パンダ のみ みみ。 パンダ

ジャイアントパンダの近況[51]|上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO

パンダ のみ みみ

呼称 [ ] 単にパンダといった場合にはジャイアントパンダのことを指すことが多い。 しかし、先に西洋に報告されたのは1821年に博物学者に知られることとなったレッサーパンダ Hardwicke,1826 でジャイアントパンダが報告される David,1869 まで唯一のパンダとして知られていた。 先に発見されたレッサーパンダに対して「」と命名され、後に類縁関係にあると見做されたジャイアントパンダが発見されたことを受けて、従来のパンダをでレッサーパンダ( 英lesser panda 「小さい方のパンダ」の意)と呼ぶようになったという経緯がある。 の語源は明らかでないがネパール語のnigalya ponyaだといわれている(nigalyaは竹、ponyaは母指球あるいは爪を意味するponjaに由来)。 これらの使い分けは、本項のパンダと同様である。 「熊猫」の字義に着目すると、ジャイアントパンダと体格などの共通点に乏しい「」の字が使われていることは不可解であるが、原義はレッサーパンダのことだということを念頭に置けば理解しやすい。 なお、現在のでは「猫熊」と呼ばれている。 パンダの系統問題 [ ] ジャイアントパンダとレッサーパンダの類縁関係については現生種が少ないこともあり長く議論が行われた。 分子系統学等による解明 [ ] ジャイアントパンダとレッサーパンダは高度に草食適応を示す種で、ともに竹を主食にしており、それを掴むため前肢の橈側手根骨が肥大化している。 このことから、これら2種は近縁と考えられ、 パンダ科(Ailuridae、先に発見されたレッサーパンダ属がのためレッサーパンダ科とも)が置かれることもあった。 やに入れられるときも、2種が近縁であることを前提として論じられることが多かった。 しかし、ジャイアントパンダについてはDavid(1869)やDavis(1964)の解剖学的分析によりクマ科の系統に近縁な種とされ、分子情報を用いた研究からもそれが明かになった。 一方でレッサーパンダの進化的類縁関係については21世紀になってからも議論が続いたが、2010年代にはレッサーパンダはイタチ上科の中でスカンク科に続いて2番目に分岐した系統であるとみられるに至った。 ジャイアントパンダは、レッサーパンダは(現生種はレッサーパンダのみ)に分類されている。 この両科の関係は遠い。 2種の共通点はによるものだったことが判明している。 パンダを含む系統 [ ] M. Salesaらによる系統 を、絶滅種を除くなどして簡略化。 なお、『』に書かれている分類と異なり、を置いていない。 レッサーパンダ科(Ailuridae)は訳が違うだけでかつてのパンダ科と同じ科だが、現在のレッサーパンダ科に含まれるのはレッサーパンダおよび近縁と考えられる化石種のみである。 クマ下目• クマ科• ジャイアントパンダ• その他のクマ科+• イタチ小目• レッサーパンダ科• その他のイタチ小目• アライグマ科 脚注 [ ] []• 2011年6月22日. の2013年8月11日時点におけるアーカイブ。 2013年8月11日閲覧。 Salesa MJ et al. 2005年12月30日 , PDF , , の2007年9月30日時点におけるアーカイブ。 , 2007年6月4日閲覧。 外部リンク [ ] ジャイアントパンダ ウィキメディア・コモンズには、 ()に関するメディアがあります。 ウィキスピーシーズには、 に関する情報があります。 ウィクショナリーには、の項目があります。 レッサーパンダ ウィキメディア・コモンズには、 ()に関するメディアがあります。 ウィキスピーシーズには、 に関する情報があります。 ウィクショナリーには、の項目があります。

