新型 コロナ ウイルス 感染 者 茨城。 新型コロナ、茨城の80代男性感染 県内計5人に [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

茨城県初の新型コロナウイルス感染者は誰?入院先の病院は?

新型 コロナ ウイルス 感染 者 茨城

【AD】 茨城県は4日、県内で新型コロナウイルスの感染が新たに5人確認されたと発表した。 うち2人は、愛媛県で感染確認された夫婦の娘夫婦で、神栖市の30代無職女性と夫の30代会社員男性。 別の2人は、いずれも3日に感染確認された古河市の飲食店 都内 経営の50代男性の友人で同市の40代自営業男性。 都内に勤務するつくば市の30代会社員男性も陽性が判明した。 全員軽症という。 県内の感染確認は計59人となった。 神栖市の夫婦の2人は、3月下旬、愛媛県から来た両親と市内で会っていた。 古河市の40代2人は、飲食店経営の50代男性と3月下旬、都内で3人で食事をしていた。 都内勤務の30代男性は3日に帰国者・接触者外来を受診。 家族など濃厚接触者のPCR検査を実施する。 クラスター 感染者の集団 が発生した神栖市の障害福祉サービス事業所「ハミングハウス」の施設利用者、施設職員の計28人はPCR検査で陰性だった。 県は3日に感染確認された竜ケ崎保健所管内の60代男性が、龍ケ崎市在住で都内勤務の会社員と明らかにした。 また、集団感染が起きた千葉県東庄町の障害者福祉施設「北総育成園」で、新たに神栖市の50代男性の感染が確認され、軽症と発表。 患者発生数は千葉県に計上される。 三次豪.

次の

新型コロナウイルス感染症まとめ

新型 コロナ ウイルス 感染 者 茨城

茨城県新型コロナウイルス感染症拡大防止協力金について 新型コロナウイルス感染拡大防止のため,県の要請や協力依頼に応じて,施設の使用停止や 営業時間の短縮に協力いただいた中小企業・個人事業主の皆様に対し,協力金を支給いたします。 詳細はホームページ下部に掲載している「よくあるお問合せFAQ」を参照してください。 対象者・支給額 休業要請等の対象施設で事業を営む中小企業及び個人事業主であって,休業の要請等に全面的にご協力いただいた皆様に協力金を支給します。 休業要請等の対象施設 支給額 条件 支給額 自己所有 10万円 賃借している対象施設が1か所 20万円(上記+10万円) 賃借している対象施設が2か所以上 30万円(上記+10万円) 賃借しているとは貸主に金額を支払い,対象施設を使用していることです。 ) 県民センター(平日のみ),県税事務所(平日のみ),市町村(平日のみ),商工会議所,商工会,金融機関 申請書の提出方法 *新型コロナウイルス感染症の拡大を防止するため, 直接お越しいただいてのご提出はご遠慮ください。 *ご提出は 郵送にて受け付けております。 * 簡易書留など郵便物の追跡ができる方法で郵送ください。 6月30日(火曜日)の消印有効です。 休業要請及び協力金に関するお問い合わせ 開設時間9時~17時(土日祝日を含む毎日) 電話番号 029-301-5375 よくあるお問い合わせ その他 (1)申請書類を受理した後,その内容を審査の上,適正と認められるときは協力金を支給します。 支給する旨を決定したときは,後日,支給に関する通知を発送いたします。 (2)本協力金支出事務の円滑・確実な実行を図るため,必要に応じて対象施設の休業等の取組に係る実施状況や対象施設の運営等の再開の状況に関する検査,報告又は是正のための措置を求めることがあります。 求めに応じて頂けない場合には支給できないことがあります。 (3)本協力金支給の決定後,申請要件に該当しない事実や不正等が発覚した場合,本協力金の支給決定を取り消し,協力金の返金及び加算金を求めます。

