周知 する 英語。 「案内する」の英語は?正しい意味が伝わるニュアンス別の5パターン

「怒り・イラ立ち・憤り」の意味・ニュアンスを英語で表現する言い方

周知 する 英語

Topics• 「周知」の意味 「周知」の読み方は「しゅうち」です。 「周知」には「世間一般に広く知れ渡っていること。 また、広く知らせること。 」という意味があります。 漢字の通り、「周り」に「知られている。 知らせる。 」ということです。 また、他の辞書では「あまねく知ること。 知れわたっていること。 」ともあります。 あまねくとは「もれなくすみずみまで。 」という意味であることから、「 周知」という言葉には単に知ったり知らせたりするだけでなく、その内容を正確に理解する、理解させる意味も含まれています。 「周知する」と「周知させる」はビジネスでどちらが正しいのか 「周知する」という表現は間違いである、といった意見もありますが、辞書には「周知」は名詞であり動詞として使う場合は「~スル」とあります。 つまり、「周知する」は誤りではありません。 「周知する」と「周知させる」の違いは立場です。 「周知する」とは自分が情報を知る側の時に使う表現であり、「周知させる」とは自分が周囲に情報を知らせる時に使います。 「周知する」と「周知させる」はどちらも正しい表現であり、自分の立場によって使い分けるようにしましょう。 【スポンサードリンク】 「周知」を使った言葉 「周知」はビジネスでもよく使われる言葉です。 「周知徹底」や「周知の事実」など他の言葉と合わせたり、「ご周知ください」などと単体で使われることもあります。 「周知」自体は名詞ですが「~ください」など敬語表現と合わせることで、目上の人や顧客先にも使うことができます。 ここでは、「周知」を使った言葉をいくつかご紹介します。 周知徹底 「周知徹底」とは「しゅうちてってい」と読みます。 意味は「広くすみずみまで、きちっと知れわたらせること。 」とあります。 もともと「周知」にはもれなく理解するという意味合いが含まれていますが、それをさらに強調させるのが「周知徹底」です。 「周知徹底」の例文をいくつかご紹介いたします。 会議で取り決めた事項については各チーム全員に周知徹底させるよう、お願い致します。 作業工程が変更になったことを従業員全員に周知徹底する必要がある。 周知の事実 「周知の事実」とは「しゅうちのじじつ」と読み、「一般的に広く知られている情報」を意味しています。 「周知の通り」という表現もありますが、「周知の事実」とほぼ同じ意味と使い方です。 「周知の事実」という表現を使う時、注意すべき点があります。 それは「周知の事実」の対象となる情報が一般的に理解されない事実の場合は「周知の事実」と言わないようにすることです。 むしろ、相手が理解していないことに対して「周知の事実」と言うと相手に不愉快な思いをさせる可能性があります。 「周知の事実」という表現を加えなくても意味が通ることが多いので、 誤解を招かないためにも、目上の人や顧客先に対しては「周知の事実」は使わないほうが無難です。 ではここで、「周知の事実」の例文をいくつかご紹介します。 本案件が延期となったのは周知の事実かと存じますが、次回の会議では延期となった原因について探りたいと思います。 来月をもって部長が退職されることは周囲の事実である。 「周知」の類義語 「周知」の類義語はご存じでしょうか。 例えば「拡散」という言葉も「広がり、伝えること」という意味合いがあり「周知」の類義語とも言えますが、主にSNSで使われる言葉でありビジネスシーンで用いることはありません。 類義語を知っておけば言い換え表現として活用できるので、ビジネス文書を作成する時などにとても役立ちます。 ここではビジネスでも使える「周知」の類義語についてご紹介します。 伝達 「伝達」の意味は、「命令・連絡事項などを伝えること。 つぎつぎに伝え届けること。 」とあります。 ほとんど「周知」と同じ意味合いですが、「伝達」は伝える行為そのものに対する言葉ですが、「周知」は伝えることに加えて、伝える情報をきちっと把握させる意味も含んでいます。 連絡 連絡は、「情報などを知らせること。 」とあります。 ほぼ「周知」と同じ意味合いになりますが、「連絡」の方が簡単な情報に対して使うことが多いです。 また、「連絡」という言葉を使う時は、知らせる相手が必ず関係者である必要があります。 全く関係のない人に伝える時に「連絡」とは言いません。 「周知」の例文 では、具体的に「周知」の例文をいくつかご紹介していきます。 今期の目標売上金額について、部員全員に周知させる。 先ほどメールでご連絡した件について、皆様への周知の程よろしくお願い致します。 営業時間が変更となります。 各担当者にご周知ください。 チーム内での周知不足が原因で、インシデントが発生した。 「周知」の英語表現 「周知する」は、「disseminate 」、「inform」や「familiarize」を使って表現します。 ガイドライン変更の件について、部署のメンバーへ周知願います。• Please make sure that the change of guideline are disseminated in your department. Please keep your department members informed about the change of guideline. Please make sure to familiarize your department members with the change of guideline. まとめ 「周知」の意味は周りが知っていること、または周りに知らせることです。 また、自分が情報を受け取る側の場合は「周知する」、情報を伝える側の場合は「周知させる」と言い、どちらも正しい表現であることも説明してきました。 その他にも本文では類語表現や英語表現についてもご紹介していますので、様々なシーンで「周知」という言葉を正しく使えるようにしておきましょう。

