お手間を取らせてしまい 敬語。 「お手を煩わせて」とは ビジネスで使える例文集

「お手を煩わせる」の意味と使い方は?ビジネスで使える例文を教えて!

お手間を取らせてしまい 敬語

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。 そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。 中でも代表的な間違いは「させていただく」「よろしかったでしょうか」「お帰りになられる(二重敬語)」でしょう。 本日司会を務め させていただきます、〇〇と申します。 お手元の資料について、ご説明 させていただきます。 添付の書類について、ご紹介 させていただきます。 追加させていただく資料などが発生いたしましたら、座席後方にて配布 させていただきますので、ぜひ、お声かけいただけますよう、ご案内申し上げさせていただきます。 聞いている私がハラハラしましたが、本人は全く気にしていない様子。 おそらく、「させていただく」と言っておくだけで、彼女なりに何かをクリアしている心境なのでしょう。 この「させていただく」について、文化庁の見解があります。 相手側、または第三者の許可を受けて行う場合• そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合 この2つの条件がある場合だけ「させていただく」が適切だとしています。 文化庁 文化審議会答申より 「させていただく」が適切だとする例として、例えば、相手が持っている資料のコピーを取らせてほしいと、許可を求める場合です。 その資料、コピーを取ら せていただけますか? これはOKです。 これはしっかりと納得できますよね。 では冒頭に書いた、そしてみなさんが本当によく使うこの言い回しはどうでしょう?• 本日司会を務めさせていただきます、〇〇と申します。 あまりによく耳にするフレーズなので、聞き流してしまうほど。 しかし、この言い方、実はやや冗長な言い方なのです。 この言い方の場合 1 相手側、または第三者の許可を受けて行う場合 2 そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合 の条件で考えると、1については、「あなたが司会を務めてよろしい」と誰かが許可を下したことを臭わせています。 確かに、立候補したのでなければ、当然、誰かが許可か推薦をしたのでしょう。 しかし、この司会業がどんなに大役でも、許可か申請をしたのは、所詮「身内」です。 そして2については、大役であればあるほど、それこそ「恩恵を受ける」のは司会をするあなたであり、そんなことは聞き手が知らなくても良い情報です。 ですから、このような場合は、 シンプルに 本日司会を務めます、〇〇と申します。 で十分なのです。 逆に、1と2の条件が分かるように、思い切り言葉で臭わせて、会場の同情を得るような、例えば、大物芸能人同士の結婚式の司会をする場合などは、この言い方でも良いかも知れませんね。 他にも「本日休業させていただきます」や「私は〇〇会社に勤めさせていただいております」もこのルールで「言い過ぎた敬語」であることが分かると思います。 「誰かが許可をした」ということを強調したい場合にだけ、適していると考えれば良いのですね。 この方向でまとめて、よろしかったでしょうか。 私どもの方でご用意する形でよろしかったでしょうか。 ご注文は、〇〇でよろしかったでしょうか。 この「よろしかったでしょうか」は、相手に配慮をし、自分の行動が正しいかどうか再確認する意味があります。 そして、適切に使えば「誤用」とは言えません。 ただし、いわゆる「バイト敬語」とされているきらいがあり、日常で敬語を使う機会もなく社会人になり、便利なので、そのままこのフレーズだけを型にはめて使っている人が多いようです。 「よろしかった」かどうか伺うということは、再確認の意味がありますので、あまりに多用すると 「聞いていなかったの?」 と思われても仕方がないのです。 このような場合は、思い切って言いきるのが良いでしょう。 この方向でまとめて、よろしいでしょうか。 私どもの方でご用意する形でよろしいでしょうか。 ご注文は、〇〇でよろしいでしょうか。 ちっとも、違和感がありませんよね。 むしろ、聞いている方の不安感が綺麗に消えます。 つまり、「よろしかった」という過去形の言い方を「よろしい」に直せば良いのです。 敬語表現をしたつもりが、不安になっては元も子もありませんよね。 ここでも シンプルが一番です。 ついついたくさん使いがちな「二重敬語」は整理して 次に、不安で不安で敬語を重ねてしまい、結果的におかしな言い方になっている例です。 〇〇様は、お帰りになられました。 〇〇様が、このようにおっしゃられています。 〇時に、伺わせていただきます。 これらのフレーズも、日常でよく耳にします。 「お~になる」+「~になられる」 「おっしゃる(言うの敬語)」+「られる」 「伺う(行くの敬語)」+「~いただく」 と、敬語表現が二重になっている為、文法的にも誤りとされている言い方です。 しかし、こちらの二重敬語では、あまりに使われすぎて、文法的には間違っているけれど、認められつつある言い方もあります。 お召し上がりになる もその一つです。 本来は「召し上がる」+「お~になる」という二重敬語なのです。 そうなると、どれが良くてどれが悪いのか、不安になると思いますが、ここでも シンプルイズベストのルールが適用されます。 〇〇様は、お帰りになりました。 〇〇様が、このようにおっしゃっています。 〇時に、伺います。 しっかりした日本語ですし、聞いていて潔い、自信にあふれた感じがしますよね。 心もとない言葉を何で補う? それでも、私の敬語は足りないのではないか?と不安に思う人もいるでしょう。 その場合は、敬語表現を付け足して「盛る」のではなく、尊敬の念を持った態度で話すと良いでしょう。 例に挙げた• 本日司会を務めます、〇〇と申します。 これで「敬意が足りているかどうか不安」なのであれば、言葉を付け足して盛るのではなく、しっかりした 相手を尊敬する態度を付け足せば良いのです。 皆さんのために、自分の役目を堂々と果たすつもりだと背筋を伸ばして、しっかり頭を下げて、堂々と挨拶をすれば、もう言葉は不要ですよね。

