剣盾 タチフサグマ。 【ポケモン ソード&シールド】タチフサグマの育成論(種族値・努力値・技構成など)│ホロロ通信おすすめゲームと攻略裏技最新まとめ【ホロロ通信】

【ポケモン剣盾】巣穴(マックスレイドバトル)出現ポケモン

剣盾 タチフサグマ

かえんだまで「あくび」等の状態異常対策をしつつ、特性「こんじょう」を乗せた「からげんき」の高い火力で相手を倒す。 物理の殴り合いなら「なげつける」 「なげつける」は一度に限り相手を火傷させられるため、物理との殴り合いで有効。 特に対ミミッキュを想定した採用であり、 リフレクター+からをやぶるバトンの用意があればミミッキュに勝てるようになる。 汎用性ならブロッキングなどがオススメ バトン時以外の汎用性を取るのであれば、初ターンに使ってかえんだまを発動+追加効果で崩しも狙える「ブロッキング」がオススメ。 他にも相手の展開や回復を阻止する「ちょうはつ」、ダイスチルで防御が上昇する「アイアンテール」が選択肢になる。 かえんだま型の対策 おすすめの対策ポケモン ・「マッハパンチ」で4倍弱点を突いて先制攻撃出来る ・物理耐久も高め ・かえんだまを投げつけられても特性「こんじょう」なら痛くない ・「からげんき」半減で高防御 ・特性ミラーアーマーで「ブロッキング」の追加効果無効 ・「からをやぶるバトン」後だと受けは成立しない ・フェアリー技で上から弱点を突ける ・バトンで上を取られても特性「ばけのかわ」がある ・「かえんだま+なげつける」には注意 耐性持ちの高耐久で返り討ち 特性「こんじょう」のタチフサグマは火力が非常に高く、防御特化カバルドンでも「からげんき」だと乱数2発で倒れてしまう。 受けとしてはノーマル技に耐性があり、悪技や格闘技でも弱点を突かれないアーマーガアが適任。 ただし、アーマーガアで受ける際は「ちょうはつ」に注意しよう。 先制技などで倒す 格闘4倍なので「マッハパンチ」で、上から倒すのがオススメ。 攻撃力が高い+先制技の「マッハパンチ」を使えるローブシンは、対策としてかなり有効だ。 ミミッキュはかえんだま+なげつけるに注意 ミミッキュも通常時は先手を取れる上、「からをやぶるバトン」を決められた場合でも特性「ばけのかわ」で一度は行動可能。 「かえんだま+なげつける」にだけは注意したいため、怪しいと感じたらダイウォールで防げることを覚えておくと良い。 努力値・対策方法・役割・技構成などは、ユウキのめざめるパワー 氷 のものを引用しています。 引用元: ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の

