足湯 デトックス 嘘。 「汗をかいてデトックス」はウソだった、研究報告

デトックスフットバス

足湯 デトックス 嘘

コスメに取り組むようになって、ニセ科学に遭遇することが多くなったそうです。 もったいない、と感じるその理由とは。 尾池の奇妙な考察 17• ニセ科学がおもしろい 美容に関わるようになって、以前よりニセ科学を目にすることが多くなりました。 波動、ホメオパシー、経皮毒、デトックスなどなど。 最初はその紛らわしい広告や、明らかに詐欺と分かるようなビジネスを見て頭に血が上ることもありました。 しかし同時に、不謹慎ですが、つい笑ってしまうことも増えてきました。 たとえばデトックスの場合は「フットバス」というニセ科学ビジネスがあります。 足を突っ込んでスイッチを入れると電気が流れ、水の色が徐々に赤く変わります。 そしてセラピストを名乗る詐欺師が、「ほら、こんなに毒が」「毒素は足の裏から出るのです」。 いやいやいや、まさに何を言っているのか分からない(私もよく言われるセリフですが)。 そもそも毒って何のこと? 毒が出るなら栄養も出るのでは? そして足の裏から「出るのです?」なぜ? 皮膚がもっとも厚くて、もっとも末端の足裏から? 足ではなく頭から出まくるハテナマーク。 ニセ科学のからくり 水の色が赤くなるからくりは実にシンプルで、電極から溶け出すわずかな鉄イオンが水中の酸素やアルカリなどで酸化鉄や水酸化鉄の結晶になり、さらに足の古い皮脂やほこりや気泡などで目に見える大きな塊(フロック)になって水に色が付くからです。 いわゆる赤水と同じで、条件によって色も変わります。 電極から溶け出す鉄イオンはほんの1mg程度で、電極はほとんど変化しないので、まるで足から何かが出たように見えてしまいます。 デトックスフットバスのからくり図解 と、論破するのは簡単なのですがいくら力説したところでその説明が興ざめに聞こえるほど、頭のどこかで「おもしろい」と思ってしまっている自分もいる。 嘘を包み隠してなお余りあるエンターテイメント。 これに数十万円を払う方々がいるのもうなずける気がします。 デトックスフットバスは氷山の一角にすぎず、抱腹絶倒のニセ科学は他にも無数にあります。 その中で詐欺になるのは異常な高値で売った場合だけです。 嘘だらけの情報で人を惑わし、判断力を失わせ、プラシーボ効果で信用させ、タダ同然の商品を高値で売りさばく。 詐欺そのもの。 マルチ商法やネットワークビジネスが絡むと人間関係も崩壊します。 ニセ科学詐欺はたしかに悪です。 しかし問題は、なぜ異常な高値なのに売れてしまうのかということ。 ニセ科学はあきらかに、科学に無いものを持っている。 科学よりも人を集め、利益を上げているのですから、たぶんそこには「科学に無いもの」が関わっている。 つまりニセ科学の真のからくりは、優れたエンターテイメントとプロモーション技術の方だということが分かります。 ニセ科学が美容を救う日 愛と力。 男と女。 シーチキンとマヨネーズ。 私たちの周りには1+1=100の組み合わせがたくさんある。 1+1=2は単なる数学であり、合わせる必要もない。 合わせなくても分かる。 しかし数学に物理学を組み合わせれば、1kgと1kgの鉄球を時速50kmでぶつければ100ジュールの力を生み出せるという発想が生まれる。 しかしそれは、ぶつけない限り決して生まれない100ジュールであり、誰かの行動なしには生まれません。 詐欺師たちを見ていていつも驚くのは、彼らが描いている夢が、まさに私たちが望んでいる夢と一致することです。 詐欺師たちは、私たちと同じ夢を見、それを実現させる力がないために、ニセ科学に溺れている。 しかしなぜ本物の科学よりも稼ぐことができるのか。 それは嘘をついているからではない。 プロモーションの才能があるから。 そしてそれは届かない科学が学ぶべきもの。 しかし被害者はいつまで待っても届かない科学に待ちくたびれてその夢に救いを求める。 被害をとめるには、科学を届けるしかない。 その科学を届ける方法を、ニセ科学は教えてくれている。 ニセ科学を超える開発をして、プロモーションを盗み、ニセ科学よりも先に本物の科学を届けるしかない。 なんならプロモーションをニセ科学屋の詐欺師にお願いしてもいい。 もしかしたらニセ科学の描くぶっとんだアイデアが科学の壁に穴を開け、とんでもない化学反応が起きるかもしれない。 ニセ科学を取り込み、ぶっとんだ夢とアイデアを利用して女性の美を救ってみせることができるくらいに、科学はタフなはずです。 科学のプロセスとは「より妥当な理論に修正し続ける」作業のこと。 正解を見つける作業ではなく、新しいデータが見つかれば、より妥当な理論に修正する柔軟なプロセスのことです。 あゆみは遅くとも、科学は頑張っています。 必ず夢を実現しますので、どうかニセ科学に惑わされず、科学の朗報を待っていてください。 今回のまとめ ニセ科学は詐欺です。 騙されてしまうのはニセ科学には優れたエンターテイメントとプロモーションノウハウがあるから。 この2つは科学にもっとも足りないもの。 ニセ科学を駆逐するには、ニセ科学を超えるしかない。 ニセ科学を取り込み、利用し、ニセ科学が描いた夢で女性の美を救えるよう、科学は頑張っています。 <尾池博士の所感> 人間は拠り所なしに生きていけるほど強くはない。 大事な人が重い病に罹ってしまったら、私も正常な判断力を保てるか自信がない。 だからニセ科学とカルトは怖い。

