プロスピ ディクソン。 【プロスピA】ディクソン 2019シリーズ2の評価!オリックスの頼れる投手陣の軸!

【プロスピA】ディクソン(Sランク)の評価とリアタイ攻略方法|2020 シリーズ1|ゲームエイト

プロスピ ディクソン

今までに登場した球種・変化球を紹介します。 球種・変化球ですが、• ストレート系 全8種類• スライダー系 全5種類• カーブ系 全10種類• フォーク系 全12種類• シンカー系 全8種類• シュート系 全5種類 の順で紹介したいと思います。 ストレート系 全8種類 まずはストレートから。 ストレートは通常のものも合わせて全部で8球種あります。 ストレート• ツーシームファスト• ムービングファスト• ワンシーム• チェンジオブペース• チェンジアップ• 超スローボール• 石直球 ストレート ストレートは、ほとんどの選手が投げることができるバックスピン回転の直球です。 ごく一部の選手は、ストレートを所持しておらず直球としてツーシームファストやムービングファストを投げる場合があります。 ツーシームファスト ツーシームファストは、ストレートに近い球速で沈みながら変化する直球です。 最近のプロスピAでは、多くの投手が第2ストレートもしくは変化球の1つととしてツーシームファストを所持しています。 ムービングファスト ムービングファストは、不規則な回転で右斜め下か真下、左斜め下の3方向に小さく変化する直球です。 広島のアドゥワ選手や広島の中崎投手が持ち球として投げています。 ワンシーム ワンシームは、ストレートに近い球速で沈みながら変化する直球です。 巨人の菅野投手やブルージェイズの山口投手が持ち球として投げています。 チェンジオブペース チェンジオブペースは、ストレートとの球速差があり小さく下方向に沈む遅い球です。 シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手や楽天の則本投手などが持ち球として投げています。 チェンジアップ チェンジアップは、チェンジオブペースと同じような変化をする遅い球です。 元オリックスの金子投手が持ち球として投げていました。 超スローボール 超スローボールは、名前の通り、非常に遅いスローボールです。 ボールの軌道はほぼ山なりとなっています。 日ハムのOB多田野投手が持ち球として投げていました。 石直球 石直球 いしちょっきゅう は、上に浮き上がる伸びのある直球です。 物理法則に反しているこの直球は、阪神のOB呉昇桓 お・すんふぁん 選手のストレートのことを「石直球」と呼びます。 スライダー系 全5種類• スライダー• 高速スライダー• スロースライダー• スラーブ• カットボール スライダー スライダーは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て右方向に曲がる変化球です。 巨人の菅野投手やソフトバンクの嘉弥真新也投手が持ち球として投げています。 高速スライダー スロースライダーは、スライダーと同様の変化で球速はスライダーよりも速い変化球です。 西部のOB稲尾投手や中日のOB岩瀬投手が持ち球として投げていました。 スロースライダー スロースライダーは、スライダーと同様の変化で球速はスライダーよりも遅い変化球です。 ソフトバンクの千賀投手が持ち球として投げています。 スラーブ スラーブは、真横に曲がるのではなくスライダーと同じようなスピードで沈みながら曲がる変化球です。 ダルビッシュ投手や楽天の松井選手が持ち球として投げています。 カットボール カットボールは、ストレートに近い球速で鋭く小さく曲がる変化球です。 オリックスの山本投手やヤクルトの小川投手などが持ち球として投げています。 カーブ系 全11種類• カーブ• スローカーブ• 高速カーブ• Dカーブ• パワーカーブ• ナックルカーブ• スパイクカーブ• ハンマーカーブ• カツオカーブ• オージーカーブ カーブ カーブは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て右斜め下方向に変化する変化球です。 楽天の岸投手や元ロッテの涌井投手などが持ち球として投げています。 スローカーブ スローカーブは、カーブよりも遅い球速でカーブと同じ軌道で曲がる変化球です。 オリックスのOB星野投手や中日のOB今中投手などが持ち球として投げています。 高速カーブ 高速カーブは、カーブよりも速い球速でカーブと同じ軌道で曲がる変化球です。 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷選手が持ち球として投げています。 