ツインレイ 再会。 ツインレイの再会とは?ツインレイが出会う・別れる前兆やサイン8選

ツインレイの再会の合図とは?サインやタイミング、前兆や再会後の再会はありなの?

ツインレイ 再会

【スポンサードリンク】 ツインレイの再会とは ツインレイは、同じ魂を二つに分けた、魂の片割れといわれています。 そのため、今生で出会ったことを「再会」と呼ぶことが多いです。 元々一つだった魂が、男女に分かれて生まれ、転生を繰り返し、今生でやっと再会を果たしたのが、ツインレイとの出会いだというのです。 若くしてツインレイと出会うケースも有りますが、多くの場合、ツインレイと再会するのは、ある程度人生経験を重ねた後、40代前後になってからだといわれています。 そのため、既にお互いが既婚であるケースもあります。 また、年齢差が親子ほど離れていたり、外国に住んでいたりと、今までの自分からすれば、ありえない相手であることも多いようです。 ツインレイと再会するサイン・前兆 ツインレイと今生で再会する前には、いくつかのサインや前兆があるといわれています。 前兆1:死を覚悟する・絶望に襲われる ツインレイと出会う前に、何らかの事情で死を覚悟したり、深い絶望に襲われることがあるようです。 絶望することによって、魂がピュアになったために、ツインレイと再会できたという風にも考えられるかもしれません。 人は、死を覚悟したり、絶望の極地までいったとき、エゴを手放します。 絶望によって、一時的に、エゴを手放した状態になったために、ツインレイと無意識的につながり、相手を引き寄せたとも考えられるかもしれません。 前兆2:大切な人やものをなくす 大切な人を亡くしたり、大切にしていたものをなくしたり、ペットを亡くしたり、仕事をうしなったりして、深い悲しみの体験をしたあと、ツインレイに出会うこともあるようです。 深い悲しみを体験し、そこから立ち直って、新しくスタートをしようと考えて、新しく趣味を始めたり、仕事を始めた先で、ツインレイに出会うこともあるようです。 前兆3:幸せの絶頂にいる 何不自由なく暮らし、はたから見ても幸せそうで、本人も幸せの絶頂にいるようなときに、ツインレイと出会う人もいるようです。 絶望とは正反対ですが、深い絶望も、幸せの極地も、どちらも、エゴのない、同じような意識状態なのかもしれません。 前兆4:1111. 2525など数字のサインを良く目にするようになる ツインレイに出会う前やであった後に、1111や2525などの数字を良く目にする人もいるようです。 2525は男性性と女性性をあらわすとも考えられます。 2はタロットカードでは女教皇のカードです。 女教皇は女性魔術師を意味します。 タロットカードの5は法王です。 法王は男性の魔術師を意味します。 ツインレイとは、男性と女性の出会いであり、また、出会ってから数々の不思議体験をし、覚醒をするといわれています。 数字の2525は、ツインレイとの出会いを通じて、男性も女性も、魔法の力を手に入れるという無意識からのメッセージなのかもしれませんね。 また、2は二極をあわらし、5は人間を表します。 ツインレイとは、二極の世界を越えて、バランスの取れた統合された人間になるために、出会う相手なのかもしれません。 前兆5:ダイエットをしたりして、「綺麗」になろうとする ツインレイと出会う前に、男性も女性も、ダイエットをしたり、スキンケアをしたり、歯列矯正をしたりして、「綺麗になろう」とする人が多いようです。 もちろんまだツインレイと出会う前ですから、当然のことながら、ツインレイに好かれるために綺麗になろうとしているわけではないのですが、無意識がツインレイの情報をキャッチしているのでしょうが・・・。 男性も女性も、振り返ってみると、ツインレイと出会う前の時期に、きれいになるための何らかの行為や努力をしていることが多いようなのです。 