確定 申告 スマホ 2020。 確定申告は修正可能!訂正申告と修正申告、更正の請求の違いとは

【2020年版】「スマホで確定申告」のやり方を解説 対象者、準備、手順は?|Bizpedia

確定 申告 スマホ 2020

POINT• 2019年1月4日から対象条件に合致すれば、スマホ一台で確定申告が完結できるようになった• スマホからのe-Taxは、事業所得の確定申告はできない• スマホだけで確定申告できる条件の人でなくても、パソコンの確定申告ソフトと合わせてスマホを活用すれば、確定申告が楽になる スマホだけで e-Taxでの所得税の確定申告が可能になった 書面での提出ではなく、e-Taxによる確定申告がすっかり浸透しました。 かくいう私も数年前から、e-Taxに切り替えています。 添付書類を税務署に提出するという手間が省略できるうえに、24時間受け付けてもらえるので、やはり便利ですね。 還付までのスピードも速いです。 【参考】• 2019年1月4日から、スマホだけで、確定申告書の作成から電子申告までが可能になりました。 さらに2020年1月からは、スマホでの確定申告ができる対象が拡大されます。 パソコンを使わなくても、スマホで、どこでもいつでも確定申告を行えるのは魅力的ですよね。 スマホやタブレットの普及で、PCを使わなくなった人も増えているそうですから、時代の流れに沿った新しい確定申告の方法だといえるでしょう。 ただ、事前に準備しなければならないものがあります。 また、対象者は限定的で、誰でもスマホだけで確定申告を終えられるわけではありません。 そのあたりも含めて、今回の記事では説明していきたいと思います。 マイナンバーカード方式とID・パスワード方式、どちらもスマホでe-Taxできる まず、スマホだけでe-Taxでの確定申告を行うには、2種類の方法があります。 「マイナンバーカード方式」と「ID・パスワード方式」です。 PCで行う場合と変わらないですね。 「マイナンバーカード方式」の場合、「マイナンバーカード」と「マイナンバーカードの読み取りに対応したスマホ」が必要です。 マイナンバーの「通知カード」ではなく、マイナンバーカードがいるので注意しましょう。 まず、もしマイナンバーカードがない場合や「マイナンバーカードの読み取りに対応したスマホ」がない場合は、「ID・パスワード方式」でスマホからe-Taxができます。 税務署に直接足を運んで、IDとパスワードを発行してもらえば、使用することができます。 この「ID・パスワード方式」を利用する場合は、インターネットや郵便では手続きができません。 注意しましょう。 そもそも、e-Taxを利用するにはマイナンバーカードか、「ID・パスワード方式」で、「利用者識別番号」「暗証番号」を取得していることも前提となります。 この2つの番号が、スマホでの確定申告では必要になることを覚えておきましょう。 「マイナンバーカードの読み取りに対応したスマホ」についてですが、これまでずっとiPhoneは非対応でした。 それが2020年1月31日からiPhoneでマイナンバーカードを読み取って、e-Taxをできるようになります。 また、お持ちのスマホがAQUOSやXperia、GalaxyなどAndroidの場合、その機種が、「マイナンバーカードの読み取りに対応したスマホ」に該当しているかどうかを調べましょう。 スマホでマイナンバーカードが読み取れる場合は、カードリーダーがなくても、e-Taxで確定申告が可能です。 【参考】• スマホで確定申告できる条件・対象者とは? では、どんな人がスマホだけで確定申告ができるのでしょうか。 その条件や対象者について、見ていきましょう。 こんな人が「スマホから確定申告」できる スマホだけで確定申告できるのは「 給与以外の収入がない人」に限られていました。 要はサラリーマンということですね。 しかし、2020年(令和2年)1月6日から、給与所得(年末調整済1か所、2か所以上、年末調整未済、に対応)公的年金等、その他雑所得、一時所得の人もスマホからe-Taxができるようになります! 副業収入が事業所得ではなく、その他雑所得の人もスマホからe-Taxできるということでしょう。 さらに、2018年分のスマホからの確定申告では、医療費控除、寄附金控除しか所得控除ができなかったのですが、2019年分の確定申告では、2020年(令和2年)1月6日から、全ての所得控除ができる見込みです。 つまり、2019年1月から、サラリーマンなどの会社員、給与所得者が、医療費控除やふるさと納税などの寄附金控除をするために確定申告する際に、スマホだけでも申告ができるようになったのが、2020年1月からさらに対象が拡大するというわけです。 【関連記事】• 残念ながらこんな人はスマホでは確定申告できない 事業所得のある人は、スマホで確定申告できない では、スマホで確定申告ができない人はどんな人か。 もうおわかりですね。 専業や副業にかかわらず、事業所得のある人は、スマホで確定申告することができません。 