Dカーブ Dカーブは、ドロップカーブの略称でカーブよりも縦気味に曲がる変化球です。 巨人のOB堀内投手や日ハムの金子投手が持ち球として投げています。 パワーカーブ パワーカーブは、カーブよりも速い球速でカーブよりも縦気味の軌道で曲がる変化球です。 ソフトバンクの石川選手や元阪神のジョンソンなどが持ち球として投げています。 ナックルカーブ ナックルカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。 名称にナックルと入っていますが、プロスピAでは不規則に変化するわけではありません。 オリックスのディクソン投手や広島のOB外木場選手が持ち球として投げています。 スパイクカーブ スパイクカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。 広島のジョンソン選手が持ち球として投げています。 ハンマーカーブ ハンマーカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。 楽天のハーマン選手や広島のレグナルド選手などが持ち球として投げています。 ヤクルトの石川選手が持ち球として投げています。 オージーカーブ オージーカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。 シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が持ち球として投げています。 フォーク系 全12種類• フォーク• SFF• パーム• ナックル• 縦スライダー• 縦カット• チェンジアップ• スローチェンジアップ• パワーフォーク• シェイク• バニッシュボール• スライドパーム フォーク フォークは、回転数が少なく下方向に落ちる変化球です。 高めに投げると変化量が少なるという特徴もあります。 横浜のOB佐々木投手やソフトバンクの千賀投手などが持ち球として投げています。 SFF SFFはスピリットフィンガーファストの略称で、ストレートとは逆の縦回転でストレートに近い球速で鋭く曲がる変化球です。 ニューヨーク・ヤンキースの田中投手やオリックスの山本投手などが持ち球として投げています。 パーム パームは、フォークよりも球速は遅く曲がり始めが早い変化球です。 中日のOB浅尾投手などが持ち球として投げていました。 ナックル ナックルは、球速が遅くボールの回転がほぼ無回転で不規則に曲がる変化球です。 横浜の山崎康晃投手が持ち球として投げていました。 縦スライダー 縦スライダーは、縦回転で下方向に落ちる変化球です。 オリックスの山岡投手などの一部の投手は、下方向ではなくキャッチーから見て右斜め方向に変化します。 巨人の菅野投手やロッテのOB小林投手が持ち球として投げています。 縦カット 縦カットは、縦回転で下方向に小さく鋭く落ちる変化球です。 オリックスの山岡投手や広島の大瀬良投手などが持ち球として投げています。 チェンジアップ チェンジアップは、ストレートよりも球速が遅く少し下方向に曲がる変化球です。 元ソフトバンクの杉内投手や持ち球として投げています。 スローチェンジアップ 日本ハムのOB建山義紀投手の持ち球としてありますが、私自身、実際に投げるところを見たことがないため、どのような変化をするか分かりません… 名前の通りの通常のチェンジアップより遅いと予想しています。 パワーフォーク パワーフォークは、フォークよりも球速が速くフォークと同じ軌道で落ちる変化球です。 広島の一岡投手などが持ち球として投げています。 ロッテのOB小宮山悟投手が持ち球として投げていました。 バニッシュボール バニッシュボールは、真下に落ちるのではなく少しだけ右斜めに曲がる変化球です。 高めでも変化量が落ちないのが特徴です。 ソフトバンクのOB新垣投手が持ち球として投げていました。 スライドパーム 元オリックスの佐藤俊一投手の持ち球と投げていましたが、私自身、実際に投げるところを見たことがないため、どのような変化をするか分かりません… シンカー系 全8種類• シンカー スクリュー• 高速シンカー• 超高速シンカー• スローシンカー スロースクリュー• サークルチェンジ• ツーシームファスト• バルカンチェンジ• パーム シンカー スクリュー シンカーは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て左斜め下方向に曲がる変化球です。 また、左ピッチャーが投げるシンカーのことをスクリューと呼びます。 日本ハムの宮西投手やソフトバンクの高橋礼投手が持ち球として投げています。 高速シンカー 高速スクリュー 高速シンカー 高速スクリュー は、シンカーと同様の変化で球速はシンカーよりも速い変化球です。 