アドセンス広告 ジャンル。 Googleアドセンスで稼げるジャンル!クリック単価が高いおすすめジャンル7選!

アドセンスで特定ジャンルの広告を表示させない設定方法

アドセンス広告 ジャンル

この記事に書いてあること 稼ぐためには節約してお金を貯めて勉強に投資する!これが基本です。 私は楽天ポイントを現金化して生活費を浮かせていますよ。 ウェブマーケティング業界で働いているです。 基本的に、私はブログをライターやコンサルティングのブランディングとして使っていますが、もちろん、アフィリエイトやアドセンスの両方を使ってブログからも直接、収益を得ています。 その中で、アドセンスは手軽に稼げるので、長く使っていますが、 配信される広告を自由に選べないため、時期により稼げる時期と稼げない時期がありますね。 そこで、色々検証した結果、 配信される広告ジャンルを適切にブロックすることで、収益を増やせることが分かってきました。 今回は、私のサイトの事例を元に、ブロックすべきアドセンスの広告ジャンルをご紹介したいと思います。 単価は高いがクリックされない。 ただし、時期によっては賃貸だけアリ。 もともと不動産系のカテゴリーは、広告単価は高いものの、分譲マンションの広告が非常に多いんですよね。 みなさん、分譲マンションに興味はありますか? 家を買うことは一生に一回の買い物です。 従って、 広告のクリック率も非常に低いんですよね。 ただ、 賃貸住宅の広告だけは、秋から春にかけてブロックを解除する時はあります。 春に向けて新生活をイメージする人が増える季節だからです。 アドセンスはアフィリエイトではないので、クリックされれば収益になります。 読者が、「そろそろ家を探さないとなー」となんとなくクリックしてくれればOKですからね。 モバイルアプリジャンル 地元の飲食店や意図的にクリックさせず、露出だけが目的な広告が多い 飲食店系の広告は、 単価も安く、クリック率が異常に低いパターンが多いです。 ちなみに、ひどい広告主も多く、例えば、某ハンバーガーチェーンの広告は、ハンバーガーの新作だけを紹介した広告を配信してきます。 でも、あくまでキャンペーンではなく、新作ハンバーガーの紹介なので、誰もクリックしませんよね。 そのハンバーガーチェーンも広告をクリックして欲しくないと思っていると思われます。 要するにクリックはして欲しくないけど、 TV-CMのように商品情報を露出したいだけなんです。 そんなところでしょう。 他にも地元密着の焼肉屋など、誰もクリックしないような 地域限定の広告が多すぎるので、私はブロックしています。 車両ジャンル アフィリエイトではなくアドセンスがクリックされてしまうので、アフィリエイトで掲載している商材は、ピンポイントでブロックする。 その他、 アフィリエイトの広告を貼っている広告主は、アドセンスの広告主URLブロック機能でブロックしています。 アドセンスで配信される広告は、リターゲティング リタゲ といって、そのユーザが検索したり、他のサイトで調べた結果をもとに配信する広告主が決まります。 例えば、「A」という商品を調べたユーザには、アドセンス広告でも「A商品」の広告が配信されますが、そのページに「A商品」のアフィリエイト広告が貼ってあると、 アドセンス広告の方をクリックされてしまい、本命のアフィリエイト広告はクリックされないという非常に悲しい事態になるのです。 アドセンス広告のクリック単価はせいぜい20円~40円。 アフィリエイトは数千円。 この違いは、あまりにも大きすぎます。 広告ネットワーク アドセンス提携の広告ネットワークは、リタゲが出来ておらずクリック率低い。 単価が低い。 ちなみに、アドセンスと提携している広告ネットワークはすべてブロックしています。 広告ネットワーク経由で配信される広告のクリック単価は安く、かつ、リタゲが最適化されていないことが多いため、クリック率も非常に低いです。 広告ネットワークは単価が高くクリック率も上々の広告を食ってしまうので、私は好みません。 本当にアドセンスのオークションに広告ネットワーク経由で配信される広告も含まれるのか、私は疑問に思っているほどです。 まとめると ここでご紹介したブロックしているジャンルは、ブログの性質により親和性が良いか悪いかは変わると思います。 一概に良いとはいえません。 しかし、一定の共通点はあると思いますので、ご参考にしてみるとよいでしょう。 大学卒業後、職を転々としつつ、29歳で1ヶ月限定のIT系外資系企業の派遣社員に。 残業つけずに死ぬほど頑張ったら半年で正社員へ。 会社のウェブをSEOで検索トップに。 ウェブマスターとして5年勤める。 その後、ウェブマーケティング会社でエンジニア兼マーケッターへ転身。 副業でブログのアドセンスとアフィリエイター、ライターとして稼ぐ。 将来的には副業を本業にすべく奮闘中。 会社員のみんながペンギン島のペンギンのように身を寄せながら幸せな世界へ!を合い言葉に人生を変えられるように僕も学びながら、読者のみんなにも一緒に稼いで幸せな人生になってもらいたいと思っている。

