コロナウィルスいつまで続く。 コロナウイルスはいつまで続くの?

新型コロナウイルスはいつまで続く?SARSやMARSから分かる終息日!

コロナウィルスいつまで続く

一時的に感染者数が減少して収束し始めたかと思える時期も来るだろうが、それは『感染の波』ともいうべきもので、再び感染者の増加が来るだろう」 昭和大学(東京都品川区)の二木芳人客員教授(感染症)は、こう現状を厳しく分析する。 感染経路の追えない患者が増え、医療機関の受け入れ能力が逼迫しているなど、まさに「医療崩壊の危機」と呼び得る状態だ、と言う。 政府の緊急事態宣言などによる外出自粛の効果も、専門家から見れば効果は限定的なようだ。 二木客員教授は「繁華街が注目されているが、平日の商店街やオフィス街は多くの人が出歩いている。 外出自粛の効果を出すには、より強いメッセージを発信しないといけない」と言う。 「ここまでくれば、国民の6割から9割が感染して抗体を有する『社会的免疫』が成立するまで、あと2~3年は感染の完全収束はないだろう。 海外で実施されているロックアウトのような厳しい措置も免疫成立までの患者数の増加スピードを抑えて、医療組織を破綻させないための対策でしかない」と解説する。 新型コロナウイルスの顕微鏡写真(国立感染症研究所ホームページより) その上で二木客員教授が求めているのが、医療体制の機能維持だ。 ウイルス感染が疑わしい患者を受け入れる「専門外来」を開設し、そこで十分な感染防御対策を整えて患者と疑われる人を集中して検査し、より分ける。 「軽症や症状の無い患者は医療機関以外の施設に回し、重症者を専門医療機関が引き受ける。 一部の自治体で始まったばかりで、体制整備の遅れは大きい」とした上で、「軽症者を一部自宅待機で対応しているケースがあるが、大変危険で早急な受け入れ施設の整備が求められる」と言う。 同時に、流行のパターンは新型コロナウイルスの性格によっても変わってくることが予想される。 「日本のような温帯地域では、新型ウイルスがインフルエンザと似た性格なのかどうかで今後の流行のパターンは異なってくる」と言う。 「インフルエンザのように気温が上がると活動が低下するウイルスであれば、今年の4月下旬ごろから少しずつ感染拡大のペースが落ちて8月までには拡大の勢いが目立って落ち着く。 ただ夏が過ぎて10~11月には再び感染が増大し、21年の4~6月まで再び流行が続くだろう。 このように2シーズンが過ぎると、ある程度流行は落ち着いてくるし、重症者の比率も減るだろう」。 菅谷医師はこう予測する。

次の

(2ページ目)「新型肺炎はヒト・ヒトで感染者10万人確実」北大教授が推計 流行は「5月までは続く」

コロナウィルスいつまで続く

2月初旬に感染者が10万人規模となった後に、遅れたようにやってくる死亡者数は数百人というレベルでは収まらなくなると思います。 そこで国際社会がどのように対応するか。 それまでに世界で広く流行が拡大していなければ、各国で国境封鎖などの施策も検討されるかもしれません。 西浦 2009年にメキシコで発生した新型インフルエンザの大流行と比べると、わかりやすいかもしれません。 日本でもマスクが品薄になり、食料の買いだめや行政によるタミフルの大量備蓄も話題となりました。 それくらい騒がれた2009年のインフルエンザですが、蓋を開けてみたら致死率(1人の患者が死亡する確率)は0. 01%~0. 03%を下回る程度でした。 季節性のインフルエンザと大きくは変わりませんでした。 現状を見る限り、今回の新型コロナウイルスの脅威は「インフルエンザ以上SARS以下」というのが妥当なところでしょう。 いま手元にある数字で、新型肺炎と診断された患者数で計算すると致死率は4%から5%くらいになります。 しかし先述の通り、実際の感染者数はもっと多いはずですので、全感染者中の致死率はもっと低くなることは確実です。 西浦 2月初旬でピークが終わるとは思えません。 いまのところ教科書通りのカーブを描いて感染者が増え続けています。 香港の研究チームも発表していますが、この感染は5月ごろまでは続くでしょう。 私たちの研究でもほぼ同じ結果が出ています。 まだ収束する気配はありませんから、長丁場になることが予想されています。

次の

新型肺炎【コロナウイルス】いつまで続くの終息は?東京オリンピックは大丈夫?