広島のジョンソン選手などが持ち球として投げています。 超高速シンカー 超高速シンカーは、シンカーと同様の変化で球速は高速シンカーよりも速い変化球です。 西武の牧田投手や日ハムの金子投手などが持ち球として投げています。 スローシンカー スロースクリュー スローシンカーは、スローカーブと同じような球速でシンカーと同様の変化をする変化球です。 巨人の田口投手や元巨人の内海投手が持ち球として投げています。 サークルチェンジ サークルチェンジは、チェンジアップと同じような球速でシンカー方向に小さく沈んで曲がる変化球です。 日ハムの有原投手や阪神の西投手などが持ち球として投げています。 ツーシームファスト ツーシームファストは、ストレートに近い球速で沈みながら斜め方向に曲がる変化球です。 広島の薮田和樹投手や横浜の山崎康晃投手などが持ち球として投げています。 超高速シンカー 超高速シンカーは、ストレートに近い球速で曲がるシンカーです。 オリックスの時代の金子千尋投手が持ち球として投げていました。 パーム 元オリックスの佐藤俊一投手の持ち球と投げていましたが、私自身、実際に投げるところを見たことがないため、どのような変化をするか分かりません… 名前の通りの通常のパームと同じ変化をすると予想しています。 シュート系 全5球種• シュート• 高速シュート• シューシン• シンキングファスト• ツーシームファスト シュート シュートは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て左方向に曲がる変化球です。 横浜のOB平松投手や西武のOB稲尾投手などが持ち球として投げていました。 高速シュート 高速シュートは、シュートと同様の変化で球速はシュートより速い変化球です。 阪神の青柳投手や広島の中崎投手などが持ち球として投げています。 ツーシームファスト ツーシームファストは、右バッターの胸元に食い込みながら鋭く落ちる変化球です。 広島の野村祐輔投手やソフトバンクの東浜巨投手などが持ち球として投げています。 シューシン シューシンは、ツーシームファスト同様、右バッターの胸元に食い込みながら鋭く落ちる変化球です。 オリックスのOB今井雄太郎投手が持ち球として投げていました。 シンキングファスト シンキングファストは、ツーシームファスト同様、右バッターの胸元に食い込みながら鋭く落ちる変化球です。 シカゴ・カブスのダルビッシュ投手やオリックスの山岡投手が持ち球として投げています。 バルカンチェンジ バルカンチェンジは、シンカーと同様の曲がりをする変化球です。 巨人の大竹選手が持ち球として投げています。 球種は全部で48種類でした 今回紹介した球種を数えると 全てで48球種、同じ名称のものを省くと44球種あることが分かりました。 こうしてみると、結構球種があるのものですね…! 参考になれば幸いです!•

次の

【プロスピA】ディクソン 2020 Series1の評価

プロスピ ディクソン

今までに登場した球種・変化球を紹介します。 球種・変化球ですが、• ストレート系 全8種類• スライダー系 全5種類• カーブ系 全10種類• フォーク系 全12種類• シンカー系 全8種類• シュート系 全5種類 の順で紹介したいと思います。 ストレート系 全8種類 まずはストレートから。 ストレートは通常のものも合わせて全部で8球種あります。 ストレート• ツーシームファスト• ムービングファスト• ワンシーム• チェンジオブペース• チェンジアップ• 超スローボール• 石直球 ストレート ストレートは、ほとんどの選手が投げることができるバックスピン回転の直球です。 ごく一部の選手は、ストレートを所持しておらず直球としてツーシームファストやムービングファストを投げる場合があります。 ツーシームファスト ツーシームファストは、ストレートに近い球速で沈みながら変化する直球です。 最近のプロスピAでは、多くの投手が第2ストレートもしくは変化球の1つととしてツーシームファストを所持しています。 ムービングファスト ムービングファストは、不規則な回転で右斜め下か真下、左斜め下の3方向に小さく変化する直球です。 広島のアドゥワ選手や広島の中崎投手が持ち球として投げています。 ワンシーム ワンシームは、ストレートに近い球速で沈みながら変化する直球です。 巨人の菅野投手やブルージェイズの山口投手が持ち球として投げています。 チェンジオブペース チェンジオブペースは、ストレートとの球速差があり小さく下方向に沈む遅い球です。 シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手や楽天の則本投手などが持ち球として投げています。 