グレタ コラ。 クレクレタコラ

[B! フェイク] ヴィーガンのグレタさん(Thunberg氏)の写真を加工捏造、拡散している有名人が多数いる

グレタ コラ

125カ国で100万人以上の若者たちが参加した、「未来のための世界気候ストライキ」は、驚くほど日本では知られていない。 ストックホルムに住む16歳のグレタ・トゥーンベリが、気候変動に対する政府の無策に抗議するために始めた学校ストライキは、SNSによって瞬く間に世界に拡散された。 いま目の前で起こっている気候変動と一生を過ごすのは、まぎれもなく彼女たちの世代なのだ。 (雑誌『WIRED』日本版VOL. 34より転載) TEXT BY AMELIA TAIT PHOTOGRAPHS BY AORTA TRANSLATION BY YUMIKO UEHARA 2019. 13 FRI 11:00 FridaysForFuture、始動 グレタ・トゥーンベリがInstagramアプリをダウンロードしたのは、2018年6月のことだった。 スウェーデンに住む彼女が最初に投稿したのは、飼っている救助犬ロキシーと自分の写真だ。 Instagramで写真を公開する15歳の少女としては、ごくありふれた内容である。 それでも、自家栽培のトマトや草原や湖を写した写真には、自然に対するトゥーンベリの熱意が垣間見えていた。 事実、その1カ月前に、スウェーデンの日刊紙Svenska Dagbladetが主催した気候変動に関するエッセイコンテストで、彼女の作品が最優秀賞に選ばれている。 「わたしが望むのは、安全だという気持ちでいられることです」と彼女は書いている。 「人類史上最悪の危機にあると知っていて、どうすればそんな気持ちでいられるというのでしょう? 気候への負荷を減らすため、トゥーンベリは12歳で肉を食べるのをやめ、飛行機に乗るのをやめた。 地球温暖化に対する不安が一因でうつ状態となり、学校に行かない時期もあった。 18年の夏、スウェーデンに熱波と森林火災が拡がったときにも、強い危機感に苦しんだ。

次の

グレタ・トゥーンベリさん、国連で怒りのスピーチ。「あなたたちの裏切りに気づき始めています」(スピーチ全文)

グレタ コラ

しかしどれだけ私が怒り悲しんでいようとも、私はそれを信じたくありません。 なぜなら、もしあなたたちが状況を理解していながら行動を起こしていないのであれば、それはあなたたちが邪悪な人間ということになるからです。 私はそれを信じたくありません。 二酸化炭素排出量を10年で半分に減らしたとしても、地球の平均気温を1. そしてそれによる取り戻しのつかない連鎖反応を埋め合わせることは、制御不能になります。 しかしその数字には、ティッピング・ポイント(小さな変化が集まって、大きな変化を起こす分岐点)やフィードバックループ(フィードバックを繰り返して改善していくこと)、空気汚染に隠されたさらなる温暖化、そして環境正義や平等性などの要素は含まれていません。 そして、私たちや私たちの子供の世代に任せっきりで、何千億トンもの二酸化炭素を吸っている。 私たちは、結果とともに生きなければいけないのです。 「気候変動に関する政府間パネル」が発表した、地球の温度上昇を1. 今日、その数字はすでに350ギガトンにまで減っている。 なぜこれまでと同じやり方で、そしていくつかの技術的な解決策があれば、この問題が解決できるかのように振舞っていられるのでしょうか。 現在の排出量レベルを続ければ、残っているカーボンバジェット(温室効果ガス累積排出量の上限)は、8年半以内に使い切ってしまいます。 しかしこの現状に沿った解決策や計画は作られないでしょう。 なぜならこの数字は、とても居心地が悪いから。 そしてあなたたちは、それを私たちにはっきりと言えるほど十分に成熟していない。 あなたたちは、私たちを失望させている。 しかし、若い世代はあなたたちの裏切りに気づき始めています。 未来の世代の目は、あなたたちに向けられている。 もしあなたたちが裏切ることを選ぶのであれば、私たちは決して許しません。 私たちはこのまま、あなたたちを見逃すわけにはいかない。 今この場所、この時点で一線を引きます。 世界は目覚め始めています。 変化が訪れようとしています。 あなたたちが望もうが望むまいが。

次の

【画像】グレタさん、豪遊していたのがバレるwwwwwwww│ニュースちゃんねる

グレタ コラ

クレクレタコラ クレクレタコラ 「クレクレタコラ」、それは学芸会のようなセットにて、着ぐるみの怪獣たちが登場する幼児番組である。 しかし、その日常は凄絶!モノが欲しければ棍棒・銃器などを用いて略奪し、リンチや詐欺など当たり前!さらには暴力革命、学園争議なども起こる、驚愕の幼児番組である! ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 2003. 19up ・ 2003. 19up ・ 2003. 19up ・ 2003. 23up ・ 2003. 07up ・ 2003. 07up ・クレクレタコラ・キャラクター一覧 <各話一覧の見方> タイトル:各エピソードのタイトル 収録媒体:2002年発売のDVD、1997年発売のVHS、年代は忘れたがそれより前に発売されたLD。 このどれに収録されているのかを示す。 暴力性:そのエピソードで行われた物理的暴力を5段階評価。 まったくの主観。 たとえ星一つでも、それなりに暴力的かも。 反社会性:そのエピソードで行われた犯罪や各キャラクターの発言・ナレーターが、社会秩序にどれだけ挑戦的かを5段階評価。 やはりまったくの主観だが、コンフリクトの解決に暴力を用いる、公共物の盗難、インフラの破壊、権力の打倒などが行われるほど、評価は高くなる。 星一つなエピソードも、十分に反社会的かも。 登場キャラクター:登場した常連キャラクター書き並べる。 夢オチもカウントした。 変装のみで本人が出ない場合は括弧でくくって区別。 ちなみに常連キャラクターとは、「タコラ、チョンボ、デブラ、モンロ、イカリー、シクシク、ヘララ、ビラゴン、トロロ、自動販売機」を指す。 起きた犯罪:行われた犯罪を書き連ねる。 夢オチのものもカウントしたが、回想は括弧でくくって区別した。 傷害と暴行、窃盗と強盗、強盗と恐喝など分類にかなり迷ったが、主観で判断。 銃刀法違反や軽犯罪法違反、犯罪教唆、逃亡、逃亡幇助などはキリがないのでカウントしなかった。 また、特別公務員暴行陵虐致傷は暴行に加えた。 略奪された品:利害が一致せずして、所有者が変わった品のリスト。 夢オチのものもカウントしたが、回想は括弧でくくって区別した。 横領された占有離脱物もカウントした。 使用武器:攻撃・脅迫に使用された武器のリスト。 夢オチのものもカウントしたが、回想は括弧でくくって区別した。 また、デブラの拳銃のようにいつでも携帯しているものは、明確な意思をもって抜いた場合のみカウントした。 たまに登場するボックスマガジンつきの自動火器は、アサルトライフルにもサブマシンガンにも、さらにはBARのような軽機関銃にも見えるが、サブマシンガンに統一。 目的:そのエピソードに於けるタコラの行動の目的。 タコラの目的は変遷し、手段が目的化したりもしばしばだが、一応エピソードの中で核心と言えそうなものを記述。 オチ:タコラが最終的にどうなったのか、コンフリクトがどう解決したのかを分類。 「暴力による報復」「闘争に敗北」「権力による処断」「徒労」「自滅」「共倒れ」「カタストロフ」「目的達成」を設定したが、これだけでは分類しきれないエピソードが多く、無理がある。 参考程度。 解説:そのエピソードの簡単なあらすじと、特記事項を記述。

次の