【スポンサードリンク】 前兆6:夢で相手の存在を感じる ツインレイと出会う数ヶ月、数週間前に、夢の中でツインレイのような存在を見たという人もいます。 もちろん出会う前ですから、それが、ツインレイだとはわかりません。 しかし、ツインレイと再会してから、さまざまな紆余曲折を経て、後から振り返ったときに「夢に出てきたあの存在はツインレイだったのかもしれない」と感じることがあるようです。 夢日記をつけていたり、夢を記憶している人は、それほどいないと思いますので、夢で相手を見たことを忘れてしまう人がほとんどかもしれませんが、出会う前に夢で相手を見ることもあるようです。 ツインレイとの再会後の再会 このように、ツインレイとの再会の合図はいくつもあります。 ツインレイとの再開後には、ランナー・チェイサーに分かれて、追いかけては逃げるという時期を体験するツインレイもいます。 ランナーとチェイサーの時期が長い場合は、数年間も会わなかったり中には10年以上も連絡をたったままのツインレイもいるようです。 わかれてから数年間も会わないというのは、通常の感覚ではもうその恋愛は終わったものと考えてもおかしくありませんから、さらにその後に、また、ツインレイの相手と出会うことがあれば、それは「再会の後の再会」といってもよい出来事だと思います。 ツインレイは、カップルによって性格も、関係性も違いますから、何を再会とするかの判断は、一概にはできないと思いますが、今生での1度目の再会のあと、お別れをし、数年後にまた再会をした場合には、それを「再会後の再会」と考えても良いのだと思います。 再会のタイミングは、相手の中の受け入れられない部分を受け入れ、自分が成長したときにやってきます。 ステージが変わったのを、感じる人もいるでしょう。 再開後の再会にも、サインや兆候があります。 1111や2525の数字を見たり、相手の名前を目にするなどさまざまなサインがあります。 自分たちが再会を意図していなくても、周りの状況が勝手に変わって、再会までの流れが出来上がる事もあります。 人によっては、別れから再会までの間が数分から数日の人もいます。 また、実際には、相手と現実世界で別れることなく、相手を拒絶し受け入れるというプロセスを心の中だけで進めることの出来る人もいます。 そういう人の場合は、一度目の再会の後、現実世界では別れを経験することはないかもしれません。 しかしその場合でも、心の中では、拒絶と受け入れ、執着を手放しを繰り返していますので、現実世界で別離を経験する人と、同じ体験をしていると言って良いのだと思います。 ツインレイとの統合 ツインレイとの再開後、ランナーとチェイサーの時期を体験し、相手を受け入れ、執着を手放すことで、ツインレイと再会する、その「再会」のことを「統合」と表現する人もいると思います。 実は、統合というのは、ひとつの執着を手放すたびに、起こる物だと筆者は考えています。 ですから、「私は完璧にツインレイと統合した」という状態は実は、ありえないのではないかと思うのです。 相手を完全に拒絶し、連絡も取らなくなるような、大きく拒絶する関係が改善されて、とりあえず連絡を取れる関係になることを「統合」とする人もいるかもしれませんが、しかし、相手がツインレイである以上、相手と関わるなかで「自分とは違うな」と感じるところは、毎回なにかしらあるはずだと思います。 ひとまずは、相手を受け入れることが愛である、ということを理解できることが、一つのおおきな「統合」の目安なのかもしれません。 ツインレイの統合までのプロセスの速度は人によって違うようですが、ツインレイとであった人たちは、だいたい、同じようなパターンを体験するようです。 ツインレイと出会った人は、巷にあふれている「再会」「統合」などの言葉に惑わされず、内観をすることが一番の近道だと思います。 答えはいつも、自分の中にあります。

