ヴァイス シュヴァルツ キャンセル。 ヴァイスシュヴァルツ ダメージキャンセルについて

ヴァイスシュヴァルツ キャンセル出すぎやで!:今日のカード

ヴァイス シュヴァルツ キャンセル

有料記事をノートにて挙げていますので、よろしければこちらもご覧頂ければ幸いです。 また、やミリマスの参戦など人口が増える要因はまだまだありますね。 今後も楽しみです。 そこで今回はを始めたいと考えている人や、始めたての初心者の方向けに『はどのようなゲームなのか』を私なりに解説したいと思います。 公式プレイヤーが「世界中の人の頭の中がヴァイスまみれになればいいのに」というような狂気の発言をしていたので、少しでもその助けになりたいと考えました。 「はやり込む価値のあるゲームなのか」 「時間とお金をかけてやって損しないゲームなのか」 など始めるにあたり不安な人に、少しでも参考になればと思います。 それではいきましょう。 確かには運に左右される行動が非常に多いです。 特にダメージを受けるかキャンセルするかが運を必要とする場面が多いので、と捉えられる大きな要因でしょう。 はではない、と言う人はおそらくプレイヤーの中でも少ないでしょう。 しかし『運が全て』というプレイヤーは殆どいないというのも事実です。 ここでは私のに対する考え方をまとめます。 のではない要素 はダメージ判定が運に左右されますが、他のゲームに比べて 手札の内容を整えるのが非常に楽なゲームです。 なので『コンボパーツが揃わなかった』ということは他のに比べて少ないのは特徴だと思います。 この点は他のより運要素は少ないですね。 マリガンが自由に好きな枚数を捨てて同じ枚数引き直す点や、1ターンに山札から最大3枚まで引ける点、手札交換を行うカードが豊富、など手札に必要なカードを持ってこれる確率が非常に高いです。 さらに1度のゲーム中に山札を何周もするゲームなので、理屈上は引けないカードはありません。 「あのカードが引けないから負けた」という負け方が他のに比べて少ない点は、ではないと考える要因の一つです。 の要素 これは『理屈を通すのに多少の運が必要』な点だと思います。 例えば、「山札を薄くしたからcx(クライマックスカード)を捲る確率を上げた」と言っても山札の底にcxが固まっていたら捲れません。 また、山札15枚の中にcxが5枚という状態になった時に、山札を4枚捲れば、3枚に1枚はcxがある計算なので高確率で捲れると言っても良いですね。 しかし実際はこの状態でも捲れないことは多々あります。 こういった『確率を計算した行動が失敗した時』は運が絡むゲームだなと強く感じます。 さらに、クライマックスカードに関わる部分は基本的にと言いたくなる場面は多いのも事実です。 相手は有利になる配置にcxがあり、自分は底に張り付いている、というゲームもしばしばあります。 自分のプレイングでどうにもならない事が起きた時、理屈ではなくオカルトで動くことが正解だった時は正直落ち込みますね。 特にダメージキャンセルの回数に露骨な差が生まれ、それだけで負けた時は「かよ!」と言いたくもなります。 これらの要素からは『運の絡む行動の施行回数が多い』ゲームという表現が正しいと考えています。 もちろんそれぞれの行動の重要性は違いますが、いつか運や流れが逆転して、ゲームも逆転するということも珍しくありません。 結局は面白いの? 面白いです。 本当にだとしたらここまで長く続いていないでしょう。 カジュアルに遊ぶ分には好きなタイトルを使ってと割り切っても面白いですし、大会で勝つことを目指して練習する意味のあるゲームだと思います。 練習や考察なしで、運だけで勝てるゲームでは決してありません。 次に、の面白い部分を私なりに解説していきます。 の面白い部分 は アドバンテージの要素の種類が多いことが面白い部分だと思います。 手札、ストック、クロック、盤面のパワー、山札の薄さ、など重要なポイントが非常に多いです。 なので 「手札の枚数が相手より少なくても盤面のパワーが高いから、いつか手札の枚数もひっくり返る」 「先にレベルが上がってしまったけれど、ストックは維持できたっかり強いカードを使って先に盤面を取る」 「相手がダメージキャンセルを沢山したが、山札にcxが残り少ないので次のターンにダメージを通そう」 といったような考え方が生まれます。 ダメージで負けていても、諦めずに手札の枚数やストックの枚数をしっかり貯めることができれば、最後に逆転できる可能性は十分にあります。 理屈としては、ダメージが通った後はキャンセルしやすいはずですしね。 このように やることを間違えなければ逆転もしやすいゲームだという点は面白い部分だと思います。 考えた通りにゲームを進め、最後のターンに倒しきれた時は非常に気分がよくなります。 手札の内容を整えやすいなので、 自分のプランは通しやすいのもポイントですね。 さらに相手に妨害される手段も、相手のデッキのカードプールを把握していればそれ以上のことは起こらないので、しっかりケアして動けば問題ないこともあります。 カードプールがタイトルごとに分けられている分、相手の使うカードも分かるという点は簡単であり、対策が立てられるのは面白い点だと思います。 または をするゲームだと考えています。 例えば 残り山札5枚でアタックフェイズに入り、2回のアタックでcxが見えず、相手に2回ダメージが入った。 という状況があったとします。 