仕事辞めたい 30代。 仕事を辞めたいが「甘え」か「甘えじゃない」かを判断するポイント

30代で仕事を辞めたいときの注意点【男女別・30代後半の場合】

仕事辞めたい 30代

「仕事を辞めたい」は甘えじゃない! 初めに言っておくと、仕事を辞めたいと考えるのは甘えではないよ。 上司や先輩の中には「仕事を辞めるとか甘えてる」とため息まじりに言ってくるような人もいるけど、 あまりに辛い状況で仕事を続ければ、ストレスから精神的に病んでしまう可能性もあるんだ。 精神的な病は怖いデジよね…。 他人の言葉のせいで「退職は甘え」という固定概念がついてる人もいるけど、それは大きな間違いだと知っておいてほしいな。 人の言葉に影響されやすい人は特に注意が必要デジ。 ただし、理由によっては仕事を辞めるのが「甘え」と判断されてもおかしくないかもしれないよ。 下記で仕事を辞めるのが「甘え」になる理由と、「甘えじゃない」理由を紹介してるから、これを参考に自分の「仕事を辞めたい」が甘えか甘えじゃないか判断してほしいな。 「甘え」かもしれない仕事を辞めたい理由とは まずは「甘え」と判断されやすい、仕事を辞めたい理由を紹介。 以下の理由に当てはまる人は退職を見直した方がいいかもしれないよ。 なんとなく仕事が面倒 ただただ 漠然と、なんとなく仕事が面倒に感じるなら、それは一時的にモチベーションが下がっているだけかもしれないし、退職を甘えと判断されてもおかしくはないよ。 「なんとなく」ってところが良くないデジね。 そうだね。 「なんとなく面倒」じゃなく、「自分のスキルに合った仕事内容じゃないから面倒」と明確な理由があるなら問題ないのさ。 仕事が面倒とかダルいと感じる時は、その理由を割り出すことが大切デジ! ただ、「なんとなく」の部分が「帰ってゲームをしたいから」「動画サイトを見る時間が減るから」など、明らかに「遊びたい心」が強い場合は仕事を辞めてしまうのは「甘え」かもしれないね。 というより、「仕事 < 遊び」という理由で退職してしまえば確実に後悔すると思うよ。 なんとなく仕事が面倒っていうのは甘えデジかね…。 仕事に飽きた、どうでもいい、めんどくさい、苦痛って人は次の記事を参考にするデジ。 寝起きが辛くて出社がダルい 寝起きって辛いよね。 特に冬場は寒さのせいで布団から出たくなくなるものさ…。 ブイブイはロボットだから寒さが分からないけど、よく聞く話デジね。 ただ、 朝起きて仕事に行くのが辛い…この理由での退職は「甘え」と見られる可能性が高いんじゃないかな。 もちろん、あまりにも労働時間が長くて起床が辛かったりする場合は別だよ。 仕事の問題から逃げ出したい 仕事をしていれば必ずと言っていいほど大きな壁にぶつかるものさ。 たとえば、プロジェクトを進める中で解決が難しい問題が出てきたり、取引先との関係が悪くなってしまったり。 仕事あるあるデジよね。 この時、 仕事を辞めてしまえば全ての問題から解放されるわけだけど、それを行く先行く先で続けてたら、少しでも問題があると逃げ出してしまう癖がついてしまうよ。 デジね。 明らかに会社が倒産寸前など深刻な問題の場合は別だけど、自分の力で解決できそうな問題なら、まずは改善に向けて動いてみるのが吉。 些細な問題で仕事を辞めてしまうのは「甘え」と捉えられる可能性が高いのさ。 少しでも叱られるのが嫌 上司や先輩に少しでも叱られるのが嫌って退職理由も・・・「甘え」になるんじゃないかな。 上司に叱られるの、嫌デジよ? 確かに人から叱られるのは精神的に堪えるものさ。 とはいえ、 仕事をしていればミスをするし、ミスをすれば叱られるもの。 叱られるからこそ次回から「ミスを無くそう」と気をつけられるんだしね。 そういう考え方もあるデジか。 それが上司からのパワハラやモラハラなら話は別だけど、本当に少し叱られただけで「仕事を辞めたい」と考えてしまうのは「甘え」と言えなくもないね。 上司だって新人のころは叱られてきたはず。 叱られるのが耐えられないほどのストレスにならなければ、もうちょっと頑張ってほしいな。 今月の申込数ランキング• 転職者満足度No. 1!特に20~30代の人におすすめで求人数100,000件以上。 転職支援実績No. 1!約90%が非公開求人!登録必須のエージェント。 年収600万円以上の人向き!