次の

【実践】アドセンスで稼げないあなたへ。月額10万円突破を目指す7つの戦略

アドセンス広告 ジャンル

でも1日あたりだと3700PVくらいだよ。 他のアフィリエイトも合わせるとブログで月5万円は意外と難しくはないと思う。 Googleアドセンスで月5万円を目標とするなら月間10万PVくらいのアクセスが欲しいところですね。 1日あたりだと3000PVちょっとです。 初心者としては 途方もない数字に聞こえてしまうかもしれませんが、意外と集まるものです。 アドセンス広告だけで月5万円のは全く夢物語ではありません。 またアドセンスだけで稼ぐことにこだわる必要もなく、ASPのも含めて運営していくと、月10万円、月100万円も見えてくる可能性もあります。 Googleアドセンスの審査基準 Googleアドセンスを始めるには、「アドセンスアカウント」を取得する必要があります。 そのためには、に合格しなければいけません。 ただGoogle社の審査基準は隠されているため正確な情報も存在しません。 また2018年には審査基準が大きく改変されているため、過去の情報もあまりアテになりません。 そのためこれまでTwitter等で集まってきた情報を頼りに、おおよその審査基準を整理して見ました。 自分専用のブログURLを持つということだよ!無料ブログじゃなくて、有料ブログにあたるね。 独自ドメインとは「自分専用のサイトURL」ということです。 もっと単刀直入に言えば、無料ブログではなく有料でブログを開始しないとアドセンスを開始することはできないということです。 とはいっても独自ドメインでブログを作るのは簡単です。 月1000円ほどかかりますが、こちらの「」を読んでいただければその方法が分かるでしょう。 まずは独自ドメインでのブログ開設を進めて見てください! アドセンス審査を申し込む ブログが開設できて10記事書けたら、さっそくGoogleアドセンスの審査に申し込みをしましょう。 基本的には手順に従うだけで審査申し込みは可能ですが、詳細な「 」は別記事でまとめています。 審査結果は3日程度でメールに届きますので、合格を楽しみに待ちましょう!もし不合格になった場合でも再び審査申請はできますので、記事を追加したりポリシー違反等ないことを確認して、再審査を依頼するといいでしょう。 ブログにアドセンス広告を貼る 審査に通過したら、Googleアドセンスにをしましょう。 アドセンス審査に使用したGoogleアカウントの「メールアドレス」「パスワード」を入力することで、アドセンスの管理画面に入ることができます。 ここで任意のアドセンスコードを取得して、ブログに貼り付けてみましょう!アドセンス広告は貼り付けてから反映までに時間を要する場合がありますが、うまくいっていれば半日もすれば広告が表示されるようになります! Googleアドセンスで稼ぐ方法|月5万円を目指して! では、ここからは脱初心者な内容になります。 ズバリGoogleアドセンスで稼ぐ方法についてです。 アドセンスの広告収入を増やすには、 以下の5つを実践していくといいでしょう。 でもそういうキーワードは激戦だし、他のアフィリエイトを置けることも多くてアドセンスの入る余地がなかったりもするよ。 ただしこういったキーワードはアフィリエイターが奪い合う激戦キーワードですし、アドセンスよりも単価の高い成果報酬型アフィリエイトを扱える場合も多々あります。 だから 一概にこれらのジャンルを狙えばいいというわけでもありません。 個人的にはこれらのジャンルにこだわらず、 自分の書きたいことを発信してアドセンスで稼いでいくことが一番おすすめかと思います。 ライバル不在の趣味ブログが一番穴場だったりもしますからね。 アドセンスで稼ぐための究極の方法は? 「アクセス数」「インプレッション数」「クリック率」「クリック単価」などなど小難しい話をしましたが、 結局のところ 「記事を書いて広告を貼って、ひたすら試行錯誤する」というのがアドセンスで稼ぐための究極の方法だと思います。 特に初心者さんなら難しいことを考える必要はあまりないです。 これまでの話は頭の片隅に置いておいて、まずはアクセス数を集める記事作りから始めていきましょう。 そうしてアクセスがあつまって広告がクリックされ始めたあたりで、いろいろと実験をしてみるといいと思います。 広告の配置を変えたらどうなるか?• 広告を増やして露出を増やしたらどうなるか?• 別のキーワードを狙ったらクリック単価が上がるか? こういった実験を繰り返すことで、自分のブログにあった広告配置が見つかってきます。 うまくいけば広告の貼り方を変えるだけで収益額が2倍になったりもしますから、試行錯誤は本当に侮れません。 以下の参考リンク集にある 先輩ブロガーのアドセンス広告配置も参考にしながら、自分にあったものを模索して行ってみてください! Googleアドセンスで参考になるリンク集 最後に、知っておきたいGoogleAdsenseに関するお役立ちリンク集を公開しておきます。

