レヴォーグ フルモデルチェンジ。 レヴォーグフルモデルチェンジの新車価格は?値引き額の限界もご紹介

レヴォーグ新型フルモデルチェンジ予想2019~2020年発売予定!

レヴォーグ フルモデルチェンジ

レガシィ ツーリングワゴンの系譜を引き続くスバルのステーションワゴンとしてデビューした現行型レヴォーグ。 日本のファンを第一に考えた、マルチに使える5ドアの4WDスポーツで、ワゴン的な使い方に対応するモデルだ。 ラインアップは1. 6、2Lの直噴ターボで、トランスミッションはCVTのみとなっている。 新型のプロトタイプはすでに東京モーターショー及び東京オートサロンでお披露されたが、正式発表は2020年7月、同年10月に発売となる模様。 主力エンジンは1. 8L直噴ターボに換装されることが明らかになっている。 公式見解ではない)。 そして販売店では、大幅値引きを準備しているようなのだ。 その内容は、ナビゲーションやETCなどを含めて30万円以上という大幅値引き。 ステーションワゴンはセダン以上に絶滅危惧種であり、カローラ ツーリング、マツダ6ワゴンなどと競合させて交渉するのが吉。 決算セールを大いに活用しよう。 新型になって性能アップは間違いないが、現行型でもアイサイト・ツーリングアシストなど便利かつ安全装備は充実。 現行型でも満足できる人は、この機会を逃すべからず! 〈文=driver web編集部〉.

次の

レヴォーグ フルモデルチェンジ情報|2020年11月アイサイトver4と新型ターボエンジン搭載&予想内容あり

レヴォーグ フルモデルチェンジ

レガシィ ツーリングワゴンの系譜を引き続くスバルのステーションワゴンとしてデビューした現行型レヴォーグ。 日本のファンを第一に考えた、マルチに使える5ドアの4WDスポーツで、ワゴン的な使い方に対応するモデルだ。 ラインアップは1. 6、2Lの直噴ターボで、トランスミッションはCVTのみとなっている。 新型のプロトタイプはすでに東京モーターショー及び東京オートサロンでお披露されたが、正式発表は2020年7月、同年10月に発売となる模様。 主力エンジンは1. 8L直噴ターボに換装されることが明らかになっている。 公式見解ではない)。 そして販売店では、大幅値引きを準備しているようなのだ。 その内容は、ナビゲーションやETCなどを含めて30万円以上という大幅値引き。 ステーションワゴンはセダン以上に絶滅危惧種であり、カローラ ツーリング、マツダ6ワゴンなどと競合させて交渉するのが吉。 決算セールを大いに活用しよう。 新型になって性能アップは間違いないが、現行型でもアイサイト・ツーリングアシストなど便利かつ安全装備は充実。 現行型でも満足できる人は、この機会を逃すべからず! 〈文=driver web編集部〉.

次の

【新型 レヴォーグ リーク情報】予約開始は、いつ?発売日、サイズ、エンジン、価格など、フルモデルチェンジ予想情報!

レヴォーグ フルモデルチェンジ

フォレスター 2019年のB型でココが変わった|年次改良情報 まず、最新のフォレスターの改良情報から見ていきましょう。 2019年の年次改良では以下の変更がありました。 フォレスターB型 新色「マグネタイトグレー・メタリック」追加 新ボディカラーとしてマグネタイトグレー・メタリックがB型フォレスターから設定されました。 フォレスターB型に後席の荷物置き忘れ防止機能「リヤシートリマインダー」 2019年の年次改良で注目ポイントとなるのが、 「リヤシートリマインダー」が新採用がされたことです。 これは、 後席への荷物等で、置き忘れがある場合に、ブザーと画面表示で知らせてくれる機能です。 ここからは、2020年のC型の予想内容を見ていきましょう。 フォレスター 2020年のC型予想|STI Sportに注目 新型フォレスターのSTI Sportコンセプトが2019年に公開済 フォレスターのSTIスポーツコンセプトが2019年の東京オートサロンにて公開され話題を呼びました。 フォレスターSTI Sportコンセプトの画像がコチラです。 フォレスターSTI Sportコンセプトの特徴は以下の通り。 brembo製フロントモノブロック対向6ポットキャリパー装着 アルミホイールを19インチ化 専用ボディカラーの「ファイターグレー」を採用 フォレスターSTI Sportコンセプトは、 「Advance」をベースにe-BOXERの先進的な走りにSTIが更に磨きをかけたモデルとされています。 フォレスターC型の目玉はSTI Sportと予想 2019年にフォレスターSTI Sportコンセプトが公開されたことから、2020年のC型にて市販モデルが発売されると予想。 WRX S4の時も、2017年の東京オートサロンにてSTI Sportコンセプトが公開され、翌年に市販モデルが発売された事例を見ると、フォレスターも同様のケースになる可能性が高いと思われます。 フォレスターC型で1. 8L ターボエンジン搭載の見通し 2020年のフォレスターの年次改良にて、 新型レヴォーグに採用される1. 8Lターボエンジンが搭載される見通しとなっています。 C型フォレスターのターボモデルの登場時期は新型レヴォーグ発売後となる2020年末が有力です。 アイサイトver4はD型のマイナーチェンジまで見送りと予想 2020年にデビュー予定の新型レヴォーグに、アイサイトver4(仮)の搭載がされることから、フォレスターも2020年のC型で新型アイサイト搭載を期待したい所。 しかしながら、これまでのスバルの流れを見る限り、アイサイトver4(仮)について2020年はレヴォーグに集中させ、フォレスターにはビッグマイナーチェンジのタイミングとなる2021年のD型で新型アイサイト搭載と私は予想します。 アイサイトver4(仮)は、次期レヴォーグの目玉となる機能なだけに、年次改良するだけのフォレスターC型に搭載するとは思えません。 フォレスターに関しては、2020年のC型ではSTI Sport導入で盛り上げて、2021年のD型でアイサイトver4(仮)搭載で商品力アップという流れになると予想します。 以上が今後のフォレスターの予想内容となります。 新しい情報が入れば、この記事で更新致します。

次の