優秀なヘッドハンター多数在籍!• 女性の気持ちがわかるアドバイザーが多い!年収アップ率67. 1%! 「甘えじゃない」仕事を辞めたい理由とは 以下のような理由があって「仕事を辞めたい」と考えるなら、それは「甘えじゃない」と考えていいよ。 積極的に転職を目指していこう! 転職をしたい明確な理由がある 漠然と理由もなく、今の仕事が面倒だからという理由は「甘え」と捉えられがちだけど、下記のように転職をする明確な目的なあるなら、それは仕事を辞めても甘えではないんじゃないかな。 明確な目的• キャリアアップ• やりたい仕事がある• 年収を上げたい などなど。 たとえば、 どうしてもチャレンジしてみたい仕事があって、それは今の職場では叶えられない。 そんな理由から仕事を辞めるのは何ら甘えじゃないのさ! しっかりと目的があるなら転職活動も上手くいきやすいデジよね。 「やりたい仕事のために辞めるなんて、甘えじゃん」って人もいるかもしれない。 けど、人生は一度きり。 自分のやりたいことをやって楽しんだもの勝ちだからね。 しっかりと理由がある人は転職を検討してみるといいんじゃないかな。 労働時間があまりにも長い 毎日のように夜遅くまで残業。 さらに休日出勤もあって、 とにかく休みが無い、心身ともにクタクタ・・・そんな職場環境なら仕事を辞めるのは当然というか・・・「甘え」には該当しないと思うのさ。 ブラックな環境で無理に仕事を続ければ、いつか無理がくるデジ!早めに次の職場を探して仕事を辞めるべきデジ! 労働時間があまりに長いようなブラック企業だと、上司が「このくらいの残業で辞めるとか甘えだ!どこ行っても同じだぞ!」なんて引き止めてくることもあるけど、世の中にはほぼ定時で帰れるホワイトな企業もしっかりあるものさ。 ブラック企業だと「退職=甘え」という洗脳もどきをしてる可能性もあるデジが、仕事があまりに辛ければ辞めてもいいんデジよ。 労働時間が長いだけじゃなく、残業代が出ないサービス残業に苦しんでいる人もいるはずデジ。 サービス残業は違法デジよ!詳しくは次の記事で紹介してるデジ。 ブイブイ 仕事内容が向いていない 新卒の人に多いのが仕事内容が向いていなくて仕事を辞めたいと感じるケース。 新卒だと、とにかく内定を貰わないと!の一心で入社してることも多いからね。 仕事を始めてみたら「全く面白くないし周りより時間もかかる…」ってことも珍しくないのさ。 仕事が向いていないと辛いデジよね…。 仕事が合わないって理由で仕事を辞めるのは、甘えとは言わないんじゃないかな。 しっかり自分に向いている仕事に就いた方が、業務内容の覚えが早いだろうし、仕事の効率もアップするはずだよ。 好きこそものの上手なれ、ってね。 向いていない仕事は面白く感じないから、どうしても向上心が薄れがちデジよね。 ただ、このケースについては2年、3年と仕事を続けるうちに面白さが分かってくるって意見もあるし、それも事実だとは思う。 とはいえ、中には根本から仕事内容が向いていない人もいるし、若ければ若いほど転職は有利って点から早めに辞めた方がいいケースもあるよ。 ハラスメントの中でも厄介なモラハラ(職場のイジメ)。 少しでもモラハラを受けている可能性があるなら、次の記事を読むのさ!解決の糸口が見つかるかもしれないよ! ガーデン 人間関係がよくない モラハラやパワハラは無いものの、職場に苦手なタイプの人が多かったり、気軽に話せる相手がいなかったり。 人間関係の悪さから仕事を辞めようと考えてる人は非常に多いのさ。 それだけに、人間関係で仕事を辞めるのが甘えか、甘えじゃないか気になる人も多そうデジ。 、と一口に言っても多種多様だから何とも言えないけど、僕は人間関係で仕事を辞めても甘えじゃないと思ってるよ。 人間関係が悪いと精神的なストレスが予想以上にかかるからね…。 ストレスは仕事の大敵デジ! ストレスに弱い人だと、体調を崩してしまったり、仕事が手に付かないこともあるからね。 中には我慢しすぎる人もいるけど、それは後が怖いから人間関係で悩んでる人は仕事を辞めることも視野に入れておくのがおすすめさ。 理由次第では仕事を辞めたいも甘えじゃない! 誰しも一度は考える「仕事を辞めたい」。 その理由が何となくダルいとか、朝起きたくないとか、言ってしまえばワガママとも捉えられるようなものなら、確かに「仕事を辞めたい」は甘えかもしれない。 ただ、今の職場では難しそうなキャリアアップを叶えたい、職場でハラスメントを受けている、人間関係が悪いといった、しっかりとした理由があるなら「仕事を辞めたい」は甘えなんかじゃないのさ。 ただ、「甘えじゃない」理由があっても仕事をすぐに辞めてしまうと金銭面などで困ってしまうかもしれないよ。 なるべく転職先を見つけてからの退職がおすすめ。 もし残業や休日出勤が多く時間が取れないなら、転職支援サービスの活用も考えてほしいな。

