水森 亜土。 水森亜土カワイイ作品ギャラリー

「水森亜土展 -いつみても、いつでもラブリー♥」弥生美術館で、歴代“亜土グッズ”700点超が集結

水森 亜土

スポンサーリンク 水森亜土プロフィール! 水森亜土(みずもり あど) 出典:より) ・本名: 里吉 文江(さとよし ふみえ) 【水森】は旧姓ということです。 旦那さんは? 「 劇団未来劇場」の主催者の、 里吉 しげみさん。 水森亜土さんもコチラの劇団に所属しており、 看板女優として活躍しています。 水森亜土さんは、 可愛らしい絵が特徴の、 イラストレーター! (キスをしているようで実は微妙にずれているそうです!?) それ以外にも、 画家や作家、 そして歌手や女優もされている、 マルチな方なんです^^ ジャズシンガーとは!知りませんでした^^; その他のプロフィール ・生年月日:1939年12月23日 なんと!2016年現在76歳!? 今年「喜寿」のようです。 ・出身:東京都中央区日本橋 3代続く江戸っ子だそうです。 建築家の父親と画家の母親の間に生まれた水森亜土さんは、 祖父も画家だったそうです。 またこの時に絵日記を描いていたそうですが、 自画像を2等親で描いていたとのこと。 この事が後の水森亜土さんのイラストに繋がったようです。 そして1970年代に、 NHK【たのしい教室】で「歌のおねえさん」としてデビュー! 「歌のおねえさん」と言っても、 透明なアクリルボードに歌いながらイラストを、 しかも両手で同時に描く姿を披露することで、 話題になりました。 片手でも上手く描けないのに・・・両手使うってスゴイですよね!? 1970年代というと筆者の幼い頃なんですが、 なんとなく記憶にありますね^^ マツコ・デラックスさんも年齢からして(1972年生まれ)、 懐かしいのではないかと思いますよ?? 水森さんは歌手としても活躍しており、 ジャズを歌っていますが、 それ以外にも童謡やアニメソングも歌っていました。 今回調べて知ったのが、 【Dr. スランプ アラレちゃん】の主題歌を歌っていたこと! リメイク版ではなく、 最初の方ですねw 1981年放送された(そんなに前だったとは・・・)、 【 Dr. スランプ アラレちゃん】 当時大人気で、 筆者はアニメはもちろん、 漫画も読んでいましたww (個人的にはドラゴンボールよりアラレちゃんの方が好きかも^^?) その主題歌、 「 ワイワイワールド」「 アレアレアラレちゃん」 これらを歌っていました。

