エクセル プルダウン 検索。 [EXCEL]絞り込み、検索ができるオートフィルターとは|EXCEL屋(エクセルや)

プロのエクセル活用術「プルダウン」作成・活用術【サンプル付】

エクセル プルダウン 検索

季節の変わり目は体調を崩しがちなので休養をしっかり取りましょう。 さて、インターネットで何かの申し込みフォームを入力するとき、住所の欄で「都道府県」を1つ選択すると、となりに その県の市区町村の選択肢が自動で出てくることってありますよね。 これ、すごいなー。 便利だなー。 エクセルのプルダウンでも同じことがやりたいなーと思い、見つけたやり方です。 上の記事では、「プルダウンリスト」の設定方法を説明いたしましたが、今回はそれを少し応用してみたいと思います。 表を作成する たとえば、こういう感じの表を作成するとします。 この表のなかで、「ユニット(職種)」と「担当者」の2か所をプルダウンで選びたい! 選んだユニットと連動して、担当者の選択肢が変わるようにしたい!とします。 リストの元データに「名前」を付ける まず、選択肢の元となるリストを作ります。 ここで活躍するのが前回説明した 「名前」の機能です。 プルダウンリストは、「名前」を使って選択肢を設定すると便利なので、必要なリスト毎に名前をつけます。 まずは1つ目の「ユニット(職種)」リスト。 A1:D1のユニット名の部分を選択し、エクセルエリアの左上にある「名前ボックス」に「ユニット」と入力し、範囲に名前をつけます。 次に、2つ目の「担当者」リストは、「ユニット」のリストの数だけ「名前」を設定します。 今回は4つです。 まずは「ディレクター」です。 A2:A10に「ディレクター」という名前が付きました。 同様に、B1:B10、C1:C10、D1:D10をそれぞれ選択し、1行目のユニット名をつけていきます。 前回も紹介しましたが、「名前」機能の便利なところは、 タイトルの入力をすることなく勝手に名前をつけてくれるところです。 便利ですねー。 プルダウンリストを設定する さて、いよいよメインの表作成にうつります。 B列の「ユニット」欄には、メンバーの所属ユニットをプルダウンリストから選択できるよう設定します。 これで、B列のプルダウンリストには、「ユニット」という名前の範囲にある4種類のユニット名が出てくるようになりました。 次に、「担当者」欄では、選んだユニットによって、そのユニットに所属する個人名がプルダウンリストに出てくるようにします。 今回の目的である、担当者を動的にするために、 プルダウンの設定も動的にしましょう。 まず、C2のセルにプルダウンリストを設定します。 それだけ。 ただそれだけです。 B2でディレクターを選んだ場合 B2で選んだユニットに連動して、C2ではそれぞれ所属している担当者だけがプルダウンリストで選べるようになりました。 簡単ですねー。 B2でエディターを選んだ場合 4. プルダウンリストの設定をコピー これでプルダウンリストの連動が完成しました。 おまけ:INDIRECT関数を使う理由 さて、これでプルダウンリストの連動はマスターしました。 ここまでの設定を覚えれば問題はないのですが、なぜこんな関数を使うの?と思った方もいると思います。 C2のプルダウン設定のお話に戻りますが、プルダウンリストを連動させるには、「元の値」のところに表示させたいリストの「名前」を入力すればいいわけです。 ユニット欄のB2で選択したユニットが、そのユニットメンバーリストの「名前」とイコールなので、「元の値」欄に動的になるような記入をすれば、選択肢が動的になるはずですね。 B2で「デザイナー」を選択したら、C2の選択肢はデザイナー7人の名前……ではなく、「デザイナー」という1択になってしまいました。 なぜだーーー。 私はこの壁に激突したとき、困り果ててしまいました。 つまり、プルダウンの設定において、「名前」機能を使うことに問題はないのです。 困ったなあ。 そこで、いろいろ調べてたどり着いたのが、今回の 「INDIRECT関数」です。 INDIRECT関数は、指定される文字列への参照を返す関数です。 参考:INDIRECT 関数 さいごに 2つのプルダウンの連動方法についてまとめましたがいかがでしたでしょうか。 思ったより簡単な設定でできるので、ぜひ参考にしていただければ幸いです。 エクセルに関する記事はこちら•

