かんたん データ コピー。 ガラケーからスマホへのデータ移行を徹底解説! やってみると意外に簡単

PDFページから文字や画像をコピーする方法まとめ

かんたん データ コピー

元のスマホのモバイル回線、またはWi-Fiが利用できる場合、パソコンがなくてもクラウドサービスを使って移すことができます。 クラウドを使ったバックアップは、との2つがあります。 枚数がさほど多くない場合は手動で、多い場合は自動でという使い分けもできます。 また、モバイル回線やWi-Fiが使えない場合は、ことが可能です。 なお、通信事業者のバックアップサービスやバックアップ専用アプリで移行する方法もあります。 これについては、「」を参照してください。 まず最初に、手動でクラウドサービスにバックアップする方法を説明します。 「Googleフォト」についてはしてください。 パソコン経由での移行方法は、「」を参照してください。 クラウドサービスを利用して写真や動画を移そう 「Googleフォト」は、Googleが無料・容量無制限で提供する、写真・動画専用のクラウドサービスです。 使い方は簡単。 まず、Googleフォルダーから「Googleフォト」を起動します。 ない場合は、・インストールして起動します。 あとは、バックアップと同期の設定を確認して「完了」をタップするだけです。 あとは、新しいスマホで「Googleフォト」を起動すれば、バックアップした写真や動画を閲覧したり、ダウンロードしたりできます。 Googleフォトの写真をスマホに保存するには、写真のサムネイルをタップして表示し、メニューから「端末に保存」をタップします。 なお、スマホ内に写真が保存されているのにGoogleフォトにアップロードされない場合は、フォルダーがバックアップの対象になっているかを確認しましょう。 詳しい使い方などは、を参照してください。 それ以上の元のサイズで保存したい場合は、15GB以上は有料になります。 microSDカードにコピーする場合は、あらかじめコピー先にフォルダーを新規に作成しておいてください。 フォルダー名は「Pictures」や「Photo」などわかりやすい名前にしましょう。 画面例では、元のスマホの内部共有ストレージの「DCIM」フォルダーにある写真をデスクトップの「バックアップ」フォルダーにコピーし、デスクトップの「バックアップ」フォルダーから新しいスマホの内部共有ストレージにある「Pictures」フォルダーにコピーしています。

