源氏 物語 光源氏 の 誕生 現代 語 訳。 『源氏物語』桐壺その1 現代語訳 おもしろくてわかりやすい古文

「源氏物語:桐壺・光源氏の誕生〜前編〜」の現代語訳(口語訳)

源氏 物語 光源氏 の 誕生 現代 語 訳

=どの帝の御代だった(ろう)か、女御や更衣(が) 多くお仕え申し上げていらっしゃった中に、あまり 高貴な身分ではない(方)で、格別に帝のご寵愛を 受けていらっしゃる(方or后)がいた。 =(后として入内した)当初から我こそは(帝の寵愛 を受けよう)と自負していらっしゃった(女御の) 方々(は)、(この寵愛を受けていた女性を)目に 余る不快な者として蔑み妬み(軽蔑嫉妬)なさる。 同じほど、それより下臈の更衣たちは、まして安から ず。 =(この女性と)同じ身分やそれより低い身分の更衣 たちは、(女御の方々以上に)なおさら心穏やかで はない。 朝夕の宮仕へにつけても、人の心をのみ動かし、恨み を負ふ積もりにやありけむ、いと 篤しくなりゆき、も の心細げに 里がちなるを、 =朝夕の帝のお側仕えに際しても、(この女性は)他 の人の心を動揺させてばかりで、恨みを身に受ける 事が積もり重なった結果だったのだろうか、とても 病気がちになってゆき、何となく心細そうに実家に 下がりがちである(の)を、 いよいよあかずあはれなるものに思ほして、人のそし りをもえ憚らせ給はず、 <世のためしにもなりぬべき 御もてなし>なり。 =(帝は)ますます限りなく気の毒な(満ち足りる事 がなくしみじみと愛おしい)者にお思いになって、 周囲の人が悪口を言うのに対しても気兼ねする事が お出来になれない(程)、後世の語り草にもきっと なってしまいそうなご待遇(感心しないのなさりよ う)である。 =上達部や殿上人なども、(その様子を)感心しない 事と(思って)いつも目を背けており、とても見て いられない(程の人の)ご寵愛の受け方(ご寵愛ぶ り)である。 唐土にも、かかる事の起こりにこそ、世も乱れ、悪し かりけれと、やうやう天の下にもあぢきなう、人のも てなやみぐさになりて、楊貴妃の例も引き出でつべく なりゆくに、 =中国でも、こういう事が原因で世の中も乱れて悪く なったのだと、次第に国中でも道理に外れた(具合 の悪い)事として人々の悩みの種になって、楊貴妃 の例も引き合いに出してしまいそうになってゆくの で、 いとはしたなきこと多かれど、かたじけなき御心ばへ のたぐひなきを頼みにてまじらひ給ふ。 =(この方は)とても決まりが悪い事(が)多いが、 勿体ない帝のご愛情(寵愛)が類なく強い(の)を 頼りにして(他の方々と交じって)宮仕えなさる。 =取り上げる程のしっかりとした後見人(も)いない ので、何か事ある時はやはり頼るあて(が)なくて 心細そうである。 =(帝とこの方は)前世でもご縁(が)深かったのだ ろうか、世にまたとない(程の)清らかで美しい玉 のような皇子までもお生まれになった。 いつしかと心もとながらせ給ひて、急ぎ参らせて御覧 ずるに、めづらかなる稚児の御容貌なり。 =(帝は)早く(見たい)と待ち遠しくお思いになら れていて、(皇子を)急いで参内させて御覧になる と、めったにない程の(美しい)赤ん坊のご容貌で ある。 【四】<帝の皇子への思い> 一の皇子は、右大臣の女御の御腹にて、寄せ重く、疑 ひなき儲の君と、世にもてかしづき聞こゆれど、 =第一皇子は、右大臣(家出身)の女御からお生まれ になった方であって、後ろ盾(が)重々しく、疑い なく皇太子(となられる人)として、世間で大事に お世話し申し上げるが、 この御にほひには並び給ふべくもあらざりければ、お ほかたのやむごとなき御思ひにて、 =この(新たにお生まれになった皇子の)美しさには お並びになる事が出来そうもなかったので、(帝は 第一皇子に対して)一応(皇太子候補である)高貴 な方として(通り一遍)のお愛情であって、 この君をば、私物に思ほしかしづき給ふこと限りなし。 =この(新たにお生まれになった)皇子は、自分の宝 物にお思いになりこの上もな大事になさった。

