ジャンプ 電子 版。 ジャンプ電子版の更新時間はいつ?ジャンプの定期購読するなら電子版が便利!

週刊少年ジャンプの電子版サイコー!まだコンビニに走って消耗してるの?

ジャンプ 電子 版

当月の料金は購読期間の残日数にかかわらず発生します。 月の途中で解約された場合の会員情報は以下となります。 月末最終日までは購読期間が維持されます。 有料会員・購読期間あり• 翌月月初よりバックナンバーを含むすべての「週刊ヤングジャンプ」を閲覧することができなくなります。 無料会員・購読期間なし 途中解約の例 例1)• 2019年7月4日に申し込み• 2019年7月に発売の「週刊ヤングジャンプ」はすべて読み放題• - 月額請求:初回申込特典により無料• - バックナンバー:2018年7月から2019年6月に発売された「週刊ヤングジャンプ」まで閲覧可能• 8月1日に自動引き落としプランで決済• 2019年8月に発売の「週刊ヤングジャンプ」はすべて読み放題• - 月額請求:8月分料金1,300円 税込• - バックナンバー:2018年7月から2019年7月からに発売された「週刊ヤングジャンプ」まで閲覧可能• 9月1日に自動引き落としプランで決済• 2019年9月に発売の「週刊ヤングジャンプ」はすべて読み放題• - 月額請求:9月分料金1,300円 税込• - バックナンバー:2018年8月から2019年8月からに発売された「週刊ヤングジャンプ」まで閲覧可能 例2)• 7月15日に申し込み• 2019年7月に発売の「週刊ヤングジャンプ」はすべて読み放題• - 月額請求:初回申込特典により無料• - バックナンバー:2018年7月から2019年6月に発売された「週刊ヤングジャンプ」まで閲覧可能• 2019年8月に発売の「週刊ヤングジャンプ」はすべて読み放題• - 月額請求:8月分料金1,300円 税込• - バックナンバー: 2018年8月から2019年7月に発売された「週刊ヤングジャンプ」まで閲覧可能• 9月1日は購読期間外となり、バックナンバーを含めたすべての「週刊ヤングジャンプ」は閲覧不可になる• 10月3日に再度申し込み• 2019年10月に発売の「週刊ヤングジャンプ」はすべて読み放題• - 月額請求:10月分料金1,300円 税込• - バックナンバー:2019年9月に発売された「週刊ヤングジャンプ」は閲覧不可。 2018年10月から2019年8月に発売された「週刊ヤングジャンプ」まで閲覧可能.

次の

週刊少年ジャンプも電子書籍で!ブラウザ・アプリで読める!

