土地 ランキング。 大学の敷地面積ランキング

土地活用ランキングと種類を徹底解説!【余った土地を有効活用しよう!】

土地 ランキング

29%で、変動率の順位は12位/47都道府県です。 75%で、変動率の順位は0位/47都道府県です。 22倍です。 20倍です。 千葉県の土地価格変動要因 千葉県全体の人口は増加傾向であり、流山市がもっとも増加数が多く、船橋市、市川市、柏市、千葉市と続いています。 東京へ通勤する世帯のベッドタウンとしての住宅需要は根強く、東京近郊の市の住民数が増え、連動して地価も上昇しています。 ただし柏市については東武野田線沿線および駅徒歩圏外のエリアの地価は下落基調となっています。 流山市はつくばエクスプレス沿線の流山おおたかの森駅エリアの開発が続いており、地価が上昇し続けています。 松戸市はJR常磐線沿線エリアを中心に地価動向は堅調です。 浦安市、鎌ケ谷市、習志野市も都内通勤者に需要があり堅調です。 東京湾東岸の木更津市、君津市、袖ケ浦市、市原市は東京湾アクアライン開通と三井アウトレットパーク木更津による生活利便性の向上の好影響が継続しており、地価上昇傾向が続いています。 一方で、銚子市、旭市、匝瑳市などの房総半島東部エリア、勝浦市、鴨川市、南房総市、館山市などの房総半島南部エリア、香取市、印西市などの千葉県北部は下落傾向です。 千葉市の土地価格変動要因 千葉県の県庁所在地である千葉市の地価は上昇傾向です。 千葉市中央区・花見川区・稲毛区のJR総武線沿線は利便性が高く上昇幅が拡大しています。 しかし駅徒歩圏外の住宅地には地価が下落する土地もあります。 千葉市美浜区もJR京葉線沿線を中心に地価上昇が続いています。 千葉市湾岸地区は東日本大震災(2011年[平成23年])により液状化現象が起き、翌年に美浜区の住宅地の地価は大幅下落しましたが、千葉市は千葉市液状化対策推進委員会を設置して液状化現象の調査と対策に取り組んでおり、震災のマイナス影響は一段落して地価上昇に転じています。 千葉市中心部の商業地も地価上昇が続いています。 オフィスの新規供給は乏しく賃貸料は横這い気味です。 JR千葉駅は駅舎・駅ビルの建て替えが行われ、2018年[平成30年]に新駅ビル「ペリエ千葉」がオープンしました。 千葉県の高速道路整備 千葉県内では高速道路網の建設工事が続いています。 建設が進められている圏央道(首都圏中央連絡自動車道)に関して、2013年[平成25年]に東金-木更津東間が開通し、東京湾アクアラインへ直接接続しました。 同区間内に市原鶴舞IC、茂原長南IC、茂原北ICが新設されました。 2014年[平成26年]に稲敷-神崎間が開通しました。 2015年[平成27年]に神崎-大栄間が開通しました。 これに伴い圏央道を経由して常磐自動車道と東関東自動車道が結ばれました。 残る区間である大栄-松尾横芝は2024年度に開通予定です。 外環道(東京外環自動車道)に関しては、2018年[平成30年]に三郷南-高谷間が開通しました。 これに付随して松戸IC、市川北IC、市川中央IC、京葉ジャンクション、市川南IC、高谷ジャンクションが新設されました。 千葉市の液状化対策事業 2011年[平成23年]発生の東日本大震災は千葉市にも強い揺れをもたらしましたが、特に千葉市美浜区において地盤の液状化現象が起こり、地面が隆起したり陥没したりしたため建物も損壊や傾斜をするなど大きな被害が発生しました。 政府が定めた復興交付金制度には都市防災推進事業(市街地液状化対策事業)が対象となっており、千葉市は同制度を用いて市街地液状化対策事業を実施しています。 千葉市はまず液状化対策事業計画を策定し、有識者からなる千葉市液状化対策推進委員会を設置しました。 千葉市美浜区幕張西、磯辺、真砂を計画区域とし、住民の同意を得た磯辺3丁目、磯辺4丁目に液状化対策工事を行っています。 液状化対策工法として、自然流下方式による地下水位低下工法が採用されました。 浦安市の液状化対策事業 東日本大震災は浦安市に大きな被害をもたらしました。 浦安市の面積のじつに86%が液状化現象にみまわれたのです。 地盤から土砂が噴き出し、道路は寸断され、電気・水道・ガスといったインフラ設備も損壊しました。 家屋は約8700戸が被害を受けました。 浦安市は元町地域、中町地域、新町地域、アーバンリゾートゾーン、工業ゾーンの5地域からなりますが、元町地域を除き埋立地であるため、液状化しやすい地盤構造となっていました。 浦安市では浦安市液状化対策技術検討調査委員会を設置し、その検討結果を踏まえ液状化対策実現可能性技術検討委員会を新たに設置し、液状化対策事業の工法やリスクを検討してその実現可能性を検討しました。 各地区の被害状況を調査し、住民説明会をひらき、対策工事について住民の同意を得ようとしています。 しかし住民の同意を取り付けることは容易ではなく、難航しています。 工事費の自己負担額が約100万~400万円と高額であることもネックになっています。 工事の実施が決まったのは当初の予定の1割にすぎない3地区で、弁天2丁目、舞浜3丁目、東野3丁目です。 工事が決まった地区でも問題が噴出しており、舞浜3丁目では地中から多量の布製の排水材がみつかったため工事が中断に追い込まれました。 弁天2丁目では一度は同意していた住民が、同意書を無効とする文書を浦安市長に提出しました。 ペリエ千葉 JR千葉駅の駅ビル建て替え計画が東日本旅客鉄道株式会社 千葉支社と株式会社千葉ステーションビルにより行われ、新駅ビル「ペリエ千葉」が2018年[平成30年]にグランドオープンしました。 ペリエ千葉は地下1階(ペリチカ)~地上7階で構成されます。 テナントには東急ハンズ、成城石井、くまざわ書店、JTB、マツモトキヨシ、パンダ薬局、コンタクトのアイシティ、ラフィネ(リラクゼーション)、ほけん百花、千葉駅総合クリニック、千葉駅すばるクリニック、アイクリニック千葉、スターバックス、タリーズコーヒー、京都 宇治茶 錦一葉、PABLO mini(焼きたてチーズタルト専門店)、AKOMEYA TOKYO(食品・雑貨)、BIRTHDAY BAR(生活雑貨)、丸亀製麺、マクドナルド、魚力、澤光青果、TAKAGIFOODS、農家の家せんのや、すし天(寿司・天ぷら)などが入っています。 7階のペリエホールは多目的ホールになっています。 75%.