次の

Excel(エクセル)で文字や数字を検索一致させて表示する|LOOKUP関数の使い方

エクセル プルダウン 検索

【概要】 Office Excel 2003 以前のバージョンの [オートフィルタ] 機能に関する以下の機能ついて説明しています。 ・データを抽出する方法 ・リストに表示されるデータの数の情報 ・「オプション」の比較方法の選択 ・リスト内にある「並べ替え」を他のバージョンでも表示したい ・ドロップダウンリストに全部データが表示されていない場合の確認項目 ・ドロップダウンリストに「並べ替え」の項目がない場合の確認項目 ・ドロップダウンリストに「空白セル」や「空白以外のセル」がない場合の確認項目 【対象製品】 Microsoft Excel 2003 Microsoft Excel 2002 Microsoft Excel 2000 Microsoft Excel 97以前 【解説】 [オートフィルタ]はOffice Excelのデータベース機能の1つです。 リストの中から特定の文字、数値等を含むレコード(データ行)を抽出することができます。 抽出条件は項目列(フィールド)ごとに指定し、その条件に一致したものを絞り込むことができます。 リスト(データ)の中のセルをクリックします。 リスト(データ)の中のセルをクリックします。 データが抽出され選択した以外のレコード(行)は折りたたまれ非表示になります。 折りたたまれた行がすべて表示します。 [オートフィルタ オプション]画面より条件を設定し[OK]をクリックします。 ・「数値」や「日付」データの場合は「より大きい」「以上」「より小さい」「以下」を利用します。 ・文字列データの場合は「で始まる」「で始まらない」「で始まる」「で終わる」「を含む」「を含まない」を利用します。 [トップテン オートフィルタ]画面より条件を設定し[OK]をクリックします。 次のいずれかを選択します。 ・ 空白セル:空白のセルだけを抽出します。 ・ 空白以外のセル:空白以外のセルだけを抽出します。 ドロップダウンリストから「昇順で並び替え」「降順で並び替え」のどちらかを選択します。 Excel 2002以前にはありません。 0:重複しないデータが250件.

次の

Excel(エクセル)でプルダウンリスト(ドロップダウンリスト)を作成する基本手順&知っておくと便利な応用技|ferret

エクセル プルダウン 検索

フィルター オートフィルター の使い方:エクセル2010基本講座• フィルター オートフィルター の使い方• Excel2007ではコマンドの説明は「フィルタ」と記載されていましたが、Excel2010では「フィルター」となっています。 スポンサードリンク はじめに• このページでは[データ]タブの[並べ替えとフィルタ]グループにある[フィルター]コマンドからの使い方を説明します。 なお、他のコマンドからフィルタを実行することもできます。 [ホーム]タブの[並べ替えとフィルター]コマンドからも実行できます。 [挿入]タブの[テーブル]コマンドでテーブルとすることによってもフィルターができます。 をご覧ください。 このページで使用したデータ 以下、『データ表』とします• このページでは次のデータ表を使って説明します。 データ表から特定の条件でデータを抽出します。 【問題】データ表から担当者『岡田』のデータを抽出しなさい。 【解答例】• データ表 リスト 内のセルをクリックして選択します。 上記例題では、B2:H19を範囲選択します。• [データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]を実行します。 見出し行に[ドロップダウン矢印]が表示されます。 [担当者]の[ドロップダウン矢印]をクリックすると「抽出メニュー」が表示されます• 「担当者」に「岡田」と入力します。 右の欄では「と等しい」となっているのを確認します。 [OK]ボタンをクリックします。 または、表示されているメニューの「岡田」だけにチェックを入れてます。 一旦すべてのチェックを外して「岡田」のみにチェックを入れます。 [OK]ボタンをクリックします。 『担当者』が『岡田』のデータが抽出されました。 『担当者』の[ドロップダウン矢印]が 「フィルター ボタン」に変わってフィルター機能がオンになっていることを示します。 フィルターの再適用• どこかにフィルターがかかっている時や、並べ替えを実行している時に、データを修正したりすることがあります。 修正したりした後に同じ条件でフィルターを実行したいときに使います。 『担当者』が『岡田』のデータが抽出した状態です。 14行目の担当者 D14セル を「岡村」と修正しました。 [データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[再適用]を実行します。 『担当者』が『岡田』であるデータの抽出が再適用され、14行目のデータが非表示になりました。 フィルターをクリアする方法です。 [データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[クリア]をクリックしてフィルターを全てクリアします。 [フィルター ボタン]をクリックして、「"担当者"からフィルターをクリア」を実行します。 [フィルター ボタン]をクリックして、「 すべて選択 」をクリックして、すべての名前にチェックを入れます。 フィルターの解除• [データ]タブの[並べ替えとフィルター]グループにある[フィルター]をクリックしてフィルターを解除します。 Excel2007以降のオートフィルターのオプションは、Excel2003までを使っていた方にはちょっとわかりにくい位置へ移動しています。 Excel2003まではオートフィルタのオプションは見つけやすいところにありました。 オートフィルターのボタンをクリックすればすぐ見つかります。 下図はExcel2003までのオプションの表示位置です。 表示されるダイアログボックスは「オートフィルター オプション」となっています。 2つの条件を設定することができるダイアログボックスが表示されます。 スポンサードリンク |||フィルター オートフィルター の使い方.

次の