ポータブル 電源。 【楽天市場】【7月中旬入荷予定】ポータブル電源 大容量 110000mAh / 407Wh 蓄電池 最大出力350W 日本メーカー 正弦波 FACE8 家庭用蓄電池 蓄電池 ポータブルバッテリー 家庭用 充電 コンセント コンパクト 軽量 持ち運び キャンプ アウトドア 車中泊 停電 対策 防災用品:cocorich楽天市場店

ポータブル電源のおすすめランキング10!実機検証&キャンプ用途で厳選

ポータブル 電源

クリックできる目次• ポータブル電源に主に使用されている蓄電池の種類は? 蓄電池と一口に言っても、ニッケル水素電池や、鉛蓄電池など様々な種類があります。 その中でポータブル電源に主に使用されている蓄電池の種類は「 リチウムイオン電池」です。 リチウムイオン電池は小型で、充電容量も大きく、充電と放電を繰り返しても充電容量が減りにくいといった特徴を持っています。 この特徴から、スマートフォンやパソコンなどの電池として広く利用されている蓄電池です。 ポータブル電源にも、このリチウムイオン電池が使用されており、何度使用しても充電容量の減少が少なく、長く使用することができます。 ポータブル電源の寿命目安は? リチウムイオン電池のサイクル数の目安は「 3500〜4000回」程度であり、ポータブル電源の寿命は「 約6〜11年」程度と言われています。 リチウムイオン電池は、二次電池の中でも寿命が長いのが特徴ですが、充電と放電を繰り返すと、実際に使用できる容量が少しづつ少なくなっていきます。 その劣化速度は、温度環境や充放電の回数、使用状況によって大きく変わるため、一般的に寿命は年数ではなく、充放電回数で表します。 9年使用できる計算となります。 寿命が来たからと言って全く使用できる訳ではなく、20〜30%程電池容量が減少する状態となります。 これより、ポータブル電源は一度購入すると 長く使用することができます。 ポータブル電源は4万円以上するモノが多く、決して安くはありませんが、これだけ長く使用できるのであれば、そこまで割高では無いのかもしれません。 ポータブル電源の寿命を長く保つには? 次に、ポータブル電源の寿命を長く保つ方法を調査いたしました。 大切なポータブル電源の寿命を少しでも長くするために、ぜひ参考にしてください。 まず、ポータブル電源の寿命を短くする主な要因は下記の3点となります。 これは使用していれば必ず起こる劣化であり、避けようがありません。 しかし、電池残量が多く残っている状態で充電すると、結果的に充電回数が増え、ポータブル電源の劣化を早めることに繋がります。 なるべく、残量が0になる手前まで使用することが、充電回数を減らし、ポータブル電源の寿命を長くすることができます。 二つ目は、 電池切れや、満充電の状態で放置しないことです。 電池切れの状態で放置していると、過放電状態を引き起こす可能性があり、電池容量の急激な低下や内部抵抗の上昇などの劣化が起こります。 また、電池を満充電状態で放置すると、電圧の高い状態が保たれ、電池の材料に負担がかかるため劣化が早まります。 日頃からこまめに使用したり、電池切れや満充電の状態を放置しないようにしましょう。 三つ目は 高温下での使用です。 電池を充電しながら、放電を行うと、電池本体が高音になることがあります。 この状態もバッテリーの劣化を早めるためなるべく避けましょう。 超高スペックなものから、コスパが良いモデル、ポータブル電源初心者におすすめのモデルを厳選したので、ぜひ参考にしてください。 おすすめ!総合力No. 1のポータブル電源 「EFDELTA」 電気容量1260Wh!X-Stream充電テクノロジー搭載で充電時間が圧倒的に短い 日本で販売されているポータブル電源において、総合力ではNo. 1に最も近いとの呼び名も高いのがEcoFlow製の「 EFDELTA」です。 電気容量1260Whと超大容量に加え、その他のスペックも非常に優れています。 特に、独自の X-Stream充電テクノロジーによって、通常10時間程度かかるポータブル電源の充電をたったの 2時間でフル充電できてしまうという他のモデルにはない機能を備えています。 また、最大出力も1500Wを超え、家庭用コンセントと変わらない感覚でほとんどの家電製品を使用することができます。 電気容量・充電速度・最大出力・使い勝手どれをとってもトップクラスで今最も注目されているポータブル電源です! 以上の優れた点から総合力No. 1とさせていただきました。 電気容量は 403Whと大容量で車中泊やキャンプに適した電気容量です。 このポータブル電源の最も大きな特徴が「 わずか3. 5時間でフル充電が可能な充電スピード」です。 ECOFLOW独自のX-Stream充電技術により、他のポータブル電源よりも圧倒的な充電スピードを実現しました。 さらに、サイズもコンパクトで持ち運びしやすく、あらゆる場面に対応できる万能モデルです。 短・中期間の車中泊やキャンプ、初めてポータブル電源を購入しようと考えている方には絶対におすすめのポータブル電源です。 0kg コスパで選ぶならGPシリーズ とにかく安く、大容量のポータブル電源が欲しいと言う方は「 GPシリーズ」がおすすめです。 電気容量1Whあたりの価格が、他のポータブル電源より圧倒的に安く、低価格で超大容量のポータブル電源を購入することができます。 6月末頃に楽天市場で入荷予定です。 [まとめ]ポータブル電源の寿命は約6〜10年!適切に使用し、寿命を長くしましょう! 以上、今回はポータブル電源の寿命や、適切な使用方法、あわせておすすめポータブル電源3種をご紹介いたしました。 結論として、ポータブル電源の寿命は6〜10年だということがわかりました。 使用方法によって寿命が変動するため、適切に使用して、少しでも長くポータブル電源を利用できるようにしましょう!.

