タケノコ メンマ。 メンマの作り方はとっても簡単♩春は『自家製メンマ』で乾杯!

「メンマ(シナチク)」の原料はタケノコ

タケノコ メンマ

あなたはメンマが割り箸に似ていると思ったことはないでしょうか。 ネット上で「メンマの原料が割り箸」というウワサが広がったことがあります。 いったいどうしてそんなことになったのでしょうか。 メンマの原料って知ってる? 割り箸メンマがウソなら、本当の原料はなんなのでしょうか。 味付けされ、瓶などに入ったメンマからは想像しずらいかもしれませんが、その原料はたけのこです。 筍といっても私たちが普段食べるものよりは、少し大きく育った物です。 そのため、見た目にも少し竹に近い状態です。 それを発酵や乾燥、味付けさせるなどの加工をしているので、色や風味、歯ごたえなどもたけのこのイメージとは大分違います。 メンマの原料が割り箸という元ネタはどこから? 「メンマの原料が割り箸」という元ネタはインターネット上で紹介されたレシピ、これはエイプリールフールのジョークでした。 割り箸を紹興酒につけ、調味料を入れて3日間煮込み、1か月冷暗所で熟成させるという嘘のレシピです。 ところが、そのレシピが本物かのようにネット上で広がってしまいました。 そんなたわいのないジョークはメンマの原産地中国にまで届くなど、原料を割り箸と信じる人が続出しました。 しかし絶対に割りばしはメンマにはなりません。 メンマの原料になる竹とは やはりメンマの原料としておすすめなのは麻竹ですが、日本で生の麻竹を手に入れることは非常に難しいです。 では、入手しやすい日本のたけのこを原料にメンマを作ることはできないのでしょうか。 スーパーや通販で購入できるたけのこの種類などもご紹介します。 その辺に生えているタケノコはどんな種類? 竹は日本でも見かけることの多い植物、小さな竹林は都会の片隅にも残っていることがあります。 私たちが見かける竹はどのような種類なのでしょうか。 これらは「孟宗竹 モウソウチク 」や「真竹 マダケ 」いう種類の竹で、もちろんメンマの原料になる麻竹とは別の種類です。 よく筍として食卓に上るのもこれらの種類です。 孟宗竹 モウソウチク たけのこを熟成・乾燥させて、絶品の自家製メンマを作ってみませんか。 少し手間はかかりますが、原料から作った自家製のメンマは香りがとても良くやみつきになる味です。 生のたけのこから自家製メンマを作ろう 麻竹は手に入りづらいので、原料は孟宗竹を使います。 育ちすぎたたけのこが丁度良い大きさです。 節の部分は固いので取り除き、輪切りにします。 鍋で1時間ほど蒸し煮にします。 普段目にする短冊の、メンマと同じようにカットします。 タケノコ1kgに対して、250gの塩を入れてよく混ぜます。 次にこのたけのこを1か月ほど発酵させます。 清潔なビニール袋に入れて空気を抜き、野菜室で保存します。 天日に干します。 天気のいい日に外に並べて、3~4日乾燥させます。 乾燥メンマを塩出し 先ほど生のたけのこを原料にして、発酵・乾燥させたメンマを塩出しします。 この状態に加工された市販品も売っているので、これを使って自分好みの味付けをしたメンマを作るのも良いでしょう。 まずは乾燥メンマを洗い表面の塩などを取り除きます。 ボールなどに水をはって乾燥メンマを入れ、よくかきまぜた後ざるにあけます。 たっぷりのお湯で塩出しします。 水の量は乾燥メンマの5倍が目安、沸騰したら火を止めてメンマを入れ1時間ほど付けておきます。 1時間したらざるにあけます。 もう一度2. と同じ工程を繰り返します。 本格的なメンマのつくり方をご紹介してきましたが、生のたけのこを原料にして発酵までするのは少し手間がかかると感じた方も多いのではないでしょうか。 スーパーでも手に入る、水煮のたけのこを原料にした炒めるだけのレシピも人気です。 調味料はたけのこ 水煮 300gに対して以下のとおりです。 ・ごま油 大さじ2 ・砂糖 大さじ1 ・創味シャンタン小さじ2 ・醤油小さじ2 ・オイスターソース大さじ2 ・ラー油少々 ・塩少々 ・七味唐辛子少々 1. 水煮のたけのこは細長く、メンマっぽい形に切ります。 ごま油をしいてたけのこを炒めます。 調味料を加え全体を混ぜ、水分が無くなるまで炒めます。 美味しいメンマを食卓に メンマの原料についてご紹介してきましたが、いかがでしたか。 「メンマの原料が割り箸」という元ネタについては、エイプリールのちょっとしたジョークでした。 見た目は割り箸によく似たメンマですが、ネット上で独り歩きした嘘のレシピです。 本当の原料は麻竹という、スーパーなどでは見かけないたけのこです。 しかも、通常日本で食べるタケノコは小さくて柔らかいうちに収穫します。 メンマの原料にするたけのこは1~2mの大きさのものを使います。 これもメンマの形がたけのこに似ていない理由のひとつです。 日本では生の麻竹は手に入りづらいのですが、孟宗竹なども原料になるので作ってみてはいかがでしょうか。 熟成・乾燥などの加工には手間も時間もかかりますが、そのぶん味も格別です。