次の

亜土ちゃんストア

水森 亜土

経歴 [ ] (現:)出身。 、を経てのモロカイハイスクールに遊学し、英語とジャズに触れる。 にの「」で、透明なアクリルボードに歌いながら両手で同時にイラストを描くパフォーマンスでブレイクし話題になる。 猫のキャラクターやカップルがキスしているイラストを得意とする。 アニメ「ひみつのアッコちゃん」のエンディング「すきすきソング」で注目され「Dr. スランプ アラレちゃん」のオープニング・エンディングなど、かわいらしい歌などには積極的に参加している。 その後、「劇団未来劇場」では、看板女優として、役者の他に文字通り看板(ポスターやチラシ)のイラストを担当。 女優業や・の歌手、、ジャズシンガーなどとして活動を続ける。 現在も、をはじめ各社から亜土ちゃんグッズが多数発売されている。 過去には、の紙おむつ「ドレミ」やの女性向け剃刀「マーメイド」、のヘアスプレー等の商品や広告でもとしてイラストが使用されていた。 にから発売された用ゲームソフトのヒット作『』のサウンドトラックに参加。 ゲーム中で使用される挿入歌『真っ赤なバラとジントニック』でボーカルを務める。 エピソード [ ]• 一時期、タレントのが水森の物まねをレパートリーとしてよく披露しており、「」では関根が水森のコスプレをしてクイズを出題するコーナーまであった。 水森はこの物まねに対して理解を示し、関根と共演したこともあった。 水森はを嗜む。 よく卓を交えたのはアナウンサーのや漫画家のであり、福地の著書の中には水森の麻雀の打ち筋を描写した一節もある。 得意とするのキャラクターの名前は「ミータン」である。 カップルが唇を寄せている絵は、本当はキスをしている訳ではなくいつも微妙にずれている。 それは水森が、他人が人前でイチャイチャするのを見るのがあまり好きではないからである。 ディスコグラフィー [ ] この節のが望まれています。 シングル [ ]• 男ケニヤの渡り鳥/何んにも何んにもしてないの(1967年)• あいつが何さ/バラをかざろう(1968年2月)• すきすきソング(1969年3月1日、岡田恭子の「ひみつのアッコちゃん」B面。 『』エンディングテーマ)• 大騒ぎのタンゴ(1970年、ザ・ココナッツの「海底3万マイル」B面。 『』挿入歌)• ドンペペの歌 1971年、NHKみんなのうた• ぼくはハゼドン(1972年、の「ハゼドン音頭」B面。 『』副主題歌)• ミミちゃんとパンダ・コパンダ/ねんねんパンダ(1972年。 『』主題歌)• /(1976年6月20日。 『』より)• /リップル・マリンを知ってるかい? (1976年。 『星になったおじいさん』より。 A面はと共演)• 愛しすぎてるサザエさん/サザエさんの出発進行(1979年5月10日。 『』主題歌)• (1981年。 『』主題歌)• いちばん星み〜つけた(1983年。 『Dr. スランプ アラレちゃん』エンディングテーマ)• 恋の呪文はアパニャー・ドン! (1983年。 ウィス・ダーリアの「Apanya Dong」のカバー、新井武士による日本語詞。 B面は)• すきすきソング(1989年4月21日、の「ひみつのアッコちゃん音頭」B面。 『』(1988年版)エンディングテーマとしてセルフカバー)• へそまがりんちょ(1991年12月5日。 『』オープニングテーマ)• ワイワイワールド 1993 ver. (1993年3月1日。 劇場版『Dr. スランプ アラレちゃん』主題歌) アルバム [ ]• 新しい絵かきうた のりもの編(1981年) - 2013年5月5日にCDとして再発• MINNY THE MUCHA(2003年)• COW COW BOOGIE(2008年)• Come On Baby(2011年) - 松尾明&テイク・テン・オーケストラのジャズアルバムにヴォーカルとして参加 コンピレーション [ ]• こどものうた作品集(1980年。 水森は数曲の歌唱とジャケットのイラストを担当)• オカシなスイカ(『』より。 1975年発売のLP『ひらけ! ポンキッキ』SKM H 2229収録)• いたずラッコ(『みんなのうた』1986年放送)• ごはんがとおる(『』より。 1992年6月19日発売のアルバム『NHK「母と子のテレビ絵本」ごはんがとおる』収録)• (『』より。 2003年発売のアルバム『Readymade Digs Disney』収録)• 真っ赤なバラとジントニック(2004年。 『サウンドトラック「塊フォルテッシモ魂」』収録) 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• (1957年 - 1965年、日本テレビ)• 第21話「月給よ上れ! の巻」(1968年、読売テレビ)• (1969年、TBS) - アド• (1971年、日本テレビ)• (1978年、NHK)• (1979年、日本テレビ) - バー「乙姫」のママ テレビ番組 [ ]• (2017年、) 映画 [ ]• 女渡世人(1971年、東映)• (2011年) - 鴨川 劇場アニメ [ ]• (東映) - チビ猫殺し屋• 長靴をはいた猫(1969年)• ながぐつ三銃士(1972年)• 長靴をはいた猫 80日間世界一周(1976年) テレビCM [ ]• オリゴCC - (1991年、食品工業)• おはようオリゴの国から• (1973年頃、)- と共演• (1975年頃)• ムーニーちゃん(1982年頃) 著書 [ ]• 『亜土のおしゃれ料理』潮文社 1978• 『イラスト青春アドバイス』 1986• 『甘い恋のジャム』ブルース・インターアクションズ 2002• 『Ado museum』 2003• 『亜土ちゃんのだーいすき』 ポップアップハートえほん 2 2005• 『亜土ちゃんのちゅ』 ポップアップハートえほん 1 ポプラ社, 2005• 『亜土ちゃんのあーそぼっ』 ポップアップハートえほん 4 ポプラ社, 2005• 『亜土ちゃんのいっしょ』 ポップアップハートえほん ポプラ社, 2005• 『ひとりぼっちのバラ』作・絵. 2005• 『Love message for you』 2009• 『ADO MIZUMORI FOREVER 水森亜土イラストレーション作品集』 2011 共著 [ ]• 『と水森亜土の料理の絵本 [1] 卵とわたし 』 1978 のち• 『石井好子と水森亜土の料理の絵本 [2] ご飯とわたし 』女子栄養大学出版部, 1979 のち角川文庫• 『石井好子と水森亜土の料理の絵本 [3] サラダとわたし 』女子栄養大学出版部, 1979のち角川文庫• 『石井好子と水森亜土の料理の絵本 4 ポテトとわたし 』女子栄養大学出版部, 1980 のち角川文庫• 編 『水森亜土』(らんぷの本)河出書房新社、2010年10月(新装版 2015年2月)、 関連項目 [ ]• - 楽曲の提供などで関わりが深い。 - 「ちゃん」がつく最高齢の芸能人として取り上げられた• - 店舗前面ガラスに描かれたイラストを担当した。 - アルバムジャケットを担当した。 - 企画展が行われた。 出典 [ ].