次の

ツインレイに拒絶された原因と再会のヒント|TwinSoulStory

ツインレイ 再会

【スポンサードリンク】 ツインレイの再会とは ツインレイは、同じ魂を二つに分けた、魂の片割れといわれています。 そのため、今生で出会ったことを「再会」と呼ぶことが多いです。 元々一つだった魂が、男女に分かれて生まれ、転生を繰り返し、今生でやっと再会を果たしたのが、ツインレイとの出会いだというのです。 若くしてツインレイと出会うケースも有りますが、多くの場合、ツインレイと再会するのは、ある程度人生経験を重ねた後、40代前後になってからだといわれています。 そのため、既にお互いが既婚であるケースもあります。 また、年齢差が親子ほど離れていたり、外国に住んでいたりと、今までの自分からすれば、ありえない相手であることも多いようです。 ツインレイと再会するサイン・前兆 ツインレイと今生で再会する前には、いくつかのサインや前兆があるといわれています。 前兆1:死を覚悟する・絶望に襲われる ツインレイと出会う前に、何らかの事情で死を覚悟したり、深い絶望に襲われることがあるようです。 絶望することによって、魂がピュアになったために、ツインレイと再会できたという風にも考えられるかもしれません。 人は、死を覚悟したり、絶望の極地までいったとき、エゴを手放します。 絶望によって、一時的に、エゴを手放した状態になったために、ツインレイと無意識的につながり、相手を引き寄せたとも考えられるかもしれません。 前兆2:大切な人やものをなくす 大切な人を亡くしたり、大切にしていたものをなくしたり、ペットを亡くしたり、仕事をうしなったりして、深い悲しみの体験をしたあと、ツインレイに出会うこともあるようです。 深い悲しみを体験し、そこから立ち直って、新しくスタートをしようと考えて、新しく趣味を始めたり、仕事を始めた先で、ツインレイに出会うこともあるようです。 前兆3:幸せの絶頂にいる 何不自由なく暮らし、はたから見ても幸せそうで、本人も幸せの絶頂にいるようなときに、ツインレイと出会う人もいるようです。 絶望とは正反対ですが、深い絶望も、幸せの極地も、どちらも、エゴのない、同じような意識状態なのかもしれません。 前兆4:1111. 2525など数字のサインを良く目にするようになる ツインレイに出会う前やであった後に、1111や2525などの数字を良く目にする人もいるようです。 2525は男性性と女性性をあらわすとも考えられます。 2はタロットカードでは女教皇のカードです。 女教皇は女性魔術師を意味します。 タロットカードの5は法王です。 法王は男性の魔術師を意味します。 ツインレイとは、男性と女性の出会いであり、また、出会ってから数々の不思議体験をし、覚醒をするといわれています。 数字の2525は、ツインレイとの出会いを通じて、男性も女性も、魔法の力を手に入れるという無意識からのメッセージなのかもしれませんね。 また、2は二極をあわらし、5は人間を表します。 ツインレイとは、二極の世界を越えて、バランスの取れた統合された人間になるために、出会う相手なのかもしれません。 前兆5:ダイエットをしたりして、「綺麗」になろうとする ツインレイと出会う前に、男性も女性も、ダイエットをしたり、スキンケアをしたり、歯列矯正をしたりして、「綺麗になろう」とする人が多いようです。 もちろんまだツインレイと出会う前ですから、当然のことながら、ツインレイに好かれるために綺麗になろうとしているわけではないのですが、無意識がツインレイの情報をキャッチしているのでしょうが・・・。 男性も女性も、振り返ってみると、ツインレイと出会う前の時期に、きれいになるための何らかの行為や努力をしていることが多いようなのです。 