次の

今度こそメンマを作りたい :: デイリーポータルZ

タケノコ メンマ

メンマの原材料は麻竹 マチク)らしいけど孟宗竹でもokでしょう。 メンマ作るには少し成長したものを使います。 節と節の間なら食べられるかも位の硬さです。 唐だけよりもう少し成長したものかな。 当然あまり硬くてもだめですね。 麻竹でしたら2m位成長したものです。 節をはずして節と節の間を切って使います 半割りか大きかったら4割くらいで・・そして茹でます。 茹でた竹の子を一月以上塩漬けにします。 その後天日でこれでもかというくらい干します。 するめみたいになるみたいです。 干す時は塩分抜いても抜かなくてもok。 乾燥して保存 食べる時は乾燥したものをゆでたり水にさらしたりして1週間くらいかけて戻します。 かなり時間かかります。 日本では戻したものを又塩漬けにして適当な大きさに切って売られてますよね。 水煮で売られているものはこの段階で販売されているのでは・・ 乾燥メンマは塩抜きして乾燥されたものだと思います。 乾燥から戻したものを食べやすい大きさに切って調理します。 メンマの作り方 乳酸発酵ですので塩漬けした桶にヨーグルトでもいれてみれば・・ 又はぬか床の糠でもいいかも知れませんね。 このやり方だと逆ですね。 もっと成長した方がいいでしょう。 この大門のhPも結構参考になります。 乾燥メンマの戻し方 孟宗の干したのも売っているんですねw 予断ですが塩蔵するとき塩が足らないと腐るかも・・ で、乳酸菌を発酵させるにはあまり塩分多くてもだめかも・・ かげんが難しいですね。 がんばってください。 うまくできたら分けていただきたいものです。

次の

「メンマ(シナチク)」の原料はタケノコ

タケノコ メンマ

保存方法を見てみましょう いちばん身近で簡単な方法は水に漬けて冷蔵庫で保存する方法です。 この保存法の難点は毎日水を替えなければいけないこと、保存できる日数が2、3日から長くて1週間と短いことなどです。 ほんのちょっと残ってしまった、とか、たけのこ大好きで毎日でも食べたいという人向けですね。 この他には冷凍保存。 食べる時のように切って小分けにして冷凍します。 注意したいのは、水気をよく切る事です。 固まりになってあと使う時に面倒な事になります。 瓶詰は水漬けですが、ジャムのように瓶ごと熱湯消毒します。 使う分量ぐらいに小分けするのがベターです。 あまりに大きな瓶に入れてしまうと、また残った分を保存するのに苦労します。 あと塩漬けたり干したりと、たけのこでも野菜のようにいろいろできるのだなと感心しました。 塩漬けや干したけのこは使う時に塩を抜いたり、戻したりが面倒ですが、常温で保存が効くので便利ですね。 保存の失敗!腐ったたけのこはどうなる? 食べ物が腐ると酸っぱい臭いがしたり、固さのあるものは柔らかくなり、柔らかいものは形が崩れてきます。 たけのこも例外ではなく酸っぱい臭いや味がしてきます。 ただし、乳酸菌で酸っぱくなっている場合があります。 市販のパックに入った水煮のたけのこですが、崩れていないのに酸っぱい味がある時はこの乳酸菌が原因です。 こんなときは一度茹でこぼすといいようです。 他にはイヤな臭いがしたり、赤い色が付いてきたり漬けていた水が白く濁っていたりします。 たけのこに付いている白いカビのようなものはチロシンというアミノ酸の一種です。 うまみの成分なのでこれは心配しなくて大丈夫です。 また根元の赤や紫の色はアントシアニンなので、これも心配無用です。 穂先の方がピンクになったり赤くなったりしていると要注意です。 スポンサードリンク 塩で発酵!メンマになるたけのこ! 腐敗と発酵の違いはその過程が人間にとって有益か、無益あるいは有害かで分けられます。 たけのこを発酵させるとどんないいことがあるのでしょうか。 調べてみるとメンマが出てきました。 そうか、メンマってたけのこだったんだ。 どんな種類のたけのこなんだろうと思っていました。 いつも食べているたけのこがメンマになるんですね。 と言っても放っておけばメンマになるのではないのですが、簡単にメンマを作ったり時間をかけて作ったりといろいろな方法があります。 メンマ大好き!という人は一度調べて見てください。 保存食にもなり、梅干しや干ししいたけを作るのが好きな人は必見ですよ。 まとめ メンマは苦手な食品の一つです。 ラーメンを頼んでも、メンマだけは除けて食べていました。 理由の一つに薬品臭さがあります。 同じように、薬品臭さが苦手な人もいて、手作りはやっぱりおいしいと書いていたので、できるなら挑戦してみたいな、と思いました。 梅干しができるならメンマもできるかな。

次の