チェンジアップ チェンジアップは、チェンジオブペースと同じような変化をする遅い球です。 元オリックスの金子投手が持ち球として投げていました。 超スローボール 超スローボールは、名前の通り、非常に遅いスローボールです。 ボールの軌道はほぼ山なりとなっています。 日ハムのOB多田野投手が持ち球として投げていました。 石直球 石直球 いしちょっきゅう は、上に浮き上がる伸びのある直球です。 物理法則に反しているこの直球は、阪神のOB呉昇桓 お・すんふぁん 選手のストレートのことを「石直球」と呼びます。 スライダー系 全5種類• スライダー• 高速スライダー• スロースライダー• スラーブ• カットボール スライダー スライダーは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て右方向に曲がる変化球です。 巨人の菅野投手やソフトバンクの嘉弥真新也投手が持ち球として投げています。 高速スライダー スロースライダーは、スライダーと同様の変化で球速はスライダーよりも速い変化球です。 西部のOB稲尾投手や中日のOB岩瀬投手が持ち球として投げていました。 スロースライダー スロースライダーは、スライダーと同様の変化で球速はスライダーよりも遅い変化球です。 ソフトバンクの千賀投手が持ち球として投げています。 スラーブ スラーブは、真横に曲がるのではなくスライダーと同じようなスピードで沈みながら曲がる変化球です。 ダルビッシュ投手や楽天の松井選手が持ち球として投げています。 カットボール カットボールは、ストレートに近い球速で鋭く小さく曲がる変化球です。 オリックスの山本投手やヤクルトの小川投手などが持ち球として投げています。 カーブ系 全11種類• カーブ• スローカーブ• 高速カーブ• Dカーブ• パワーカーブ• ナックルカーブ• スパイクカーブ• ハンマーカーブ• カツオカーブ• オージーカーブ カーブ カーブは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て右斜め下方向に変化する変化球です。 楽天の岸投手や元ロッテの涌井投手などが持ち球として投げています。 スローカーブ スローカーブは、カーブよりも遅い球速でカーブと同じ軌道で曲がる変化球です。 オリックスのOB星野投手や中日のOB今中投手などが持ち球として投げています。 高速カーブ 高速カーブは、カーブよりも速い球速でカーブと同じ軌道で曲がる変化球です。 ロサンゼルス・エンゼルスの大谷選手が持ち球として投げています。 Dカーブ Dカーブは、ドロップカーブの略称でカーブよりも縦気味に曲がる変化球です。 巨人のOB堀内投手や日ハムの金子投手が持ち球として投げています。 パワーカーブ パワーカーブは、カーブよりも速い球速でカーブよりも縦気味の軌道で曲がる変化球です。 ソフトバンクの石川選手や元阪神のジョンソンなどが持ち球として投げています。 ナックルカーブ ナックルカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。 名称にナックルと入っていますが、プロスピAでは不規則に変化するわけではありません。 オリックスのディクソン投手や広島のOB外木場選手が持ち球として投げています。 スパイクカーブ スパイクカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。 広島のジョンソン選手が持ち球として投げています。 ハンマーカーブ ハンマーカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。 楽天のハーマン選手や広島のレグナルド選手などが持ち球として投げています。 ヤクルトの石川選手が持ち球として投げています。 オージーカーブ オージーカーブは、パワーカーブのような球速・軌道で曲がる変化球です。 シアトル・マリナーズの菊池雄星投手が持ち球として投げています。 フォーク系 全12種類• フォーク• SFF• パーム• ナックル• 縦スライダー• 縦カット• チェンジアップ• スローチェンジアップ• パワーフォーク• シェイク• バニッシュボール• スライドパーム フォーク フォークは、回転数が少なく下方向に落ちる変化球です。 高めに投げると変化量が少なるという特徴もあります。 横浜のOB佐々木投手やソフトバンクの千賀投手などが持ち球として投げています。 SFF SFFはスピリットフィンガーファストの略称で、ストレートとは逆の縦回転でストレートに近い球速で鋭く曲がる変化球です。 