次の

30代で仕事できない人はどうすればいい?仕事ができない30代の傾向と対策

仕事辞めたい 30代

人生 2017. 01 2020. 10 Tomoyuki 30歳、仕事辞めました。 自分の好きな事で生きていこうと思います。 こんにちは。 Tomoyuki()です。 今まで一生懸命仕事をしてきて、 「気づいたらアラサーになっていた!」という人もいますよね。 それならまだいいですが、 「人生このままでいいのかな・・・」と悩む人も多いと思うんです。 そんな私もシステムエンジニアの仕事をしていましたが、29歳になって今後の人生に悩むことが多くなりました。 あ、ちなみに何かあてがあって辞めたわけではありませんよ!ほら、こうやってブログを書いているじゃないですか。 そうなんです。 ブロガーになろうと思いまして! まさかこんなことになるなんて、人生何が起こるかわからないものですね。 これからはブログで生計を立てて、生きて行こうと思っています。 命懸けで挑戦中です!笑 ということで、この記事では私が仕事を辞めたきっかけから、仕事を辞めるまでの経験についてお伝えできればなと思います。 今、仕事を辞めようか悩んでいる方にとって何か参考にして頂ければ幸いです。 会社で頑張って働いても意味がない 薄々気付いていたんですよね。 頑張って働いても意味ないなって。 私より明らかに仕事ができていない人が出世したりするんです。 「あ、そういうことね。 」って感じです。 というか、5年以上働いて満足した結果が得られなかったら、それはもう 何かやり方を間違えているか、自分の才能や強みを活かせない環境だと思うんですよ。 そう思うと、このまま今の会社で働き続けるのは、私の人生にとって無駄なことだと感じるようになりました。 だって私は、これまで『後悔しない人生を送りたい』と思って生きてきたんです。 このままだと絶対後悔するなと思い、とりあえず 転職活動を始めてみることにしました。 初めての転職活動 そんな訳で、私は29歳で初めて転職活動をすることになりましたが、結果としては 失敗に終わります。 というのも、私は自社でWeb開発ができる環境で働きたいと思っていましたが、残念ながら今までやってきた仕事内容や使用してきたプログラミング言語が違うので、難しいものがありました。 ただ転職活動はとてもいい経験になり、転職には 『自分はどういった貢献ができるのか』を具体的にアピールできることが重要だと理解できました。 好きなことを仕事にする人たちが存在する 転職活動を辞めた後、これからどうしようか悩んでいました。 もう、インターネットで情報収集する毎日です。 そうしたら、 好きなことを仕事にして生きている人たちの存在に目が止まったんです。 わかりやすいところで言うと、ブロガーのイケダハヤトさんやYouTuberのヒカキンさんです。 もちろん他にも沢山いますよね。 そういった存在を知った時、私もこの人たちと同じように 『好きなことを仕事にして生きていきたい』と強く思うようになったんです。 「好きなことを仕事にできる人は幸せだけど、どうせそんなの一握りでしょ」 おそらくそう思っている方が多いですよね。 私も 「挑戦してみたら上手くいくだろうか・・」って悩みましたよ。 でも一度きりの人生、 後悔したくないじゃないですか。 仕事を辞める不安との闘い それからは、 「挑戦してみたいけど、仕事を辞めてこの先やっていけるだろうか・・」という不安との闘いでした。 やっぱり、 仕事を辞めるって思うと不安になるんですよ。 まあ、日本の教育の問題でもあると思うんですが、この 『仕事を辞める』というような 安定を捨てる行為が一番ハードルが高いんですよね。 何かあてがあればいいと思うんです。 例えば転職先が決まっているとか、既になんらかの副業が成功しているとか。 