この状態はあまり良くありませんね。 もちろん自分と相手のレベルやストックの枚数など、状況によって変わりますが、思考停止で3回アタックしていれば良いゲームでもありません。 また、集中(山札を上から4枚捲り、その中にcxがあればメリット効果が発動するテキスト)を行うのか、集中せずにストックを貯めてそのままアタックに入るのかもしっかり考えて動かないと、後半のストックが足りなくなったりします。 常にcxのことを考えて動く必要があるので、どのようにcxを使う可能性があるのかを気にすることが大切です。 cxが絡むとどの行動もになる可能性があるので、常にリスクを考えて行動する必要があるのはこのゲームの面白さだと感じます。 さらに、 環境のデッキの多様性もこのゲームの面白さですね。 かつてはトップタイトルが固定されている時期も何度かありましたが、2018年冬の環境は非常に楽しかったです。 もちろん上位のタイトルは存在しましたが、それらとしか当たらないということもありませんでした。 特に、トリオサバイバルという3人1チームの対戦形式の大会では非常に様々なデッキと対戦することができます。 〇〇1強と環境を考察する上で話をすることはありますが、実際はそのタイトル以外も入賞しましたし、中堅と思われるタイトルも数多く存在し、数は減りますが入賞もしています。 大会に出ると、様々なタイトルと対戦できるのはこのゲームの面白さだと感じます。 の始め方 「初心者はTD(トライアルデッキ)を買いましょう!」とよく言われていますが、ルールを知っているのであればTDは必要ありません。 1500円払ってTDを買うのであれば、1500円の高いカードを1枚買った方が早くこのゲームの面白さが分かると思います。 TDはルールを把握しながら遊ぶ為の物であり、TDで戦っていてもの面白さは殆ど分かりません。 むしろ感がヒシヒシと伝わってくるでしょう。 なのでルールを把握しているのであればTDを買うのではなく、好きなタイトルのデッキを調べるか、ショップに販売されているデッキを見てみる方がよっぽど楽しめると思います。 しかし逆に、ルールを全く知らない状態なのであれば、TDは非常に優れた商品です。 近年発売されたTDは手札を増やす手段や山札を削る手段、クライマックスを使って手札を増やすカードなどがしっかり入っています。 なので、基本的なカードの種類を知ることもできます。 私もこのゲームを始めた時は、何も知らない状況で友人と1つずつTDを買い、ルールブックを読みながらルールを覚えました。 細かいルールはともかく、ゲームの進行方法などは分かると思います。 一通り感覚が分かったら、好きなタイトルのデッキを調べてみましょう。 タイトルの選び方 好きなタイトルで遊ぶのがもちろん一番ですが、昔のタイトルだとカードパワーが足りず近年発売されたタイトルとまともに戦えないことがあります。 そうするとプレイングではなくカードに負ける感覚を覚えてしまい、このゲーム自体を楽しめない可能性が高いです。 大雑把にですが、2017年までに発売されたタイトルであれば、どれでもある程度戦えると思います。 私なりの、を始めるのにオススメなタイトル、オススメしないタイトルを載せておきますので、興味のあるタイトルがあまりないという人の参考になれば幸いです。 しっかり組めば環境上位のタイトル。 チノココ(ラビットハウス軸)と言われるタイプは非常に使いやすくオススメです。 手札にcxを持ちやすいデッキなので、cxを使うことの大切さを学びやすいです。 山札を削る速度の大切さが分かるタイトルです。 規制カードもあり、多少詳しくなってからの方が楽しめるプールだと思います。 こちらも強いカード、弱いカードの判別ができるようになってから触るのをオススメします。 かなり努力しないと苦労するタイトルです。 もちろんオススメタイトルで始めないといけない、オススメではないタイトルは触ってはいけない、ということはありません。 これらはあくまで私の偏見でもあります。 なので「好きなタイトルで遊びたい!」というのであればそれも正しいことです。 カードゲームの楽しみ方はそれぞれなので、好きなタイトルで好きなキャラを使って遊ぶ、というのも楽しいですね。 そういった遊び方も楽しめるゲームだと思います。 しかし、「将来的にはの大会に出て勝ちたい」と考えるのであれば、やはり最初からある程度強いデッキを使わないと面白くないとも思います。 やはりは勝てないと面白くありませんしね。 そういった面で、初心者が勝ちやすいタイトル、勝ちにくいタイトルという意味での上のタイトル分けです。 なので、あくまで参考程度ということでお願いします。 多少は勝てないと面白くないと感じるのであれば特に。 ルールを知らないけれど始めたい、という人には雰囲気だけでも伝わればと思います。 ルールを覚えて、ある程度このゲームを分かった後にもう一度読んで貰えると分かることがあるかもしれません。 偉そうな言い方になってしまいましたが、「は割と楽しいゲーム」ということだけでも知って貰えれば嬉しいです。 は個人的に、としても楽しめ、大会に出て環境を考察し勝つことを目的としても楽しめるゲームだと思っています。 あなたもこの機会にぜひを始めてみましょう! 最後に のことを『萌え萌え』と言ってはいけません。 何事も楽しんでいきましょう。 もやっています。 よかったらフォローしてください。