タチフサグマの育成論・パーティ・対策を究める。「ポケモン剣盾(ソードシールド)」

剣盾 タチフサグマ

皆様はじめまして。 えすくろと申します。 ポケモン徹底攻略様に、また数多くの育成論を投稿されてきた先人のエリートトレーナー様にお世話になり続けてはや10年。 剣盾環境で投稿デビューをさせていただきます。 第一作目の本育成論はタチフサグマさん! 私のトレーナー人生は7歳の誕生日にホウエン地方を旅立ったところから始まるのですが、マッスグマさんが進化をもらって少し喜ばしいですね!. 。oO(もう秘伝要員とは言わせないぜ しかし、悲しいかなこの種族値。 どう扱えばいいか困る人も多いと思います。 その為もちろん、このポケモンじゃなきゃ出来ない、ということは見いだせず、同様の特性・技を使うポケモンとの差別化ははかれませんでした。 ごめんなさい。 技構成やダメージ計算に追記をしますが、これらの個性を考慮し、役割を果たした後、また他の役割を持てる可能性にも目を向けていきたいと思います。 役割対象 「環境ポケモンの前を立ち塞ぐ」 というテーマのもと、遂行するポケモンはとの2匹。 そして新たに「受けル崩し」の役割を追記しました。 なお受けル崩しを主軸とすると、ミミッキュがキツい可能性があるので注意です。 私の知識が無いこともありますが、なるべく分かりやすい表記を心がけて書いていきます。 分からない言葉は調べていただけると助かります。 使用させて頂いた計算ツール 究マネ様 個体について 個体値:6V想定 C抜け5V可 性格:いじっぱり 努力値:20-252-12-0-4-220 技:はたきおとす、こごえるかぜ、インファイト、からげんき 調整意図 ダメージ計算は後ほど纏めます。 このタチフサグマの運用方法は• こごえるかぜでSを下げる• はたきおとすで突破する となります。 素早さはS1段階ダウンのドラパルトを抜かす調整にしていますが、環境にいるドラパルトはほぼクリアボディなので初手叩き落とすでも問題ありません。 珠ミミッキュ対面なら、凍える風で化けの皮を剥がして上から叩き落とすで確殺です。 耐久調整は H-奇数調整 B-鉢巻A極ドラゴンアロー確耐え D-余り もちろんAはぶっぱです。 それでも火力は… 技選択 確定枠 叩き落とす、こごえるかぜ 選択枠 からげんき、インファイト、まもる、炎のパンチ、すりかえ、投げつける、みがわり、ブロッキング、でんじは 確定枠技 この型の運用法を遂行する技たちです。 以下説明。 叩き落とす 叩き落とす B4 割合:110. 4-130. 4-127. 9-105. 3-136. 9-160. 4-126. 4-109. 6-126. 5-150. 9-110. 3-50. 7-73. 9-43. 5-63. 4-42. 6-69. 3-93. 4-42. 1-88. 6-45. 3-106. 5-86. 0-65. 8-91. 2-46. 4-72. 5-86. 8-84. 0-218. いかがでしたでしょうか? 実は等倍攻撃であれば1撃は耐えられる性能を持っています。 攻撃火力もバカにはできない力を持っているので「意外とデキる子」というのが私の印象です。 しかし、先にも述べたように似たようなポケモンは少なからず存在します 老武神など。 その対策だけでこのポケモンの対策が出来てしまうので扱いは難しいと思います。 コメントを基に更に考察を重ね、受けポケ崩しの役も担える事が判明しました! ただしサニーゴは即時全回復があるのでかなり厳しい部分があります。 敵の選出にサニーゴがいる場合はそのケアを忘れずにしましょう。 初手は叩き落とすで問題ありませんが、ちからをすいとられた場合は交代、その他の場合は押し切れます。 過信しすぎても良くはありませんが、火力は十分に発揮できるポケモンです! ただし、新ポケとして受けポケモンの仲間入りをしたはどうにも難しいので対策はお忘れなきよう。 以上で育成論を終了とさせていただきます。 初投稿という事で大目に見ていただければ助かりますが、諸先輩方の手厳しいご意見お待ちしております。 適宜加筆修正させていただきます。 5倍では? 剣盾で仕様が変わっていたならすみません。 5倍ですね…申し訳ありません。 ダメージ計算ではちゃんと合っていますので安心してください。 修正予定に入れておきます。 まりも様、ドラパルト以外の意識とありますが、質問の意図が読めません。 環境にいるポケモンの最速がドラパルトで、Sを1段階下げる抜きをしているので凍える風を当てれば粗方抜けるようにしています。 この育成論からは少し離れるかもしれませんが、持ち物をどくどくだまにしてすりかえするのも有用化ではないかと提案します。 仮想敵はヌオー、トリトドン、サニーゴです。 ドラパミミッキュをみたいと書いてるので調整段階で負け濃厚なのはダメかと思います。 結局何が良いたいかといいますと、この調整では対面で負けると思います。 本業で更新・返信が遅れていることをお詫び申し上げます。 手短に指摘されたことについてお答えします。 ASぶっぱをベースに考察したのでそこまで頭が回りませんでした。 ご教授ありがとうございます。 そのためこのような対策記事となっておりますが、現環境には初手ダイマのミミッキュやそもそも意地悪型に移行したやつなど多く存在し、必ずしもこのやり方で勝てるという保証はありません。 環境にいないポケモンを使う際にはその時々に応じた努力値振りや立ち回りが求められると思いますので、大目に見ていただきたく思います。 ただ、常に最新の情報を追加していくのも育成論投稿者としての務めだと思いますので、時間がある時に修正かけます。 コメントを遡っていただければ答えは出ますが、挑発を入れてないのは単に修正が追いついていないだけです。 ご了承ください。 またミミッキュ受けが難しいということですが、確かに現環境ではその通りだと思います。 このポケモンは受けポケに対して強いので上から縛られているミミッキュに対して無理に触りにいかなくてもいいかなとは思っています。 また修正も進んでいない状態に心苦しく思うばかりです。 そろそろ師走が終わりまして時間も取れるかと思いますので今しばらくお待ち下さい。

