退職願 退職届 書き方。 押さえておきたい!退職届・退職願の書き方や注意点

【社労士監修】退職願・退職届の正しい書き方(テンプレート・手書き版・封筒の書き方見本あり) |転職ならdoda(デューダ)

退職願 退職届 書き方

繁忙期やプロジェクトの半ばでの退職は避けたいものですが、新しい転職先の事情もありますので、充分考慮した上で設定しましょう。 また、採用が内定した段階で、新しい仕事やプロジェクトなどはなるべく引き受けないようにしていくのが賢明でしょう。 円満退職のためにも、就業規則は事前に確認しておきましょう。 退職交渉に時間が掛かりすぎると内定先の企業に迷惑をかけることになります。 事前に調べておくことで「入社日までに退職交渉が終わらない・・・」という最悪の事態を事前に防ぐことができるからです。 どんな方にも共通する確認すべき項目は以下の3つです。 「この度は一身上の都合により、退職させていただきたいと考えています。 つきましては、退職の手続きを進めさせていただけないでしょうか。 」 上記のような伝え方をすると上長も「もしかしたら、うちの会社に留まってくれるのではないか」と期待をし、部署異動や昇進の打診をされることがあります。 会社側としては能力のある人材はなんとしてでも引き止めておきたいもの。 しかし 一度辞意を表明したあなたが会社にとどまったとしても、上役からよく思われることはありません。 一度は退職を断念したものの、また別の会社に応募するというケースもあります。 考え抜いた結果の辞意ならば、初志貫徹するべきです。 「私は」などに代えても可• 」と書く• 用紙・封筒は白無地で普通サイズのもの、筆記用具は黒の万年筆かボールペンを使います。 また、退職願は必ず直接手渡しましょう。 宛て名は社長でも渡す相手は直属の上司です。 机にポンと置いたり、同僚に頼むなどは非常識です。 上司があまり忙しくない時間を見計らって提出しましょう。 退職願を提出してから、退職日が確定するまでの目安はどの位でしょうか? A. 長くても1ヶ月が目安です。 退職交渉完了から引継ぎや有給休暇取得に2週間~1ヶ月以内、内定から入社までは2ヶ月以内に収めることが一般的です。 「代わりが見つかるまでもう少し(3ヶ月程)いて欲しい」と言われてしまいました。 「転職先の入社日が〇月〇日になっています。 ご迷惑をおかけして大変申し訳ございませんが、次の環境で頑張らせてください。 」と伝えましょう。 一般的に「内定から入社まで長くて2ヶ月」と考えている企業が多いため、入社日が合わず転職先へ入社できなくなる可能性があります。 転職先を教えて欲しいと言われました。 伝えなければいけないでしょうか? A. 社名を言う必要はありません。 社名を挙げると「あの会社は悪い話ばかり聞く」等の企業批判を受けるなど、建設的な交渉とならないケースがあります。 また、伝える義務もないため、後々の個人情報の問題を考えても伝えるべきではありません。 退職したい旨を上司に伝えたところ「そんなものは認められない」と取り合ってもらえませんでした。 直属の上長に退職の意向を伝えても取り合ってもらえない場合には、その更の上の上長に退職したい旨を伝えます。 自身の上長ラインが難しい場合は、人事に直接相談することが有効な場合もあります。 目指すべきは円満退職ですから、退職を認めてもらうことを前提に退職交渉を行いましょう。 退職する旨を何度も伝えているのですが、一向に承認されません・・・。 次の会社への入社日に間に合うか不安です。 あなたがしっかりと退職の意向を伝えても一向に認めてもらえない場合、「退職届」を人事部宛に内容証明郵便にて郵送する方法があります。 ただし、 この方法は円満退職とは程遠くオススメできません。 あくまでも最終的な手段として認識し、基本的には就業規則に則って動くことを優先してください。 正社員(期間の定めのない雇用)の場合、会社の承認を得ずとも郵送してから14日後に退職となります。 ・ 上長へ辞意を伝えたあとに「退職願」を提出する• ・ 「退職届」は会社所定のフォーマットがあれば、その指示に従って提出する• ・ 用紙・封筒は白無地で普通サイズのもの、筆記用具は黒の万年筆かボールペンを使う• ・ 退職願は必ず直接上長へ手渡す• ・ 引継ぎや有給休暇の消化と合わせて、「内定から入社まで2ヶ月以内」を目指す• ・ 辞意を伝えた後に現職へ残っても良いことはない• ・ 入社まで時間がかかると入社日に間に合わなくなり、最悪内定の有効期限が過ぎてしまうことも.