次の

【大活躍】コスパ最強のおすすめポータブル電源はどれ?【2020年】

ポータブル 電源

By: ポータブル電源とは、本体に内蔵されたバッテリーに電気を蓄えて、外部の機器に給電するアイテムのことです。 小型のモバイルバッテリーとは異なり、大容量のバッテリーを備えたモデルが多く存在。 ACコンセントやシガーソケットが使えるモデルもラインナップされています。 また、内蔵バッテリーで充電や給電を行うので、ガソリンを使用する発電機より静かなのもポイント。 キャンプや車中泊での就寝時に使用しても快適です。 ポータブル電源は、キャンプや車中泊で電気製品を使用したいときや、電気を確保できないシーンで役立ちます。 さらに、アウトドアでモバイル機器を充電したい場合にもぴったり。 災害時や停電時など、緊急時にも重宝するアイテムです。 ポータブル電源の選び方 容量をチェック By: ポータブル電源を選ぶときは、容量をチェックしましょう。 バッテリー容量を表す「Wh(ワットアワー)」の数値が高いほど、容量も大きくなります。 バッテリー容量が大きいほど、サイズも大きく、かつ重くなる傾向があるため、用途に合わせて選ぶことが大切です。 例えば、日帰りのアウトドアなど、ちょっとした電気を使いたい場合は200Wh以上のモデル。 キャンプで連泊する場合や、夏場に扇風機を使ったり寒い時期に電気毛布を使用したりする場合は、350Wh以上のモデルがおすすめです。 また、ミニ冷蔵庫などの消費電力が大きい電気製品を使用する場合は、400Wh以上が必要。 ちなみに、ポータブル電源は使用しないときも自然に放電するので注意しましょう。 およそ30%程度が放電することを考慮して、容量が大きめのモノを検討してみてください。 出力端子をチェック 1002Whの大容量を備えた、2020年6月発売のポータブル電源。 室内はもちろん、屋外でも十分な電力確保ができるのが特徴です。 キャンプや野外イベントなどのアウトドアシーンのほか、車中泊や災害時にも使えます。 定格出力は1000W、瞬間最大出力は2000Wと、幅広い家電に対応可能です。 一般的なAC電源のコンセントを3口設けているほか、DC電源やUSB Type-A、USB Type-Cのポートも搭載。 生活家電からノートパソコンなどのモバイル機器の充電まで、これ1台でカバーできます。 また、リチウムイオン電池を採用しているほか、BMS(バッテリーマネージメントシステム)、さらにはNCM(モーターコントロールモジュール)制御機能を搭載しており、過充電・過放電保護に配慮しているのもポイント。 安全性が高く、安心して使い続けられるのも魅力です。 タフに使える高性能なポータブル電源を求めている方はぜひチェックしてみてください。 ジャンプスターター機能を搭載したポータブル電源。 車のバッテリーが上がってしまった時に、本製品を用いてエンジンをかけられるので、ドライブや遠出で頼りになるアイテムです。 付属のシガーケーブルを使用すれば、車内で本体の充電ができます。 400Whの大容量に加え、家庭用電力に近い正弦波を備えているのも魅力。 キャンプや車中泊で電気毛布が使用できたり、パソコンなどの精密機械を充電できたり、さまざまな用途で役立ちます。 AC・DC出力やUSBポートなど、出力端子の種類が多く、さまざまな電気製品に給電可能です。 日本の電気用品安全法に基づく「PSEマーク」やMSDS、UN38. 3認証などを取得しており、安全面にも配慮されています。 本体サイズは幅23x高さ23x奥行14cmとコンパクトなため、手軽に持ち運び可能。 キャンプやアウトドアにおすすめのアイテムです。 幅広い電子機器に対応できるポータブル電源。 シガーソケットやUSBなど5種類の端末があり、合計14口の給電ポートを搭載しています。 USB Type-Cのポートもあるので、スマートフォンやノートパソコンを素早く充電したいときにも便利です。 