【スポンサードリンク】 前兆6:夢で相手の存在を感じる ツインレイと出会う数ヶ月、数週間前に、夢の中でツインレイのような存在を見たという人もいます。 もちろん出会う前ですから、それが、ツインレイだとはわかりません。 しかし、ツインレイと再会してから、さまざまな紆余曲折を経て、後から振り返ったときに「夢に出てきたあの存在はツインレイだったのかもしれない」と感じることがあるようです。 夢日記をつけていたり、夢を記憶している人は、それほどいないと思いますので、夢で相手を見たことを忘れてしまう人がほとんどかもしれませんが、出会う前に夢で相手を見ることもあるようです。 ツインレイとの再会後の再会 このように、ツインレイとの再会の合図はいくつもあります。 ツインレイとの再開後には、ランナー・チェイサーに分かれて、追いかけては逃げるという時期を体験するツインレイもいます。 ランナーとチェイサーの時期が長い場合は、数年間も会わなかったり中には10年以上も連絡をたったままのツインレイもいるようです。 わかれてから数年間も会わないというのは、通常の感覚ではもうその恋愛は終わったものと考えてもおかしくありませんから、さらにその後に、また、ツインレイの相手と出会うことがあれば、それは「再会の後の再会」といってもよい出来事だと思います。 ツインレイは、カップルによって性格も、関係性も違いますから、何を再会とするかの判断は、一概にはできないと思いますが、今生での1度目の再会のあと、お別れをし、数年後にまた再会をした場合には、それを「再会後の再会」と考えても良いのだと思います。 再会のタイミングは、相手の中の受け入れられない部分を受け入れ、自分が成長したときにやってきます。 ステージが変わったのを、感じる人もいるでしょう。 再開後の再会にも、サインや兆候があります。 1111や2525の数字を見たり、相手の名前を目にするなどさまざまなサインがあります。 自分たちが再会を意図していなくても、周りの状況が勝手に変わって、再会までの流れが出来上がる事もあります。 人によっては、別れから再会までの間が数分から数日の人もいます。 また、実際には、相手と現実世界で別れることなく、相手を拒絶し受け入れるというプロセスを心の中だけで進めることの出来る人もいます。 そういう人の場合は、一度目の再会の後、現実世界では別れを経験することはないかもしれません。 しかしその場合でも、心の中では、拒絶と受け入れ、執着を手放しを繰り返していますので、現実世界で別離を経験する人と、同じ体験をしていると言って良いのだと思います。 ツインレイとの統合 ツインレイとの再開後、ランナーとチェイサーの時期を体験し、相手を受け入れ、執着を手放すことで、ツインレイと再会する、その「再会」のことを「統合」と表現する人もいると思います。 実は、統合というのは、ひとつの執着を手放すたびに、起こる物だと筆者は考えています。 ですから、「私は完璧にツインレイと統合した」という状態は実は、ありえないのではないかと思うのです。 相手を完全に拒絶し、連絡も取らなくなるような、大きく拒絶する関係が改善されて、とりあえず連絡を取れる関係になることを「統合」とする人もいるかもしれませんが、しかし、相手がツインレイである以上、相手と関わるなかで「自分とは違うな」と感じるところは、毎回なにかしらあるはずだと思います。 ひとまずは、相手を受け入れることが愛である、ということを理解できることが、一つのおおきな「統合」の目安なのかもしれません。 ツインレイの統合までのプロセスの速度は人によって違うようですが、ツインレイとであった人たちは、だいたい、同じようなパターンを体験するようです。 ツインレイと出会った人は、巷にあふれている「再会」「統合」などの言葉に惑わされず、内観をすることが一番の近道だと思います。 答えはいつも、自分の中にあります。

