コア コネクション。 よくある質問

神機共鳴コア・コネクション @ ウィキ

コア コネクション

コンピュータの通信に関する書籍はそれなりに出版されていますが、携帯通信網を説明したものはなかなかありません。 あったとしてもちょっと情報が古い場合が多い印象です。 スマホがこんなに普及した現在でも、SIMを挿したスマホがどう通信しているのか具体的に知るには少しハードルが高いと感じます。 なぜ携帯通信の本は少ないのか 理由として考えられるのは「結局のところ携帯通信会社のためのネットワークでしかない」なのかなと思います。 携帯通信は端末の移動に対応するためにいろいろな仕組みが用意されていますが、その仕組はコアネットワークで完結しているため外部への影響はありません。 そのため、コアネットワークは携帯通信会社特有のネットワークというふうに捉えられます。 そうすると、端末の移動に対応できる通信網を作りたい!という人がいない限り知る必要はそもそも無いかもしれません(作りたいという人自体そんなにいなさそう... とまぁ書きましたが、どうなってるのか気になって仕方がなかったので調べてみました。 携帯通信網(主にLTE)のコアネットワーク 携帯通信は 3G, LTE, 4G, 5G など改良が加えられており、ネットワークの構造も変化しています。 ただ、名称が変わったり、機能を別々の装置で行ったりするぐらいで、本質的な動作自体はあまり変化していないと感じました。 User Plane と Control Plane 携帯通信網のネットワークは User Plane と Control Plane に分けられます。 User Plane とはデータが実際に転送されるレイヤです。 一方で Control Plane はその User Plane を制御するための信号が流れるレイヤになります。 User Plane まず、実際のデータ(音声・画像など)が流れる User Plane ですが、LTEの場合は以下のようになります。 P-GW PDN Gateway• インターネット、携帯事業者のサービス用サーバ、音声通話のシステムなどへのインターフェイス機能を持つ• S-GW Serving Gateway• eNodeBとP-GWの間でパケットを中継する• eNodeB• 無線のアンテナを備えた基地局 P-GW は外部とのインターフェイスを司るため、端末が移動したとしてもこのポイントは基本的には変動しません。 一方で S-GW と eNodeB は端末が移動した場合には切り替えを行います。 PDNコネクション LTEでは端末の電源ONと同時にIPアドレスが付与され、さらに端末~eNodeB~S-GW~P-GWまでの間にPDNコネクション Packet Data Network と呼ばれる1本の経路を構築します。 外部からデータが送られてくる際は P-GW を目掛けて送られてきますが、そこから端末までのパケットの転送は、このPDNコネクションを伝っていくことで実現しています。 図はNTT DOCOMO テクニカルジャーナル Vol. 19 No. 1より (上から4番目は、PDNコネクションは一定時間何も通信を行わない場合、端末~eNodeB~S-GWの間だけ切断することの説明になります。 これは無線リソースの有効利用が目的です。 ) PDNコネクションの実装は• トランスペアレントアクセス• 非トランスペアレントアクセス• モバイルIP の3つの方法があるようです。 この3つのうちどれを選ぶかは、その通信事業者が決めることになります。 3G W-CDMA の場合 3G のときはまだ音声通話の回線がデータ通信と別に用意されていた経緯もあり、 LTE とは少し形が違い、機能も若干異なります。 ただ、図を見ればわかるように• GGSN Gateway GPRS Support Node• P-GW に対応• SGSN Serving GPRS Support Node• S-GW に対応• 端末との無線通信の制御を行う• eNodeB に対応 というような対応関係が見られます。 図に薄く描かれているものは音声通話の回線です。 