次の

退職願・退職届の書き方、渡し方、封筒への入れ方(すぐ使えるダウンロードテンプレート)|マイナビ転職

退職願 退職届 書き方

退職願・退職届の書き方、渡し方にはマナーがある 退職を申し出るときには、必ず文書で退職願を作成しなければならないわけではなく、口頭で申し出ても十分であると法律で認められています。 しかし、実際には退職願を提出することがマナーとされているため、必要か不要かに関わらず、書き方のマナーは押さえておかなければなりません。 また、退職届は退職願が受け入れられ、辞めることが決まったら作成することになります。 会社によってテンプレートが用意されていることもありますが、そういったものがない場合はマナーにのっとって自分で作成しなければなりません。 辞めるとはいえ、それまで働いた会社とは、これからも何らかの縁でつながる可能性があります。 最後まできちんとした印象を残せるよう、退職願や退職届はしっかり書くようにしましょう。 退職願・退職届の正しい書き方 退職願の書き方 退職願は、手書きが基本です。 縦書きの便せんと白無地の封筒、黒のボールペンを用意しましょう。 書き損じが不安な人は、下書きに鉛筆を使っても構いませんが、最終的には必ず黒ペンで清書します。 例文は、以下の通りです。 タイトルの「退職願」は、一行目の中央に大きく書き、次の行に「私事」もしくは「私儀式」と書いてから本文を始めます。 「私事」「私儀」は、「わたくしごとながら」という意味です。 封筒には「退職願」と大きく縦書きで書きます。 裏には、部署名と氏名を書き入れましょう。 退職届の書き方 退職届も、退職願と同様、縦書きの便せんに手書きで作成します。 例文は、以下の通りです。 退職願をマスターすれば、退職届はその応用として簡単に作成できるでしょう。 封筒には、「退職届」と書き、裏に部署名都市名を書きます。 退職願・退職届の正しい渡し方 退職願の渡し方 退職願は、上司へ退職を申し出る日に、申し出とともに提出します。 退職する場合は退職希望日の1ヶ月前までに申し出ることとしている会社が大半なので、「明日辞めたい」と突然退職願を持っていっても、上司を困らせるだけです。 会社によっては、辞める2ヶ月前までに申し出なければならないこともあります。 詳しくは就業規則などを確認し、いつまでに申し出たらよいかチェックしておきましょう。 退職の相談は直属の上司にするのがベストですが、忙しいからと取り合ってもらえなかったり、何かと理由をつけて引き留められたりするかもしれません。 弱気な人ほど、ズルズルと辞めるタイミングを失ってしまうでしょう。 「これは一応預かっておくから」と、退職願を奪われたままになることもあります。 直属の上司と交渉するのが難しければ、もう一つ上の階級の上司へ相談を申し入れるのがおすすめです。 退職願のコピーを持って、「直属の上司に相談したが、取り合ってもらえない」と相談しに行きましょう。 きっと、何らかのアクションを起こしてくれます。 退職届の渡し方 退職届は、退職が受け入れられたら速やかに作成し、「本当にお世話になり、ありがとうございました」という言葉とともに、直属の上司へ渡します。 もっと上の階級の上司へ渡すことを促されるかもしれませんので、指示の通りに動きましょう。 退職願・退職届の間違った書き方 手書きで何か書類を作成するときに起こりがちなのが「書き間違い」ですよね。 日付や氏名、部署名など絶対に間違ってはいけない正式名称をはじめ、文章の中の送り仮名などもきちんと下書きをして確認した上で書くことが望ましいです。 しかし、清書と思って書いたものでミスをしてしまったときにはどうしたら良いでしょうか。 入社に伴う書類は何かときちんとしようと考える人が多い一方で、退職の際には縁の切れ目と言わんばかりに煩雑になる人がいます。 お世話になった会社を去るのであれば、最後まで誠意を持って行動することを忘れないようにしましょう。 たとえ小さなミスだとしても、必ずきれいに清書し直して提出するのが社会人として最低限のマナーです。 修正液などでごまかした書類を出しても受け取ってくれる可能性もありますが、去り際の印象としては最悪です。 退職願・退職届の間違った渡し方 社会人としての良識を持ち、書き方同様、渡し方にも気をつけたいところです。 退職する理由は必ずしもポジティブなものばかりではないケースもありますので、億劫に感じてしまう人もいるでしょう。 しかし、だからこそ去り際まできちんと対応して「あの人がやめたのは惜しかった…」と思ってもらえるような印象を与えましょう。 まず、上司を通さず郵送で人事部に送るような方法は言語道断です。 いずれ受け取るのが人事部だとしても、社会人としての最低限のマナーを最後まで守りましょう。 また、上司にお礼を言わず、「これ、お願いします。 」といった事務的な渡し方も避けたいです。 これまでどのような事があったとしても、お世話になった上司であるということを忘れず、丁寧にお礼を伝えましょう。 社会人としてマナーを覚えておこう 退職願と退職届は、円満に会社を辞めるためのツールです。 きちんとマナーを守った書き方を心がければ、晴れやかな気持ちで会社を後にすることができます。 なお、「退職願」と「辞表」は同じもののように思えますが、ハッキリとした違いがあります。 「辞表」は、取締役などの役職についている人が、役職を辞めるときに書くものです。 雇用されている会社員が提出するものではないので、注意してくださいね。