ニューヨーク・ヤンキースの田中投手やオリックスの山本投手などが持ち球として投げています。 パーム パームは、フォークよりも球速は遅く曲がり始めが早い変化球です。 中日のOB浅尾投手などが持ち球として投げていました。 ナックル ナックルは、球速が遅くボールの回転がほぼ無回転で不規則に曲がる変化球です。 横浜の山崎康晃投手が持ち球として投げていました。 縦スライダー 縦スライダーは、縦回転で下方向に落ちる変化球です。 オリックスの山岡投手などの一部の投手は、下方向ではなくキャッチーから見て右斜め方向に変化します。 巨人の菅野投手やロッテのOB小林投手が持ち球として投げています。 縦カット 縦カットは、縦回転で下方向に小さく鋭く落ちる変化球です。 オリックスの山岡投手や広島の大瀬良投手などが持ち球として投げています。 チェンジアップ チェンジアップは、ストレートよりも球速が遅く少し下方向に曲がる変化球です。 元ソフトバンクの杉内投手や持ち球として投げています。 スローチェンジアップ 日本ハムのOB建山義紀投手の持ち球としてありますが、私自身、実際に投げるところを見たことがないため、どのような変化をするか分かりません… 名前の通りの通常のチェンジアップより遅いと予想しています。 パワーフォーク パワーフォークは、フォークよりも球速が速くフォークと同じ軌道で落ちる変化球です。 広島の一岡投手などが持ち球として投げています。 ロッテのOB小宮山悟投手が持ち球として投げていました。 バニッシュボール バニッシュボールは、真下に落ちるのではなく少しだけ右斜めに曲がる変化球です。 高めでも変化量が落ちないのが特徴です。 ソフトバンクのOB新垣投手が持ち球として投げていました。 スライドパーム 元オリックスの佐藤俊一投手の持ち球と投げていましたが、私自身、実際に投げるところを見たことがないため、どのような変化をするか分かりません… シンカー系 全8種類• シンカー スクリュー• 高速シンカー• 超高速シンカー• スローシンカー スロースクリュー• サークルチェンジ• ツーシームファスト• バルカンチェンジ• パーム シンカー スクリュー シンカーは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て左斜め下方向に曲がる変化球です。 また、左ピッチャーが投げるシンカーのことをスクリューと呼びます。 日本ハムの宮西投手やソフトバンクの高橋礼投手が持ち球として投げています。 高速シンカー 高速スクリュー 高速シンカー 高速スクリュー は、シンカーと同様の変化で球速はシンカーよりも速い変化球です。 広島のジョンソン選手などが持ち球として投げています。 超高速シンカー 超高速シンカーは、シンカーと同様の変化で球速は高速シンカーよりも速い変化球です。 西武の牧田投手や日ハムの金子投手などが持ち球として投げています。 スローシンカー スロースクリュー スローシンカーは、スローカーブと同じような球速でシンカーと同様の変化をする変化球です。 巨人の田口投手や元巨人の内海投手が持ち球として投げています。 サークルチェンジ サークルチェンジは、チェンジアップと同じような球速でシンカー方向に小さく沈んで曲がる変化球です。 日ハムの有原投手や阪神の西投手などが持ち球として投げています。 ツーシームファスト ツーシームファストは、ストレートに近い球速で沈みながら斜め方向に曲がる変化球です。 広島の薮田和樹投手や横浜の山崎康晃投手などが持ち球として投げています。 超高速シンカー 超高速シンカーは、ストレートに近い球速で曲がるシンカーです。 オリックスの時代の金子千尋投手が持ち球として投げていました。 パーム 元オリックスの佐藤俊一投手の持ち球と投げていましたが、私自身、実際に投げるところを見たことがないため、どのような変化をするか分かりません… 名前の通りの通常のパームと同じ変化をすると予想しています。 シュート系 全5球種• シュート• 高速シュート• シューシン• シンキングファスト• ツーシームファスト シュート シュートは、右ピッチャーの場合キャッチーから見て左方向に曲がる変化球です。 横浜のOB平松投手や西武のOB稲尾投手などが持ち球として投げていました。 高速シュート 高速シュートは、シュートと同様の変化で球速はシュートより速い変化球です。 阪神の青柳投手や広島の中崎投手などが持ち球として投げています。 ツーシームファスト ツーシームファストは、右バッターの胸元に食い込みながら鋭く落ちる変化球です。 広島の野村祐輔投手やソフトバンクの東浜巨投手などが持ち球として投げています。 シューシン シューシンは、ツーシームファスト同様、右バッターの胸元に食い込みながら鋭く落ちる変化球です。 オリックスのOB今井雄太郎投手が持ち球として投げていました。 シンキングファスト シンキングファストは、ツーシームファスト同様、右バッターの胸元に食い込みながら鋭く落ちる変化球です。 シカゴ・カブスのダルビッシュ投手やオリックスの山岡投手が持ち球として投げています。 バルカンチェンジ バルカンチェンジは、シンカーと同様の曲がりをする変化球です。 巨人の大竹選手が持ち球として投げています。 球種は全部で48種類でした 今回紹介した球種を数えると 全てで48球種、同じ名称のものを省くと44球種あることが分かりました。 こうしてみると、結構球種があるのものですね…! 参考になれば幸いです!•