でも私はそういうのが無かったので、そんな状態で仕事を辞めるっていうのは ある意味バカですよね。 無謀な挑戦なんですよ。 でも、仕事を続けたまま挑戦するようなモチベーションはありませんでした。 本を読んで背中を押される 仕事を辞めようか悩むようになってからは、普段本を読まない私には珍しく、何冊か本を読みました。 その一つに、堀江貴文さん著書の 『好きなことだけで生きていく。 』があります。 この本を読んで、次の内容が私の心に刺さりました。 そう、これまで僕は、著書はもちろん、あらゆるメディアを使って、行動することの大切さを訴えかけてきた(それが自分が本当にやりたいことなら)。 とにかく、うだうだ考えないですぐにやりなさいと。 「言い訳」を並べ立てて口を動かしている暇があったら、一歩を踏み出しなさいと。 もし僕の著書を10万人が真剣に読んでくれたとしたら1000人ぐらいか。 いやそう考えると1000人もいない気がするが・・・・・・。 まあ、人数のことはいい。 実際、極端に少ないのは確かだと思う。 これを見て思ったんです。 』 そう思ったら、私はとにかくやってみるしかないと思いました。 だって 成功するか失敗するかなんて誰にもわからないんですよ。 とにかくやってみるしかないんです。 こうして私は本を読んで背中を押され、仕事を辞めて好きなことをとことんやってみる決意を固めました。 何か悩んだときは本を読むのもいいものです。 これっていう一冊に出会えば、 あなたの問題を解決するヒントを与えてくれるかもしれませんよ。 会社を辞めるのは簡単だけど面倒くさい 決意を固めたら、会社を辞めるのは簡単でした。 上司に会社を辞める意向を伝えればいいだけです。 直接言っても、電話でも、メールでも構いません。 後は退職の手続きを進めてもらえばいいんです。 そうは言っても、やっぱり「会社を辞めたい」と言うのは勇気が入りました。 ただ私の場合は上司との連絡手段が基本メールだったので簡単にできましたが、 もし直接言うならさらにもうちょっと勇気が必要だと思います。 こうして私は上司にメールで退職希望を伝え、その後上司数人との面談にて退職理由や退職日などの調整を行いました。 よくブラック企業が多いと言われるIT業界ですが、私の勤めていた会社や現場はまだ良い環境だったので、すんなり辞めることができましたよ。 辞めさせてもらえない場合もある!? ただ辞めようとしても何かに理由を付けて辞めさせてもらえないって話も聞いたりしますよね。 でも、 社員が辞めるのは会社の責任なので、雇用契約に基づいて退職手続きをしてもらいましょう。 法律上、辞めようとする社員を引き止めることはできません。 退職希望を伝えてから一番辛かったこと 退職希望を伝えた後は、 上司との距離感が急に仲間から他人へと変わり、私としてはなんだか面倒くさいなと感じたのが印象的でした。 もっと快く 「次の場所でも頑張ってこい!」というスタンスでいて欲しかったなと思います。 私なら絶対そうしますね。 また、退職希望を伝えてから一番辛かったのは、 業務の引き継ぎをしなければならないことです。 1日でも早く仕事を辞めて、自分のやりたいことに没頭したい気持ちがだんだん強くなりましたが、引き継ぎを済ませないと辞めるわけにはいかないんですよ。 本当に早く辞めたくて仕方がなかったです。 いや〜もう、上司との距離感もあって軽い生き地獄でした! 引き継ぎが必要な仕事をしている方は、気を付けて下さいね。 有給消化期間は思いのほか忙しい 私は約1ヶ月分の有給休暇が余っていたので、8月末に現場を離任、その後有給休暇の消化に入りました。 私はやりたいことが沢山あったので、 有給休暇期間も忙しかったです。 主に次のことをやっていました。 ブログを14記事作成し、Google AdSense、Amazonアソシエイトの審査に合格• Ruby入門を一通り学習し、Rubyの勉強会とまつもとゆきひろさんの講演に参加• 資産運用について学び、WealthNavi(ウェルスナビ)を始める• 仮想通貨が話題になり、ビットコインを購入• YouTubeでゲーム配信を開始• ドラゴンクエスト11を106時間以上プレイして完全クリア• 結構頑張りました。 笑 仕事を辞めていなかったら、これだけやるのに 数ヶ月かかっていたと思います。 