W-CDMA 場合は PDN コネクションではなく PDP Packet Data Protocol コンテキスト と呼ばれる論理的なパス(セッション)が生成されます。 このPDPの実装方法はPDNコネクションと同様のIPベースの方法か、PPP Point to Point Protocol を用いた方法が取られるそうです。 Control Plane 移動する端末に対してどうやってデータを転送するかについての大まかな仕組みはわかりましたが、この端末の間の経路(PDNコネクション・PDPコンテキストなど)の管理を行うために、 User Plane とは別の Control Plane というネットワークが構築されています。 (冷静に考えると、通常のIPネットワークはARPやDHCPなどの制御信号と実際のデータ転送が同一ネットワークを流れていることに気が付きます。 それが当たり前だと思っていましたが、携帯通信ではネットワークを分けているみたいですね。 ) 図はNTT DOCOMO テクニカルジャーナル Vol. 19 No. 1より 実線部分が User Plane 、点線が Control Plane です。 MME Mobility Management Entity• eNodeBとS-GWの間で制御信号の送受を行う• 後述のHSSとのインターフェイスを持ち、エリア内にある端末の管理を行う• HSS Home Subscriber Server• 端末の位置情報を管理するデータベースを有する• PCRF Policy and Charging Rules Function• QoSなどの通信ポリシーやルール、課金関連の制御を司る• EPSベアラを構築する際に、そのベアラの性能はこのPCRFが管理する情報に基づいて決められる PDNコネクションを構築するときの動作• 端末の電源が入り、アタッチ要求(PDNコネクションの構築要求)を MME へ送信。 この要求に APN Access Point Name: アクセスポイント名 も含まれる。 MME は HSS のデータベースを確認し、コネクションの設定を決める• MME は APN 情報からコネクションを構築するのに適切な S-GW, P-GW を選ぶ• MME は選択した S-GW に対してコネクション設定要求を行う• 要求を受けた S-GW は、選択された P-GW に対してコネクション設定処理を実施する• P-GW は PCRF から課金情報などを取得し、コネクションの設定を決める• P-GW と S-GW の間でコネクションが構築される• S-GW は eNodeB 向けの伝達情報を MME へ通知する• 情報を受けた MME は eNodeB へ無線ベアラ(コネクションのうち、無線部分)の設定要求を行う• eNodeB と S-GW の間で無線ベアラが確立され、PDNコネクションが完成する... 長い説明になりましたが、とりあえず 端末が位置情報 APN を通知するから、その情報をもとにMMEが中心となって eNodeB, S-GW, P-GW の選択が行われてPDNコネクションができる というイメージになります。 端末が移動したときの動作 端末が移動したときの設定方法は、LTE ではどうやら2通りの方法があるみたいです。 ハンドオーバ方式• 移動先の eNodeB に予めPDNコネクションを張っておく• これはおそらく先程の説明の手順を繰り返す形だと思います• Release with Redirection• コネクションを一度切断し 3G 回線を経由してから LTE に戻る• おそらくですが、 LTE がまだ普及していない条件下では 3G に頼らざるを得ない場合があり、LTE と 3G をシームレスに切り替えるための方法としてこれがあるのだと思います。 最後に 5Gについても知りたくて論文や仕様書をざっと読んでみましたが、残念ながら理解するのに数日かかりそうだったのでやめました。 また理解できたらまとめるかもしれません。 参考文献 『モバイルシステム技術テキスト エキスパート編 第7版』モバイルコンピューティング推進コンソーシアム 『W-CDMA移動通信方式』立川敬二 『LTEを収容するコアネットワーク EPC の開発』NTT DOCOMO テクニカルジャーナル Vol. 19 No.