次の

ヴァイスシュヴァルツ キャンセル出すぎやで!

ヴァイス シュヴァルツ キャンセル

Key 20th Anniversaryのブースターです。 【自】【CXコンボ】 このカードのバトル相手が【リバース】した時、あなたのクライマックス置場に「あたしたちは、仲間だ」があるなら、あなたは自分の山札の上から1枚までを、ストック置場に置き、自分の山札の上から1枚を公開する。 そのカードのレベルが1以上なら手札に加える。 自身アタック時に、《Anniversary》か《動物》1枚にターン中1500パンプ。 自分も対象にできるので、その場合はバニラサイズになりますね。 【自】 バトル中のこのカードが【リバース】した時、あなたは自分の山札の上から3枚までを、公開してよい。 1枚以上公開したなら、あなたはそれらのカードの《Anniversary》かカード名に「小鳥」か「篝」か「瑚太朗」を含むキャラを1枚まで選び、手札に加え、残りのカードを控え室に置き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。 「」とか「」あたりの亜種w 素のパワーが2000ですが、他の自キャラが相手を割れば、その度に自身に1000パンプされます。 つよい。 最近、当たり前に入ってきましたねw Key 20th Anniversaryのブースターです。 分割いたします。 【自】[1コスト] このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。 そうしたら、あなたは自分の控え室のクライマックスを1枚選び、手札に戻す。 【起】[手札の、《Anniversary》か《能力者》のキャラを1枚控え室に置く] あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+3000。 アンタッチャブルw 登場時、1コストで控え室からCX1枚回収。 【起】で、手札の《Anniversary》か《能力者》1枚捨てて、自キャラ1枚にターン中3000パンプ。 そうしたら、あなたは相手の、レベルが相手のレベルより高いキャラを1枚選び、控え室に置く。 【起】【カウンター】 助太刀2500 レベル2 「帰ってきた笑顔 美夏」ですねw ABに来たのはでかいです!非常に!w もあるし、助太刀的には完璧。 【永】 他のあなたの後列の、《Anniversary》か《だんご》のキャラ1枚につき、このカードのパワーを+500。 【自】 このカードが手札から舞台に置かれた時、あなたは自分のクロックの上から1枚を、控え室に置いてよい。 控え室CX2枚以下で早出し可能。 【起】[1コスト+このカードを控え室に置く] あなたは自分の山札を上から4枚まで見て、《Anniversary》か《死》のキャラを1枚まで選んで相手に見せ、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。 前列中央のLv3以上に1000パンプ。 起動は、1コスト+自身控え室で、《Anniversary》か《死》対象の4ルック。 【起】 [1コスト+このカードを【レスト】する] あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2500。 Lv応援と1コスト+自身レストで、自キャラ1枚にターン中2500パンプ。 まるでTDに入ってるかのようなLv応援w これだとLv応援なら現状は汐が優先かなぁ。 自身アタック時に、自身にターン中最大4000パンプ。 行き10000になりますねw 返しも6000あるので、助太刀構えてやりすごすって使い方はできそう。 【自】[2コスト] このカードが舞台から控え室に置かれた時、あなたはコストを払ってよい。 そうしたら、あなたは自分の控え室の《Anniversary》かカード名に「ルチア」か「静流」を含むキャラを1枚選び、手札に戻す。 悪くはないけど、シズルチアはLv1お腹いっぱいなので、必須ではないですねw のブースターです。 【起】 集中 [1コスト+あなたのキャラを2枚【レスト】する] あなたは自分の山札の上から4枚をめくり、控え室に置く。 それらのカードのクライマックス1枚につき、あなたは自分の控え室のキャラを1枚まで選び、手札に戻す。 