への合格を目指しており、 普通コースは、国公立大学、難関私立大学への合格を目指しています。 放課後・夏休み 放課後や、夏期休暇中にも、講習を開催しています。 部活との兼ね合いを考えて、夏期休暇中の講座は「午前中」に開催され、部活動は「午後」からとなります。 川越東高校 併願先の高校 川越東高校の受験を検討している中学生が、併願先として検討している学校はこちらです。 都立高校 国分寺高校、武蔵高校、武蔵北高校 埼玉の公立高校 川越高校、春日部高校、蕨高校、所沢北高校 私立の高校 栄東高校、城北埼玉高校、西武文理高校、狭山ヶ丘高校、城北高校 一歩差をつける!川越東高校の受験対策の方法.

次の

川越高校・川越女子高校とは。

川越女子高校 進学実績

一人一人の潜在能力を最大限に引き出す 本校では授業、補講、ガイダンス等はすべて難関国立大学、難関私立大学への進学に対応するように組み立て られています。 また、数学の授業における少人数展開、3年生での幅広い選択科目の設定、分野別の進路ガイ ダンス等、生徒一人一人の潜在能力を最大限引き出すことを主眼としています。 そのために学ぶ科目も時間数も多いのですが、それが広い視野と豊かな教養を養うこととなり、真の学力を育てています。 受験のために早くから科目を絞ると真の学力が付きません。 必要なことはきちんと時間を掛けて教えるのが本校のやり方です。 平日の早朝や放課後、長期休業期間などを利用して行われますが、多くの生徒が自主的に参加し、確かな基礎学力と応用力を養っています。 現在の学習到達度を知ると同時に、生活の自己分析ができ、学習時間や学習法の改善に役立てられます。 平成28年度は、東大、一橋、東京外国語大、早稲田、慶応、等、12の大学から卒業生を招いています。 学力の高い生徒には、1年生の時から、難関大学を目指すことを積極的に薦めています。 2年生の6月、3年生の5月には難関大学受験ガイダンスを実施しています。 2年生の夏休みより各科目で難関大学向け個人指導を行っています。 東大、一橋等の最難関国立大学の論述試験対策や慶応大学等の小論文対策には一対一の添削指導を行っています。 その外、面談は必要に応じて随時行われ、クラス担任、教科担当、進路指導係等がそれぞれの専門性を生かして対応しています。 また、進路指導室には生徒の成績と進路希望のデータが集約され、個人面談の部屋が3つ整い、スタッフも常駐しているので、何時でも生徒の相談に応じる体制が整っています。 2階の進路資料室は防音の学習室で、自習机のほか、大学受験過去問題集などの進路資料、パソコン、コピー機があります。 その他、4階学習室、図書室、2階渡り廊下を自習場所として整備し、全部で150席あります。 これらの場所は平日の7:50~18:50及び、殆どの休日の9:00~17:00に開放しており、多くの生徒が休日も登校して勉強しています。 また、学年毎に「保護者のための進路勉強会」を1年生は5月と2月、2年生は5月と10月、3年生は5月と合計5回行っています。 「進路勉強会」では、本校の進路指導の方針、大学受験の概要、進路実現の現状、受験準備のあり方等について説明を行い、毎回300名程度の参加者を集めています。 進学状況 川越女子高校は現役で、塾・予備校に通わず、第一志望の大学に進学できる高校です。 水準の高い授業や、充実した課外補習、小論文指導、面接指導、個人面談などの進学指導、自習のための学習室の充実など、進学に向けての環境はたいへん良好です。 川越女子高校は自学自習を重視し、1年生のうちから自分の力で学力を伸ばす勉強の仕方を指導しています。 また、個別相談や質問への対応等、そのための支援も十分に行っています。 学習室は放課後だけでなく休日も開放し(年間360日程度開放)意欲的な生徒が朝から勉強しています。 このような環境のため、現役進学率が高いのも大きな特徴で、平成29年度入試では84%の現役進学率でした。 また浪人となった59名の者も、その殆どはより高い進学希望を実現させるための浪人です。 川越女子高校は埼玉県で現在最も生徒の力を伸ばしている高校であり、難関大学を目指す女生徒に最も相応しい高校です。 指定校推薦について 早稲田10名、慶應義塾1名をはじめ、上智、国際基督教、立教,明治、中央、法政、津田塾、東京理科、明治薬科等、多くの大学から指定校推薦の依頼を受けています。 進路決定を支えるさまざまな体験 本校では、進路に対する意識を育てるために、段階や時期に応じたさまざまな進路行事を実施しています。 これらの体験は、一人一人の生徒が自己の「在り方・生き方」に根ざして進路を考え、決定していく上で大きな支えとなっています。 そして、他の生徒の書いたレポートを読んだり、発表会で聞くことにより、その職業を選んだ動機ややりがい、適性など様々な職業について知る機会を得られます。 また、初対面の人とどのように接したらよいか、社会人になる前に何を学ぶべきかなども考えるきっかけとなっています。 博物館・美術館・劇場などの文化施設へ行って作品を鑑賞し、レポートにまとめることで人間形成に役立たせています。 自分の興味関心や適性、将来の目標・夢などをふまえながら、まずどのような学問分野があるかを知り、さらに選択した学問の現状、魅力や意義、社会的位置づけ、問題点などを探っていきます。 そして、それぞれの学問を学ぶ場としてどんな学部・学科があるのか、それぞれの学部・学科はどこの大学に設置されているのかなどを研究します。 「進学懇談会」は受験を終えたばかりの卒業生を招き、「国公立大文系」「私立大文系」「医療系」「教員系」「薬学系」などの分科会に分かれ、学習方法、学習と部活動の両立、受験対策で成功したこと、失敗したことなど大学進学に関する生の情報を聞きます。 どちらも、約60人の卒業生が後輩たちのために協力してくれます。

次の