高校 サッカー 千葉 県 決勝。 ホーム

【監督/キャプテン優勝コメント掲載】2019年度 第98回全国高校サッカー選手権大会 千葉県大会 優勝は市立船橋高校!(3年ぶり22回目)

高校 サッカー 千葉 県 決勝

概要 [ ]• Jリーガーからのメッセージ サッカーを愛しているから 日程 [ ]• - 全代表校決定• - 全国大会組合せ抽選会(ヴェルファーレ)• - 開会式・開幕戦• - 決勝戦 使用会場 [ ]• ( 開幕戦、準決勝、決勝戦のみ)• () レギュレーションの変更点 [ ]• 今大会より、決勝戦の開催日が1月の第2月曜日()となった。 前回大会まではと同様に試合後に勝利した学校の校歌演奏が行われていたが、これを廃止し決勝戦に限り試合直前に両校の校歌を演奏する方式に変更した。 制が今大会より導入された。 出場校 [ ] 北海道• 代表 (3年ぶり26回目) 東北• 代表 (6年連続8回目)• 代表 (7年ぶり12回目)• 代表 (3年ぶり28回目)• 代表 (3年ぶり33回目)• 代表 (2年ぶり6回目)• 代表 (7年ぶり2回目) 関東• 代表 (2年連続5回目)• 代表 (4年ぶり4回目)• 代表 (2年ぶり10回目)• 代表 (2年ぶり12回目)• 代表 (4年連続14回目)• A代表 (2年連続31回目)• 東京都B代表 (2年連続2回目)• 代表 (3年連続7回目) 中部• 代表 (初出場)• 代表 (2年連続4回目)• 代表 (4年連続13回目)• 代表 (11年連続17回目)• 代表 (3年ぶり31回目)• 代表 (初出場)• 代表 (2年連続18回目)• 代表 (2年連続8回目)• 代表 (2年ぶり3回目)• 代表 (初出場) 近畿• 代表 (初出場)• 代表 (初出場)• 代表 (4年ぶり2回目)• 代表 (2年連続10回目)• 代表 (初出場)• 代表 (2年ぶり7回目) 中国• 代表 (4年連続4回目)• 代表 (4年連続5回目)• 代表 (24年ぶり8回目)• 代表 (3年連続4回目)• 代表 (10年連続15回目) 四国• 代表 (初出場)• 代表 (3年連続20回目)• 代表 (37年ぶり2回目)• 代表 (5年ぶり9回目) 九州• 代表 (2年連続10回目)• 代表 (2年ぶり4回目)• 代表 (17年連続17回目)• 代表 (4年連続8回目)• 代表 (3年連続5回目)• 代表 (2年ぶり4回目)• 代表 (2年連続19回目) 沖縄• 代表 (5年ぶり5回目) 得点王 [ ]• 国見 7得点 大会優秀選手 [ ] GK• 国領浩樹(市立船橋)• 山下高明(帝京)• 福島健太(滝川二)• (大津) DF• 中村聡(武南)• (市立船橋)• (市立船橋)• (市立船橋)• (市立船橋)• (帝京)• 飯島慎(帝京)• 辻田真輝(星稜)• 廣瀬貴規(滝川二)• (国見) MF• (市立船橋)• (桐蔭学園)• 斉藤啓介(桐蔭学園)• (野洲)• 金大慶(滝川二)• 前川正行(東福岡)• (東福岡)• (国見)• (国見)• (国見)• (国見)• 赤嶺佑樹(那覇西) FW• (福島東)• (市立船橋)• (市立船橋)• (帝京)• (桐蔭学園)• (静岡学園)• (多々良学園)• (国見) 2年生以下優秀選手 [ ] DF• (静岡学園)• 樋口昌俊(四日市中央工)• (広島皆実) MF• (桐光学園)• (大分)• (鵬翔) FW• (室蘭大谷)• (帯広北)• (初芝橋本)• 大会記録 [ ] この節のが望まれています。 主な出場選手 [ ] FW• この際、ゴール内のポールにボールが当たり、外に出てきたのを水島工GKがキャッチした。 これを見た主審は副審に確認せずインプレーと勘違いし、ノーゴールと判定した。 その後戦までもつれ5-3で水島工が勝利し優勝、全国への切符をつかんだ。 負けた作陽側は主管のに抗議するものの判定は覆らず、勝った水島工側もサッカー部内で本大会出場するか辞退するかで割れ、本大会前に水島工3年FWが退部するなど両者に暗い影を落とした。 世間は作陽を擁護する一方で、水島工は誹謗中傷され本大会への移動の際には護衛がついた。 再試合を要求する声も出たが JFA は同年11月14日の理事会でこれを誤審と認めた ものの、主管の判断を尊重し結果を覆さなかった。 これらを重く見たJFA会長は、全国選手権開会式の際に水島工を訪れ一連の騒動を謝罪した。 それから10年後にあたる2012年12月15日、遺恨解消を目的として両校関係者による再試合が行われている。 脚注 [ ] []• 読売新聞 2002年12月19日. 2010年11月2日閲覧。 スポーツニッポン 2002年12月31日. 2010年11月2日閲覧。 朝日新聞 2012年12月16日. 2013年1月2日閲覧。 朝日新聞 2012年12月14日. 2012年12月18日閲覧。 山陽新聞 2012年12月15日. 2012年12月18日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の

