潮時 意味。 【必見】覚えておきたい!!潮時表の読み方

そろそろ潮時だね…の「潮時」ってどんなタイミングのこと? 答えられたら常識人!

潮時 意味

Q 「大切」と「重要」の違いを教えてください。 辞書には、「大切」…重要であるさま。 「重要」…物の根本にかかわっていること。 非常に大事で大切なこと。 とありました。 私の考えでは、「大切」…心情的、心理的になくてはならないもの。 「重要」…文字の通り「要「である。 物理的に欠けては困る要のもの。 と理解していますが、どうでしょうか? 例えば、 1)私にとって大切な手紙です。 ・・・恋人や家族からの大事な手紙で心のよりどころとしている大事な手紙。 2)私にとって重要な手紙です。 ・・・ある物事を遂行する為この手紙が大切な役割を果たすため、無くてはならない大事なもの。 どなたか、教えてください。 よろしくお願いします。 A ベストアンサー こんにちは。 >>> 私の考えでは、「大切」…心情的、心理的になくてはならないもの。 「重要」…文字の通り「要「である。 物理的に欠けては困る要のもの。 と理解していますが、どうでしょうか? とてもよい説明だと思います。 辞書の説明よりも断然良いかも。 以下の例からも、明らかです。 私にとって大切な思い出です。 私にとって重要な思い出です。 とある国語学者のサイトに、以下のような記述がありました。 (引用開始) 現代の日本語の表記は、概念や内容を表す部分(=活用語の語幹・自立語)を漢字で書き、文の中での働きを表す部分(=助詞・助動詞など。 接続詞も?)を平仮名書きするのが大体の傾向である。 だから、書かれた文は「漢字ではじまり、平仮名で終わる」という目印を手掛かりに、より小さい単位に分けて認識されることになる。 私たちは、その単位を(半ば以上、無意識のうちに)認識しながら読み進めている。 (引用終了) 漢字ではじまり平仮名で終わる表記が、日本語として読みやすいということのようです。 gifu-u. htm 4.

次の

「潮時」が来たら「終わり」なのか。

潮時 意味

スポンサーリンク いきなりですが問題です。 「このビジネス、そろそろ潮時かな。 」とあなたの友人が言いました。 この「潮時」と言う言葉は正しくは、どういう意味で使われているのでしょうか。 潮時(しおどき)と言うくらいだから海に関係していることを言っているのか。 あきらめるタイミングのことなのか。 あるいはまったく別の意味なのか。 正解は今回の文章の中にあります。 探してみてくださいね。 実は「潮時」という言葉はけっこう間違った意味で使われているんですよ。 今回は、この「潮時」の意味はもちろん、類語や誤用を紹介しています。 さらに「潮時」の語源や「潮時」の使い方も述べています。 今回の記事を読めば「潮時」という言葉が正しくはどういう意味なのかわかりますよ。 スポンサーリンク 誤用 「潮時」はけっこう誤用されているんです。 はじめに、いきなり問題を出しましたが答えはわかりましたか。 始めに問題で出した「このビジネス、そろそろ潮時かな。 」の意味。 本来の意味は「このビジネスをスタートする良いタイミングだ。 」 または「このビジネスを辞めるには良いチャンスだ。 」 という意味になります。 しかし、「このビジネスはもう辞めないとダメだな。 」「このビジネスにはもうチャンスは無いな。 」 なんてマイナスな意味誤用されることが多いんです。 「潮時」をマイナスな意味で使うのは誤用です。 なので、「潮時」はプラスな意味で使われるのが正解です。 「潮時」はラッキーワードなんですよ。 「潮時」の誤用を理解して、運が良くなる言葉として使ってくださいね。 類語 「潮時」は好機という意味が根底にあります。 なので「潮時」の類語は 「潮時」の類語• 勝負どころ• 頃合い• 千載一遇• 頃合い• 機が熟す• 時期 このようにプラスな意味の言葉が「潮時」の類語になります。 つまり、マイナスな意味の言葉は「潮時」の類語にはなりえません。 潮時の語源 「潮時」はもともと、潮の満ちる時(満潮)、潮の引くとき(干潮)のことを言いました。 潮の満ち引きのタイミングは海の恵みを得るためには絶対に知っておかなければなりません。 たとえば、満潮のときに潮干狩り(しおひがり)はできません。 潮干狩りを楽しむためには潮の満ち引きのタイミングを知っておく必要があります。 また、漁師は潮の流れや潮の満ち引きを考えて漁に出るタイミングをつかむ必要があります。 潮のことを知っていないと大漁のチャンスを得ることはできません。 おまけに、漁を終わりにするタイミングもつかむ必要があります。 漁を終わりにするタイミングを知っておかないと無駄な作業になってしまうからです。 つまり「潮時」を知っていないと漁で生計を立てることができなかったんです。 そこから転じて、何かを始めたり終えたりするときに、好いタイミング、チャンス(好機)のこと。 そのことを「潮時」と言うようになったのです。 「潮時」は決断するチャンス到来のときにこそ使う言葉になっていったのです。 潮時の使い方 では、「潮時」をラッキーワードとして使えるように「潮時」の使い方の例文を紹介します。 潮時の使い方の例文• 今こそ起業の潮時だ• 利益を損なわないように事業を縮小する潮時のとき• 誰も手をつけようとしない今が潮時だ• 今こそ事業拡大の潮時だ• 潮時を見計らう• またとない潮時• ちょうど今が潮時• 潮時を外さないように注意• 退くにはまたとない潮時 前進も後退もマイナスな意味ではなく、プラスの意味で「潮時」を使用します。 なぜなら「潮時」はまたとない好機のことなんですから。 まとめ マイナスの意味で使われることが多い「潮時」。 本当は「潮時」にマイナスな意味はありません。 「今こそ絶好のチャンス、タイミングだ!」という意味が本当の「潮時」の意味です。 なぜなら、「潮時」はもともと漁師が漁に出る絶好のタイミングや帰港する絶好のタイミング。 それらを計るために潮の干満を知っておく必要があり、その潮の干満ことを「潮時」と言ったのです。 行くも退くも共に、「今がそのチャンス、タイミング!」という時が「潮時」のことだからです。 人はプラス思考よりマイナス思考のほうが楽なんです。 たとえば考え方をマイナス思考から脱却するノウハウ本はそれこそ無数にありますよね。 人はマイナス思考でいるほうが楽な証拠がそこに有ります。 それでせっかくラッキーワードとして生まれた「潮時」という言葉も、時間とともにマイナスな意味で使われるようになりました。 「潮時」はあなたが人生で成功するために必要なチャンス。 そのチャンスをつかみ取るタイミングを教えてくれる言葉です。 この文章を読んでいただいた今こそ、あなたの人生の「潮時」です。 「潮時」はあなたを成功に導いてくれる言葉だから。