他の自キャラがリバースしたら、自キャラ1枚に1000パンプ。 集中は、控え室からの回収ですねw 全キャラ対象なのは良いですね。 デメリット持ちのオバスペ。 デメリットはイベントと助太刀使用不可。 1枚以上公開したなら、あなたはそれらのカードの《冒険者》のキャラを1枚まで選び、手札に加え、残りのカードを控え室に置き、自分の手札を1枚選び、控え室に置く。 「」とか「」あたりの互換w 素のパワーが2500あるので、後列込みで3000〜4000ぐらいは見えるのが良いですよね。 つよい。 『【自】 このカードがフロントアタックされた時、あなたは他の自分のキャラを1枚と、このカードを選び、手札に戻してよい。 』 「」のダウングレード版w パンプが無くなった代わりに、素のパワーが500上がってます。 被フロントアタック時に、自身ともう1枚を手札に戻せるやつ。 相手の効果で、自身がリバース時に発動する効果を無かったことにできるのは、相変わらず強い。 一撃必殺の狙撃 レアリティ:CC 電源 「開花した才能 グラミン」の対応CXです。 あなたは自分のキャラを1枚選び、そのターン中、パワーを+2000。 すべてのプレイヤーは自分の山札の上から3枚をめくり、控え室に置く。 あなたのこの効果で控え室に置かれたキャラのパワーの合計が、相手のこの効果で控え室に置かれたキャラのパワーの合計以上なら、あなたは自分の控え室の《冒険者》のキャラを2枚まで選び、手札に戻す。 《冒険者》がいないと使えませんw 自キャラ1枚にターン中2000パンプ。 全プレイヤーが、山札3枚めくって控え室へ。 控え室に置かれたキャラのパワーの合計を相手と比較して、相手より高かったら控え室から《冒険者》2枚回収。 書いてあることは悪くないですけど、イベントにキャラのパワー参照があることに矛盾と違和感を感じますw だって、イベント使うためにデッキにイベント入れないといけないし、そうしたら、キャラの枚数は必然的に減るし・・・。 【自】 このカードが【リバース】した時、このカードのバトル相手のレベルが1以下なら、あなたはそのキャラを【リバース】してよい。 登場時、他の《冒険者》にターン中2000パンプ。 もう1つはLv1以下相打ち。 TDにLv1相打ちって珍しい気がしますが、そんなことなかったでしたっけ?w のブースターです。 昨日は力尽きてしまいました。。 すみません。 登場時、相手の前列キャラ1枚に、相手ターンの終わりまで1000パンプww デメリット持ちのオバスペですね。 相手に無条件に1000入るのは痛いかも知れない・・・。 「あなたの《華撃団》のキャラがいるなら、あなたは自分の山札を上から2枚まで見て、カードを1枚まで選び、手札に加え、残りのカードを控え室に置く。 」 「あなたは自分のクロック置場の《華撃団》のキャラを1枚選び、手札に戻し、自分の山札の上から1枚を、クロック置場に置く。 」 「あなたのキャラすべてに、そのターン中、パワーを+2000。 」 「あなたのキャラすべてに、そのターン中、ソウルを+1。 」 絵的な選択肢は3つなのに、効果の選択肢が4つあるのは草。 1)《華撃団》がいたら、山札トップ2枚まで見て1枚を手札へ。 3)自キャラ全体に、ターン中2000パンプ。 4)自キャラ全体に、ターン中ソウルパンプ。

次の

復讐の女神 ゴルゴーン(SR)|ヴァイスシュヴァルツカード通販の俺のターン

ヴァイス シュヴァルツ キャンセル

ブシロードのカードゲームは最初 ルールなどを飲み込むのがちょっと難しかったりしますよね。 表向きです。 レベル1以上のキャラ、イベント、クライマックスは自分のレベル置き場やクロック置き場に同じカードの色がある場合カードをプレイできます。 そのためレベル置き場などのカードの色は不正がないように常に自分と相手が何色があるかわかってないといけませんよね。 よって表向きにして置きます。 します。 アタックするたびにトリガーチェックですので、アタックした数だけトリガーチェックします。 いいえ、ちがいます。 一回のアタックのダメージ中にめくったカードでクライマックスが出たらそのダメージはクロックに置かれず控え室に行きます。 長文失礼しました。 以上で理解していただければ幸いです。

次の