次の

「お手間を取らせる」「かけさせる」「手間」の類義語と正しい使い方

お手間を取らせてしまい 敬語

「手間」の意味 「手間」の意味は、 ・ある事のために費やす時間、労力 ・手間賃(仕事にかかった時間や出来高に応じて支払われる代金)の略 ・手間賃をもらってする仕事。 また、その職人 となります。 「手間」は「ある事のために費やす時間、労力」という意味で使われることがほとんどです。 「手」は音読みだと「シュ」、訓読みだと「て」「た」と読みます。 「手」は「手わざ・腕前」「仕事や役割りをもつ人」を意味します。 「間」は音読みだと「カン」、訓読みだと「あいだ」「ま」と読みます。 「間」は「二つの物のあいだ」「二つの時点のあいだ」を意味します。 「手間」のよく使う言い回し ・手間がかかる:ある事をするのに、時間や労力が必要とされる、費やされる ・手間のかかる:ある事をするのに、時間や労力が必要とされる、費やされる ・手間をかける:そのために、時間や労力を使う、つぎ込む ・手間取る:ある事をするのに、予想以上に時間や労力がかかる ・手間いらず:時間や労力がかからない、容易に事が運ぶ ・手間を省く:時間や労力をかけない、減らす ・手間だ:時間や労力がかかって、面倒である ・手間を惜しまない:時間や労力がかかる事を嫌がらずに進んでやる 「手間」を含んだ熟語である「手間暇」などは記事の後半で解説します。 「手間」の使い方と例文 「手間がかかる」はある事を、時間・労力を惜しまずに達成した場合に使います。 例えば、「意外にも課題に手間がかかってしまった」「手間をかけて、誕生日会のために色々と準備をする」といったように用います。 「手間を省く」はある事を、時間や労力をかけずに行うときに使います。 例えば、「わざわざそこへ行く手間を省く」「注文するたびに個人情報を入力する手間を省く」といったように用います。 例文 ・この作業はだいぶ手間がかかる。 ・手間がかからない料理を紹介します。 ・この商品は主婦の手間を省く便利なグッズです! ・このサイトは個人情報入力の手間を省いている。 ・長期休暇中は、飛行機のチケットがなかなか取れなくて手間取る。 ・組み立てに手間取ることなく、簡単に完成した。 ・困難で手間のかかる課題を先に終わらせる。 ・手間をかけることなく、書類を作成する。 ・こんな簡単なことが手間だなんて、どうしようもない! ・この仕事は手間がかかる割に、メリットがあまりない。 ・歳のせいか、容器を開けるのに手間取ってしまう。 「手間」の敬語変換 「手間」を敬語表現にするには、尊敬を意味する接頭語の「お」を付けて 「お手間」とします。 「お手間」は「ある事に対して時間や労力を費やすこと」を表します。 「お手間」を使った言い回しは、 ・お手間を頂戴する ・お手間をかけていただきありがとうございます ・お手間を取らせてしまいすいません ・お手間でなければ、 ・お手間を煩(わずら)わせて となります。 「お手間を取らせる」は相手が自分のために時間や労力を割くことを、お願い・お詫びをするときに使うことが多いです。 例えば、自分の都合で何かをお願いしたいときは「お忙しい中、お手間を取らせてしまいますが〜」といったように、クッション言葉として使います。 また、依頼したことが終わったときに「お手間を取らせてしまい、申し訳ありませんでした」といった場合は、謝罪の言葉として用います。 例文 ・折り入ってお話したいことがあるので、お手間を頂戴してもよろしいですか。 ・もし、お手間でなければ、調べていただけないでしょうか。 ・お手間を取らせてしまい恐縮ですが、折り返しご連絡お願いいたします。 ・うっかりつまらないことで、お手間を取らせてしまい、申し訳ございませんでした。 ・この度はこちらの不手際によりお手を煩わせてしまい、誠に申し訳ありません。 「手間」と「手数」の違い 「手数」の1つ目の意味は「てすう」と読む 「手数」は <てすう>と読みます。 「手数」は、 ・それに施すべき手段の数 ・その物事または他人のために特に力を尽くすこと を意味します。 「手数」は「ある物事を達成するために必要な労力」を指します。 ですので、 「お手数おかけしますが」は「こちらの依頼や要求に対して、労力や動作をかけさせますが」という意味になります。 「お手数おかけしますが、明日またご連絡いたします」などと、自分に対しては使用できないので注意しましょう。 