次の

【すぐわかる!】『電話帳かんたんコピー』

かんたん データ コピー

PDFファイルの中身をコピーしたい時、直接コピーできる時とできない時があります。 できるときとはそのまま簡単に解決できますが、できない時はどうしたらいいでしょう。 この記事はそのやり方を説明します。 一、PDF から文字や画像をコピーする PDFの作成者がコンテンツのコピーを禁止していない限り、Acrobat Reader DCなど で文字や画像を簡単にコピーすることができます。 先ずはPDFのコンテンツについてコピー権限を確認してください。 文書を右クリックして 「文書のプロパティ」をクリックします。 「セキュリティ」タブで 「文書に関する制限の概要」を確認できます。 PDFでコンテンツのコピーが許可されていることを確認した後、下記の手順に従って文字と画像をコピーしましょう。 PDFの文字や画像をコピーしたい場合 ステップ1. Acrobat ReaderやAdobe Reader などのリーダーアプリでPDFファイルを開きます。 ステップ2. Acrobat Reader DCの場合:画面上部にある 「文書」で右クリックし、表示されたメニューから 「選択ツール」という項目を選択します。 Adobe Reader XIの場合:ツールバーから 「選択ツール」を選択します。 または、上部のメニューから 「表示」>「表示切り替え」>「ツールバー項目」>「選択とズーム」>「選択ツール」の順にクリックすることで選択ツールを表示します。 ステップ3. 表示されたマウスアイコン(テキストと画像の選択ツール)をクリックし、コピーしたい文字或いは画像(画像の一部だけをコピーすることも可能)をドラッグして赤枠で囲みます。 画像すべてをコピーしたい場合は、画像をクリックして選択してください。 ステップ4. コピーした文字や画像を他の場所に貼り付けることができます。 PDFの文字と画像を一度に選択してコピーする Acrobat ReaderやAdobe Readerアプリで 「スナップショットツール」を利用してPDFの文字と画像を一度に選択してコピーすることも可能です。 PDFページ上部のメニューバーにあるカメラアイコンをクリックし、コピーしたい文字と画像を同時にドラッグします。 「選択した領域がコピーされました」というポップアップの右下にある 「OK」ボタンをクリックし、文字と画像を他の場所に貼り付けます。 PDF ページで 「Esc 」キーを押しすれば、スナップショットモードを終了できます。 二、オンラインPDF変換ツールを利用する 上記の方法でコピーが許可されているPDFファイルから文字と画像をコピーすることができますが、コピーが許可されていない場合はどうしましょうか?実は、オンラインPDF変換ツールを利用してPDFファイルをWordファイルなどに変換したら、文字をコピーすることが可能になります。 ここでお勧めしたいのは 「」というオンラインPDF変換サイトです。 「EasePDF」を使って、PDFファイルから中身の文字をコピーするには、まずホームページからPDFからwordファイルに変換できる機能を選んでクリックしてください。 次に表示された画面に、標的なPDFファイルを追加してください。 アップロードされたPDFファイルは自動的に変換されます。 最後に変換されたwordファイルをダウンロードすることを忘れないでください。 簡単の3ステップでPDFファイルをwordに変換した後、wordファイルから自由に文字をコピーすることが可能です。 三、コピーしたPDF文字がおかしい、または重複してしまうエラーの解決法 PDFファイルの文字をコピーとペーストする際、エラーが発生し、ペーストした文字列が重複しておかしくなる場合があります。 それに対して、 「アクセシビリティ用のドキュメント構造タグ」設定を確認してください。 自作のPDFファイルの場合 自作のPDFファイルの場合は、ファイルを再作成することが簡単です。 WORDファイルをPDFファイルに変換する場合は、 「ファイル」>「名前を付けて保存」の順に選択してください。 「オプション」ウィンドウが出てきて、 「アクセシビリティ用の構造タグ」の横にあるチェックマークを外した後、右下の 「OK」ボタンをクリックします。 こうすると、文字重複エラーを回避してPDFから文字をコピーすることができます。 他人の作成したPDFファイルの場合 もし、文字をコピーしたいPDFファイルが自作ではなく、他人が作成した場合は、 「Chrome クローム 」などのブラウザでPDFファイルを開き、そこからコピーすればよいです。 下記はChromeを例にして具体的な手順を解説します。 Google Chromeなどのブラウザを起動し、PDFファイルをブラウザの画面にドラッグすると、PDFページのコンテンツがブラウザの画面に表示されます。 そこから文字をコピーして別の場所に貼り付けてください。 ちなみに、コピー保護されているPDFファイルもブラウザで開くことで文字をコピーできます。 しかし、ブラウザではスナップショットツールを利用できないので、PDF の領域をコピーできません。 まとめ 一般的に、PDFから文字をコピーすることができますが、保護がかかっているPDFファイルの場合は無理です。 こういう時、PDF変換ソフトを利用してPDFファイルをWORDなどのフォーマットに変換した後、文字をコピーすることができます。 または、Chromeなどのブラウザで保護されているPDFファイルを開くと、文字をコピーすることが可能になります。 それに、ブラウザでPDFファイルを閲覧してコピーすることが文字重複エラーを回避できます。

次の

‎「ドコモデータコピー」をApp Storeで

かんたん データ コピー

Android TM OS 6. 0以上の機種は非対応となります。 注意事項• アプリケーションは、最新バージョンにてご利用ください。 2018年6月下旬以降、最新バージョンアプリ以外ではデータ移行ができない場合があります。 ご利用の機種やOSにより、アプリ名と搭載機能が異なります。 詳しくは、をご確認ください。 著作権保護が設定されているデータなどは、取扱えない場合があります。 ご利用の機種やOS、アプリのバージョンなどにより、取扱い項目が異なります。 iPhone・iPadの設定でiCloudなどのクラウドサービスと同期する設定になっていると、データ移行機能が利用できない場合があります。 危険サイト対策機能を無効に設定の上、実施してください。 バックアップできるメールは、ドコモメール(ローカル)/spモードメールのみとなります。 また、ドコモメールでバックアップできるのはローカルメールのみです。 プライバシーモードをオンにして非表示となっているデータにつきましては、バックアップおよび移行の対象外となります。 復元方法として上書きを選択した場合、該当項目の携帯電話(ケータイ)内データをすべて削除した後に、バックアップデータの復元を行います。 復元前に登録されていた情報はすべて失われますのでご注意ください。 spモードメールを上書きで復元する場合は、保護されたメールも削除されますのでご注意ください。 iPhone・iPadをご購入のお客さまへ• 詳細情報•

次の