次の

足裏デトックスフットバスって嘘!? 電極つきフットバスとの違いと体験談

足湯 デトックス 嘘

CONTENTS• 民間療法用語であるデトックス 私は西洋医学ガチガチであるように見えて、実は「おばあちゃんの知恵」的民間療法のファンなんです。 おばあちゃんの知恵って身近にあるものを使用して、問題を解決するのですから米国海軍ネイビーシールズや特殊空挺部隊SASのサバイバルっぽくて好きなんです。 精密な医療機器や看護師・検査技師などに囲まれた状態で大学病院で過ごした若い医師を当院で働いてもらうときに「聴診器がなくても血圧を計る事ができますか?」「指輪がハマりこんで取れなくなった場合、指輪を切らないで外せますか?」「気管切開をする医療機器が無い場合、どうやって直接気管に空気を送り込めますか?」なんてことを尋ねて驚かれることもあります。 このような原始的ですが、身の回りにあるものを使用してある程度サバイバルができるのです。 少し話が外れましたが、私が愛して止まない「おばあちゃんの知恵」的民間療法なんですが、どうしても許せない用語が「デトックス」です。 デトックスの問題点 多分デトックスって解毒を意味するdetoxificationから派生した言葉だと予想されます、英語だとdetoxですので。 確かに医学では解毒という治療法が存在します。 例えばジメルカプロールという薬物は重金属の中毒の解毒に使用しますし、プラリドキシムヨウ化メチルはパム(PAM)と呼ばれ農薬で自殺を計った場合に使用されます(特殊部隊的使用としてはで、あのサリンなどの神経毒にも効果があり)。 しかし、現在一般的に使用される「デトックス」は存在するのかしないのか明確ではない、なにがしらの「毒素」を食べ物、サプリ、特殊な薬物を使用する事によって体外に排出するという意味で使われています。 特に水銀に代表される重金属を排泄される効果があるとされるサプリメントなどは海外でももてはやされている状況です。 重金属を対象としてデトックス効果を謳った場合、使用・服用した後に血液中の重金属が減っている事が明らかになれば効果があったと証明できるのですが、残念ながら医学的検証に裏付けられた確かなデータは存在しないのです。 海外でもデトックスは問題とされている 英国の国民の健康をサポートしているNational Health Service(NHS)は「デトックスと呼ばれる言葉自体が怪しいものであり、それを改善すると称している方法は全く無意味」と国民に警告しています。 nhs. aspxより 実際上問題とされる重金属って普通の生活をしている場合、健康に被害を及ぼすレベルの摂取をすることは考えられませんし(企業等によって垂れ流された廃棄物による悲惨な事件は除外します)、なかには皆さんが有り難がって飲んでいるオシャレなミネラルウォーターに含まれているミネラルを構成する栄養素でもあります。 一番笑った「足裏デトックス」のインチキな仕組み さすがに最近はあまり見かけなくなりましたが、以前どんなドラッグストアでも置いていて通販でも盛り上がって販売されていた足の裏に貼付けると、翌日貼付したシートが真っ黒になるという「フットバスデトックス」とか「足裏樹液シート」と呼ばれたグッズです。 寝ている間に体から毒素が排出されて、足の裏に貼ったシートが黒く汚れるという方法もありますし、足を桶につけていると浸していた水が真っ黒になって「ほら、あなたの体内に溜まっていた毒素がこうやってデトックスされるんですよ」なんて経験をした方も結構いるんじゃないでしょうか?このメカニズムは単純で汗に混じり込んでいる塩分や桶の中の水に溶かし込んでいる塩や不純物である鉄分が単に化学反応を起こしているだけなんです。 笑ったちゃう実験がありまして、フットバスに足を突っ込まなくて単に軽い電流を流しますと、なんと桶の水は真っ黒になりましたとさ。 完璧にインチキです。 おばあちゃんの知恵を侮辱する現代の疑似科学的医療 しゃっくりの特効薬として「柿のへた」を利用する方法があります。 これは『』と題して以前ブログに書きました。 現在では身近に柿の木なんて植わっていませんので、いつも「柿のへた」が手に入る訳ではありません。 ここで豆知識・・・昔、武士の家では必ず柿の木を庭に植えていたました。 万が一戦争になった場合、家に籠って戦う場合の非常食として武士の心得とされていたそうです。 対戦争非常事態向けではなく、庭に柿の木があるかたは是非、しゃっくりが出て止まらない時はお試しください。 2019年12月24日これも書きました。 下手すりゃ血液クレンジング騒動の二の舞。