次の

水森亜土

水森 亜土

経歴 [ ] (現:)出身。 、を経てのモロカイハイスクールに遊学し、英語とジャズに触れる。 にの「」で、透明なアクリルボードに歌いながら両手で同時にイラストを描くパフォーマンスでブレイクし話題になる。 猫のキャラクターやカップルがキスしているイラストを得意とする。 アニメ「ひみつのアッコちゃん」のエンディング「すきすきソング」で注目され「Dr. スランプ アラレちゃん」のオープニング・エンディングなど、かわいらしい歌などには積極的に参加している。 その後、「劇団未来劇場」では、看板女優として、役者の他に文字通り看板(ポスターやチラシ)のイラストを担当。 女優業や・の歌手、、ジャズシンガーなどとして活動を続ける。 現在も、をはじめ各社から亜土ちゃんグッズが多数発売されている。 過去には、の紙おむつ「ドレミ」やの女性向け剃刀「マーメイド」、のヘアスプレー等の商品や広告でもとしてイラストが使用されていた。 にから発売された用ゲームソフトのヒット作『』のサウンドトラックに参加。 ゲーム中で使用される挿入歌『真っ赤なバラとジントニック』でボーカルを務める。 エピソード [ ]• 一時期、タレントのが水森の物まねをレパートリーとしてよく披露しており、「」では関根が水森のコスプレをしてクイズを出題するコーナーまであった。 水森はこの物まねに対して理解を示し、関根と共演したこともあった。 水森はを嗜む。 よく卓を交えたのはアナウンサーのや漫画家のであり、福地の著書の中には水森の麻雀の打ち筋を描写した一節もある。 得意とするのキャラクターの名前は「ミータン」である。 カップルが唇を寄せている絵は、本当はキスをしている訳ではなくいつも微妙にずれている。 それは水森が、他人が人前でイチャイチャするのを見るのがあまり好きではないからである。 ディスコグラフィー [ ] この節のが望まれています。 シングル [ ]• 男ケニヤの渡り鳥/何んにも何んにもしてないの(1967年)• あいつが何さ/バラをかざろう(1968年2月)• すきすきソング(1969年3月1日、岡田恭子の「ひみつのアッコちゃん」B面。 『』エンディングテーマ)• 大騒ぎのタンゴ(1970年、ザ・ココナッツの「海底3万マイル」B面。 『』挿入歌)• ドンペペの歌 1971年、NHKみんなのうた• ぼくはハゼドン(1972年、の「ハゼドン音頭」B面。 『』副主題歌)• ミミちゃんとパンダ・コパンダ/ねんねんパンダ(1972年。 『』主題歌)• /(1976年6月20日。 『』より)• /リップル・マリンを知ってるかい? (1976年。 『星になったおじいさん』より。 A面はと共演)• 愛しすぎてるサザエさん/サザエさんの出発進行(1979年5月10日。 『』主題歌)• (1981年。 『』主題歌)• いちばん星み〜つけた(1983年。 『Dr. スランプ アラレちゃん』エンディングテーマ)• 恋の呪文はアパニャー・ドン! (1983年。 ウィス・ダーリアの「Apanya Dong」のカバー、新井武士による日本語詞。 B面は)• すきすきソング(1989年4月21日、の「ひみつのアッコちゃん音頭」B面。 『』(1988年版)エンディングテーマとしてセルフカバー)• へそまがりんちょ(1991年12月5日。 『』オープニングテーマ)• ワイワイワールド 1993 ver. (1993年3月1日。 