次の

ツインレイ覚醒から統合へ、何が起きる?

ツインレイ 再会

ツインレイとの真実を知るためには、特別な感覚を体験することです。 例えば偶然も数を重ねると、やはり特別な縁を感じてしまいます。 この 繰り返すその共通体験は、あなたにとっての「ツインレイ」との真実(出会い)を示すサインなのです。 過去世において、あなたとひとつの魂を共有していた存在を、「ツインレイ」と呼びます。 多くの場合、男性と女性として出会いますがまれに違う場合もあります。 クロスオーバーする場面が複数あったり、幸せに対する価値観が同じだったり、同じタイミングで同じことを考えているような発言があったりするかたもいます。 このような偶然によって感じるツインレイとの真実や男性と女性の特徴についてお伝えします。 「ツインレイ」の男性との関係は?どう区別するの? 繰り返す生まれ変わりの途中で、何かの拍子に別れた魂は、それぞれが別の肉体をもって生まれることになります。 「ツインレイ」が肉体をもつとき、多くは異性の関係になります。 これは、 お互いの魂が次のステージへレベルアップするために、成熟したジェンダー経験が必要になるためです。 「ツインレイ」と出会ったときは、お互いがほかにない共通性や安心感・安定感を強く認識するエピソードがおこります。 具体的な「 外見や行動の共通点」について、• 生まれてから今までに似たような経験をしている• 似たような癖・同じ習慣・同じジンクスがある• 行動パターン・思考パターンが読める などがあげられます。 このような目にしたことに対するシンパシー以外にも、「 言葉で言いあらわせないような」温かく満ち足りた感覚が生まれます。 あなたは、 「ツインレイ」との再会はもう永いこと渇望してきた真実の願いであったこと気づくのです。 ツインレイの男性の特徴 「ツインレイ」の男性は、本人も不思議に思うくらいの情熱を見せます。 相手から目が離せない• 嫉妬深くなる• 相手を束縛したくなる• 同族嫌悪的な感情が生まれ、 極端な反感を示す あなたに対してこんな行動をとる男性と出会ったら、その相手は「ツインレイ」の可能性が高いとみていいでしょう。 こちらの記事でツインレイの男女や特徴についてお伝えしています。 ぜひ一緒にご覧ください。 >> 「ツインレイ」の女性との関係は?どう区別するの? ごくまれにですが、「ツインレイ」が同性同士の関係になることがあります。 もちろん、 唯一無二の存在であることにかわりはないので、異性の「ツインレイ」と同様に強いシンパシーや安心感が生じます。 ただ、魂の根源からお互いを求めるため、 普通の友情や親愛の情とは違うレベルの、強く激しい様相を示しがちです。 そのため、周囲の人たちの反応もそうですが、自分たち自身の嗜好の変化を自覚し、大きな戸惑いが生じるでしょう。 しかし、 ほかの同性たちに対して同じ感情が沸き上がってくることはありません。 また、お互いの間で、自然と男性的役割・女性的役割の行動をとるようになります。 ツインレイの女性の特徴• お互いの手・指・爪の形がよく似ている• お互いの雰囲気がよく似ている• 一緒に行動するときに、お互いが自然と補完的・協働的にふるまう• 属する集団の中で、お互い同士にのみ特別の感情が生じる このような関係の相手は、あなたの「ツインレイ」の可能性が高いでしょう。 ツインレイの女性に関して、こちらの記事も参考にしてください。 >> 「ツインレイ」の覚醒の瞬間、あなたに何が起こる? 別れた魂が出会い、再統合することで魂のステージがレベルアップします。 しかし、そのためには お互いが「ツインレイ」として覚醒することが必要になります。 出会った瞬間に、• 「体に電撃が走った」• 「温かく懐かしい感情が沸き上がった」 など、お互いの 初見で体感する場合もありますが、以下の行動をとることでより促されます。 頭の中を空にして、リラックスする• 日常のできごとに幸福感を感じる• 新鮮な経験・幸福体験を増やす このように、普段の生活の中でスピリチュアルなアンテナを高く保つことで、日常に埋まっている「特別な何か」を、敏感にすくいあげることができるでしょう。 ツインレイの覚醒後 覚醒した後も特徴的なできごとが現れます。 身体的症状 頭痛・めまい・手足のしびれなど、一次的症状のほかに、味覚の変化・慢性的な眠気などがしばらく続く。 精神的症状 スピリチュアルなメッセージを受け取りやすくなる。 前向きな性格になる。 ものごとを今までとは別の視点で見られるようになる。 積極的傾向が強くなる。 あなたの体だけでなく、精神的にもこのような顕著な変化を感じるようになります。 こちらの記事では、統合後におこるツインレイの覚醒について解説しています。 >> 「ツインレイ」に別れが訪れる意味は?復縁の可能性は? 物質世界で出会った 「ツインレイ」が、再統合を果たさずに別れてしまうことは珍しいことではありません。 「ツインレイ」と出会うことができたとしても、 そのままひとつになって幸福な関係を築けるとは限らないのが現実です。 ツインレイと出会うことは人生の上昇(アセンション)を意味しているのです。 例えば、「ツインレイ」が既婚である場合、宗教的な理由・社会的な立場がある場合などは珍しくありません。 相手が既婚の場合は、魂の目的を果たすための行動に、大きな代償を必要とすることが想定できます。 出会い、覚醒するレベルで成熟している魂なら、現実の問題に対して冷静にならざるを得ません。 スピリチュアルな幸福を優先する相手のほうが少ないでしょう。 それもまた、自分たちの「業」のひとつです。 しかし、だからと言って自らの運命に悲観的になる必要はありません。 別れてもお互いが「ツインレイ」であることにかわりはないのです。 別れはふたりにとって、さらなる成長のモチベーションを生むことになるのです。 「ツインレイ」同士の関係が失われてしまうことはありません。 再統合にふさわしいときではないからこそ、いったんは別れ、また時期を伺うのです。 機が十分熟したとき、 「ツインレイ」の再統合・覚醒がおこなわれ、ふたつの魂は滞りなく次のステージへ向かうことができるでしょう。 悲しい別れですが、ツインレイの別れに関してこちらの記事でくわしくお伝えしています。 >> まとめ 普段から変化に敏感なあなたなら、すでに身の覚えのある症状を見つけたのではないでしょうか。 「ツインレイ」と出会うことは、お互いかけがいのない存在でいられるだけでなく、あなたの魂をより成長させるチャンスです。 ひとつひとつの変化は小さく軽いものなので、気分的なものだと受け流しがちですが、もしかしたらもったいないことをしているのかも。 「ツインレイ」同士の呼び合うサイン、見逃さないで!.

次の