会社員だと 1日8時間は拘束されるじゃないですか。 やっぱり、 仕事を続けたまま時間を作るのは難しいと思います。 仕事を辞めて思うこと 有給休暇の約1ヶ月は本当に濃い日々を送りました。 本当にやりたいことが多すぎて、 全然時間が足りないというのを実感しました。 もし仕事を続けたままだったら、短期間でここまで実行できなかったと思います。 (というか、続けていたらストレスマッハで精神崩壊してms・・) 仕事を辞めて思うのは、ほんと自由な時間は大切なんだなって思います。 日本人はやっぱり働き過ぎなんですよ。 好きでやっている仕事なら問題ありませんが、 嫌々やるような仕事は続けるべきじゃないですね。 残業が多くて時間がない方も多いと思いますが、 自由な時間を作って勉強したり、好きなことをやったりするべきだと思いますよ。 人生にとって最も大切なものは 『時間』です。 仕事を辞めようか悩んでいる方へ この記事を読んでいる方は、仕事を辞めようか悩んでいる方が多いんじゃないでしょうか。 そんな方は、DJ社長という方がYouTubeにアップしている動画を見てみるのもおすすめですよ。 私も共感する部分があったので、よければ参考にしてみて下さいね。 人は未来がわからないから悩む。 だけど未来のことなんて誰にもわからない。 だから悩むのは無駄。 【好きなことで、生きていく】『レペゼン地球-DJ社長-』.

次の

仕事を辞めたい30代独身女性が向かった先|仕事・結婚・心地良さ

仕事辞めたい 30代

30代の男性にとって、これからのキャリアの方向性を定めておくことは非常に重要です。 30代というタイミングは、20代から積み上げてきた努力が実を結び、円熟へと向かい始める時期です。 それだけに、20代の頃よりもさらに慎重に転職すべきかどうか、会社を辞めるべきかどうかを見極める必要があります。 そのためには、目の前にある「 辞めたい理由」だけでなく、職業観やキャリア観を含めた仕事との向き合い方をしっかりと考えておかなくてはなりません。 30代男性の方が「 会社を辞めたい」「 仕事を辞めたい」と思ったとき、まず振り返っておくべきことと、実際に退職・転職を考えるとすれば必ず意識しておきたいポイントをまとめました。 在宅においても転職活動は可能ですので、「なるべく早く転職活動を進めたい」という方は、以下転職エージェントサービスへの電話相談をされることをおすすめします。 <電話相談が可能な、全国対応のおすすめ転職エージェントサービス> ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 登録後、それぞれの転職サービスから連絡が来ますので、電話で状況を伝えアドバイスをもらいます。 また、登録の際はなるべく複数のサービスに登録をして、あなたにとって一番「相性が良さそう」と感じた転職サービスを見極めて利用されることをおすすめします。 30代は仕事の責任が重くなり、やりがいを感じられるとともに、プレッシャーやストレスを抱えやすくなる年代でもあります。 何らかのきっかけで「 仕事、辞めようかな」と考えたり、「 こんな会社辞めてやる!」と思ったりすることがあるかもしれません。 仕事を辞めたいと思ったときに最低限気をつけておきたい点としては「 衝動的に辞めないこと」でしょう。 勢いで辞めてしまった、といった衝動的な行動に出てしまうと、その後のキャリアへの準備を十分に行うことが難しくなるばかりか、妥協に妥協を重ねた転職をしなくてはならない可能性すらあるからです。 30代のうちであれば、大胆な挑戦をすることも可能です。 しかし、大胆な挑戦は綿密な計画や準備に裏打ちされたものでなければ、あっけなく失敗してしまいます。 ここでは、まず「本当に仕事を辞めるべきか」「転職するタイミングとして適切か」を見極めるための視点を考えていきましょう。 たとえば、「上司とウマが合わない」というのは、一見すると転職によって解消できそうな問題のように思えます。 しかし、転職先でウマが合う人とばかり仕事をしていくことができるかというと、全員とウマが合う可能性は極めて低いでしょう。 むしろ、苦手なタイプの人や考えが合わない人とうまくやっていく方法を模索したほうが建設的であるかもしれません。 