次の

土地をたくさん持っているトップ500社

土地 ランキング

東京・丸の内。 これらが立つ土地を、企業自身が保有しているケースは多い。 どんな企業がどれぐらいの土地を持っているのか。 世間一般ではあまり認識されていないが、上場企業であれば調べて比べる方法がある。 東洋経済オンラインは上場企業がどのぐらいの土地を持っているのかを調べ、トップ500社をランキングした。 しているが、最新情報に更新した。 原則として直近本決算の数字をベースにした。 1年前との増減額も入れた。 大手不動産、鉄道会社の保有額が圧倒的 1位は三菱地所の2兆5052億円。 東京・丸の内エリアの開発などで知られる、言わずと知れた総合不動産の一角だ。 土地保有額はここ1年で1327億円の増加となった。 2位はJR東海の2兆3562億円、3位には住友不動産2兆3177億円が続いた。 JR東海は東海道新幹線を運営しており、これに関連する駅や線路周辺などの土地が保有額に含まれるとみられる。 土地は頻繁に売ったり、買ったりするものではないので、ランキング上位の顔ぶれは1年前と大きく変化はない。 4位JR東日本(2兆0025億円)、5位三井不動産(1兆8967億円)といった大手不動産、鉄道会社など膨大な土地を保有している企業が上位に並ぶのは当然といえるだろう。 鉄道系はほかにも9位阪急阪神ホールディングス、13位西武ホールディングス、14位近鉄グループホールディングス、15位JR西日本などの姿も見られる。 会計の原則では貸借対照表に計上する土地は、取得価格である簿価を基準にしていることが多いが、著しい時価の下落がある場合などに時価に引き直しているケースもあるようだ。 必ずしも土地の評価額と保有額は一致しないものの、一定の目安となる。 それ以外では6位トヨタ自動車(1兆3529億円)、8位JXホールディングス(9477億円)など、国内外に巨大な工場を構えている大手製造業や、店舗をたくさん持っている大手流通系企業、7位日本電信電話(1兆2732億円)など、いわゆる「オールド」カンパニーが上位に居並んだ。