次の

プロスピA ディクソン選手のリアルタイム対戦での強い使い方

プロスピ ディクソン

プロスピAのリアルタイム対戦で一時期使用率がものすごく高く、環境トップ候補でもあったのがディクソン選手です。 特にリアルタイム対戦実装当初、大きなナックルカーブとツーシームに苦しめられた人は多く、AランクやBランクであってもディクソン選手を使っている方が非常に多かったのを覚えています。 しかし、徐々に使用者も減っていき、今では強力な投手として名が挙がるということも少なくなってしまったという印象を受けます。 理由は色々とあるかと思いますがおそらく変化の大きい変化球は変化量を覚えられたり、慣れられると割と簡単に打たれてしまいます。 おそらくリアルタイム対戦実装から月日が経ったのもそうですし、一時期使用者がものすごく多かったという影響もあり多くの人がディクソン選手に慣れてしまったのが原因だと思います。 今ではわざわざディクソン選手のAランクやBランク選手を使用する人はほとんど見かけませんし、Sランクを持っていても使用するか怪しいレベルだと思っています。 さて、そんなディクソン選手ですがもうリアルタイム対戦では通用しないのか?と言われるとそういうわけでもないです。 使い方と対戦相手の特徴さえしっかりと見抜ければディクソン選手に慣れてしまっている方が多い現環境でもある程度通用する投手です。 というわけでディクソン選手のリアルタイム対戦での使い方を紹介します。 ディクソン選手の使い方 ではまずディクソン選手の武器、強い点を見ていきましょう。 ディクソン選手の武器は ・変化量の大きいナックルカーブ ・ツーシーム 分かりやすいのはこれくらいですね。 配球の考え方としてはこの2つの武器を活かすにはどの球を使えばいいかを考えることが重要になります。 では具体的にどういった配球が有効か紹介していきます。 まず上記の2つの武器が相手に通用するか、相手は苦手がどうかを判断、見分ける必要があります。 もしこの見分けの時点で両方とも通用しないなと感じた場合は正直ディクソン選手で抑えるのはかなり厳しいです、すぐに投手を変えたほうが大けがせずに済むかと思います。 さて、ではどのように相手の特徴を見極めるか。 まずディクソン選手と対戦する際にバッター側のプレイヤーが意識していることは ・ツーシーム待ちの他球種は反応打ち ・ナックルカーブ狙い ・全部反応打ち だいたいこのどれかだと思います。 一番下の全部反応打ちという方が相手で、しかもそれで打てている場合は先ほども言ったようにすぐに投手を交代してください。 というわけで上記の3つのうちの上2つのどちらかを見分けるのと同時に何が苦手で何を狙っているかをまず見極めていきます。 まず良きタイミングで厳しいコース(出来ればストライク)にツーシームを投げてみて下さい。 この時の相手の反応でいくつかのパターンを推測していきます。 相手が見逃した場合 ・ナックルカーブ狙い ・ツーシームが苦手 ・単純に手が出なかった この3つのどれかだと仮定できます。 この場合はもう一度ツーシームを投げてみて反応を見て下さい。 少し危険ではありますが先ほどのギリギリに投げるよりはやや甘めのツーシームの方が反応が見やすいです。 この2球目のツーシームでナックルカーブ狙いかどうか以外の2つの判断はおそらくだいたい出来ると思います。 こういった場合は今後ツーシームを活かす配球を組み立てていきます。 以上が1球目のツーシームを相手が見逃した時の配球の考え方です。 では次に1球目のツーシームを振ってきた場合の説明をします。 相手が1球目のツーシームに対しどのような打球を打ったかで相手の特徴を見極めていきます。 上の2つの場合はツーシームを活かす配球を考えていき、いきなりジャストミートされた場合は他球種での配球or早々に交代を考えていく必要があります。 とりあえずまずディクソン選手を使う際はここまで相手のツーシームに対する反応を2球程度見るだけで判断することが出来ます。 ではここからツーシームを活かす配球を考えていきます。 