さつまいも ダイエット レシピ。 さつまいもダイエットの効果は?2週間で痩せた冷やし焼きいもレシピ紹介!

さつまいものレシピ

さつまいも ダイエット レシピ

pc-ad-article-content-top [ mb0 ] さつまいもダイエットとは? ご飯やパンなど普段の食事で主食とされている炭水化物をさつまいもに置き換え、減量を図る方法が「さつまいもダイエット」です。 さつまいもは「いも類」として野菜の一種とされていますが、炭水化物として扱われています。 ご飯やパンなど同じ炭水化物と分類される食材の中でも栄養価が高く、少量でも満腹感が得られるといわれています。 また減量効果の他に、健康・美容効果も期待できる、非常に優秀な食材なのです。 このさつまいもダイエットは、芸能人の間でも実践されているダイエット法として知られています。 たとえば、デヴィ夫人はあるTV番組の企画でさつまいもダイエットを実践し、1ヶ月半で約10キロ減量したといわれています。 また、このさつまいもダイエットは、韓国では日本より人気で、芸能人の間でも取り組んでいる人が多く、成功率が高いダイエット法として話題のようです。 pc-ad-article-content-1 [ ad-cetner ] さつまいもダイエットの魅力・効果とは? 「主食を置き換える食材なんて、さつまいも以外でもいいのでは?」と思うかもしれませんね。 そこでここでは、なぜさつまいもを主食代わりにするのかを解説し、さつまいもダイエットの魅力・効果について紹介していきます。 さつまいもはダイエット向きな低GI・低カロリー さつまいもは、低GI食材でありダイエットに適しているとされています。 「GI値」とは、食べ物を摂取した後にその食べ物から得られた糖分が、体内でどのくらいのスピードで上昇するかを数値で示したものです。 この糖分の上昇スピードが速いと「血糖値の上昇が速い」、逆に遅いと「血糖値の上昇がゆるやか」と表現されます。 低GI値は後者に当てはまり、「血糖値の上昇スピード値が低い」ということになります。 ダイエットに適した食材のGI値は60以下とされ、60以上であるとGI値が高い食材とみなされるようです。 血糖値の上昇を速くさせる食材を摂ると、食べたのに空腹を感じることがあり、食欲をうまくコントロールできないことが起こるようです。 一方、血糖値の上昇をゆるやかにする食材は、少量でも空腹を感じることはなく、食欲のコントロールができるといわれています。 さつまいもは、そんな血糖値の上昇をゆるやかにする食材なのですが、同じ炭水化物とされるご飯やパンなどの主食となるものとGI値は異なるのでしょうか。 日本ダイエット健康協会の代表理事を務める古谷暢基氏が執筆するでGI値資料を提供しているTNヘルスプロジェクトによると、ご飯(精製されたお米)のGI値84、パン(食パン)のGI値は91と、ともに60以上の数値が算出されています。 一方、さつまいものGI値は55です。 そして、それぞれの100gあたりのカロリーはどうかというと、ご飯(精製されたお米)は168kcal、パンは264kcal、さつまいもは132kcalです。 こうしてみると、ご飯やパンは高GI値のうえに高カロリー、さつまいもは低GI値でカロリーも低めであることがわかります。 このように、同じ炭水化物でもGI値とカロリーが異なるため、主食をさつまいもに変えることで、血糖値の上昇を抑えながらカロリー制限を実現させることができるのです。 TNヘルスプロジェクト算出のGI値の詳細は以下で確認できます。 便秘が解消され、お腹がすっきりする さつまいもに含まれる食物繊維は、かなり豊富です。 食物繊維は腸内の不要物を外に出そうという働きをもたらすため、便秘を解消する栄養素として知られています。 「お腹が出ているのは脂肪のせい?」と思っていたら実は便秘が解消されていないだけで、食物繊維を摂ったらお腹がすっきりし、かつ減量したという声も聞くほどです。 また、腹持ちをよくする効果もあるので、少量でも満足できます。 調理方法も簡単!甘味もありストレスを感じない! さつまいもの魅力といえば、焼いたり蒸したりすればそのまま食べられることに加え、甘みもあることではないでしょうか。 