次の

新型コロナウイルス感染速報

新型 コロナ ウイルス 感染 者 茨城

【AD】 新型コロナウイルスの感染者が茨城県内で初めて確認されてから31日で2週間を迎える。 これまでの感染者は県外在住3人を含め10市町で20人 30日時点。 このうち重症1人を含め全員入院か入院予定で、県南地域の居住者が7割超の15人と目立つ。 当初は海外や都内での感染が疑われるケースが目立ったが、感染経路が分からない患者も出始めている。 県によると、70代男性と濃厚接触した可能性があるのは60人程度。 このうち医師や看護師ら32人と、男性の家族1人、男性と同部屋か同じ病棟の入院患者21人の計54人については30日までの検査で陰性が確認されている。 一方で同センターは27日から外来診療や救急外来の受け入れを2週間停止。 周辺の医療機関に協力要請するなど地域医療にも影響が出ている。 県内20人のうち海外渡航歴があるのは4人で、東京など県外での感染が疑われるのは2人。 濃厚接触者として陽性となった人は11人いる。 一方で、感染経路が現時点で分かっていないのは少なくとも3人。 5例目の80代男性にダンスを教えたダンス講師についても、イタリア滞在歴はあるが、帰国から発症までに1カ月以上あるため県が感染経路を調査中だ。 レッスンを受けた生徒34人もリストアップし、すでに感染した1人のほか33人を健康観察している。 30日には、陽性が確認された職員1人と施設利用者2人、利用者の家族2人の計5人がいずれも神栖市在住だったことが分かった。 神栖市は29日、市内の児童クラブ2施設と保育園2園の休止を決めた。 潮来市は30日から市役所以外の公共施設の休館・休止を決定、公共施設で開催予定の市民講座も延期とした。 行方市は市内の社会教育施設の休止期間を今月末から4月末へ延長。 通常開館していた公民館と図書館の利用も一部制限した。 4月から中核市に移行する水戸市は1日の保健所開所に合わせ「帰国者・接触者相談センター」を設置し、感染疑いのある人から相談を受け付ける。 PCR検査や感染者が発生した場合の濃厚接触者の調査などは県と連携して取り組む。 戸島大樹、松浦かえで 【県内の新型コロナ感染者】 30日午後10時現在 患者 居住地 職業 主な行動歴 感染 判明日 1 30代男性 ひたちなか市 会社員 イタリア出張 17日 2 20代男性 つくば市 大学生 スペイン、フランスなど旅行 18日 3 50代男性 阿見町 会社員 タイ旅行 18日 4 40代女性 土浦市 派遣社員 都内「永寿総合病院」など勤務 22日 5 80代男性 つくば市 無職 つくば市内病院に入院中に判明 23日 6 70代女性 つくば市 無職 5例目の妻 24日 7 40代女性 静岡県 医師 5例目の娘、付き添い 24日 8 70代女性 桜川市 家政婦 5例目の付き添い 24日 9 40代男性 つくば市 社交ダンス講師 1月末に伊滞在、5、6例目にレッスン 24日 10 40代男性 牛久市 ゴルフ場従業員 都内で飲食、遊技施設など 24日 11 50代女性 つくば市 研究所職員 9例目からレッスン 27日 12 70代男性 つくばみらい市 無職 JAとりで総合医療センター入院患者 27日 13 70代男性 龍ケ崎市 無職 12例目と同部屋の入院患者 27日 14 40代女性 つくばみらい市 無職 12例目と同居の娘 28日 15 80代男性 県外 無職 12例目と同部屋の入院患者 28日 16 40代女性 つくば市 施設職員 つくば市の老健施設勤務 28日 17 90代女性 つくば市 無職 16例目の施設入所者 30日 18 80代女性 取手市 無職 12例目と同一病棟に入院 30日 19 70代男性 守谷市 無職 12例目と同一病棟に入院 30日 20 70代女性 県外 無職 12例目と同一病棟に入院 30日.

次の