「お手数をおかけします」は「お手数」と「おかけする」の「お」が尊敬語なので、厳密には二重敬語ですが、 一般的に使われているので使用しても問題ありません。 例文 ・お手数をおかけしますが、先日の件について再度お知らせいただきますようお願いします。 ・お忙しい中お手数をおかけしますが、資料の送付をお願いできないかとメールを差し上げた次第です。 ・お手数をおかけしますが、ご返事いただければ幸いです。 ・お手数をおかけしますが、ご確認いただき何かミスがありましたらご連絡いただきますでしょうか。 ・お手数をおかけしてしまい大変恐縮ではございますが、今一度ご確認いただきますようよろしくお願い申し上げます。 「手数」の2つ目の意味は「てかず」と読む 「手数」は <てかず>とも読みます。 「手数」の意味は、 ・仕事をするための労力。 それに施すべき手段の数。 手間 ・面倒なこと となります。 例えば、「手数(てかず)と報酬の割りが合わない」「手数(てかず)の割には給与が少ない」「手数のかかる料理」などと使います。 「手間」は「コスト」と言い換えるのも可 「コスト」の意味は、 ・値段、費用 ・原価、生産量 となります。 「コストが要る」「コストを要する」「コストがかかる」「コストを必要とする」などと使います。 「コスト」はカタカナ語ですが、日本語として定着しているのでどのような企業でも使用するのは問題ないでしょう。 例文 ・その作業を進めるのは、だいぶコストを要する。 ・多くのコストを必要とすることなく、目標を達成する。 ・新商品の生産にはコストがかかるため、大変である。 「お手間」の類語 ご負担 「負担」の意味は、 ・荷物を負いかつぐこと ・身に引き受けること ・重荷、過重な仕事 となります。 「ご負担」は「相手に手間を取らせること」を意味します。 「ご負担」は「お手間」と同様、面倒や苦労をかけた場合に使い、他にも 金銭面での援助をお願いしたい場合にも使います。 例文 ・修理費用の一部のご負担をお願いいたします。 ・こちらの費用については、別途ご負担ください。 ・ご負担をおかけして、申しわけございません。 「ご足労」は「足を苦労させた」「足を働かせる」という意味合いになります。 「ご足労」は 「本来は自分から出向かなければいけないところ、わざわざいらしていただいてすみません」というニュアンスで、基本的に、本来自分が訪問しなくてはいけないところを相手が来訪してくれた場合に使います。 主に「ご足労いただき〜」「ご足労いただきまして〜」などと用います。 例文 ・本日はお足元の悪い中、ご足労いただき誠にありがとうございます。 ・先日は弊社までご足労いただき、ありがとうございました。 ・ご足労おかけしてしまい大変申し訳ありません 「手間」を含んだ熟語 手間暇(てまひま) 「手間暇」は 「手間とひま」「労力と時間」を意味します。 「暇」は「事をするための一定の時間」を表します。 例文 ・手間暇をかけて料理を作る。 ・手間暇をかけてアルバムを作成する。 手間仕事(てましごと) 「手間仕事」は、 ・手間のかかる仕事 ・手間賃を取ってする仕事 を意味します。 「手間仕事」は「時間や労力がかかる仕事」という意味合いになります。 例えば、「手間仕事を嫌う」「手間仕事を厭わない」などと言いますよね。 例文 ・手間仕事を面倒くさがらない。 ・いくらにもならない手間仕事。 手間損(てまぞん) 「手間損」は 「手間ばかりかかって効果のないこと」を意味します。 「あんなに時間や労力がかかったのに、結局何も効果はなかった」という時に使います。 例文 ・彼の話を長々と聞いていたのは、手間損だった。 ・あの細かい作業は非常に手間損だった。 手間賃(てまちん)・手間代(てまだい) 「手間賃」は 「職人などの手間に対して支払われる賃金」を意味します。 「手間代」は 「手間に対する報酬」を意味します。 例文 ・先月の家賃は手間賃で稼げるほど安かった。 ・頑張った甲斐があり、多大な手間代をもらえた。 二度手間 「二度手間」は 「一度ですむところを、さらに手間をかけること」を意味します。 「二度手間」はよく日常会話でも使いますよね。 「二度手間になってしまい申し訳ありません」「二度手間だが忘れ物を取りに戻る」などと使います。 例文 ・連絡の行き違いで二度手間になる。 ・二度手間でも再度確認してほしい。