次の

源氏物語 「光源氏の誕生」 現代語訳

源氏 物語 光源氏 の 誕生 現代 語 訳

原文(本文) 前の世にも御やけむ、世になく玉の男御子さへ給ひぬ。 とせ給ひて、急ぎてに、 稚児の御容貌なり。 一の皇子は、右大臣の女御の御腹にて、 、疑ひなきと、世に ど、この御 には並び給ふべくもあらざりければ、 の 御思ひにて、この君をば、私物に 給ふこと。 はじめよりの し給ふべき際にはあらざりき。 おぼえいとやむごとなく、ど、せ給ふあまりに、さるべき御 の折々、何事にもゆゑある事のふしぶしには、まづせ給ふ、ある時には 過ぐして、やがて候はせ給ひなど、御前去らずもてなさせ給ひしほどに、方にもしを、この御子生まれ給ひて後は、いとたれば、にも、、この御子の給ふべきなめりと、一の皇子の女御は思し疑へり。 人よりさきに給ひて、やむごとなき御思ひならず、皇女たちなどもば、この御方の御諌めをのみぞなほ、思ひける。 御蔭をば頼み聞こえながら、 疵を求め給ふ人は多く、わが身はか弱くありさまにて、もの思ひをぞし給ふ。 御局は桐壺なり。 現代語訳(口語訳) (帝とその寵愛を受けていた女性は)前世でもご縁が強かったのでしょうか、世にまたとないほど清らかで美しい玉のような皇子までもがお生まれになりました。 (帝は子どもを)早く(見たい)と待ち遠しくお思いになられていたので、急いで(皇子を)参上させてご覧になったところ、めったいないほど(美しい)赤ん坊の御容姿でいらっしゃいます。 (帝の)第一の皇子は、右大臣の娘で女御となった人がお産みになった子で、後ろ盾がどっしりしており、疑いなく皇太子(となられる人)であると、世間でも大切にお世話し申し上げていますが、この(新しくお生まれになった皇子の)生き生きとした美しさにはお並びになることができそうにもなかったので、(帝は、第一の王子に対しては、)普通の大切になさるという程度のご寵愛で、(新しくお生まれになった)この皇子には、自分の大事なものとお思いになり大切にお育てなさることこの上ありません。 (この皇子の母親である更衣は)当初は、ありきたりの帝のおそば勤めをなさらなければならない(低い)身分ではありませんでした。 世間の評判は並大抵ではなく、高貴な人らしく見えますが、(帝が)分別なく絶えずお側にいさせなるので、しかるべき管弦楽の遊びの機会や、何事につけても趣きのある催し事の度に、真っ先に(更衣を)参上させなさり、あるときには(更衣と一緒にお休みになられて)お寝過ごしになってそのままお側に付き添わせなさるなど、強引にお側から離れないようにお取り扱いになったうちに、自然と身分が低い者とも見えていましたが、この皇子がお生まれになってから後は、(帝は更衣のことを)たいそう格別にお心にかけ(るよう取り決め)られたので、皇太子にも、ひょっとしたら、この皇子がお就きになられるのかもしれないと、第一の皇子の女御はお思い疑いになっています。 (第一の皇子の母であるこの女御は)誰よりも先に入内申し上げなさったので、(帝が女御のことを)大切に思われるお気持ちは並大抵のものではなく、(第一の皇子だけではなく)皇女たちなどもいらっしゃるので、この女御のご忠告だけはやはりはばかられ、つらくお思い申し上げなさるのでした。 (更衣は)恐れ多い帝の御庇護を頼りにし申し上げていましたが、(更衣のことを)さげすみ欠点をお探しになられる方は多く、(更衣)自身の体はか弱くなんとなく頼りない様子であるので、(帝の寵愛を受けたことで)なまじっかよくないお思いをしていらっしゃいます。 (その更衣の)お部屋は桐壷という部屋です。

次の

今年こそ『源氏物語』…あなたが選ぶ現代語訳は? : 深読み : 読売新聞オンライン

源氏 物語 光源氏 の 誕生 現代 語 訳

これがまた楽しい現代語訳になっているのです。 読み始めてすぐに、 読み通せそう、と直感しました。 特徴としてまず挙げられるのが、現代日本人が読んでいてピンとくるような日本語表現が多用されている点です。 左馬頭という登場人物の一人が、自らの女性体験を語るときの出だしを少し引用してみます。 「以前、まだほんのペーペーでございました頃、愛しく思う人がおりました。 申し上げた通り、顔だちなどはさほど良くもありませんでしたから、若気の至りの浮気心で、この人を終生の妻にしようとも思いませんで、頼りになるとは思いながら、物足りなくて、何かと遊んでいたのです」 (第1巻P81より) この 「ペーペー」というのは新鮮でした。 「ペーペーでございました頃」の「ペーペー」と「ございました頃」のギャップが面白く、思わず笑ってしまいました。 ネット掲示板2ちゃんねるでみかける 「教えろください」にどこか通じるものがあります。 また、1シーン1シーンごとに 「ひかりナビ」と呼ばれる丁寧な解説が配置されているのが、助かります。 現代人の感覚では理解しにくいところも、この解説に目を通せば腑に落とすことができます。 例えば、登場人物の心理、仏教用語、小道具、当時の風習、歌の出自などに関する解説、タネ明かしが丁寧に記述されています。 この数ページごとに配置された「ひかりナビ」が、読んでいるうちにまた癖になってくるのです。 物語の本文の方は、情緒的で、暗示的で、遠回しな表現が多く、正直状況がイマイチつかめないということが、けっこうあります。 でもその後にすぐある解説を読むことで、書かれていた内容が明快に理解でき、 モヤモヤをすっきり解消してくれます。 ここでは具体的には書けませんが、解説も単刀直入で過激で、面白いです。 小説家の村上春樹氏がどこかで使っていた比喩を借りて言えば、ちょうど チョコレートと塩せんべいを交互に食べていくような感覚です。 甘い本文のチョコレート部分が終わったら、塩せんべいの「ひかりナビ」があって、次にまたチョコレート・・・という風に続き飽きが来ません。 源氏物語は、聖徳太子、楊貴妃、玄宗皇帝、弥勒菩薩、長谷寺、法華経、史記、白氏文集、蓬莱の山など、詳しく知っている人が読むとニヤっとしてしまうような、 古代日本と中国の定番ワードがゴロゴロ登場するので、そういう方面の知識があるとより楽しめると思います。 以上、古典が得意というわけではないけれど、一度は読んでおきたいという人におすすめの超読者フレンドリーな大塚ひかり氏の源氏物語訳の紹介でした。 おすすめです!.

次の