反対に、たとえば「 残業があまりにも多すぎる」というのは、辞めて転職したほうがよいという結論に至る可能性を十分に秘めています。 過剰な残業をしないと仕事が回らないのは人員配置やビジネスモデルに根本的な問題を抱えていることが多く、あなた個人がステップアップするための糧になっていない可能性もあるからです。 辞めたい・転職したい理由は、たいてい自分でも意識しないうちに正当化されていたり、もっともらしい理由に置き換えられていたりします。 そこで、辞めたい理由をただ羅列するのではなく、辞めたい本当の理由を深掘りし、突きとめていくことが重要なのです。 あ わ せ て 読みたい あ わ せ て 読みたい 転職する・しないは別として、自身のこれからの「ありたい姿」を具体的に描いてみよう ポジティブアプローチとは、「 こうありたい」という理想像を設定し、そこに向かって自分の強みをより伸ばしていこうという考え方です。 今現在の仕事と同じ職種で、さらに高みを目指してステップアップしていきたい、といった転職であれば、ポジティブアプローチによって自身の理想像に近づいていくことを考えるといいでしょう。 ギャップアプローチも「こうありたい」という理想像を設定する点はポジティブアプローチと同じですが、理想像に対して今の自分に足りないものを埋めるにはどうしたらいいか?という視点で理想像に近づいていこうという考え方になります。 職種を変えて転職したいと思っている場合などは、今持っている力をどの程度生かせるのか読めないことも多いはずです。 そうした場合、 足りないものから考えたほうが「あるべき姿」に近づくための道が見えやすくなるというわけです。 将来的に独立を考えている人は、独立したい理由を明確にして入念な計画と準備を! 退職後のプランが転職だけでなく、将来的な「 独立」も含めて考えている人は、特に入念な計画と準備を行っていく必要があります。 近年はスモールビジネスを始めやすい環境が整いつつあるため、ひと昔前に比べて気軽にビジネスを始めやすくなっています。 ただし、簡単に始められるということと、始めたビジネスで成功できるかどうかということは別次元の問題です。 特に事業計画については早い段階から検討を重ね、スタートアップ期からビジネスが軌道に乗るまでの期間、どのように資金繰りをしていくのか、といったことも含めて考えておく必要があります。 よく、起業のための準備期間と聞いて、真っ先に開業資金のための貯金を連想する人がいますが、開業したもののすぐにお金に詰まってしまう人が後を絶たないことを覚えておくようにしてください。 最初さえ乗り切ってしまえば、あとは自動的に軌道に乗るわけではないのです。 事業計画を立てる上でも重要になるのが、なぜ独立したいのかという理由です。 単に会社員よりも自由な感じがするから、という程度のことではなく、自分でビジネスを興こすことによって実現したい思いがあるのなら、その思いがそのまま事業理念の要となるはずです。 独立への思いは独立に向けた計画となり、さらには事業理念へとつながっていくのです。 いちど自分の考えを整理しながら振り返ってみたものの、やはり 転職したい、 会社を辞めたい、という結論に変化がなかったとすれば、 いよいよ転職活動に向けて具体的な行動に移していくことになります。 30代の男性は、多くの場合とても忙しく、働きながら転職活動を続けるのは大変かもしれません。 スキマ時間をうまく活用しつつ、余計なことをやらずにやるべきことに集中することで時間を効率的に使っていきましょう。 とはいえ、時間や労力をかけるべきところにかけないと、いつまで経っても転職先が決まらず転職活動が長期化してしまう原因になります。 徹底してやっておくべきこと、時間をかけてでもやっておくべきことを3つ挙げますので、これらのことは確実に実行するようにしてください。 なるべく多くの「相談相手」を。 複数の転職エージェントへの登録はマスト! 転職は、いわば「 人生の大きなターニングポイント」です。 満足のいく転職を果たすためにも、 親身に相談に乗ってくれる「相談相手」は多いに越したことがないでしょう。 その際に、是非ともおすすめしたいのが「 複数の転職サービス(転職エージェント)に登録すること」です。 