簡単に調理でき、特別な調味料を加えなくてもおいしく感じ、少量でも満腹になれる優秀な食材です。 ダイエット中に感じがちなストレスを和らげることができるかもしれませんねと。 pc-ad-article-content-2 [ ad-cetner ] さつまいもダイエットのやり方 さつまいもダイエットの魅力・効果を紹介したところで、次はその詳しいダイエット方法を見てみましょう。 さつまいもダイエットの基本 さつまいもダイエットの基本となるのが、主食となるご飯やパンを控え、その代替としてさつまいもを摂るという方法です。 とはいっても、1日3食全ての主食を置き換えるのではなく、1食分の主食をさつまいもにします。 1食につき中くらいのさつまいも半分か、小さめのさつまいも1本、量にすると約150gを摂取するといいそうです。 注意点1. 摂取量を守る 置き換えるだけというとても簡単な方法ではありますが、注意しなければならないこともあります。 「甘くておいしいさつまいもだけど低GIで低カロリーだし、ちょっと多めに食べても問題ないか!」と思って、ついつい摂取目安を超えた量を食べてしまうと、減量効果は得られません。 さつまいもは炭水化物の一種であり、糖質と食物繊維から成る食材です。 低GI・低カロリーとはいっても、量によってはかなりの糖質量となってしまうので、体に脂肪をつけることになり太る原因になってしまいます。 また食物繊維の過剰摂取は、かえって下痢などの症状を引き起こす要因にもなるようです。 限度を守って食べるようにしましょう。 注意点2. よく噛んで、皮も中身も丸ごと食べる 食べ方にも工夫が必要です。 さつまいもは柔らかい食感なので、口に入れたらすぐに飲み込めそうですよね。 しかし、口にしたものをすぐに飲み込むことは早食いにつながり、食べても満腹感が得られにくくなります。 このため、よく噛んで食べるようにしましょう。 そうすれば、食べてしばらくするとお腹がいっぱいになってきますので、適切な量で止めることができます。 また、さつまいもは皮も食べるといいそうですよ。 これは、皮にも食物繊維が含まれているためです。 もし特に調理はせずそのまま食べるという場合、捨ててしまってはもったいないので、皮も中身も丸ごと食べましょう。 注意点3. 調理方法を工夫する 調理方法にも気をつけましょう。 調理方法によっては、太る原因となる場合があるためです。 たとえば、さつまいもの天ぷらなど油を多く使った調理方法は控えましょう。 せっかくダイエットに適した食材を使っているのに、その栄養素の効果が発揮されなくなってしまいます。 このため、焼いたり、蒸したりする方法がいいとされています。 メニューによって調味料を加えるときは、過量にならないように注意しましょう。 pc-ad-article-content-3 [ ad-cetner ] さつまいもダイエットのレシピ4選 ここまで、さつまいもダイエットの方法、食べ方などの注意点は理解いただけたかと思いますが、それでは具体的にどのようなメニューを作ったらいいのでしょうか。 ここでは、そんなさつまいもダイエット向けのメニューのレシピを4つ紹介します。 まるでマッシュポテト!おさつココナッツ 前述で、さつまいもは焼いたり蒸したりする調理方法をおすすめしましたが、それだけでは味気ないなと思うかもしれません。 そんなときはマッシュポテトのように仕上げると、ちょっとおしゃれなメニューに変えることができます。 ここで紹介する「おさつココナッツ」は、おやつレシピとして掲載されていますが、主食としても食べることができるでしょう。 焼いたさつまいもをマッシュし、ココナッツオイルを加えてコクを出しています。 ココナッツオイルは、中鎖脂肪酸という摂っても脂肪になりにくい成分が含まれているので、油だからといって心配する必要はありません。 詳しいレシピはこちらから: 2. 体を温めて食べ過ぎ防止に!さつまいもの豆乳ポタージュ 温かいメニューは食べるスピードがゆっくりになり、よく噛みしめて摂るようになりますね。 それが食べ過ぎを防ぐことになるのと同時に、体が温まることによって代謝アップが期待できます。 蒸したさつまいもを使ったポタージュは、代謝を上げるのにおすすめしたいメニューです。 