次の

【ホームズ】土地[売地・宅地]の購入・分譲地の検索

土地 ランキング

・どんな土地活用の方法がある? ・何の土地活用がオススメ? ・自分に合った土地活用は何? 相続や譲渡などで自分が使うことのない空き土地を手に入れた場合、何等かの形で土地活用しようと考えるのが一般的です。 しかし初心者にとって、土地活用は未知の領域。 どんな方法を選択するのがベストなのか、頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか。 そこで今回の記事では、元・不動産業者の筆者が考えた「オススメの土地活用ランキング」をご紹介。 リスク・投資金額・運用開始までの期間・手に入れられる収益の多さなど様々な観点を考慮して、独自のランキングを作成しました。 この記事を読むことによって、 土地活用の様々な方法がわかりますよ! 記事を最後まで読んだ頃には、あなたにぴったりの土地活用がわかるはずです。 ではさっそくランキング7位から紹介していきましょう。 このページの目次• ランキング第7位 太陽光発電 オススメ土地活用ランキング第7位は「太陽光発電」です。 敷地内にソーラーパネルを設置し、発電された電気を様々な事業者に「売電」することによって利益を得る土地活用です。 すでに制作されたソーラーパネルを空き地に設置するだけなので、どんなに遅くても1か月以内で運用開始できるスピード感が大きな魅力でしょう。 一時期ソーラーパネルはかなり高価で、敷地全域に設置するとなると、膨大な金額が必要でした。 しかし現在では制作技術の進歩により、パネルの単価が大幅下がったため、昔に比べて初期投資費用が安くなったという利点があります。 土地活用として太陽光発電を選択するなら、今が最適のタイミングと言っても過言ではありません。 ただし土地活用の中では、かなり不安的な部類に入る方法だと言わざるを得ないが実情です。 ソーラーパネルは天候によって売電量が変わるため、連日天気が悪いとガクッと売電量が落ちます。 日が落ちるのが早い冬は、売電できる時間が短いという難点もあります。 また売電価格そのものが、かなり不安定なのも問題でしょう。 発電した電気を買い取る金額は流動的で、決まった金額ではありません。 最近では電気の買取金額が高くなることはなく、徐々に下がり続けています。 今後も同じような状況が続くのであれば、安定的な収入が求められる土地活用の手段としては、少し頼りないと言わざるを得ないでしょう。 土地活用の太陽光発電についての詳細は「」の記事で詳しく説明しています。 ランキング第6位 コンビニ経営 オススメ土地活用ランキング第6位は「コンビニ経営」です。 街でよく見かけるコンビニエンスストアを自分の土地に建てて、自らがオーナー兼経営者になります。 複数あるコンビニ会社の中から、自分に最も適した会社を選んで、フランチャイズ契約を結び、そのあとは建設から運営まで、すべて本社の指示通りに動いていくことになります。 フランチャイズ契約から建設・オープンまでの道のりは非常に長く、早くても半年、通常ならば1年程度はかかることを覚悟する必要があるでしょう。 コンビニ経営はすでに定年退職した人に特に人気で、老後の蓄えが不安という考えのもとコンビニ経営にチャレンジする人は少なくありません。 そんなコンビニ経営の大きな利点は「自分で能動的にすべきことがないこと」でしょう。 建物の建設からコンビニの経営まで、すべてフランチャイズの本社が実行・管理をしてくれるため、知識がない初心者でもすぐにチャレンジできるという利点があります。 しかし管理・実行してくれるとはいえ、誰もが成功するわけではないことを忘れてはいけません。 コンビニ用のテナント建設のための費用など、多大なお金をかけたにもかかわらず、上手くいかないことは本当によくあります。 「昔ここにコンビニがあったんだけど・・」という場所を、誰もが1つは知っているはず。 自分も同じ立場になるかもしれないことを覚悟したうえで、チャレンジする必要があります。 土地活用のコンビニ経営については「」でさらに詳しく解説しています。 ランキング第5位 福祉施設運営 オススメ土地活用ランキング第5位は「福祉施設運営」です。 「なんらかの形で社会に貢献したい」という目的を持つ人に多く選ばれている活用法です。 福祉施設運営の手段はいくつか方法があり、大きく分けると以下の通りになります。 福祉施設運営事業者に土地を貸す• 自分で福祉施設を建てる• 土地に建物がまだあるなら、建物を改装して施設を建てる 現在主流になっているのは1の手段で、3つの手段の中で最もリスクがないことが多くの人に選ばれている理由でしょう。 もし2や3の手段を選んだ場合は、自らが福祉施設のオーナー兼経営者になります。 立派な「経営者」になるため、それ相応の知識と経験が求められます。 福祉施設はミスが許されない事業でもあるので、素人が生半可な気持ちでは手を出すべき土地活用ではありません。 もし初心者が福祉施設のオーナーになるなら、有識者に意見を求めたり、雇われ経営者を準備したりする必要があるでしょう。 福祉施設の土地活用について「」に詳しく解説しておりますので、気になる方はご確認ください。 