次の

よくある質問

コア コネクション

スカイマークが成田-サイパン直行便を就航致しております。 ホテル等でお困りのお客様は是非ご相談くださいませ。 込み合いを見せておりますお日にちもございます。 是非お早めにご連絡くださいませ。 大切なお客様へ スタッフ一同、誠心誠意でサイパンの海をお客様へご提供させて頂きます。 いつもアクアコネクションズをご愛顧いただき誠にありがとうございます。 当社アクアコネクションズでは新しいダイビングインストラクターを募集しております。 サイパンで働きたい方、経験問わず興味があります方、南国サイパンにて海の楽しさ存分に味わえます。 ご連絡をお待ちしております。 サイパンのダイビングショップ、アクアコネクションズがおおくりしておりますスタッフブログがリニューアル!ご覧になられますお客様は左のスタッフブログをクリック! 当社アクアコネクションズではサイパン島での各種ライセンス講習はもちろん、FUNダイビング!スノーケルツアーを毎日開催中。 ご参加のお客様へは器材販売店で使用できるディスカウントカードをプレゼント! SALE品以外の商品を定価よりお安く! 最新器材のダイビングコンピューター Garmin Descent Mk1からドライバッグ、サングラス等々、すべてが揃います。 マニャガハ島での体験ダイビングやスノーケルツアーはサイパンで弊社のみ、 ナイトロックス、器材販売店もサイパンで唯一当店のみ! ダイビングショップアクアコネクションズへようこそ 当店は、様々な目的でサイパンへいらっしゃるお客様に幅広い対応を可能にするため、 「サイパン島ダイビング」「ダイビング器材販売、海グッズ専門店」「マニャガハ島体験ダイビング、サシースノーケル、バブルメーカー、ボートスノーケル、ビーチスノーケル」の3店舗で展開しています。 サイパンでスタッフが一番多くサイパンを知り尽くしたベテラン日本人ダイビングインストラクター常駐で、サイパン現地ローカルスタッフと中国人スタッフ総勢14名がライセンスをお持ちのファンダイバーをはじめ、これからダイビングを始めたい方、 キレイな海で手軽にダイビングを 味わってみたい方、ビーチリゾートに来たので海で遊べる ものをお探しの方、 サイパンへいらっしゃった全てのお客様それぞれの「サイパンの楽しみ方」を幅広くサポー トをさせて頂きます! 南国サイパン島は気取らずのんびり自由自在に楽しめます。 日本から直行便で約3時間でサイパン国際空港へ。 時差は僅か1時間、旅の疲れを感じる間もなく航空機の窓から見える驚くほど綺麗なサンゴ礁に囲まれたエメラルドグリーンの海に浮かぶサイパン島に到着です。 緑豊かな大自然に囲まれたサイパンには有名リゾートのような喧騒はありません。 ただ時間がゆっくり、ゆっくり流れていきます。 主要なホテルはビーチに面しサイパン自慢の白い砂浜のビーチにすぐ出る事ができます。 ホテル前のビーチではたくさんの熱帯魚に会え、気取らずのんびり自由自在に楽しむ所、それがサイパンです。 世界有数の透明度を誇るサイパンの海ではマリンスポーツ、特にダイビングは有名です。 ダイビングで有名なサイパン、実はダイバーだけでなく誰もが簡単に世界有数の透明度を誇る海を楽しむ事ができます。 ダイビングは、こんなにも簡単!ちょっと不安に感じて諦めていませんか? 泳げないのに私にはダイビングなんてとても無理!無理!と諦めていませんか? ダイビングと泳ぎは全くの別物です。 そもそもダイビングには泳ぎに必要な息つぎがありません。 ダイビングに必要な基本的で簡単な器材の使い方をおぼえてしまえば誰でもすぐ潜ることができます。 泳いでる間はインストラクターが、あなたの近くに付いてくれていますので、ずーと安心して水中遊泳を楽しめます。 マニャガハ島で唯一「体験ダイビング」を主催しているアクアコネクションズのインストラクターは「初めてダイビングに挑戦するあなた」の心強いパートナーです。 水を怖がらない心さえあれば全く問題はありません。 想像を遥かに超える水中の世界へ、世界有数の透明度エメラルドグリーンの海へご案内します。 当社ホームページに動画掲載中、サイパンダイビング、体験ダイビング、器材販売、スタッフ紹介ページにて。 (数に限りがございますので、ご希望のお客様はご予約にてお申し付け下さい、また御予約の先着順となりますのでご了承下さい。 ) 当社アクアコネクションズではサイパン島でも体験ダイビングを開催しております。 体験ダイビング後に物足らずライセンス講習にご参加のお客様続出中。 そんなお客様へ当社にてサイパン体験ダイビング2本ご参加のお客様は OWライセンス取得がなんと50%OFF ちょっとダイビングライセンス取得が不安な方にお勧めです。 また、通常のOWライセンス取得よりもすごくお得な料金となっております。 サイパン体験ダイビングからOWライセンス取得までの所要日数3日間 まずはサイパン島にて2本の体験ダイビングにご参加頂きます($100) 2日目からのOWライセンス取得は$175(教材代別途$65) 2日目OWライセンス取得(学科、プール講習、海洋実習) 3日目OWライセンス取得(海洋実習、午後はFUNダイビングにもご参加可能) お時間のない方はOWライセンス取得を次回にという形でもご利用頂けます。 その際もOWライセンス取得は$175(教材代別途$65) 御予約の際にサイパン島での体験ダイビング2本希望とお申し込みください。 WEBからご予約されましたお客様のみのキャンペーンとなります。 ミクロネシア最大の器材販売店! サイパン主要ホテルからすぐのガラパンコメットセンター(カプリチョーザ、トニーローマビル)内にある好立地で 日本でお買い求め頂けます器材も、日本で買うより当店でお求め頂いた方が安い物も多数あり、海外でしか手に入らない貴重な器材も取り揃えております。 アクアコネクションズは人気のある「SCUBA-PRO」正規ディーラーで、GULLやTUSA、MARES、ATOMICなど有名ブランドを中心に、 マスクからBCD,レギュレーター、ウェットスーツまで豊富な品揃えでその場でダイビング器材一式を揃える事が出来ます。 また、ダイビング以外のアクセサリーやマリングッズ、海やプールで遊べるおもちゃなども多数、お子様向けの自転車STRIDERもご用意しておりますので、 ダイバー以外の方も是非一度足を運んでみてください。 店内ところ狭しと展示された多数のGoodsは見ているだけでも南国気分を味わえ楽しいとお客様に大好評です。 器材販売ページにありますお店の写真下にてサイパンのガラパンにありますダイビング器材ショップを動画掲載中! ・言語 サイパンの公用語は「英語」「チャモロ語」「カロリニアン語」 英語が苦手な方もご安心ください。 経済を支えているのが観光業のため、ホテル・飲食店・観光施設には日本語が話せるスタッフが常駐しているところが多く、ほとんどの飲食店では日本語メニューが用意されています。 ・通貨 基本通貨はUS$、クレジットカードも使用できます。 ) ・時差 日本との時差は一時間です。 サイパンの方が日本より1時間早いです。 1時間程度なので時差を感じる事はほとんどありません。 ・飲み物 サイパンの水道水は飲めません。 ホテルや飲食店の水道水も飲んではいけません。 ホテルの中のショップや近くのスーパーマーケットなどで飲み水(飲料)を購入してホテルの部屋の冷蔵庫に入れておいてください。 雨季は7月~11月で日本の夏によくある台風はサイパン付近で発生したものが日本の方向に向かって北上します。 南の島特有のスコールは雨季の時期でも数回降るため現地で生活する人はほとんどが傘を持っていません。 ・日差しにご注意 日焼け、日射病、熱射病になる方もというぐらいの日差しの強さです。 日焼けしたくない方は日焼け止めを必ずご用意してください。 日本では売っていない強い日焼け止めもサイパンのお店には置いてあります。 ・古くから伝わるローカルフード・フルーツ イモの様な味、食感のブレッドフルーツ、バナナ(種類が多いです、そのまま食べる日本でおなじみの小さめモンキーバナナ)ヤシノミ(古いものは落ちて地に根付く、その際に皮を剥くとなんと中にはココナッツウォーターになる前の白い実が現地の子供たちのおやつが取れます。 )マウンテンアップル(味はリンゴ、食感はさくさく)ローカルマンゴー(シーズン5月頃から6月末頃まで)など、日本ではほとんど流通していないフードやフルーツがたくさんありますので、ぜひお店でご賞味ください。 最高に輝く素敵なお客様から頂きましたお客様の声をご紹介します。