次の

『たった4箇所』アドセンスで月20万円稼げる最適配置がこれだ!

アドセンス広告 ジャンル

このようにURLを入力することでその広告を非表示にすることができます。 「www. amazon. jp」「www. rakuten. jp」という2つをブロックしています。 実際に広告をブロックした結果はいかに? 検証したブログは このブログとは別で運営している媒体です。 主に楽天市場、AmazonなどのEC系をキャッシュポイントとしています。 アドセンス広告の配置は「記事下」「関連記事」の3つを配置している状態です。 【Before】楽天市場とAmazonをブロックする前の単価 ブロックする前の1ヶ月間の広告配信の状況についてまとめておきます。 ページインプレッション収益:97円• インプレッション収益(RPM):24円• 収益:3,398 【After】楽天市場とAmazonをブロックした後の単価 ブロック後の1ヶ月経過ですが、こちらになります!• ページインプレッション収益:76円• インプレッション収益(RPM):34円• 収益:4,916円 考察 クリック率は下がる傾向にあるかと思います。 これまで楽天市場・アマゾンの広告が配信されていましたから、それを無くすということはクリック率は下がって当たり前です。 逆に、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイトのリンクのクリック数が伸びています。 ただ、クリック数が減ったとしても、それ以上に インプレッション収益が上昇したためにブロックしたことで収益が伸びていることが分かりました!なので、EC系をキャッシュポイントとしているブログは競合する広告を非表示に設定すると良いことが分かりますね! クリック率を高める方法を模索すべき ただし、 過度に広告をブロックするのはあまりおすすめできません。 もちろん アクセス増やすことが最優先ですけどね~(笑) CTRを高める広告の配置とは? CTR(ページクリック率)を高める効果的な配置ですが、結果をいうと「タイトル下」「はじめのH2タグ前」「記事下」になります。 このことについては「 」でまとめているので、ご参考に! まとめ 広告単価が低いアドセンス広告はブロックしてもOK!だけど単価が高い広告は非表示しない方がベター! 過度なブロックは広告クリック数を減らすため、あまり設定するべきではないです。 僕の場合は、楽天アフィリエイトとAmazonアソシエイツをメインとしたブログを構築しているためブロックしました。 かといって広告単価が高いジャンルでブログを構築している場合は、ASPが成約しなくなるからブロックれば良い。 という問題でもありません。 そのあたり、テストする必要があるとかと思います。 広告単価が高いジャンルでブログの場合は、個人的な意見としてはアドセンス広告とASPを両立した方が良いと考えています。 ですが、単価を気にするよりも「クリックされる効果的な配置」を考えた方が効率的ですね!それが出来てのブロックを検討していきましょう!.

次の