またこのポタージュは、豆乳を使っているところもポイントです。 豆乳も低GI値で低カロリーであり、食物繊維も豊富です。 詳しいレシピはこちらから: 3. 満足感が欲しい時に!さつまいものキムチ炒め さつまいもに、ダイエットに適した食材をプラスすることで、栄養価を上げつつ減量へ近づけることができます。 さつまいものキムチ炒めは、さつまいもの他にキムチ、人参、アスパラガスを加えています。 キムチは発酵食品なので乳酸菌が多く、便秘解消に役立ちます。 また人参には食物繊維、アスパラガスにはカリウムが含まれているので、老廃物を排出して体をすっきりさせる効果があります。 さつまいもだけ使うメニューでは物足りないというときに、おすすめのレシピです。 詳しいレシピはこちらから: 4. ちょっと甘いものが欲しいときに!サツマイモとりんごの甘煮 ダイエット中も甘いものは食べたくなるものです。 そんなときにおすすめしたいのが、さつまいもとりんごの甘煮です。 切ったさつまいもとりんごを煮て味つけするだけの簡単メニューです。 りんごには食物繊維とオリゴ糖が含まれていて、自然の甘みもあるので、さつまいもと合わせると、より減量効果が期待でき、満足感が得られる食材です。 詳しいレシピはこちらから: pc-ad-article-content-4 [ ad-cetner ] さつまいもダイエットの口コミは? 冒頭でも触れた通り、さつまいもダイエットは芸能人の間でも成功事例が多々あるダイエット方法です。 しかし、1日1食の主食をさつまいもに置き換えて、本当に減量することができるのか、ちょっと疑問に感じますよね。 ここで、実際にさつまいもダイエットを実践した人の口コミを紹介しましょう。 さまざまなダイエットの口コミを掲載している「 niftyスポーツクラブ」や「twitter」からその声を聞いてみましょう。 今月からさつまいもダイエット始めました。 最初は昼に食べて朝夜は普通に食事してたんですが、全く減らなくて…おとといから朝昼を普通食にして夜さつまいもにしたら2日で1. 5キロ減りました今さつまいもが高いので安売りしてる時にまとめ買いしてふかしたやつを一回分づつ 150㌘ 分けて冷凍。 食べる時にチンしてます。 一緒に水分取ると腹持ちかなりいいですよ後はキレイに痩せたいのでストレッチもしていますが、長く続けられそうです。 引用: 低炭水化物ダイエットで失敗。 もともとさつま芋は好きではないが効果を期待して実践。 年齢が40歳間近で痩せにくくなっていたが、副産物でウエストが70cmはあったと思うが58cmになった。 自分の体質にあったダイエットは苦しくなく達成できると確信した。 他の口コミを見て共通していたのが、「便秘が解消されたおかげで体重が減った」というのが多かったです。 中には、このような口コミもありました。 ないようでした・・。 (なぜだろう???) 夜ご飯をさつまいもに変えてやっていました。 分量も守り、他には何も食べず、朝ご飯や昼ご飯もセーブぎみに食べていたのですが体重は全く変わりませんでした。 便通は?というと、これもまた変わりません(涙)体質が関係するのでしょうか。 引用: あまりお薦めする訳ではありませんが、私はこれで3㌔落としました。 昼食をさつまいも半分、夕食をさつまいも1本食べます。 当然飽きがくるので、さつまいもを煮てみたり、つぶしてみたり色々しました。 食事によるダイエットは、食材によって合う・合わないといったことも出てくるので、始めてみて不調になったり、違和感を覚えるようであれば控えたほうがよさそうです。 また、毎日さつまいもを食べるということで飽きることがないよう、先で紹介したようなアレンジレシピを試してみることをおすすめします。 pc-ad-article-content-5 [ ad-cetner ] さつまいもの魅力を活かしてダイエットしましょう! さつまいもダイエットは置き換えダイエットの一つで、すぐにでも実践できる方法です。 焼いたり蒸したりするだけでも、甘みがあるおかげで食事によるダイエット法の中ではストレスなく実践できる方法ではないでしょうか。 そんなさつまいもの魅力を活かしつつ摂取量を守りながら、ぜひさつまいもダイエットを成功させましょう。