次の

田中瞳アナの老廃物がヤバい!足湯デトックスは嘘?【モヤモヤさま〜ず2】│デイリーローズ

足湯 デトックス 嘘

対象となる方• 性別:男女その他• 年齢:20~高齢の方まで• 所要時間30分の足湯です。 ただし、単なる足湯ではありません。 デトックス『ゴッドクリーナーゴールド』とは デトックス『ゴッドクリーナーゴールド』は、30分間の足湯です。 特殊な足湯の機械に足を入れて待つこと30分。 ムクミも軽減し、足も軽くなりますが、メインの目的はお湯を覗きこんでみてもらうと・・?そう、透明であったはずのお湯の色が変わっています。 またお湯には何かが浮いています。 下記に詳しくご紹介いたします! ゴッドクリーナーゴールドという特殊な足湯 電源を入れてお湯を張り、足を入れたら塩を耳かき2杯程度入れます。 そうすると早い方は数分後に『何かが浮いてくる』のです。 30分も経つと最初は透明であったお湯が真っ茶っ茶になってしまいました。 この『浮いている何か』を調べたら『ヒ素、鉛、水銀、カドミウムなどの重金属』が検出されたと言うではありませんか。 ほんまかいなと。 初めてこの機械のデモを見た時非常に驚いたのと『絶っっ対に怪しい 』と疑いに疑ってさらに疑って購入しました。 決め手となったのは『人により結果が異なる』ことと『デトックスは嘘くさいとしても足が軽くなるのと、むくみと冷えがかなり改善する』ことです。 機械が勝手にやっているなら結果はいつも一緒になるとハズですよね。 Eさんでは何も出ないのに院長では出た!? 所要時間は30分です。 あるEさんという40代の女性がこのゴッドクリーナーゴールドを受けたいということで受けてもらいました。 すると30分経っても最初の透明のお湯のまま。 それぞれ別の日に3回目、4回目と受けてもらいましたがやはり変化しません。 5回目に受けてもらった時にEさんは『もういいです・・』と諦めて残り10分を残してお湯から出てしまいました。 すかさず院長はEさんが入っていたそのままのお湯に足を入れました。 残り10分で何が起こったのかというと『何かが浮いてきた』のです。 この時に確信したのは『その人固有の結果』が起こるということです。 院長のお母さんの事例 院長のお母さんは以前に抗がん剤を使用していました。 毒をもって毒を制すわけですから抗がん剤は身体に悪いと言われますよね。 そんなお母さんがゴッドクリーナーゴールドを使用すると『黒い何かが浮いている』結果となりました。 個人的な印象なので因果関係はわかりませんが、頭痛薬やいわゆる西洋薬を常用している、またはしていた方は黒く出る場合が多いように思います。 やはり人によりゴッドクリーナーゴールドの結果が異なるのです。 鍼灸治療と相乗効果 ある時期に当院の鍼灸治療をお受けいただいている患者様が口裏を合わせたように同じことをおっしゃいました。 あくまで患者様の主観的な感想に過ぎませんが『治療のあと足湯をすると鍼灸の効果が1. 5倍になる』『効果がいつもより1. 5倍持続した』というものでした。 5倍という数字が5人くらいの方で共通していたので非常に驚いたことを覚えています。 もちろんそれぞれの方には面識はありません。

次の