というわけで、原稿執筆による事業所得がある私は、スマホだけでの確定申告はできないということです。 ただ、サラリーマンなどの会社員・給与所得者がスマホのみで簡単に確定申告ができるようになったのは、社会全体にとってメリットが大きいように思います。 セルフメディケーション税制による医療費控除の特例やふるさと納税など、年末調整では行えない控除やちょっとした副業などの雑所得などで、サラリーマンが確定申告するケースは増えています。 スマホだけで手軽にできるようになれば、ますます、確定申告するサラリーマンが増えるでしょう。 納税意識の向上にも、所得税の確定申告が身近になるのはよいことではないでしょうか。 【関連記事】• 「スマホで確定申告」のやり方 スマホで作成した確定申告書類の提出方法 スマホで確定申告するための手順はいたって簡単。 国税庁の「」にアクセスして、[作成開始]をクリックします。 【参考】• 国税庁の記事によると2020年(令和2年)1月からの2019年(令和元年)分の確定申告書等作成コーナーでは、スマートフォンの専用画面も用意されるようです。 前回の確定申告では、以下のような申告内容に関する質問に答えていくだけで、最後に「申告書の提出方法を選択してください」で、[e-Tax]をクリックすれば、ものの数分で終わりました。 それなので、2020年1月にスタートする2019年分の確定申告も同じように簡単に進められるのかもしれません。 Q 確定申告をする年分は平成30年分ですか。 (はい/いいえ) Q 給与以外に申告する収入がありますか。 (はい/いいえ) Q お持ちの源泉徴収票は1枚のみですか。 (はい/いいえ) Q 勤務先で年末調整が済んでいますか。 (はい/いいえ) Q 医療費控除や寄付金控除の適用を受けますか。 (はい/いいえ) Q 医療費控除や寄付金控除の他に、確定申告で追加する控除や年末調整の内容に変更はありますか。 (はい/いいえ)• 【引用元】 スマホで作成した確定申告書類の入力内容 提出方法まで決まれば、あとは利用規約の確認をします。 その後、下記を入力していくという流れになります。 利用者識別番号を入力 2. 源泉徴収票の情報を入力 3. 医療費控除や寄付金控除について入力 4. 本人情報(名前や生年月日)を入力 利用者識別番号は、前述したとおりで、e-Taxによる確定申告で必要になるものです。 入力が終われば、あとは電子申告データを送信すればOKです。 受付結果を確認しましょう。 以上で、スマホでの確定申告書作成、電子申告は完了となります。 「給与所得の源泉徴収票」と、必要に応じて「医療費控除の書類」や「寄付金控除の書類」を手元に用意していれば、入力できることばかりですね。 さっそく、僕もやってみました! シンプルな操作画面で、どう入力していけばよいのかがわかりやすいです。 これなら通勤時間にも済んでしまいそう。 そう思いながら、「給与以外に申告する収入がありますか」の質問に張り切って「はい」と答えると、あれれ!「お手数ですがPC版をご利用ください」と表示されてしまいました......。 そのほか「お持ちの源泉徴収票は1枚のみですか」「勤務先で年末調整が済んでいますか」「医療費控除や寄付金控除の適用を受けますか」のいずれの質問も「いいえ」を選ぶと、PC版を利用するように、とメッセージが出ます。 やはり、スマホだけで確定申告することができるのは、2019年11月現在は、かなり対象者が限られるようですね......。 でも、PCの確定申告ソフトと組み合わせて使えば、スマホだって確定申告の便利なツールになるんです。 スマホで確定申告できなくても、PCの確定申告ソフトが便利! スマホで確定申告できる条件の人は、今のところ、かなり限定的だということがわかりました。 では、個人事業主・フリーランスの方がスマホを確定申告に活用することはできないのか、といえば、そんなことはありません。 PCソフトとうまく組み合わせることで、スマホは確定申告における強い味方にもなり得るのです。 前述しましたが、マイナンバーカード読み取り対応のスマホがあれば、ICカードリーダーライターがなくても、電子証明書の読み取りができるので、自宅からe-Taxを行うことができるのです。 また、2020年分から青色申告の特別控除が変わって、65万円控除を受けるためには、電子帳簿保存かe-Taxで申告することが要件に加わります。 電子帳簿保存は、個人事業主にはハードルが高いので、e-Taxならと思う人も多いでしょう。 でもICカードリーダーライター買うのか... ほかに使い道あるかな?という人も、自分のスマホからできるなら一石二鳥ですね。 例えば、クラウド確定申告ソフト「」「」を使えば、スマホのアプリ上から取引入力ができます。 また、レシートの読み込みまでできるので、出先でも入力が進められますよ。 特に日々の経費はつい入力が漏れがちですから、スマホを活用することで、より正確でスピーディな確定申告ができそうですね。 確定申告をもっと楽にしたい人は、ぜひ、試してみてください。 【参考記事】• 【参考】• photo:Getty Images.