次の

さつまいもダイエットの効果的な食べ方!夜がおすすめ?

さつまいも ダイエット レシピ

さつまいもダイエットで痩せる理由と効果を高める調理法やレシピ! 秋の味覚と言えば、サンマに栗、梨やぶどうあたりが思い出されるのではないでしょうか。 でも、女性なら忘れてならないのが、 さつまいもですよね。 とある調査によると、女性が最も好きな野菜の第1位が、 さつまいもなのだそうです。 しかし、「さつまいもは大好きだけど、太るのが気になってしまうからあまり食べないようにしている・・。 」こんな女性の声をよく聞きませんか? 一見すると、甘いさつまいもは確かに太りそうな食べ物ですが、実はさつまいもはダイエットに使用できるほど優れた食品なのです。 そこで今回は、 さつまいもダイエットについて調べてみました。 さつまいもダイエットで痩せる理由や、 さつまいもダイエットのやり方、 口コミなんかをご紹介したいと思います。 さつまいもダイエットとは?気になるカロリーは? さつまいもダイエットとは、 一日三食のうちのどれか一食の主食を、さつまいもに置き換えるダイエット方法です。 さつまいもだけを食べる方法ではなく 、あくまでも主食(ご飯やパン、麺類など)をさつまいもに変えるだけなので、おかずは抜く必要はありません。 さつまいもは多くの方が間食として食べていると思いますが、それを主食にするだけなので方法としてはとても簡単です。 しかし、「さつまいもはカロリーが高いイメージがあるから、主食に変えてしまうと返って太ってしまうのでは?」と、疑問になる方もいらっしゃるのではないかと思います。 実は、さつまいもはとてもカロリーの低い食品です。 その カロリーは一本(150g)あたり190㎉ほど。 同じ150gのご飯なら250㎉になるため、主食をさつまいもに変えるだけで60㎉も減らすことができます。 さつまいもダイエットの効果!なぜ痩せられるの? さつまいもは、甘くほくほくとした食感から、「太りやすい」と思っている方も多いですが、食物繊維を豊富に含んでいることから消化に時間が掛かるため、腹持ちがよい食品と言われています。 食物繊維が多いということはお通じの改善効果も期待できますが、 さつまいもの場合、食物繊維だけではなく「ヤラピン」という成分が含まれており、食物繊維と同様に腸内環境を整える働きがあります。 便秘に悩むことが多い女性にとっては嬉しい効果と言えるでしょう。 さらに、 さつまいもはビタミンCも多く含まれています。 通常、ビタミンCは加熱によって消失してしまうことが多いのですが、さつまいもに含まれるビタミンCは加熱に強いため、効率よく摂取することができます。 ビタミンCには抗酸化作用があり、新陳代謝を活発にする働きがあることから、ダイエットに役立ちます。 また、 さつまいもは低GIの食品としても知られています。 GIとは食後の血糖値の上昇を数値として示したもので、この値が高いほど血糖値が上がりやすく、インスリンが多く分泌されて脂肪を溜めこみやすいと言われています。 さつまいものGI値は55、白米は81、食パンは91となっており、さつまいもは血糖値の上昇が緩やかで、脂肪を溜めこみにくい食品だということがわかります。 さつまいもダイエット成功する正しいやり方 さつまいもダイエットのやり方は、一日一食のみの主食をさつまいもに置き換えること。 また、さつまいもはカロリーが低いとは言え糖質を含むことから、主食の置き換えは朝食または昼食がよく、夕食や夜食として食べると脂肪として蓄積しやすくなってしまうため注意しましょう。 さらに、主食をさつまいもに置き換えるだけなので、おかずは好きなように食べても構いませんが、食べ過ぎてしまえばカロリー過多になり太ってしまいます。 おかずは腹7~8分目に抑えるようにし、栄養バランスの摂れた食事を行うようにして下さい。 なお、さつまいもを主食して食べる時は、一緒にご飯やパンなどの炭水化物を摂らないようにしましょう。 ダイエットに効果的なサツマイモの調理法を教えて! 甘くておいしいさつまいもは、ダイエット中は避けた方がよいと言われていましたが、最近はさつまいもに含まれる成分のダイエット効果が高いことや、低GI食品(血糖値の上昇が緩やか)であることから、ご飯やパンなどの主食の代わりにさつまいもを食べる方は増えています。 でも、さつまいもダイエットは、ただ主食をさつまいもに置き換えたらOKではありません。 さつまいもと一口に言っても食べ方は色々で、たっぷり蜜を絡めた大学芋や生クリームなどが入ったスイートポテトなどがありますが、もちろんこのようなさつまいもはダイエットに適してしません。 では、ダイエットのためにさつまいもを食べるなら、どのような食べ方がよいのでしょうか。 ダイエットに効果的なさつまいもの食べ方は、「蒸す」もしくは「茹でる」です。 油で炒めたり揚げてしまうと、カロリーが高くなってしまうので避けて下さい。 また、砂糖などの調味料を使わずに、素材のみを調理して食べるようにしましょう。 なお、皮にはダイエットに有効な成分が多く含まれているので、ダイエット目的で食べる場合には皮も一緒に食べるようにしましょう。 さつまいもはいつ食べるのがダイエットにおすすめ? さつまいもダイエットは、一日1~2食の主食の代わりにさつまいもを食べるため、さつまいもを食べるタイミングとしては食事時になります。 