ジャンプ 電子 版

ジャンプには電子版があり、アプリなどでジャンプ作品を読むことができます。 ジャンプの作品のファンは多いと思いますが、「週刊少年ジャンプ」などの雑誌やジャンプ掲載の作品が電子版で読めるんです。 そんなジャンプ電子版の作品が読める電子書籍サイトや、定期購読、アンケートなどジャンプ電子版の気になることをまとめてみました。 アプリ版とブラウザ版の両方があり、自分が好きな方で利用することができます。 漫画をレンタルする場合は、無料会員登録が必要です。 48時間、レンタルした漫画を読むことができます。 ブラウザ版の場合はジャンプBOOKストアで購入し、読むようにしてください。 週刊少年ジャンプを定期購読する場合も、ジャンプBOOKストアで申し込むことができます。 ジャンプ電子版のジャンプBOOKストアとは? ジャンプ電子版には「ジャンプBOOKストア!」もあり、こちらもアプリ版とブラウザ版の両方で読むことができます。 こちらでは集英社のジャンプ漫画が購入できます。 値段が紙の本よりも安く設定されているので、少しだけお得にジャンプ漫画が読めます。 ジャンプ電子版でオールカラー電子書籍が読める ジャンプBOOKストアで購入できる電子書籍の中には、オールカラー版があります。 ジャンプBOOKストアでの漫画の発売は、紙の本の発売から3カ月程度の期間が空きますが、カラー版だと更に配信開始まで時間がかかるようです。 カラー版は着色作業が必要なため、時間がかかるんですね。 もしカラー版で読みたいというときは、根気強く待つようにしましょう。 週刊少年ジャンプは読むことができる?定期購読は? 週刊少年ジャンプをジャンプBOOKストアで購入し、読むことができます。 定期購読の申し込みはジャンプBOOKストアからすることになります。 ジャンプ電子版は定期購読がおすすめ! ジャンプ電子書籍を定期購読すると、最新号がすぐに読めておすすめです! 月額900円で「週刊少年ジャンプ」、「ジャンプGIGA」の最新号が読め、「ジャンプSQ」「ウルトラジャンプ」は3か月1500円で定期購読できます。 申し込んだ月に配信されるジャンプ電子版と、前月の最後に配信されたものが読めます。 月の途中で申し込んだとしても、月初申し込み、という扱いになります。 定期購読できるジャンプ電子版には、ブラウザ版、アプリ版があって、いずれかの申し込みをすれば、購読しているジャンプを共有できるから、どちらでも読めて便利ですよ。 通常のジャンプ電子版を1冊ごと購読すると、1冊250円なので、毎週買うよりもお得に読めるのもいいですね。 ですが、iosアプリ、androidアプリから定期購読を申し込んでいた場合は継続利用ができないようです。 一度アプリ版で定期購読を停止し、それからブラウザ版で改めて申し込みすることがきでます。 (同じ月に定期購読の申し込みはできないため、ご注意ください) 定期購読の申し込みをする前に、アプリのヘルプなどをチェックして、よく確認するようにしましょう! ジャンプ電子版のメリットとデメリット ここではジャンプ電子版のメリットとデメリットを簡単にご紹介します。 ジャンプ電子版を使用するメリット ジャンプ電子版を利用するメリットは、スマートフォンやタブレットでいつでもジャンプ作品が読めて便利ということです。 ジャンプ電子版を使用するメリットは先に紹介したような、カラーの漫画を読めることです。 紙の本はモノクロが多いですが、電子版だとカラーで作品を配信しているものもあります。 また、アプリ版ではアプリ版限定で特典がついているものがあるのも、メリットですね。 ジャンプ電子版を利用するデメリット ジャンプ電子版を利用するデメリットは、雑誌などについている特典がもらえない、懸賞などに応募できないケースがあることです。 紙の本と違って場所を取らないというメリットがありますが、懸賞や雑誌についている特典が欲しいというときは、電子版ではなく紙の本で購入するようにしましょう。 また、ジャンプ電子版では雑誌の発売時間が決まっているため、フラゲができないというデメリットもあります。 ジャンプ電子版からアンケートに答える 週刊少年ジャンプには、アンケートの人気投票で本紙に掲載される作品が決まってくるシステムがあります。 そのアンケートに、ジャンプ電子版でも答えることができます。 紙の雑誌だとアンケートはがきを出さなければならなかったのですが、電子版はすぐにアンケートの回答を送信できるので簡単です。 好きな作品を継続させるためにも積極的にアンケートに答えていきましょう。 自分のアンケートの1票が作品に大きくかかわるのでわくわくしますよね。 ジャンプ電子版の更新時間は? ジャンプ電子版で雑誌の最新号は更新時間が発売日の朝5時頃となっています。 コンビニに急いで最新号を買いに行っていた人も多いと思いますが、電子版なら更新時間が早く、発売してすぐに最新号をいつでもどこでも読むことができます。 わざわざ外に出て買いに行かなくていいので、ジャンプ電子版はとても助かりますね。 更新時間が朝5時頃のため、もしもっと早く雑誌が読みたいというときは、深夜0時から雑誌を販売するコンビニに行く方が早いでしょう。 ジャンプ電子版では、ジャンプ漫画を作品毎に購入することもでき、こちらの更新時間は作品によって異なります。 Kindleでジャンプの雑誌を検索してみると、「ジャンプGIGA」や「ヤングジャンプ」がありました。 ですが、「週刊少年ジャンプ」はkindleにはないようです。 雑誌ではなく、ジャンプに掲載されている作品はkindle版が配信されています。 ジャンプ電子版ではなく、kindleを使用している人は週刊少年ジャンプは読めないけど、ジャンプ漫画の単行本は読むことができます。 ジャンプ電子版はバックナンバーも読める ジャンプ電子版のいいところは、以前購読したバックナンバーもすぐに読めるところです。 紙の本だと取っておくのも探すのも大変でしたが、電子版ならすぐにバックナンバーから読み返したい作品を探せて便利です。 バックナンバーは2014年6月2日に発売された「週刊少年ジャンプ27号」から現在までのものが購入できるようです。 (2019年8月現在) 見逃してしまったバックナンバーも250円で購入することができるので、以前販売していたジャンプを読むことができるのはうれしいですね。 ジャンプ電子版を読むのに必要な容量は? 漫画のアプリは容量が必要になってきます。 アプリ版だとスマートフォン本体に作品がダウンロードされるので、その分の容量が必要です。 週刊少年ジャンプを毎週購読する場合は、毎週雑誌をダウンロードすることになり、ジャンプ電子版の容量がどんどん溜まっていきます。 容量が気になる人は、アプリ版で作品をダウンロードせず、ブラウザ版で読むか、ジャンプ掲載の作品ごとに最新刊が読める電子書籍サイトで読むことをおすすめします。 ジャンプ漫画の電子版が読める電子書籍サイトは? 「少年ジャンプ」に掲載されている漫画の最新刊が読める電子書籍サイトはどこを選べばいいでしょうか? 電子書籍サイトのおすすめはモビぶっくです。 モビぶっくはジャンプ掲載のコミックが揃っていて、作品も探しやすく、おすすめのサイトです。 月額登録のポイントやその都度ポイント購入をして、スマホやパソコンなどいろいろな端末からサイトにアクセスして読むことができます。 無料の試し読みができるのもいいですね。 モビぶっくは電子書籍の総合書店です。 スマートフォン、タブレット、パソコンなどあらゆる端末で電子書籍がお楽しみいただけます。 人気&話題のマンガ・コミックを毎週更新します。 その他、ebookJpan、Booklive、hontoなど、いろいろな電子書籍サイトからジャンプ漫画が読めます。 まとめ ジャンプ電子版は、定期購読で雑誌がお得に読めたり、バックナンバーを読めたり、どこでも好きな時に読めるのでファンにはとても便利なサービスです。 ジャンプ電子版が読めるのは、アプリとブラウザ版の2つです。 週刊少年ジャンプも電子版なら、発売日の朝の5時に更新されるのですぐ最新号をチェックできます。 容量が気になる人は、電子書籍サイトを利用してみるのもいいですね.