ランキング第4位 駐車場経営 オススメ土地活用ランキング第4位は「駐車場経営」です。 自分の土地を整地して、コンクリート加工することによって、駐車場として運用開始できます。 駐車場経営には2種類のパターンがあり、毎回の利用料で利益を得る「コインパーキング方式」と、毎月の利用料をもらう「月極駐車場方式」のどちらか選ぶ必要があります。 「コインパーキング方式」は買い物客などが多い街内の土地に相性がよく、「月極駐車場方式」は住宅地が多い土地に最適と言えるでしょう。 「月極駐車場方式」であれば1か月たらずで運用が可能になりますが、「コインパーキング方式」は専用機材の導入があるため、運用開始まで数カ月かかることも。 駐車場経営は立地が命のため、立地が悪い土地で運用すると1円もお金が入ってこないことすらありえます。 明らかな住宅地、または買い物客が多い土地に立地していないのであれば、別の運用方法にした方がいいでしょう。 駐車場やコインパーキング経営については「」「」でさらに詳しく解説しています。 ランキング第3位 アパート経営 オススメ土地活用ランキング第3位は「アパート経営」です。 自分の土地を整地してアパートを建築し、その後入居者を募集。 入居が決まった人から得られる毎月の家賃を収益としていく土地活用となります。 土地の整地からアパートの建築まで多くの工程を行う必要があるため、運用まで半年近くの期間が必要になるでしょう。 立地が良い「人気地域」であれば、家賃収入が大幅UPするため、条件さえ整えば予想以上の収益が手に入る土地活用方法となっています。 また一度入居者が入れば、安定的に大きな収入が入り続けるという利点も。 安定的に多くの収益を手に入れる可能性の高い土地活用方法のため、土地活用のプロである投資家もアパート経営に力をいれています。 しかしアパート経営には、建築費用として莫大な資金が必要だという「最大のリスク」を抱えていることを忘れてはいけません。 アパート経営は、多額の不動産投資ローンを抱えながら、運用していく覚悟が必要になります。 家賃設定・ローンの金利・間取りの選定など様々な要素を一つでも失敗すると、収益がガクッと落ちる土地活用でもあるので、事前に有識者に協力を得ることを忘れてはなりません アパート経営については「」の記事でさらに詳しく解説しておりますので、興味がある方は参考にしてください。 ランキング第2位 借地 オススメ土地活用ランキング第2位は「借地」です。 借地の魅力は、なんといっても「運用までの手軽さ」でしょう。 不動産会社に依頼すれば、早くてその日のうちから賃貸人を募集できるはずです。 整地の費用や建物建築費用なども、全て借りた方がしてくれるため、初期費用も一切必要ありません。 土地活用の方法の中でも最もリスクが小さい方法のため、「とりあえず借地からやってみようか」となることは少なくありません。 比較的リスクが少ない借地ですが、「借地借家法」という法律によって厳重にルールが決まっていることも忘れてはなりません。 実は借地に一度建物を建てられると、最大100年までは貸し続けないといけないという強い縛りが借地借家法によって取り決められています。 仮に借地として運用し始めたのならば、「その次の土地活用」はもうできないと覚悟を決めたうえで行うようにしてください。 ランキング第1位 テナント経営 オススメ土地活用ランキング第1位は「テナント経営」です。 「アパート経営」と土地活用としての性質は非常に似ており、建てる建物がアパートからテナントに変わっただけとイメージするとわかりやすいでしょう。 ただし賃貸する相手が一般人から事業者に代わっているため、一度入居するとアパート以上に退去する可能性が低いというメリットがあります。 大規模なテナントでない限り、アパート建設よりも早く安く建つことが可能なのもプラスポイントでしょう。 賃貸する対象が事業者のため、 家賃はもちろんのこと礼金や敷金・更新料を多めにとれる点も大きなメリットです。 しかしアパート経営に比べて、テナントは入居する事業者が見つかるまでの時間がかかるのを忘れてはいけません。 アパートに入居する人の数とテナントを利用する事業者数だと、比べ物にならないほど事業者数の方が少ないです。 どんなに立地が優れている場所にテナントを建てたとしても、すぐに契約してくれる事業者は現れないことを覚悟してください。 不動産投資・土地活用を検討するなら!一括資料請求で多くの可能性を探る 不動産投資・土地活用と一言で言っても多くの方法があり、あなたの求めている収益性や土地や地域性にあった投資・土地活用方法をしっかり選ぶ必要があります。 ただ、なかなか自分で見つけるのは大変ですよね。。。 そんなときに 便利になるのが不動産投資・土地活用の一括資料請求です。 あなたの求めている情報を入力するだけで、全国の優良企業から一括で資料が請求できます。 しかもNTTグループが運営。 優良企業のみからの提案で、無理な営業とかは一切ありません。 ただ各社から計画資料が届くだけ。 利用者も700万人以上、投資や土地活用をする9割の人が利用しています。 土地を持っていなくても大丈夫。 無料なのでまずは勉強も兼ねて複数社の資料を取り寄せてみましょう。

次の