ホーム

高校 サッカー 千葉 県 決勝

大会要項 [ ] 大会要項は、次のとおり。 主催 公益社団法人千葉県サッカー協会、千葉県高等学校体育連盟、 競技時間 80分。 決着がつかない場合は延長20分1回。 なお決着がつかない場合はPK方式 一次トーナメント 参加校がで試合を行い、決勝トーナメントへ進出する12校を決定する。 決勝トーナメント 県総体2回戦以上進出の46校と、1次トーナメント勝ち上がりの12校を加えた学校で行う。 大会結果 [ ] 実績 [ ] は、第64回大会(1985年度)に全国選手権に初出場すると、千葉県予選勝ち上がりの常連となるとともに、20年の間に5回の全国優勝を果たして全国屈指の強豪となった。 は、第84回大会(2005年)に初出場し、第86回大会(2007年度)で全国優勝した。 は第41回大会(1962年度)で千葉県の高校として初めて全国選手権に出場した。 習志野高校は3度目の出場となった第44回大会(1965年度)で大阪のと決勝で引き分けて両校優勝を果たした。 また、7回目の出場となった1971年度大会では単独の全国優勝を果たしている。 1980年代後半から1990年代には、市立船橋高校と競る形で、4回(うち1回は、協会推薦による予選免除)全国大会に出場した。 は、1978年度全国大会で初出場してベスト4となり、7回目の出場となった第85回大会(2006年)で再度ベスト4となった。 は、初出場の第59回大会(1980年)に全国ベスト8まで進み、第63回大会(1984年)にも出場した。 は第79回大会(2000年)で初出場した。 東関東地区予選 [ ] 千葉県の高校は、第54回大会までは東関東または関東の地区予選を勝ち上がることで、全国高等学校サッカー選手権大会に出場できた。 年度 大会 地区 代表校 出場回数 全国大会成績 1962 東関東 初出場 1回戦 1963 東関東 習志野 2年連続2回目 2回戦 1965 東関東 習志野 2年ぶり3回目 優勝 1967 関東 習志野 2年ぶり4回目 3位 1968 (総体2) 習志野 2年連続5回目 ベスト8 1970 関東 習志野 3年連続6回 1回戦 1971 東関東 習志野 4年連続7回目 優勝 1972 東関東 習志野 5年連続8回目 2回戦(初戦) 1975 東関東 初出場 1回戦 千葉県予選 [ ] 千葉県では、第55回大会から県予選を勝ち上がった高校が県代表として全国高等学校サッカー選手権大会に出場するようになった。 年度 大会 代表校 出場回数 決勝スコア 準優勝校 県ベスト4校 全国大会成績 1976 4年ぶり9回目 2回戦 1977 習志野 2年連続10回目 ベスト8 1978 八千代 3年ぶり2回目 ベスト4 1979 八千代 2年連続3回目 2回戦 1980 初出場 ベスト8 1981 八千代 2年ぶり4回目 八千代松陰 ベスト16 1982 習志野 5年ぶり11回目 八千代松陰 ベスト8 1983 八千代 2年ぶり5回目 1回戦 1984 八千代松陰 4年ぶり2回目 1回戦 1985 初出場 1-0 八千代松陰 八千代 ベスト16 1986 市立船橋 2年連続2回目 0-0 PK 1回戦 1987 市立船橋 3年連続3回目 0-0 PK 八千代松陰 八千代 東海大浦安 ベスト4 1988 市立船橋 4年連続4回目 2-1 八千代松陰 準優勝 1989 習志野 7年ぶり12回目 2-0 市立船橋 松戸矢切 2回戦(初戦) 1990 習志野 2年連続13回目 (協会推薦により予選免除) ベスト8 市立船橋 2年ぶり5回目 0-0 PK 渋谷幕張 東海大浦安 千葉経済 2回戦 1991 市立船橋 2年連続6回目 4-1 東海大浦安 習志野 市原緑 ベスト4 1992 習志野 2年ぶり14回目 1-0 東海大浦安 専修大松戸 八千代 ベスト4 1993 市立船橋 2年ぶり7回目 2-1 習志野 八千代 東海大浦安 2回戦(初戦) 1994 市立船橋 2年連続8回目 1-1 PK 渋谷幕張 東海大浦安 八千代 優勝 1995 市立船橋 3年連続9回目 2-1 習志野 渋谷幕張 ベスト8 1996 市立船橋 4年連続10回目 2-1 東海大浦安 優勝 1997 八千代 14年ぶり6回目 3-1 市立船橋 習志野 渋谷幕張 ベスト8 1998 習志野 6年ぶり15回目 2-1 市立船橋 東海大浦安 八千代 1回戦 1999 市立船橋 3年ぶり11回目 7-2 八千代 市立松戸 幕張総合 優勝 2000 市立船橋 2年連続12回目 (協会推薦により予選免除) 2回戦 初出場 1-0 習志野 中央学院 東海大浦安 2回戦(初戦) 