さつまいもだけを食べるダイエットではなく、あくまでも主食に置き換えるので、おかずなどはこれまでの食事と同じように摂ることができます。 なお、いつもの食事にプラスしてさつまいもを食べる、ではないので注意して下さいね。 それだと、さつまいもの分摂取カロリーが増えてしまうことになるので、逆に太ってしまいます。 また、さつまいもだけを食べる、のでもありません。 さつまいもは低GI食品で、他の炭水化物に比べてカロリーが低いことから、さつまいものみの置き換えにした方がダイエット効果が上がるのでは?と思う方も多いのですが、さつまいもだけでは必要な栄養が足りないため、結局他の食物を食べ過ぎてしまったり、ストレスで暴飲暴食しやすくなってしまうので、必ず主食の置き換えとしてさつまいもを食べるようにしましょう。 さつまいもダイエットの注意点とポイント! さつまいもをダイエットとして食べる場合は、皮ごと摂取するのがよいでしょう。 さつまいもの栄養は、皮や皮の近くに多く含まれています。 そのため、よりダイエット効果を得るためには、皮ごと食べるのがお勧めです。 また、さつまいもは短時間で加熱するより、じっくりと火を入れた方が甘味が増し、美味しくなります。 石焼きいものさつまいもが甘くて美味しいのは、遠赤外線によってゆっくりとさつまいもに熱を加えているからです。 このように調理したさつまいもは、砂糖などを足さなくてもそれだけで甘味が強く美味しく食べることができます。 ダイエットのためにさつまいもを食べる場合は、砂糖やバターなど余分な調味料を足さずに摂取するようにしましょう。 さつまいもダイエットの口コミ 大好きなさつまいもを食べるだけで痩せられるなら、願ったり叶ったり! こんな風に思う女性は多いのではないかと思います。 しかし、さつまいもを主食に置き換えるだけで、本当に痩せることができるのでしょうか。 そこでここでは、さつまいもダイエット経験者の生の声を集めてみました。 「さつまいもダイエットを始めて5日で1kg落ちました。 お通じがよくなって、効果が出やすいダイエットだと思います。 」 「1ヶ月で3kgのダイエットに成功!でも、食事を戻したらリバウンドしてしまいました・・」 「2ヶ月で10kgの減量に成功。 これまで食べないダイエットや筋トレをしていましたが体調不良で挫折。 さつまいもダイエットは自分に合っているダイエット方法なのだと思います。 」 「ダイエット目的ではなくさつまいもを食べていたら、お通じがよくなって一週間で2kg減りました」 さつまいもダイエットの効果を高めるおすすめレシピ さつまいもダイエットは、蒸かすか焼いたさつまいもを主食に代わりに食べるのが基本となります。 しかし、毎日それだと飽きそう・・という方のために、ここではアレンジレシピをご紹介したいと思います。 参考URL: さつまいもとキヌアのサラダ 蒸かしたさつまいもを、ココナッツオイルをひいたフライパンに入れ塩コショウで炒め、炊いたキヌアと共にお皿に盛りつけ、カッテージチーズと粗挽きコショウをを振りかけて完成です。 参考URL: さつまいもチーズグラタン 蒸かしたさつまいもを耐熱皿に並べ、その上に納豆とスライスチーズを乗せ、さらにさつまいも、納豆、チーズを乗せたら、ハムとレタスを乗せ、最後にチーズを乗せてトースターで焼いて完成です。 参考URL: さつまいもダイエットで痩せない場合の原因と対処法 さつまいもダイエットは、一日1~2食の主食をさつまいもに置き換えるダイエット方法です。 さつまいものみを食べるダイエット方法ではないので、食事の満足感を得ることができ、ストレスのないダイエット方法と言われていますが、一方でを伴わない分摂取カロリーを大幅に減らすことが難しいので、人によっては思ったようなダイエット効果を得ることができないと感じるようです。 さつまいもダイエットで痩せない場合、原因として考えられるのは食事の摂り過ぎでしょう。 さつまいもダイエットは食事制限の必要はないものの、だからと言ってさつまいもさえ食べていれば、好き勝手に食事をしてもよい、ということではありません。 あくまでもダイエット中ですから、極端に食事を減らすことはなくても、栄養バランスを取りながら摂取カロリーを減らすことが大切になります。 さつまいもは食物繊維が豊富のため、食べるとお腹が膨れて満腹を感じやすくなります。 その効果を生かすためには、食事全体の量を抑え、野菜を中心としたメニューにすることで、摂取カロリーを減らしてダイエットの効果を高めることが大切です。 さつまいもダイエットの効果と成功するやり方や口コミ!のまとめ さつまいもダイエットの方法を聞いた当初は、「さつまいもを食べるだけでダイエットなんて本当なの?」と耳を疑ってしまいたくなりましたが、口コミを読んでみると効果がありそう!と期待ができるイメージに変わった方が多いのではないでしょうか。 さつまいもダイエットは、一日一食の主食をさつまいもに変えるだけなので、食事制限を伴うダイエットはストレスが溜まりそうだし、かといって運動は苦手という方には、とてもお勧めのダイエット方法だと思います。 ポイントは栄養豊富な皮を残さずに食べること。 皮は飲み込みづらいので、よく噛むようになることでよりダイエット効果が高まるそうなので、是非今日から皮ごとさつまいもを食べてみましょう。