次の

そろそろ潮時だね…の「潮時」ってどんなタイミングのこと? 答えられたら常識人!

潮時 意味

公開日: 2018. 05 更新日: 2018. 05 誤用が多い「潮時」の本来の意味と使い方、「引き際」との違い 「潮時」という言葉をご存知でしょうか。 釣りや潮干狩りを趣味としている人は聞き覚えがありますよね。 「潮時」は日常会話でも、「そろそろ潮時だ」「物事の潮時」などと使います。 よく使われている言葉ですが、「潮時」は誤用されることが多い表現の一つです。 ほとんどの人が間違った意味で使ってしまっています。 では、「潮時」は本来どのような意味を表しているのでしょうか。 どのような使い方をするのか。 疑問に思います。 そこで今回は「潮時」の意味や正しい使い方、類語、対義語について解説していきます。 「潮時」を適切に覚えて、上手く使えるようにしましょう! 「潮時」の正しい意味 「潮時」は「 しおどき」と読みます。 「潮」は音読みだと「チョウ」、訓読みだと「しお・うしお」と読みます。 「潮」は「海水の干満。 海水の流れ。 しお」を意味します。 「時」は音読みだと「ジ」、訓読みだと「とき」と読みます。 「時」は「月日の移りかわり。 その間の一点。 とき」を意味します。 「潮時」の意味は、 1. 潮の満ち引きが発生する時間帯 2. 物事を開始したりやめたりするのに一番よいタイミング の2になります。 1の意味では「潮水の差し引きする時刻。 潮が満ちたり引いたりするとき」を表します。 「潮時に合った釣り」「満潮の潮時にかかる」などと言います。 2の意味では「ある事をするための、ちょうど良い時期。 好機」を表します。 『ちょうど今が絶好のチャンスだ!』『絶妙なタイミングだ!』というニュアンスになります。 誤用に注意!「潮時」の正しい使い方と例文 多くの人が「潮時」を 「本位ではないが物事をやめるべきタイミング」という意味で誤用しています。 「潮時」は「物事をやめるとき」にも使うことはできますが、あくまでも「良いタイミング」というニュアンスです。 本来「潮時」にはネガティブな意味合いはありません。 ポジティブな意味でのみ使います。 いくつか例を挙げて説明しましょう。 「この事業は潮時かな」といった場合、「事業を始めるには良い機会」または「辞めるには良い機会」の2つの意味になります。 どちらの意味にせよ、ポジティブなニュアンスになります。 他の例では、「潮時」はスポーツ選手が引退するときなどに聞くことが多いと思います。 「私はプロの選手としてそろそろ潮時だと思う」などと聞きますよね。 これは「引退するのにちょうど良い機会」という意味になります。 「引退」と言葉がマイナスな意味合いがあるため、「本当は引退したくないが、引退しなければならない時期」という意味で解釈してしまう人がいるのが、誤解・誤用されている原因になります。 恋愛においても「恋愛関係の潮時」「カップルの潮時」などと言います。 このように言うこと自体は可能です。 「カップルの潮時」と言った場合は「別れるのに良い時期だ」というのが本来の意味です。 上記の例でも同じですが、「別れる」という言葉自体がマイナスなイメージがあるので、「本当は別れたくないけど別れないといけない時期だ」と誤解・誤用されています。 「潮時」は「良いタイミング」という意味なので、本来は「結婚の潮時を待つ」などと婚約や結婚に絶好の時期という意味で使うことができます。 言い回しとしては、 ・潮時を見る ・潮時を待つ ・潮時を見計らう ・そろそろ潮時だ ・またとない潮時 などとなります。 例文 ・仕事も安定したきたし、そろそろ結婚の潮時を見計らう。 ・どんなに小さなことであっても、物事には潮時というものがある。 ・今日はとても良い天気なので、遠足するには潮時だ。 ・ちょうど今こそが、新しい趣味を始めるまたとない潮時だろう。 ・誰も手をつけてはいない、今が物事を進める潮時だ。 ・大事なことを進めるときは、潮時を間違えないように注意しないと。 ・長い時間迷っていても仕方がない、潮時だと思ってやってしまおう! ・潮時がきたら、私の方からみんなに話したいと思うよ。 ・出発するには、人通りも少なくちょうど良い潮時だろう。 ・子供も大きくなったし、そろそろ仕事を始める潮時なのかもしれない。 ・後輩も順調に育ってきているし、引退する潮時が段々と近づいてきた。 ・お金も人も集まってきたので、今が新しいお店をオープンする潮時だ。 「潮時」の語源 元々「潮時」は「潮が満ちたり引いたりするとき」を意味していました。 潮が満ちている時が一番漁に出るタイミングとして完璧なことから、「潮時」=「物事をはじめるのに最適な時間」という意味で広く使われるようになりました。 潮が段々と満ちていくことが「上げ潮」で、止まってからは「引き潮」となります。 上がっては下がるということを繰り返しますが、その瞬間を「潮時」と言います。 潮の満ち引きのタイミングを知っておくと、潮干狩りを楽しむことができます。 漁師も、満ち引きの絶好の時機を知っておかないと、大漁のチャンスを得ることができません。 このように、昔は満ち引きのタイミングを知らないと漁による生計を立てられなかったのです。 「潮時」は漁師の間でよく使われている言葉でしたが、最近では一般的に使われています。 「潮時」の類語は「チャンス」や「好機」 「チャンス」は 「機会。 あることをするのに絶好の時期」を意味します。 「好機」は 「良い機会。 またとない良い折り」を意味します。 『今がチャンス!』『一生に一度の好機が到来!』などと言いますよね。 「チャンス」や「好機」以外にも類語があるので紹介します。 到来 (意味:機運などの向いてくること。 こちらへやってくること) 「ついに計画を実行するチャンスが到来した」 転機 (意味:他の状態や状況にかわる機会。 転換の時機) 「人生の転機を迎える」 勝負どころ (意味:勝利への展開をもたらす重要な局面) 「うっかりしていたら勝負どころを逸するよ」 頃合い (意味:適当な時機。 好機) 「頃合いを見計らって席を外す」 時機 (意味:適当な機会。 ちょうど良いとき) 「時機を伺って、行動に移そう」 折り (意味:機会。 その際。 場合) 「折を見て、出掛けることにしよう」 千載一遇<せんざいいちぐう> (意味:千年に一回しかあえないようなめったにないこと) 「もしかしてこれは千載一遇のチャンスでは」 旬 (意味:物事を行うのに適した時期) 「物事を始めるには今が旬だろう」 「潮時」の対義語は「引き際」や「やめ時」 「引き際」は 「引きしりぞく時。 特に、現在ついている地位から身を引くとき」です。 「やめ時」は 「物事を終わらせるのに適した時期のこと」です。 「引き際が肝心だ」「もうそろそろやめ時だろう」などと使います。 「引き際」や「やめ時」は「潮時」と違い、『もう終わりだろう』『やめるときだ』と物事の終わりの時期を表す時に使います。 「引き際」や「やめ時」以外にも、「物事の終わり」を意味する言葉があるので紹介します。 退きどき (意味:身を引くのに適しているとき) 「もう自分は退きどきだろう」 往生際<おうじょうぎわ> (意味:死に際。 ギリギリのところまで追い詰められたとき) 「君は本当に往生際が悪いよ」 はなれ際 (意味:はなれるときが適していること) 「衰えてきたし、そろそろはなれ際だろう」.

次の