次の

「お手間を取らせる」「かけさせる」「手間」の類義語と正しい使い方

お手間を取らせてしまい 敬語

「お手を煩わせる」とは、頼みごとをするときにおいて、よく使われている言葉です。 「お手を煩わせる」という表現は、日常の会話でもよく使われていますが、特にビジネスシーンで耳にすることが多いです。 「手を煩わせる」の丁寧語が「お手を煩わせる」という言葉ですが、「面倒をかける。 手間を取らせる」という意味のあるこの言葉は、頼みごとをする際に使います。 今回は、「お手を煩わせる」の意味や使い方をご紹介します。 「お手を煩わせる」の意味 「お手を煩わせる」の意味をご紹介します。 「お手を煩わせる」とは簡単に言うと、手を不快にさせる、わざわざ動かさなくても良い手を動かせてしまうという意味です。 「お手を煩わせる」とは先ほどもご紹介したように、「手を煩わせる」の丁寧語です。 「面倒をかける」や「手間を取らせる」というような意味合いで使います。 「煩わせる」の読みと意味 「煩わせる」の読みと意味をご紹介します。 「煩わせる」は「わずらわせる」と読みます。 意味は、不快な思いや、わざわざしなくても良いことをしなければならないような面倒事などを表します。 「お手を煩わせる」に似た言葉と違い 「お手を煩わせる」に似た言葉と違いをご紹介します。 「お手を煩わせる」には似た言葉があります。 今回は「お手数をかける」「お手間を取らせる」「ご負担をおかけする」「ご迷惑をかける」の4つをご紹介します。 「お手を煩わせる」を言い換えたり、似た表現を使いたいという場合の参考にしてください。 「お手数をかける」 「お手数をかける」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「お手数をかける」という言葉があります。 「お手数をかける」は「お手を煩わせる」と同じで「相手に負担や手間をかけさせてしまう」といった意味を持っています。 「お手間を取らせる」 「お手間を取らせる」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「お手間を取らせる」という言葉があります。 「お手間を取らせる」は「お手を煩わせる」と同じで、「相手に負担や手間をかけさせてしまう」という意味を持っています。 「お手数をかける」と「お手間を取らせる」は「お手を煩わせる」と同じ意味を持っていますが、その中でも「お手を煩わせる」は丁寧かつ敬語の表現として使えます。 「ご負担をおかけする」 「ご負担をおかけする」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「ご負担をおかけする」という言葉があります。 意味は文字のとおり「負担をかける」です。 相手に負担をかけてしまうという場合に、「お手を煩わせる」の他に「ご負担をおかけする」も使うことができます。 例えば、相手に負担をかけたことを謝罪するという場合に「ご負担をおかけして、申し訳ありません」などというように使います。 「ご迷惑をかける」 「ご迷惑をかける」という言い回しをご紹介します。 「お手を煩わせる」に似ている言葉として、「ご迷惑をかける」という言葉があります。 