にゅうすいと入水の違い。 入水を『にゅうすい』と読んだら、『じゅすい』だ!!とダンナに言...

入水

にゅうすいと入水の違い

漢字「入」の音は、本来、【呉音】ニュウ、【漢音】ジュウ、ですが、漢音「ジュウ」は、時代はよくわかりませんが、「ジュ」という慣用音に変わっていったようです。 慣用音とは、誤用であるが一般に定着してしまった音のことです。 その結果、現在では、漢字「入」の音は、「ニュウ」で一部特殊に「ジュ」となっています。 さて、「入水」ですが、中国では古くから使われ、『荘子』などでも、「水に入ること」の意味で使われ、この場合の読みは「にゅうすい」となります。 「入水」を「じゅすい」と読み、「身投げする」という意味で使ったのは、時代的には新しく、日本人が使い始めたということになります。 但し、「じゅすい」と読めない人が増え、「にゅうすい」という読みが、一般的になり、「身投げする」という意味でも「にゅうすい」と読まれるようになっているのです。 以上をまとめると、 (1)「身投げする」という意味では、「じゅすい」が正しいが、「にゅうすい」でも間違いではない程に一般化してきている。 (2)「水に入る」の意味では、「にゅうすい」とは言うが、「じゅすい」とは言わない。 ということになります。 ありがとう御座いました。 それが日本語としての慣用的読みだということを認識できましてとても嬉しく存じます。 ありがとう御座いました。 私も小うるさくは人にいちいち指摘はしないようにはしていく心算では御座いますが、自分ではきちんといきたいな、と存じました。 水に入る意味での、入水は使う機会はあまりないようですね。 何かとても悲しくなってきました。 どちらも正しいということの意味も、当然ながら意味がありますね。 正しいとされてきております、という意味なのですね。 ありがとう御座いました。

次の

旅客機の読み方

にゅうすいと入水の違い

漢字「入」の音は、本来、【呉音】ニュウ、【漢音】ジュウ、ですが、漢音「ジュウ」は、時代はよくわかりませんが、「ジュ」という慣用音に変わっていったようです。 慣用音とは、誤用であるが一般に定着してしまった音のことです。 その結果、現在では、漢字「入」の音は、「ニュウ」で一部特殊に「ジュ」となっています。 さて、「入水」ですが、中国では古くから使われ、『荘子』などでも、「水に入ること」の意味で使われ、この場合の読みは「にゅうすい」となります。 「入水」を「じゅすい」と読み、「身投げする」という意味で使ったのは、時代的には新しく、日本人が使い始めたということになります。 但し、「じゅすい」と読めない人が増え、「にゅうすい」という読みが、一般的になり、「身投げする」という意味でも「にゅうすい」と読まれるようになっているのです。 以上をまとめると、 (1)「身投げする」という意味では、「じゅすい」が正しいが、「にゅうすい」でも間違いではない程に一般化してきている。 (2)「水に入る」の意味では、「にゅうすい」とは言うが、「じゅすい」とは言わない。 ということになります。 ありがとう御座いました。 それが日本語としての慣用的読みだということを認識できましてとても嬉しく存じます。 ありがとう御座いました。 私も小うるさくは人にいちいち指摘はしないようにはしていく心算では御座いますが、自分ではきちんといきたいな、と存じました。 水に入る意味での、入水は使う機会はあまりないようですね。 何かとても悲しくなってきました。 どちらも正しいということの意味も、当然ながら意味がありますね。 正しいとされてきております、という意味なのですね。 ありがとう御座いました。

次の

入水(にゅうすい・じゅすい) どちらがもっとよく使われますか。 水に入って自殺するという意味のようです。

にゅうすいと入水の違い

では香車の正しい読み方は、「かしゃ」「きょうしゃ」どちらなのかを見ていきましょう。 結論から言ってしまうと、 香車の正しい読み方は「きょうしゃ」になります。 また香車(きょうしゃ)のように「香(きょう)」が用いられている言葉には、 「香箸(きょうじ)・香子(きょうす)・香匙(きょうじ)・異香(いきょう)」などがあります。 香車(きょうしゃ)のように「車(しゃ)」が用いられている言葉には、 「貨車(かしゃ)・外車(がいしゃ)・汽車(きしゃ)・車掌(しゃしょう)」などがあります。 次の章で香車の意味と類義語について解説していきます。 2.香車の意味と類義語について では香車の意味と類義語について見ていきましょう。 まず 香車は「将棋の駒のひとつ」の意味として用いられています。 香車は前方へだけ進むことができ、後ろへ下がることはできませんが、成(な)ると金将と同じ動き方をすることができます。 香車を用いた例文としては、「ここに香車を置く」や、 「香車が取られた」のような使い方で用いられています。 また 香車の類義語としては、「桂馬(けいま)・飛車(ひしゃ)・金将(きんしょう)・銀将(ぎんしょう)」などの言葉が挙げられます。 どの言葉についても香車と意味は似ていますが、まったく同じ意味ではないので注意してください。 スポンサーリンク.

次の