次の

【ポケモン剣盾】「こんじょう」タチフサグマの火力が異次元すぎて火炎玉ぶん投げたくなった育成論

剣盾 タチフサグマ

タチフサグマ育成論「ポケモン剣盾(ソードシールド)」 タチフサグマはポケモン剣盾(ソードシールド)で新しく登場したポケモンだ。 育成論について紹介していく。 悪とノーマルをタイプ一致で撃て、ほとんどの相手に等倍以上のダメージを与えられる。 一方防御面はもろく、無効タイプは2つあるが、半減は1つしかなく、かくとうで4倍ダメージを喰らってしまう。 種族値は突出した能力値ほどないものの、使わない特攻が低く後の能力値は高めなのでいい配分と言える。 攻撃はそこそこだが、3つの特性のどれを選んでも火力を上げられるので、攻撃性能は高い。 特に特性「こんじょう」で「かえんだま」を持たせれば高火力がだせ、状態異常に強く、 耐久・素早さも高めなので、強力な物理アタッカーとなる。 「かえんだま」+「すりかえ」や「ブロッキング」など補助技も強力。 格闘4倍の弱点を突かれないよう注意して立ち回りをすればアタッカーとして活躍しやすい。 スポンサーリンク タチフサグマの特性 こんじょう (状態異常のときに攻撃が1. 5倍になり、やけどによる物理技威力低下を無視する。 ) すてみ (反動を受ける技の威力が1. 2倍になる。 ) まけんき(隠れ特性) (相手に能力を下げられた時、攻撃が2段階上がる。 ) 考察 一番優先度が高いのは「こんじょう」。 状態異常時に威力が上がるタイプ一致技「からげんき」を覚える上に、 「こんじょう」を発動するための時間稼ぎができる「ブロッキング」や使用した「かえんだま」を相手に押し付けられる「すりかえ」も使える。 「こんじょう」を活かせる技を多く覚えられるので、迷ったらこれを選ぼう。 次に優先度が高いのが「すてみ」。 タイプ一致反動技の「すてみタックル」の火力を上げられる。 「まけんき」は発動が受動的。 ダイマックス技や「いかく」など能力を下げられる機会は決して少なくはないのだが、 能力を下げられなかった場合は何1つ恩恵をもたらさない。 「こんじょう」と「すてみ」が強力なこともあり、優先度は低め。 スポンサーリンク タチフサグマの技考察 物理技 技名 タイプ 威力 命中 効果 備考 からげんき 無 70・140 100 自身状態異常で威力2倍。 タイプ一致技。 特性「こんじょう」で「かえんだま」を持たせる場合にはメインウェポンとなる。 タイプ一致技。 反動は痛いが威力は高い。 特性「すてみ」で威力を強化することができる。 はたきおとす 悪 65・97 100 相手が道具を持っている場合除去・威力増加 タイプ一致技。 メガシンカがないポケモン剣盾ではより多くの相手に有効。 特性「ねんちゃく」のみ注意。 じごくづき 悪 80 100 相手は2ターンの間、音技が使えなくなる。 タイプ一致技。 威力は低めだが命中安定の技。 音技を持っている相手も多く、時には刺さることもある。 インファイト 闘 120 100 自身の防御と特防が1段階低下。 威力が高く命中安定のサブウェポン。 ただし、そこそこある耐久を削ってしまう。 ダストシュート 毒 120 80 毒30% 命中不安だが威力は高い。 苦手なフェアリーに有効。 ただし命中がかなり不安。 ほのおのパンチ 炎 75 100 火傷10%。 命中安定だが、威力が低い。 ナットレイに刺さる。 れいとうパンチ 氷 75 100 氷10%。 威力が低いが命中100。 ドラゴンに刺さる。 かみなりパンチ 雷 75 100 麻痺10%。 