次の

【さつまいもダイエット】1週間置き換えダイエット!栄養士が1週間分のレシピを公開!

さつまいも ダイエット レシピ

野菜の煮物 51品 ラタトゥイユ 1品 ポトフ 3品 なすの煮浸し 1品 野菜の煮物 その他 47品 野菜の和え物 15品 野菜の白和え 2品 野菜の和え物 その他 13品 野菜の炒め物 23品 ジャーマンポテト 1品 野菜の炒め物 その他 22品 野菜の炒め煮 4品 野菜の炒め煮 その他 4品 野菜の焼き物 13品 野菜の肉巻き 4品 野菜の焼き物 その他 9品 野菜の揚げ物 11品 定番 1品 野菜のフリット 1品 野菜の揚げ物 その他 10品 野菜の蒸し物 6品 野菜の蒸し物 その他 6品 野菜のきんぴら 5品 にんじんのきんぴら 1品 きんぴら その他 4品 野菜のおかず その他 5品 野菜のマリネ 1品 栗きんとん 2品 ゆで野菜 2品 肉のおかず さつまいもの基本情報 さつまいもの特徴 秋の味覚の一つ、さつまいも。 ほくほくして甘く、おかずやおやつに人気です。 原産は中南米といわれ、日本へは17世紀に伝わりました。 薩摩藩(現在の鹿児島県)から全国に広まったとか。 食物繊維が多いヘルシー食品なので、おかずとしても、もっと食べたい素材です。 皮の色は、赤紫や黄、白、肉色は白、黄、だいだい色、紫などがあります。 関東では「紅あずま」、関西以西では「高系14号」が主流。 焼酎の原料としても使われます。 さつまいもの選び方ガイド 太く、円柱形の両端がとがった紡錘形のものが良品。 皮はつやがあり、色が均一で、デコボコがなくなめらかなものを選んで。 毛穴が深く、ひげ根のあるものは繊維が多いことがあります。 黒い斑点があるものは、貯蔵時に低温障害を受けて味が落ちているので避けましょう。

次の