転職エージェントでは、キャリア支援のプロである「キャリアアドバイザー(キャリアコンサルタント)」から転職先企業の提案だけでなく、あなたのタイプやこれまでの経験から、 今後どういったキャリアアップをしていくと良いかのアドバイス・提案もしてくれます。 具体的な転職方針を掲げている人もそうでない人も、一度「他の人の客観的な意見を求める」意味合いにおいても、転職エージェントは活用して損はありません。 また、転職エージェントは会社によって得意とする業種・職種があったり、保有する求人情報にも差があり、更には、相談に応じるキャリアアドバイザーとあなたとの「相性」も出てきます。 転職活動時には転職エージェントを複数登録しておき、その中であなたによりマッチすると思えるサービスに絞っていくと、より効果的な活動に繋げていけるでしょう。 以下に、 30代の転職者におすすめの転職エージェントを6つほど紹介します。 サービスの特徴を見て、ご自身の現状に合いそうなサービスから登録を進めていくと良いでしょう。 上から書きやすい人は上から、下からの方が書きやすい人は下から書き始めます。 そして、 横軸は「実現したいこと・望ましい将来像」からイメージしていきます。 ここでイメージする内容は具体的でなくても構いません。 例えば、「自身のアイデアを形にする仕事がしたい」であったり、「多くの人から感謝される働き方をしたい」といった内容でも問題ありません。 ただし、そこから右へと進んでいって 「実現の為に必要な知識・スキル」や「具体的行動」をイメージする際は、具体的かつ詳細に描いていきます。 人は、イメージが具体的になるほど行動しやすくなるものです。 そして、行動が促進されると自ずと道は開け、更には中長期的な視点も持ちやすくなるのです。 ちなみに、ここで描いたキャリアのロードマップに縛られる必要はありません。 数か月後または半年後にまたロードマップを作成してみて、変化があった場合はそれに合わせて行動を変えていくと良いでしょう。 今後のキャリアで伸ばしたいスキル・残したい実績を明確にし、リソースを集中させる 転職を希望する職種や仕事内容が具体的であればあるほど、転職では有利になりやすい傾向があります。 企業としても中途採用者、とりわけ30代で経験もそれなりに積んできた中途入社の社員には即戦力としての活躍を期待するところが大きいのです。 自分が今後のキャリアでどのような働き方をしたいのかを明確化し、伸ばしたいスキルや残しておきたい実績といったところまで具体的になっていると、面接時に強力な武器となります。 入社後にやっていきたいことまで具体的になっていれば、そこに時間や労力といったリソースを集中させ、徹底的に面接対策を行うことも可能になります。 転職エージェントを利用する場合にも、キャリアアドバイザーに相談すべき事柄が絞り込まれているため、より有効に活用できる可能性が高くなります。 なお、 転職を2つ以上経験している人は、これまで勤めてきた会社で得た経験のうち、組み合わせて生かすことでシナジー効果を発揮するようなものはないか、注意深く振り返ってみましょう。 意外なスキルが線でつながり、希少な複合スキルとして生かせることがあるかもしれません。 特に業種や職種を越境して転職した経験のある人は、「以前の経験は次の仕事と関係がない」と決めつけてしまわず、 自分のこれまでの経験を「編集」するつもりで振り返ってみるといいでしょう。 30代の男性が転職しようと思ったとき、特に職種を大きく変える転職のように大胆なチャレンジに踏み切るのはラストチャンスとなる可能性もあります。 長い目で見たとき、今このタイミングで職種を変えておいたほうがいいと思うのであれば、大胆にキャリアチェンジしてしまうのもひとつの手です。 反対に、将来にわたってのキャリアパスや収入の推移、ライフサイクルの変化に対応できる仕事かどうか、といったことも踏まえて、慎重に判断を下すことも必要になってきます。 このように、 30代男性の転職には「 慎重」と「 大胆」の両輪が必要になってくるのです。 キャリアを決定づける時期であるだけに、判断力や決断力が試される転職となることでしょう。 先々のことまでしっかりと見通す慎重さと、決断したことはやり通す大胆さをもって、転職を成功させていきましょう。 あ わ せ て 読みたい あ わ せ て 読みたい あ わ せ て 読みたい.

次の