次の

2020年 確定申告の変更点まとめ|Bizpedia

確定 申告 スマホ 2020

e-Taxの利用手順を国税庁のサイトを元に紹介します。 を利用する場合、推奨環境は以下の通り。 OS:Microsoft Windows 8. Macや上記以外のWindowsのパソコンでも利用できます。 「マイナンバーカード」(「公的個人認証サービスに基づく電子証明書」)や、企業などが発行している「電子証明書」を用意します。 取得方法は。 マイナンバーカードなど、ICカードに組み込まれた電子証明書を利用する場合、別途ICカードリーダライタも必要です。 マイナンバーカード方式では開始届出書の提出は不要で、手続きが簡略化されています。 ID・パスワード方式は、税務署に開始届出書を提出し、利用者識別番号(ID・パスワード)を取得します。 その場合、職員との対面による本人確認が必要です。 マイナンバーカードとID・パスワードを併用する現行方式は、手順に従って、オンライン上で利用者識別番号の取得と開始届出書の提出ができます。 国税庁によると、現行方式は、民間の電子証明書を使う場合などに利用されるといいます。 マイナンバーカードの情報を読み込ませるには、ICカードリーダライタの用意が必要です。 「」上で、税務署への提出方式を選択します。 その際、税理士による代理送信も選べます。