劇場版『Dr. スランプ アラレちゃん』主題歌) アルバム [ ]• 新しい絵かきうた のりもの編(1981年) - 2013年5月5日にCDとして再発• MINNY THE MUCHA(2003年)• COW COW BOOGIE(2008年)• Come On Baby(2011年) - 松尾明&テイク・テン・オーケストラのジャズアルバムにヴォーカルとして参加 コンピレーション [ ]• こどものうた作品集(1980年。 水森は数曲の歌唱とジャケットのイラストを担当)• オカシなスイカ(『』より。 1975年発売のLP『ひらけ! ポンキッキ』SKM H 2229収録)• いたずラッコ(『みんなのうた』1986年放送)• ごはんがとおる(『』より。 1992年6月19日発売のアルバム『NHK「母と子のテレビ絵本」ごはんがとおる』収録)• (『』より。 2003年発売のアルバム『Readymade Digs Disney』収録)• 真っ赤なバラとジントニック(2004年。 『サウンドトラック「塊フォルテッシモ魂」』収録) 出演作品 [ ] テレビドラマ [ ]• (1957年 - 1965年、日本テレビ)• 第21話「月給よ上れ! の巻」(1968年、読売テレビ)• (1969年、TBS) - アド• (1971年、日本テレビ)• (1978年、NHK)• (1979年、日本テレビ) - バー「乙姫」のママ テレビ番組 [ ]• (2017年、) 映画 [ ]• 女渡世人(1971年、東映)• (2011年) - 鴨川 劇場アニメ [ ]• (東映) - チビ猫殺し屋• 長靴をはいた猫(1969年)• ながぐつ三銃士(1972年)• 長靴をはいた猫 80日間世界一周(1976年) テレビCM [ ]• オリゴCC - (1991年、食品工業)• おはようオリゴの国から• (1973年頃、)- と共演• (1975年頃)• ムーニーちゃん(1982年頃) 著書 [ ]• 『亜土のおしゃれ料理』潮文社 1978• 『イラスト青春アドバイス』 1986• 『甘い恋のジャム』ブルース・インターアクションズ 2002• 『Ado museum』 2003• 『亜土ちゃんのだーいすき』 ポップアップハートえほん 2 2005• 『亜土ちゃんのちゅ』 ポップアップハートえほん 1 ポプラ社, 2005• 『亜土ちゃんのあーそぼっ』 ポップアップハートえほん 4 ポプラ社, 2005• 『亜土ちゃんのいっしょ』 ポップアップハートえほん ポプラ社, 2005• 『ひとりぼっちのバラ』作・絵. 2005• 『Love message for you』 2009• 『ADO MIZUMORI FOREVER 水森亜土イラストレーション作品集』 2011 共著 [ ]• 『と水森亜土の料理の絵本 [1] 卵とわたし 』 1978 のち• 『石井好子と水森亜土の料理の絵本 [2] ご飯とわたし 』女子栄養大学出版部, 1979 のち角川文庫• 『石井好子と水森亜土の料理の絵本 [3] サラダとわたし 』女子栄養大学出版部, 1979のち角川文庫• 『石井好子と水森亜土の料理の絵本 4 ポテトとわたし 』女子栄養大学出版部, 1980 のち角川文庫• 編 『水森亜土』(らんぷの本)河出書房新社、2010年10月(新装版 2015年2月)、 関連項目 [ ]• - 楽曲の提供などで関わりが深い。 - 「ちゃん」がつく最高齢の芸能人として取り上げられた• - 店舗前面ガラスに描かれたイラストを担当した。 - アルバムジャケットを担当した。 - 企画展が行われた。 出典 [ ].

次の