ACコンセントの出力波形が純正弦波仕様なのもポイント。 精密機械にも使用できます。 周波数は50Hzと60Hzの両方に対応しており、切り替えが可能。 さまざまな地域で電気製品を使用できます。 3kgと軽く、気軽に持ち運ぶことが可能です。 2種類の点灯モードがあるLEDライトも付いているため、暗所での作業に便利。 利便性と携行性の両方を備えたアイテムです。 500Whの大容量を備えたポータブル電源。 カメラマンが使用する照明機材の電源や、ドローンのバッテリー充電用などに人気のアイテムです。 また、家庭用の電力に近似した正弦波を採用しているので、計測機器などの精密機械にも使用できます。 AC出力端子やDC出力端子など、5種類の出力端子が搭載されているのもポイント。 USB出力ポートには、急速充電が可能な「Quick Charge 3. 0」の規格を採用しているため、スマートフォンやタブレットを素早く充電できます。 バッテリーには、マネージメントシステムと制御装置を内蔵。 高温・過熱・過電から蓄電池を保護するので、安全面に配慮しながら使用できます。 持ち手が付いており、持ち運びに便利です。 AC1000Wに対応しているポータブル電源。 小型冷蔵庫やノートパソコンなど、幅広い電気製品に給電できます。 バッテリー容量は1182Whの大容量。 スマートフォンなら約70回分の充電ができ、24Wのテーブルランプなら約25時間の使用ができます。 アウトドアはもちろん、災害時や停電時にも活躍するアイテムです。 USBやシガーソケットなどの多彩な出力端子を搭載しており、合計12台の端末を同時に充電できます。 スマートフォンやノートパソコンの急速充電も可能。 バッテリー残量が確認できる、便利な液晶ディスプレイを搭載しているのも魅力です。 さらに、本体の温度が高くなると冷却ファンが作動するなど、安全面にも配慮して作られています。 最大電力200Wの機器に給電できるポータブル電源。 出力ポートはAC100Vコンセント1口・シガーソケット1口・USB-A2口の計4ポートで、さまざまな設備や端末に対応できるのが魅力です。 AC100Vコンセントには純正弦波を採用しており、家庭用の100Vコンセントと同じように使えるのが特徴。 パソコンやスピーカーなどの精密機器も動かせるため、キャンプや車中泊、アウトドアシーンなどでも快適に使えます。 バッテリーの耐久性が高いのもポイント。 バッテリーマネージメントシステムを搭載しており、電圧や温度を適切に管理することで過充電や過放電を防止します。 2kgと片手で運べる重さなので携帯性も高く、災害時に備えておきたい方などにもおすすめです。 パナソニックのリチウムイオン電池を搭載したポータブル電源。 安全性や信頼性において、評価の高いアイテムです。 リチウム電池のほか、ジャンプスタート用のリチウムポリマー電池も搭載しているので、ドライブへの携行にも適しています。 入力方式は3通りで、家庭用コンセント・シガーソケット・別売りのソーラーパネルから本体の充電が可能です。 出力端子は、4つのUSBポートや、AC・DCを備えています。 電気毛布やスマートフォンなど、さまざまな電気製品に対応可能。 また、防塵・防水仕様のため、急な雨でも安心して使えます。 さらに、Bluetoothとサブウーファーを搭載しており、スピーカーとして使用できるのも魅力です。 耐久性と利便性が備わったアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

次の

【楽天市場】【7月中旬入荷予定】ポータブル電源 大容量 110000mAh / 407Wh 蓄電池 最大出力350W 日本メーカー 正弦波 FACE8 家庭用蓄電池 蓄電池 ポータブルバッテリー 家庭用 充電 コンセント コンパクト 軽量 持ち運び キャンプ アウトドア 車中泊 停電 対策 防災用品:cocorich楽天市場店