コロナウィルスいつまで続く

現在、中国の武漢市から新型コロナウイルスが伝染しています。 この伝染力はじわじわと世界各国に伝わり始めてきています。 徐々に感染者も増えて中には死亡者までも増え続ける状態です。 国民としてはこのコロナウイルスはいつまで続くのかと考えたりもします。 そして同時にマスクが現在かなりよく売れてしまい、ほとんど売り切れ状態が続いています。 本来中国の武漢市は人口1000万人を超える大都市でかなり栄えていたにぎやかな街であったにもかかわらず今はその面影もないくらい閑散としています。 では今回はこの武漢市からの新型コロナウイルスはいつまで流行しているのか、そしてマスクはいつから売り切れず普通に買う事ができるのかについて調査してみます。 Contents• 特に中国の武漢の中ではもう皆頭の中はこのことばかりではないでしょうか。 例えば他の病気を例にして考えてみると、インフルエンザウイルスはおおよそ空気が乾燥してくる冬の時に感染してきます。 空気が乾燥して湿度が低いとウイルスも飛びやすくなります。 そして人間の体温も下がりやすくなるのでそういった時に感染しやすくなるようです。 おおよそ12月ごろから3月ごろまで感染してきます。 そして春になり、ゴールデンウィークを迎えるころにはだいぶ落ち着いてきています。 そして2002年から2003年頃に流行したSARS(重症急性呼吸器症候群)ですが、これも2002年11月ごろから始まって2003年7月にやっとSARSを封じ込めて流行も消えていったようです。 インフルエンザだと5月ごろにはもうほとんど終了していますが、SARSはそのさらに2か月先まで来ていたようです。 そう考えていくとまだまだ3月ごろまではピークが続きそうなことが予測されます。 そして春になってくれば少しずつは沈静化してくることが考えられますが、消滅までは夏ぐらいまで最悪かかってしまう事も考えられなくはありません。 逆に言えば夏を過ぎても解決できなければこの病気は年中続いてしまうという事になってしまいます。 おそらくですが夏ごろまでにはほとんど解決に向かうのではと感がるところですが、まだ今後の対応次第ですね。 コンビニ、薬局、スーパーを探してもマスクが売り切れてしまっています。 しかももし運よく購入できたとしてもなんと単価が以前より2倍以上高くなってしまっています。 まさにぼったくりかと思ってしまうぐらいです。 このマスクが売り切れている時期ですが、 おおよそこれもコロナウイルスがいつまで続くのかに比例していると考えられてきます。 現在マスクを製造する側もとにかくたくさん製造を心がけらていますが、しかし需要がそのマスクの製造量をはるかに上回ってしまうので、現在マスクがないといって困っている方がどうしても出てしまうのです。 現在マスクを製造する側も1つの製造品2つの製造に絞っています。 つまり様々な製造パターンがあるとそれだけ作るのに時間をかけることになります。 ただ必要なものに絞ることにより、少しでも供給を早くするという狙いでしょう。 まだまだ夏などの暑くなってくる時期まではマスクもなかなか入手が難しいのではと、、、思われます。 その他マスクを作る製造会社も戦略を立ててくるのではと思われます。 もうすこし多くの人たちにマスクの需要が追い付くことができるように。 ただまだ少なくとも2か月~3か月は必要ではと思われます。 ただ春から夏にかけてになってくると湿度も上がってくるので、ウイルスも死滅しやすくなり感染が収まってくるのではと考えられます。 日がたつにつれて感染者や死亡者が増えてきています。 こうした現状を打破するためにもワクチンなどの開発はやはり急いでほしいものです。 まだ日本は武漢などから帰国した人たちの一部でしか感染者はいませんが、まだ今後油断ができません。 常に新型コロナウイルスには警戒を持って生活していきましょう。 どんなものにも必ず終わりはきます。 なので、あきらめない気持ちを持ち続けていれば必ず新型コロナウイルスの流行も終わりがやってきます。 信じる気持ちを持ち続けていきましょう。 今回は以上です。 ありがとうございました。 投稿ナビゲーション.

次の