次の

神機共鳴コア・コネクション:暗躍のナブラ レビュー評価など3件|ボードゲーム情報

コア コネクション

コンピュータの通信に関する書籍はそれなりに出版されていますが、携帯通信網を説明したものはなかなかありません。 あったとしてもちょっと情報が古い場合が多い印象です。 スマホがこんなに普及した現在でも、SIMを挿したスマホがどう通信しているのか具体的に知るには少しハードルが高いと感じます。 なぜ携帯通信の本は少ないのか 理由として考えられるのは「結局のところ携帯通信会社のためのネットワークでしかない」なのかなと思います。 携帯通信は端末の移動に対応するためにいろいろな仕組みが用意されていますが、その仕組はコアネットワークで完結しているため外部への影響はありません。 そのため、コアネットワークは携帯通信会社特有のネットワークというふうに捉えられます。 そうすると、端末の移動に対応できる通信網を作りたい!という人がいない限り知る必要はそもそも無いかもしれません(作りたいという人自体そんなにいなさそう... とまぁ書きましたが、どうなってるのか気になって仕方がなかったので調べてみました。 携帯通信網(主にLTE)のコアネットワーク 携帯通信は 3G, LTE, 4G, 5G など改良が加えられており、ネットワークの構造も変化しています。 ただ、名称が変わったり、機能を別々の装置で行ったりするぐらいで、本質的な動作自体はあまり変化していないと感じました。 User Plane と Control Plane 携帯通信網のネットワークは User Plane と Control Plane に分けられます。 User Plane とはデータが実際に転送されるレイヤです。 一方で Control Plane はその User Plane を制御するための信号が流れるレイヤになります。 User Plane まず、実際のデータ(音声・画像など)が流れる User Plane ですが、LTEの場合は以下のようになります。 P-GW PDN Gateway• インターネット、携帯事業者のサービス用サーバ、音声通話のシステムなどへのインターフェイス機能を持つ• S-GW Serving Gateway• eNodeBとP-GWの間でパケットを中継する• eNodeB• 無線のアンテナを備えた基地局 P-GW は外部とのインターフェイスを司るため、端末が移動したとしてもこのポイントは基本的には変動しません。 一方で S-GW と eNodeB は端末が移動した場合には切り替えを行います。 PDNコネクション LTEでは端末の電源ONと同時にIPアドレスが付与され、さらに端末~eNodeB~S-GW~P-GWまでの間にPDNコネクション Packet Data Network と呼ばれる1本の経路を構築します。 外部からデータが送られてくる際は P-GW を目掛けて送られてきますが、そこから端末までのパケットの転送は、このPDNコネクションを伝っていくことで実現しています。 図はNTT DOCOMO テクニカルジャーナル Vol. 19 No. 1より (上から4番目は、PDNコネクションは一定時間何も通信を行わない場合、端末~eNodeB~S-GWの間だけ切断することの説明になります。 これは無線リソースの有効利用が目的です。 ) PDNコネクションの実装は• トランスペアレントアクセス• 非トランスペアレントアクセス• モバイルIP の3つの方法があるようです。 この3つのうちどれを選ぶかは、その通信事業者が決めることになります。 3G W-CDMA の場合 3G のときはまだ音声通話の回線がデータ通信と別に用意されていた経緯もあり、 LTE とは少し形が違い、機能も若干異なります。 ただ、図を見ればわかるように• GGSN Gateway GPRS Support Node• P-GW に対応• SGSN Serving GPRS Support Node• S-GW に対応• 端末との無線通信の制御を行う• eNodeB に対応 というような対応関係が見られます。 図に薄く描かれているものは音声通話の回線です。 