2001 市立船橋 3年連続13回目 2-0 渋谷幕張 柏陵 ベスト16 2002 市立船橋 4年連続14回目 2-0 学館浦安 幕張総合 渋谷幕張 優勝 2003 市立船橋 5年連続15回目 3-0 市原緑 習志野 ベスト8 2004 市立船橋 6年連続16回目 0-0 PK:4-2 流経大柏 習志野 千葉敬愛 準優勝 2005 初出場 0-0 PK:5-4 八千代 市立船橋 渋谷幕張 2回戦(初戦) 2006 八千代 9年ぶり7回目 1-0 渋谷幕張 市立船橋 流経大柏 ベスト4 2007 流経大柏 2年ぶり2回目 1-0 市立船橋 市立柏 八千代 優勝 2008 市立船橋 4年ぶり17回目 3-0 八千代 習志野 渋谷幕張 2回戦(初戦) 2009 八千代 3年ぶり8回目 0-0 PK:3-2 習志野 市立船橋 流経大柏 ベスト16 2010 流経大柏 3年ぶり3回目 1-0 市立船橋 八千代 柏日体 ベスト4 2011 市立船橋 3年ぶり18回目 1-0 延長 流経大柏 習志野 渋谷幕張 2012 八千代 3年ぶり9回目 0-0 PK:3-2 流経大柏 市立船橋 柏日体 2013 市立船橋 2年ぶり19回目 1-0 流経大柏 千葉国際 八千代 2014 流経大柏 4年ぶり4回目 3-2 市立船橋 習志野 八千代 2015 市立船橋 2年ぶり20回目 3-0 流経大柏 中央学院 習志野 2016 市立船橋 2年連続21回目 2-1 流経大柏 八千代 学館浦安 2017 流経大柏 3年ぶり5回目 2-1 市立船橋 日体大柏 八千代 準優勝 2018 流経大柏 2年連続6回目 2-0 市立船橋 習志野 八千代 準優勝 2019 市立船橋 3年ぶり22回目 3-2 流経大柏 翔凛 専修大松戸 代表校の全国大会における主な戦績 [ ]• 優勝:8回 市立船橋高校:5回(1994,1996,1999,2002,2011) 習志野高校:2回(1965,1971) 流通経済大柏高校:1回(2007)• 準優勝:4回 市立船橋高校:2回(1988,2004) 流通経済大柏高校:2回(2017,2018)• ベスト4:7回 市立船橋高校:2回(1987,1991) 八千代高校:2回(1978,2006) 習志野高校:1回(1992) 流通経済大柏高校:2回(2010,2014) 出典 [ ] 参考文献 [ ]• 『高校サッカー60年史』全国高等学校体育連盟サッカー部、講談社、1983年。 脚注 [ ]• 公益社団法人千葉県サッカー協会. 2017年2月28日閲覧。 , pp. 132-133. , pp. 146-147. 関連項目 [ ]•

次の

第81回全国高等学校サッカー選手権大会

高校 サッカー 千葉 県 決勝

5の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 5の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 3の結果を掲載いたしました。 3・Div. 5の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 3の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 3の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 5の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 3の結果を掲載いたしました。 3・Div. 5の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 3の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 5の結果を掲載いたしました。 5の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 3・Div. 5の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 3・Div. 5の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 3・Div. 5の結果を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 3の結果を掲載いたしました。 5の日程を掲載いたしました。 1・Div. 2・Div. 3の日程を掲載いたしました。

次の