次の

退職勧奨を受け入れる場合の退職届の書き方

退職願 退職届 書き方

会社をやめるとき、必ずしも退職届を出す必要はありません。 なので、パワハラで会社を辞める際、退職届を出したくなければ出す必要はありません。 そのときには口頭で退職する意志を伝えましょう。 退職届の書面で、「パワハラのために退職する」ということを残しておくことは、後々、会社と退職金の金額や退職理由などで、トラブルが起きたときに役立ちます。 会社の用意した退職届に署名と捺印だけして提出するというのも、厳禁です。 必ず自分の手で退職届を書き、退職理由では「パワハラによる退職」であることがはっきりと分かるようにしておきたいところです。 なので、離職票の退職理由を自己都合にされないことが大切です。 退職届の退職理由には、「パワハラによる退職」と明記します。 このとき、パワハラの内容や退職に至るまでの経緯、会社の対応などもあわせて書いておきましょう。 後になって、会社が「パワハラの事実はなかった。 よって自己都合退職になるから、退職金を減額する」などと言ってきたときに、退職届に書いたことを証拠にして会社と戦うことができます。 なので、退職届はコピーし、一部は自分で保管しておきましょう。 退職届は離職票の退職理由や退職金の金額について確認してから提出 また、退職届を提出する前に、離職票の退職理由や退職金の金額について確認しておくことが大切です。 できれば、会社に退職金の金額などを書面にしてもらいましょう。 退職届はこれらの確認後、提出します。 パワハラで会社を辞める時は退職金・失業給付金のどちらが多くなるか確認する パワハラで退職するとき、会社によっては、 「自己都合退職にしたら退職金を割り増しする」や「退職届で『一身上の都合により』と書かない限り、退職届は受理しない」という対応をとられることがあります。 「自己都合退職にしたらメリットがある」という話がきたときには、あなた自身の判断で、自己都合退職とするのとパワハラとするのと、どちらが得かを考えましょう。 このとき、退職金だけでなく失業給付金についても考える必要があります。 自己都合退職にした場合、受け取れる失業給付金がパワハラで退職した場合よりも大幅に減ってしまうからです。 配達証明郵便で会社に退職届を送ることも可能 また、退職届を受理しないと言われた場合には、配達証明郵便で、会社に退職届を送りましょう。 こういった、トラブルを解決するためには、郵送という手段を使うことが有効なのです。 会社を辞める時は退職届にパワハラと明記して退職金・失業給付等の確認後に提出する パワハラで会社をやめる際の退職届についてまとめてきました。 上記のように、パワハラで退職するときは、退職届の文面で退職理由がパワハラであることを明確にしておくことが大切です。 また、退職届とあわせて、離職票の退職理由にも注意しましょう。 離職票の退職理由が自己都合退職になると、失業給付で不利益を被るからです。 会社に退職届けを提出する前に、離職票の退職理由欄と退職金・失業給付については確認する事が必要です。

次の