次の

ジャイアントパンダの近況[51]|上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO

パンダ のみ みみ

呼称 [ ] 単にパンダといった場合にはジャイアントパンダのことを指すことが多い。 しかし、先に西洋に報告されたのは1821年に博物学者に知られることとなったレッサーパンダ Hardwicke,1826 でジャイアントパンダが報告される David,1869 まで唯一のパンダとして知られていた。 先に発見されたレッサーパンダに対して「」と命名され、後に類縁関係にあると見做されたジャイアントパンダが発見されたことを受けて、従来のパンダをでレッサーパンダ( 英lesser panda 「小さい方のパンダ」の意)と呼ぶようになったという経緯がある。 の語源は明らかでないがネパール語のnigalya ponyaだといわれている(nigalyaは竹、ponyaは母指球あるいは爪を意味するponjaに由来)。 これらの使い分けは、本項のパンダと同様である。 「熊猫」の字義に着目すると、ジャイアントパンダと体格などの共通点に乏しい「」の字が使われていることは不可解であるが、原義はレッサーパンダのことだということを念頭に置けば理解しやすい。 なお、現在のでは「猫熊」と呼ばれている。 パンダの系統問題 [ ] ジャイアントパンダとレッサーパンダの類縁関係については現生種が少ないこともあり長く議論が行われた。 分子系統学等による解明 [ ] ジャイアントパンダとレッサーパンダは高度に草食適応を示す種で、ともに竹を主食にしており、それを掴むため前肢の橈側手根骨が肥大化している。 このことから、これら2種は近縁と考えられ、 パンダ科(Ailuridae、先に発見されたレッサーパンダ属がのためレッサーパンダ科とも)が置かれることもあった。 やに入れられるときも、2種が近縁であることを前提として論じられることが多かった。 しかし、ジャイアントパンダについてはDavid(1869)やDavis(1964)の解剖学的分析によりクマ科の系統に近縁な種とされ、分子情報を用いた研究からもそれが明かになった。 一方でレッサーパンダの進化的類縁関係については21世紀になってからも議論が続いたが、2010年代にはレッサーパンダはイタチ上科の中でスカンク科に続いて2番目に分岐した系統であるとみられるに至った。 ジャイアントパンダは、レッサーパンダは(現生種はレッサーパンダのみ)に分類されている。 この両科の関係は遠い。 2種の共通点はによるものだったことが判明している。 パンダを含む系統 [ ] M. Salesaらによる系統 を、絶滅種を除くなどして簡略化。 なお、『』に書かれている分類と異なり、を置いていない。 レッサーパンダ科(Ailuridae)は訳が違うだけでかつてのパンダ科と同じ科だが、現在のレッサーパンダ科に含まれるのはレッサーパンダおよび近縁と考えられる化石種のみである。 クマ下目• クマ科• ジャイアントパンダ• その他のクマ科+• イタチ小目• レッサーパンダ科• その他のイタチ小目• アライグマ科 脚注 [ ] []• 2011年6月22日. の2013年8月11日時点におけるアーカイブ。 2013年8月11日閲覧。 Salesa MJ et al. 2005年12月30日 , PDF , , の2007年9月30日時点におけるアーカイブ。 , 2007年6月4日閲覧。 外部リンク [ ] ジャイアントパンダ ウィキメディア・コモンズには、 ()に関するメディアがあります。 ウィキスピーシーズには、 に関する情報があります。 ウィクショナリーには、の項目があります。 レッサーパンダ ウィキメディア・コモンズには、 ()に関するメディアがあります。 ウィキスピーシーズには、 に関する情報があります。 ウィクショナリーには、の項目があります。

次の

ジャイアントパンダの近況[51]|上野動物園のジャイアントパンダ情報サイト「UENO

パンダ のみ みみ

呼称 [ ] 単にパンダといった場合にはジャイアントパンダのことを指すことが多い。 しかし、先に西洋に報告されたのは1821年に博物学者に知られることとなったレッサーパンダ Hardwicke,1826 でジャイアントパンダが報告される David,1869 まで唯一のパンダとして知られていた。 先に発見されたレッサーパンダに対して「」と命名され、後に類縁関係にあると見做されたジャイアントパンダが発見されたことを受けて、従来のパンダをでレッサーパンダ( 英lesser panda 「小さい方のパンダ」の意)と呼ぶようになったという経緯がある。 の語源は明らかでないがネパール語のnigalya ponyaだといわれている(nigalyaは竹、ponyaは母指球あるいは爪を意味するponjaに由来)。 これらの使い分けは、本項のパンダと同様である。 「熊猫」の字義に着目すると、ジャイアントパンダと体格などの共通点に乏しい「」の字が使われていることは不可解であるが、原義はレッサーパンダのことだということを念頭に置けば理解しやすい。 なお、現在のでは「猫熊」と呼ばれている。 パンダの系統問題 [ ] ジャイアントパンダとレッサーパンダの類縁関係については現生種が少ないこともあり長く議論が行われた。 分子系統学等による解明 [ ] ジャイアントパンダとレッサーパンダは高度に草食適応を示す種で、ともに竹を主食にしており、それを掴むため前肢の橈側手根骨が肥大化している。 このことから、これら2種は近縁と考えられ、 パンダ科(Ailuridae、先に発見されたレッサーパンダ属がのためレッサーパンダ科とも)が置かれることもあった。 やに入れられるときも、2種が近縁であることを前提として論じられることが多かった。 しかし、ジャイアントパンダについてはDavid(1869)やDavis(1964)の解剖学的分析によりクマ科の系統に近縁な種とされ、分子情報を用いた研究からもそれが明かになった。 一方でレッサーパンダの進化的類縁関係については21世紀になってからも議論が続いたが、2010年代にはレッサーパンダはイタチ上科の中でスカンク科に続いて2番目に分岐した系統であるとみられるに至った。 ジャイアントパンダは、レッサーパンダは(現生種はレッサーパンダのみ)に分類されている。 この両科の関係は遠い。 2種の共通点はによるものだったことが判明している。 パンダを含む系統 [ ] M. Salesaらによる系統 を、絶滅種を除くなどして簡略化。 なお、『』に書かれている分類と異なり、を置いていない。 レッサーパンダ科(Ailuridae)は訳が違うだけでかつてのパンダ科と同じ科だが、現在のレッサーパンダ科に含まれるのはレッサーパンダおよび近縁と考えられる化石種のみである。 クマ下目• クマ科• ジャイアントパンダ• その他のクマ科+• イタチ小目• レッサーパンダ科• その他のイタチ小目• アライグマ科 脚注 [ ] []• 2011年6月22日. の2013年8月11日時点におけるアーカイブ。 2013年8月11日閲覧。 Salesa MJ et al. 2005年12月30日 , PDF , , の2007年9月30日時点におけるアーカイブ。 , 2007年6月4日閲覧。 外部リンク [ ] ジャイアントパンダ ウィキメディア・コモンズには、 ()に関するメディアがあります。 ウィキスピーシーズには、 に関する情報があります。 ウィクショナリーには、の項目があります。 レッサーパンダ ウィキメディア・コモンズには、 ()に関するメディアがあります。 ウィキスピーシーズには、 に関する情報があります。 ウィクショナリーには、の項目があります。

次の