威力が低いが命中100ある。 ギャラドスに刺さる。 タネばくだん 草 80 100 なし 威力は低めだが、トリトドンに刺さる。 スポンサーリンク 補助技 技名 タイプ 命中 効果 備考 すりかえ 悪 100 自分と相手の持ち物を交換する。 相手の持ち物を奪い、「かえんだま」やこだわり系アイテムを相手に押し付ける。 特に耐久型の相手に刺さる。 ブロッキング 悪 - 相手の攻撃から身を守り、直接攻撃をしてきた相手の防御を2段階下げる。 相手の攻撃読みで使っていく。 決まれば次ターンから大ダメージを与えていける。 「かえんだま」によるこんじょう発動の時間稼ぎとしても使える。 ちょうはつ 悪 100 3ターンの間相手は攻撃技しか出せなくなる。 相手の耐久型、サポート型のポケモンに有効。 すてゼリフ 悪 100 相手の攻撃と特攻を1段階下げ、控えのポケモンと交代する。 起点作りとして有効。 どうぐはふいうちの一撃で ドラパルトを倒せる威力を1. 2倍以上に上昇させるアイテムを選びたい。 よって、いのちのたま、くろいメガネ、たつじんのおびの3つを選ぶのが特におすすめ。 補助技はビルドアップの優先度が高め。 先制ビルドアップで積むことで、火力をさらにあげつつ相手の物理アタッカーに対抗することが可能となる。 でんじはを採用する場合にはHPを削り、素早さに12振っておけば、麻痺最速ミミッキュに先制をとれるようになるのでおすすめ。 サブウェポンは格闘・炎・地の中から選び、苦手な鋼タイプの弱点をつけるようにしておきたい。 相手ポケモンの能力値が上がっても、先制「パワースワップ」により、自身が能力上昇を奪うことができる。 基本的な立ち回りとしては先攻でリフレクターをして物理耐久を上げる。 その後、相手が積んで突破を狙ってきたらパワースワップで奪って反撃に出るといい。 相手が自身より速く、かつ弱点保険持ちが疑われるなら、わざと弱点をついて発動させ、 次ターンに能力変化を先制「パワースワップ」で奪うことで無効化できる。 ただし、特殊アタッカーには無力なので、別のポケモンで対抗する必要がある。 扱いは難しいはハマれば、能力を奪って相手パーティの崩壊も狙うことができる。 「リフレクター」と「ひかりのかべ」を張り、後続の無双を援護するのが基本。 素早さの高い相手には「でんじは」を撃ち込んで機能停止を狙うといい。 素早さに努力値を12振っており、麻痺最速 ミミッキュ抜きの調整となっている。 選択技は特攻を下げられるタイプ一致技である「ソウルクラッシュ」が一番おすすめ。 物理アタッカーを仮想敵として重視するなら「イカサマ」でもいい。 スポンサーリンク タチフサグマのパーティメンバー考察 タチフサグマを壁張り要員として使う場合にはダイマックスOR積みを行うエースポケモンを用意しておきたい。 壁張り用の場合でもそうでない場合でも、タチフサグマの弱点で使われることも多いはがね・フェアリー技に強い炎タイプを用意しておきたい。 タチフサグマの対策 ポケモン剣盾のタチフサグマは壁張り型が最も多い。 「かわらわり」を覚えているポケモンを用意しておけば、壁を破壊することができるので、タチフサグマ対策として役だつ。 また、特性「すりぬけ」を覚えているポケモンを後続に用意しておけば、壁を無視して攻撃が可能。 「すりぬけ」を持ち使用率も高いポケモンとしては ドラパルトがいるが、 タチフサグマ自身には不利なので注意が必要。 スポンサーリンク ポケモン剣盾(ソードシールド)で強くなりたい!勝ちたい!それなら育成論を見てみよう。 から各メニューを選択!.

次の