W-CDMA 場合は PDN コネクションではなく PDP Packet Data Protocol コンテキスト と呼ばれる論理的なパス(セッション)が生成されます。 このPDPの実装方法はPDNコネクションと同様のIPベースの方法か、PPP Point to Point Protocol を用いた方法が取られるそうです。 Control Plane 移動する端末に対してどうやってデータを転送するかについての大まかな仕組みはわかりましたが、この端末の間の経路(PDNコネクション・PDPコンテキストなど)の管理を行うために、 User Plane とは別の Control Plane というネットワークが構築されています。 (冷静に考えると、通常のIPネットワークはARPやDHCPなどの制御信号と実際のデータ転送が同一ネットワークを流れていることに気が付きます。 それが当たり前だと思っていましたが、携帯通信ではネットワークを分けているみたいですね。 ) 図はNTT DOCOMO テクニカルジャーナル Vol. 19 No. 1より 実線部分が User Plane 、点線が Control Plane です。 MME Mobility Management Entity• eNodeBとS-GWの間で制御信号の送受を行う• 後述のHSSとのインターフェイスを持ち、エリア内にある端末の管理を行う• HSS Home Subscriber Server• 端末の位置情報を管理するデータベースを有する• PCRF Policy and Charging Rules Function• QoSなどの通信ポリシーやルール、課金関連の制御を司る• EPSベアラを構築する際に、そのベアラの性能はこのPCRFが管理する情報に基づいて決められる PDNコネクションを構築するときの動作• 端末の電源が入り、アタッチ要求(PDNコネクションの構築要求)を MME へ送信。 この要求に APN Access Point Name: アクセスポイント名 も含まれる。 MME は HSS のデータベースを確認し、コネクションの設定を決める• MME は APN 情報からコネクションを構築するのに適切な S-GW, P-GW を選ぶ• MME は選択した S-GW に対してコネクション設定要求を行う• 要求を受けた S-GW は、選択された P-GW に対してコネクション設定処理を実施する• P-GW は PCRF から課金情報などを取得し、コネクションの設定を決める• P-GW と S-GW の間でコネクションが構築される• S-GW は eNodeB 向けの伝達情報を MME へ通知する• 情報を受けた MME は eNodeB へ無線ベアラ(コネクションのうち、無線部分)の設定要求を行う• eNodeB と S-GW の間で無線ベアラが確立され、PDNコネクションが完成する... 長い説明になりましたが、とりあえず 端末が位置情報 APN を通知するから、その情報をもとにMMEが中心となって eNodeB, S-GW, P-GW の選択が行われてPDNコネクションができる というイメージになります。 端末が移動したときの動作 端末が移動したときの設定方法は、LTE ではどうやら2通りの方法があるみたいです。 ハンドオーバ方式• 移動先の eNodeB に予めPDNコネクションを張っておく• これはおそらく先程の説明の手順を繰り返す形だと思います• Release with Redirection• コネクションを一度切断し 3G 回線を経由してから LTE に戻る• おそらくですが、 LTE がまだ普及していない条件下では 3G に頼らざるを得ない場合があり、LTE と 3G をシームレスに切り替えるための方法としてこれがあるのだと思います。 最後に 5Gについても知りたくて論文や仕様書をざっと読んでみましたが、残念ながら理解するのに数日かかりそうだったのでやめました。 また理解できたらまとめるかもしれません。 参考文献 『モバイルシステム技術テキスト エキスパート編 第7版』モバイルコンピューティング推進コンソーシアム 『W-CDMA移動通信方式』立川敬二 『LTEを収容するコアネットワーク EPC の開発』NTT DOCOMO テクニカルジャーナル Vol. 19 No.

次の