ポータブル 電源

ポータブル電源は200Whクラスの小さめのものもありますが、大は小を兼ねます。 持ち運ぶなら多いに越したことはありませんし、大容量を買っておけばいざというとき困りません。 特に車中泊やキャンプ、アウトドアでの利用を考えているなら、絶対400Wh以上の大容量がおすすめ。 まず、容量が小さめのものは使用中に充電が切れてしまったり、そもそも最大出力が足りずに使いたい電気製品が使えなかったりしますが、大容量なら小型の家電はだいたい動かせます。 また、ポータブル電源に使われている蓄電池は充電回数を重ねたり経年によりおよそ10年前後で寿命を迎えますが、その間徐々に劣化していきます。 同じ50%の劣化でも、もとの容量が200Whなら100Whまで下がってしまいますが、600Whの製品なら50%劣化した場合も300Whは取り出せる計算になります。 結果的に、大容量を買っておけば電源として役立つ期間も長くなり、容量が小さいものを何度も買い替えるよりコスパが良いといえるのです。 大容量ポータブル電源の選び方 大容量ポータブル電源を選ぶ際には、以下のチェック項目を確認しておくと安心です。 夏場に扇風機と小型冷蔵庫を一晩使用するだけでも300Wh程度は必要になるので、余裕をもって電気を使用するためには400Wh以上は欲しいところです。 対応ジャックが多い 100Vの電気製品が使えるACコンセントの他、DC12Vのシガーソケット、USBポートがあるとさまざまな製品が簡単に使えるので便利です。 基本的に、対応ジャックが多いほうが高性能であるといえます。 ソーラー充電にも対応している ポータブル電源は100Vコンセントから充電できますが、外出先で使用する場合などは充電できる場所が限られてしまいます。 コンセントがなく電源が得られないときでもソーラーパネルで充電できれば、完全にアウトドアでの稼働が可能になります。 キャンプなどではもちろん、防災グッズとしてもソーラー充電に対応しているものがおすすめです。 リチウムイオン電池を使用している ポータブル電源には「鉛蓄電池」と「リチウムイオン電池」を使用しているものがありますが、基本的には軽くて寿命の長いリチウムイオン電池がおすすめです。 正弦波タイプである 電波形は矩形波ではなく正弦波タイプを選べば電力のロスが少なく、出力も安定しているのでほとんどの家電が使用できます。 特にテレビやパソコン、ポータブル冷蔵庫などは正弦波に対応した電源を使用する必要があるので、こうした機器を使いたい場合は注意しましょう。 メーカーが信頼できる あまりに安価なものやノーブランドのものを使用していると、すぐに壊れたり、最悪の場合発火する危険性もあります。 スマホやタブレットのバッテリーが発火する事故も相次いでいるので、信頼性のあるメーカーのもの、万が一のときのためにPL保険に加入しているものなど、安心して使用できる製品を選びましょう。 第1位 第2位 第3位 電力容量 600W 電力容量 400W 電力容量 434W AC出力 300W 最大500W AC出力 300W 最大500W AC出力 120W 最大160W 価格 64,800円 価格 44,880円 価格 49,800円 1Whあたり 108. 0円 1Whあたり 112. 2円 1Whあたり 124. 0kg 重量 5. 6kg 重量 4. 2kg サイズ 19. 5cm 保証期間 24か月 保証期間 12か月 保証期間 18か月 PowerArQ(パワーアーク) 大容量のポータブル電源としてはsuaokiとAnkerがメジャーでしたが、最近登場したイチ押しがこの商品です。 蓄電容量が600Wと他より圧倒的に大きく、コスパが良い上に他の2商品より充電時間も短く、重量もsuaokiと比べて400gしか差がなくサイズもコンパクトです。 suaokiは安っぽいという不満も多いですが、こちらはルックスの良さも魅力。 倒れにくい横長のデザインなので車載やキャンプ時も安心して使用できます。 車のバッテリー上がりを直せるジャンプスターター機能が搭載されていないのが残念ですが、安全性確保のためだそうで仕方ないですね。 使い方としてはどの製品も同じような感じです。 思ったより小型で色や形も良く気に入っています。 シガーソケットから充電できないのが残念。 suaoki ポータブル電源 PowerArQが登場するまで、人気で在庫切れ続きだったのがこちらです。 対応ジャック数が3機種のなかで最も多く、ソーラーパネルからの充電も可能。 車のバッテリー上がりにも対応できて大変機能的です。 PowerArQと同じく、ソーラーパネルから充電しながらの電力使用も可能です。 見た目がやはりチャチな感じがしますが今のところ便利に使えています。 ソーラー充電も手軽にできる。 車中泊で一晩電気毛布を使ってPCを充電しても、まだまだ余裕があります。 エンジンをかけなくても快適に眠れます。

次の