「ご迷惑をかける」は「迷惑をかける」という意味です。 例えば、相手に迷惑をかけてしまった後や、これから迷惑をかけてしまうという場合に、「ご迷惑おかけしました」や「ご迷惑をおかけします」というように使います。 「お手を煩わせる」の文例 例1は、仕事などを依頼する時です。 仕事などを依頼する時の「お手を煩わせる」の使い方をご紹介します。 仕事や頼みごとなど、相手になにか負担や手間をかけさせてしまうという場合に、「お手を煩わせる」という表現は役立ちます。 お手を煩わせますがメールをお願いします お手を煩わせますがメールをお願いしますという言い回しをご紹介します。 仕事などの依頼をする時の「お手を煩わせる」の使い方の例として「お手を煩わせますがメールをお願いします」という文があります。 メールで質問や見積もりなどの依頼をしたという場合などに、「お手間を取らせますがメールをしてください」といった意味合いで、「お手を煩わせますがメールをお願いします」というように使うことができます。 例2:相手の配慮にお礼を伝える時 例2は、相手の配慮にお礼を伝える時です。 相手の配慮に対してお礼を伝える時の「お手を煩わせる」の使い方をご紹介します。 普通は相手が手間をかけたり、負担をしてなにかをしてくれたという場合に、お礼をします。 そのような場合に、「お手を煩わせる」を使って、相手の配慮にお礼を伝えることができます。 お手を煩わせましたがありがとうございました お手を煩わせましたがありがとうございました。 という文をご紹介します。 相手の配慮にお礼をする時の「お手を煩わせる」の使い方として、「お手を煩わせましたがありがとうございました」という文があります。 「お手間や負担をおかけしましたが、感謝しています」といった意味合いで使います。 手間や負担に対し感謝を伝えます。 少し言葉を足して、「お手を煩わせてすみません。 ありがとうございました。 」と使うこともできます。 例3:謝罪する時 例3は、謝罪する時です。 謝罪をするという場合に「お手を煩わせる」を使う場合の使い方をご紹介します。 例えば、相手に手間をかけさせてしまったり。 負担をかけさせてしまったという場合に謝罪をするとします。 そのような場合に、「お手を煩わせる」を使って謝罪をすることができます。 お手を煩わせ申し訳ありません お手を煩わせ申し訳ありません。 という言い回しをご紹介します。 謝罪をする時の「お手を煩わせる」の使い方の例として、「お手を煩わせ申し訳ありません」があります。 「手間や負担をかけさせてしまったことに対し謝罪します」といった意味合いで使うことができます。 敬語を使うことが苦手な方におすすめの本はこちら 敬語を使うことが苦手な方に、敬語「そのまま使える」ハンドブックという本をおすすめします。 敬語「そのまま使える」ハンドブックは、日常の会話やビジネスシーンで使われている、基本中の基本の会話の言い回しを、豊富な例文で紹介しています。 本の中で紹介されている例文をそのまま覚える・使用するだけで、正しい敬語を話すことができます。 敬語を話すことが苦手だという方や、正しい敬語を学びたい方は読んでみてください。

次の