いくら相手がツーシームが苦手とは言え、そればかり投げてはいけません。 いかにツーシームを活かすか、どういった配球をすればツーシームがより強力な武器になるかを考えていきます。 まず一番楽なのは対戦相手がツーシームが完全に苦手だと判断出来た場合です。 この場合はツーシームでカウントを取り、他球種をボールゾーンにところどころ混ぜながらツーシームで決める。 このような配球で特に問題はないかと思います。 変に苦手なツーシーム以外の球種で勝負しようとして打たれるよりはワンパターンにならないようにいろいろな球種を混ぜてツーシームで決めたほうが安全だと思います。 ただし、相手がツーシームが苦手だと判断出来ていない場合はこの配球は危険ですので注意してください。 次は相手が最初のツーシームを明らかな引っ張りやボール球に手を出した時などのツーシームを狙っていると判断出来た時の配球です。 この場合は一応相手がツーシームが得意であれ、苦手であれどちらにしてツーシームを狙っている相手にわざわざ狙い球をポンポン投げるのは良い配球と言えませんね。 この時にやってほしいのが ナックルカーブ カットボール サークルチェンジ 縦スラ この4球種の相手の反応です。 ナックルカーブは左バッターのインハイ、もしくはインロー、右バッターならアウトハイへのボール球をギリギリにストライクからボールなるように投げてみて下さい。 これを相手が空振りしたら、ほぼツーシーム狙いと判断していいですし、今後ツーシームを見せ球にナックルカーブが使えることも同時に判断できます。 またタイミングは合っているもののボール球を振ってくれた場合はツーシーム待ちでナックルカーブは反応打ち、もしくはナックルカーブの変化量把握が曖昧だと判断できます。 この場合もナックルカーブが今後の配球で使えると判断できます。 個人的にはこのボール球を振ってくれるとかなり配球が楽になると感じます。 次はカットボールですがこれは左バッターのみ有効な方法ですがインハイギリギリにカットボールを投げてみて下さい。 明らかなツーシーム狙いの場合相手はこれをツーシームのタイミングで空振り、もしくは明らかな引っ張りファールを打つはずです。 この場合も先ほどどうようツーシーム以外の球種を使った配球が有効だと判断が出来ます。 しかしインハイカットボールはこの判断材料として使う以外ではあまり多投はしないほうが良いと思います、球威も変化量の低いので合わせられたら飛びやすいです。 次はサークルチェンジですがこちらはインハイへボール球からギリギリボール球になる位置に投げてみて下さい。 相手が空振りした場合はツーシーム狙いだと判断が出来ますし、打ち上げた場合でもツーシームを活かしながらであれば今後も同じ位置にサークルチェンジが有効だと判断して大丈夫です。 ただしこの配球はツーシームの使い方が非常に重要になります。 ツーシーム狙いの相手をツーシームでうまくかわしつつの配球になりますのでそのあたりは注意してください。 最後は縦スラですがこれもサークルチェンジと同じ位置にボール球を投げて下さい。 縦スラは投げた瞬間ツーシームに回転が見えてしまうという方がいますのでまずその判断と、縦スラの変化量把握が出来ているかをこの時の相手の反応で判断していきます。 普通に見逃された場合以外は今後もインハイボール球の縦スラは使えると判断して大丈夫です。 ただしあまり投げすぎるとここはボールだと覚えられるので多投しすぎてもあまり意味がないかもしれません。 見せ球かつ他球種を活かす程度の認識の方が縦スラは使いやすいかと思います。 ちなみに、少し危険ですが、あえてストライクゾーンにの甘いところに縦スラを投げることで相手のツーシーム狙いかどうかとツーシームと縦スラの見分けが出来るかどうかをより確実に出来ます。 ですがこれはもし見分けが出来た場合のリスクが大きすぎるので良く考えて、余裕のある場面などでやってみて下さい。 このような方法でツーシーム以外の球種で何が使えるか、どのような配球が使えるかを対戦相手ごとに判断していきます。 加えて、使えそうな球種をところどころに混ぜながら何が一番苦手かを判断し、決め球を決めていくという流れになります。 以上がディクソン選手のリアルタイム対戦での使い方です。 もう一度言いますが、ディクソン選手は得意という方や、すでに慣れているという方が非常に多いです。 今回紹介した配球が全く通用しないということも普通にあるかと思います。 そのためのいくつかの相手の特徴の判断方法を紹介しました。 もし判断の段階でヤバいなと感じたらすぐに交代したほうがいいです。 ディクソン選手は対戦相手の操作能力や、得意不得意で評価がかなり分かれる選手ですのでそのあたりを頭に入れたうえで使用してください。 Twitterやってます.

次の