次の

スマホによる確定申告が2020年から大幅アップデート

確定 申告 スマホ 2020

毎年2〜3月は確定申告のシーズン。 2019年よりスマホからも確定申告ができるようになったが、マイナンバーカードを読み取れるスマホがAndroidスマホに限定されており、対象者も年末調整済みの給与所得者、つまり一般的な会社員に限られていた。 ところが、2020年からはiPhoneでもマイナンバーの読み取りが可能になり、対象者も副業や公的年金などの収入がある人にまで拡大し、より利用しやすくなった。 2007年に「e-Tax(イータックス)」というサービスを国税庁が始めるまでは、確定申告には、税務署で入手した申請書へ電卓片手にせっせと手書きで記入するか、あるいは専用の会計ソフトを購入してパソコンにインストール、入力したものをプリントアウトして、税務署に提出するしか方法がなかった。 「e-Tax(イータックス)」が始まってからは、国税庁の専用サイトにパソコンからアクセス、WEB上で必要情報を入力して(自動的に計算もしてくれる!)申告書を電子的に作成できるようになった。 これをプリントアウトして提出することもできるが、国税庁に直接送信することで申告を完了できるのがe-Taxならではの大きなメリットだ。 なにせ、税務署の行列に並ばなくて済むし、3週間程度で処理してくれるので還付金の戻りも早くなる。 また源泉徴収票や領収書を提出しなくてもよい(領収書は5年間の保存義務がある)。 とはいえ、先述したようにいくつかの条件がある。 2020年からはすべての所得控除が対象に 2019年時は、給与所得が1カ所からのみ、さらに年末調整済みで、医療費控除やふるさと納税などの寄付金控除を受ける人が対象であった。 2020年からは対象が拡大して、2カ所以上から給与所得があったり(年末調整未済もOK)、公的年金や雑所得などがある人も対象になり、すべての所得控除ができるようになった。 つまり、副業をしている会社員も対象になったわけだ。 ただし、事業所得がメインの自営業などの人はスマホでの確定申告の対象とはなっておらず、従来通り、パソコンからe-Taxを利用することになるので注意してほしい。 2020年、スマホで確定申告の利用対象者はこう変わった より引用 利用には「マイナンバーカード」か「専用ID・パスワード」が必須 さて、スマホで確定申告をするには、もうひとつ条件がある。 マイナンバーカード方式を利用する場合には「マイナンバーカード」を、ID・パスワード方式を利用する場合には税務署で発行してもらう「ID・パスワード方式の届出完了通知」を持っていることだ。 「ID・パスワード方式の届出完了通知」は、免許証などの本人確認書類を持参して近隣の税務署に行くと発行してもらえる。 ここで、スマホで確定申告を利用するために必要なものをあらためて整理する。 マイナンバーカードの読み取りに対応したスマホ。 iOS 13. 1以降を搭載したiPhone 7以降の機種(対応ブラウザはSafariのみ)もしくはマイナンバーカードの読み取りに対応したAndroidスマホ(対応ブラウザはChromeのみ)。 Androidスマホについて、どの機種が対応しているかは『』で確認してほしい。 「マイナンバーカード」あるいは、「ID・パスワード方式の届出完了通知」。 源泉徴収票や控除に関係する書類など、入力に必要な書類。 以上が準備できていれば、すぐに確定申告に取りかかれるというわけだ。 ここでは、「マイナンバーカード方式」でAndroidスマホを使用した場合を例に、申告書の作成の流れを簡単に説明していこう。 (1)国税庁ホームページにアクセスする。 確定申告書等作成コーナーのページを開き、[作成開始]をタップ。 (2)申告内容に関する質問に答えていく。 [はい/いいえ]を選択するだけなので簡単だ。 (3)質問の最後は提出方法の選択。 [e-Tax(マイナンバーカード方式)]を選択。 なお、マイナンバーカードもID・パスワードも持っていない場合は、書面を選ぶ。 この場合、送信はできないのでプリントアウトしたものを税務署に持って行き、提出することになる。 iPhoneユーザーは事前にマイナポータルの登録を 以上のような流れで確定申告の作業は終わるが、iPhoneでは専用アプリ「マイナポータルAP」での認証などが必要なため、作業の流れが多少異なる。 国税庁では、iPhoneの場合は最初にマイナポータルでの登録を済ませ、マイナポータルのWEBサイトのトップページからe-Taxへアクセスすることを推奨しており、実際、その方がスムーズに作業できるようだ。 YouTubeの国税庁動画チャンネルのiPhoneユーザー向けの情報動画も参考にしてほしい。 住宅購入、医療費、寄付といった控除のほかにも、働き方改革により始めた副業や、ふるさと納税など、確定申告が必要な人も増えてきている。 24時間どこでも申請書の作成から送信まででき、税務署の行列に並ばずに済むスマホでの確定申告。 年々便利になっているので、ぜひ利用してみてほしい。

次の