次の

週刊少年ジャンプを発売日に買いに行くのだるいから電子書籍版で良いんじゃないですかね。

ジャンプ 電子 版

超人気漫画の キングダムや 東京喰種トーキョーグールを始めとして、 ゴールデンカムイやお色気要素多めの 源君物語など、人気作品が多いヤングジャンプを定期購読されている方も多いと思います。 紙媒体を定期購読するデメリットとして「毎回買いに行く必要がある」「売っていない場合がある」「読まなくなったら邪魔になる」「処分が面倒くさい」等々・・・。 個人的には週刊誌を読むなら電子書籍の方が紙媒体より相性が良いと思っています。 漫画であればシリーズ全巻を揃えたいというコレクター的な気持ちが出てきますが、週刊誌はそれと違うかなぁと。 そこで、本記事ではヤングジャンプ(ヤンジャン)電子版を読めるおすすめのサイトを厳選してご紹介していきます! 厳選おすすめサイト• U-NEXT|最もおすすめ!最高の充実度! の 電子書籍では33万冊以上が配信され、人気コミックから小説、ビジネス書や週刊誌と幅広いコンテンツを取り扱っています。 もちろん、電子書籍のみならず映画最新作、地上波テレビの追っかけ放送、海外ドラマや韓国ドラマといった映像コンテンツまで充実しています! では31日間の無料体験が可能なので、まず登録してみて感触をつかんでみるのがおすすめです! ちなみに、 31日間無料体験に登録するだけで600ポイント(1ポイント=1円)が付与されるので、そのポイントを使えば最新映画や漫画最新作を読むことも出来ます。 U-NEXTの詳しいメリットやデメリットが知りたい方はも合わせてご覧下さい。 31日間の無料体験(もちろん、期間内に解約すれば一切料金はかかりません)、さらに600ポイントの利用で是非お試しください! 無料体験利用者の口コミ情報等も確認してみると、より利用の判断が出来ると思いますので も確認しておくのがおすすめです! まとめ• 会員登録:無料• 取り扱い漫画数:55万冊以上• 無料漫画数:9,000冊以上 漫画村の閉鎖に伴い、合法的な漫画配信サイトへの注目度が高まっている中、圧倒的にシェアを拡大しているのがeBookJapanです。 圧倒的な取り扱い冊数がかなり魅力的で、私も含め、身近な友人もeBookJapanを利用しています。 2018年7月4日時点では「556,979冊」も取り扱っているという、電子書籍系の漫画サイトの中ではトップクラスのボリューム感です。 それもそのはず、ほぼ全てのジャンルの漫画が配信されており、がっつりアダルト系からコアなジャンルの漫画まで配信されているので、もう漫画に関する趣味はeBookJapan(イーブックジャパン)だけで完結してしまいそうな勢いです。 漫画系週刊誌で言えば、ヤングジャンプのみならず、メジャーどころはほぼ全て配信されています。 CHECK Amazon Kindle|超有名どころはここ! 既に利用されている方も多いと思いますが、Amazon Kindleでもヤングジャンプの電子版を購入することが可能です。 電子書籍を読む専用の端末としてや等を持っている方は、Kindleにて配信されているのでこちらを利用しても良いかと思います! 他にも、普段からAmazonを利用されている方やを愛用している方にとってはこちらがベストです。 特にAmazonのゴールドカードを持っている方はAmazonのショッピングで、2. 5%がポイント還元、Amazon以外で利用した場合にも1%還元されますからね・・・。 20歳から申し込めるので、まだ申し込みをされていない方はチェックしてみて下さい!.

次の