いいことありそう 曲。 「いいことがありそう!」の楽譜一覧

湯山 昭作 「ポップコーン」 ピアノ曲

いいことありそう 曲

のびのびとしたメロディ、わくわくするリズム。 この曲を弾いていると、本当にいいことがありそうに思えてきます。 複縦線を見てみると、大きくA-B-Aの構成になっています。 Aでは、1拍目の休符から躍動感を感じます。 まるで弾む心をあらわしているかのような装飾音符、その拍からの旋律は、2小節目の付点2分音符が3小節目の4分休符でブレスをとるまで、ずっと気持ちをとどけてください。 細やかな音やアーティキュレーションは、リズムにのってニュアンスを楽しく表現します。 Aの最後、17小節の2・3拍目の動きは大切に扱います。 Bではハ長調になり、Aで拍をとらえていた4分音符が右手の旋律へ移ります。 もちろん大きなフレーズを感じて弾きますが、拍節感の意識がないと、シンコペーションのリズムが流れにのれなくなってしまいます。 34小節目からは初めて4分音符がなくなり、両手で8分音符を弾きます。 38小節目にはAの旋律の頭のリズムも聴こえますね。 17・49・66小節目を弾きわけると、構成も魅力的になりますよ。 リズムを歌って夢のふくらむ演奏を。 佐藤薫子.

次の

イギリス人作曲家のピアノ曲も、もっと聴こうか

いいことありそう 曲

湯山 昭作 「ポップコーン」 ピアノ曲 湯山 昭作 「ポップコーン」 ピアノ曲 小3の子供が発表会で弾く事になりました。 子供はいまピアノの練習ABCのZ、ブルグミュラーの22曲目を練習しているくらいのレベルです。 子供にとってなかなか難しいらしく、てこずっています。 いつもの練習は、聞いて練習することはないのですが、あまりにてこずっているので、何度か聞かせてやりたいのですがいろんなサイトで探しても、著作権の問題か全体をとおして弾いている物をみつけることができません。 視聴というかんじでさわりを聞くことはできるのですが・・・。 CDがでているようですが、結構な値段ですし、マイナーなためか近くのレンタルショップにはおいてありません。 先生に弾いて頂こうかとも思うのですが、録音する装置がありません。 最悪、CDを買うかとも思うのですが、どこかで聞けるところご存知の方いませんでしょうか? 先生がレッスン中に弾いてくださらないのですか? 発表会用の曲なら先生が子どもに「こんな曲よ」と弾いて理解させるのが普通です。 子どもは新しい曲をもらってどんな曲かわからないままでは練習はできません。 どんなイメージの曲なのかは先生が弾かないと子どもがてこずるのも無理ありません。 日頃のレッスンでも同じことで、「この曲はこんなふうに弾くのよ」と指導するのがピアノのレッスンです。 私も長くピアノに携わっていますが小学生のレッスンでは必ず弾いて聞かせます。 レッスン中、部分的に弾いて理解してもらっています。 湯山昭の曲は決して難しい曲ではありませんが、日頃練習しているブルグなどとはまったくタイプが違った曲なのでお子さんも慣れないのだと思いますよ。 一度先生にこちらから「子どもが曲のイメージがつかめないといっているので、レッスンの時に一度弾いてきかせてください」とお話になってもいいと思いますよ。

次の

「いいことがありそう!」の楽譜一覧

いいことありそう 曲

湯山 昭作 「ポップコーン」 ピアノ曲 湯山 昭作 「ポップコーン」 ピアノ曲 小3の子供が発表会で弾く事になりました。 子供はいまピアノの練習ABCのZ、ブルグミュラーの22曲目を練習しているくらいのレベルです。 子供にとってなかなか難しいらしく、てこずっています。 いつもの練習は、聞いて練習することはないのですが、あまりにてこずっているので、何度か聞かせてやりたいのですがいろんなサイトで探しても、著作権の問題か全体をとおして弾いている物をみつけることができません。 視聴というかんじでさわりを聞くことはできるのですが・・・。 CDがでているようですが、結構な値段ですし、マイナーなためか近くのレンタルショップにはおいてありません。 先生に弾いて頂こうかとも思うのですが、録音する装置がありません。 最悪、CDを買うかとも思うのですが、どこかで聞けるところご存知の方いませんでしょうか? 先生がレッスン中に弾いてくださらないのですか? 発表会用の曲なら先生が子どもに「こんな曲よ」と弾いて理解させるのが普通です。 子どもは新しい曲をもらってどんな曲かわからないままでは練習はできません。 どんなイメージの曲なのかは先生が弾かないと子どもがてこずるのも無理ありません。 日頃のレッスンでも同じことで、「この曲はこんなふうに弾くのよ」と指導するのがピアノのレッスンです。 私も長くピアノに携わっていますが小学生のレッスンでは必ず弾いて聞かせます。 レッスン中、部分的に弾いて理解してもらっています。 湯山昭の曲は決して難しい曲ではありませんが、日頃練習しているブルグなどとはまったくタイプが違った曲なのでお子さんも慣れないのだと思いますよ。 一度先生にこちらから「子どもが曲のイメージがつかめないといっているので、レッスンの時に一度弾いてきかせてください」とお話になってもいいと思いますよ。

次の