次の

周知する を 英語

周知 する 英語

「知名度」と「認知度」 先日記事を書いているときに、ふと疑問に思ったワードです。 なんだか同じようで、でも同じでない気がしたこの2つ。 でもその違いを言葉にしようとしても、ぼんやりとしていてできませんでした。 調べて出てきた、すごくシンプル! 分かりやすい説明をご紹介します。 「知名度」は書いて字の如く、その名前を知っているかということになります。 つまり、それが何であるのか知らなくても、名前を知っていれば知名度は高いということになります。 「認知度」は、それが何であるのか知っている必要があります。 つまり、中身がわかっていなければ、認知とはなかなか言い難いと言えるのではないでしょうか。 [引用] インプットをしたら即アウトプット! というわけで、実際にこれを参考にして、記事を書きました。 冒頭部分のIELTS(アイエルツ)の知名度・認知度うんぬんかんぬんというところです。 せっかくなので日本語だけではなく、このワードを英語にするとどうなるか。 今回は、関連する表現とともに記録しました。 Word of the Day たくさん表現する方法はありますが、気になったところをメモしてます。 知名度に関する単語・表現• 知名度:visibility/name recognition/name value/how popular S V/how widely S is known• 知名度が高い:be a big name/have strong name recognition• 知名度が低い:be little known• 知名度を上げる:enhance[raise][increase] the visibility of 〜/become known better• 知名度不足に悩む:suffer from a lack of name recognition 認知度に関する単語・表現• 認知度:awareness/recognition degree/level of recognition• 認知度が高い:high recognition/enjoy high recognition/awareness is high/be well-recognized/ be highly recognized• 認知度が低い: be not well-known[well-recognized] /low recognition• 認知度を上げる:gain recognition/enhance[raise][increase] awareness/build recognition of 〜/improve awareness of 〜 [参考・出典 ] / // 最後にひとこと 普段、何気なく使っている言葉。 ふとしたきっかけで、改めて向き合うことができるとうれしくなります。 ブログを書いててそんな言葉がでてきたら、またご紹介しますね。

次の

「周知」「周知する」の意味と使い方を例文つきで解説!類語、英語も紹介

周知 する 英語

このコンテンツは、 がネイティブの翻訳者と協力して、日常英会話で使う表現や勉強法を できるだけ分かりやすい言葉を使って説明するメディアです。 こんにちは! 英会話ハイウェイ運営者のアキラです。 今日は、 「案内する」の英語についてお話しします。 「街を案内する」や 「駅へ案内する」など、日常的に「案内する」って言葉はよく使いますよね。 でも、英語でどう言えばいいかは、なかなか思い浮かばないと思います。 この記事では、 「一緒に行って案内する」や「言葉で案内する」など、ニュアンスごとに5つに分けて「案内する」の英語について説明します。 外国人に誤解されないように、「案内する」の正しい使い分けを覚えてください。 そういうことやな。 「guide」を使う表現は、とりあえずこの2つを覚えといてな。 導いて案内する 特定の場所に連れて行ったり、その場所を案内したりすることを英語で 「conduct」と言います。 団体旅行のスケジュールを管理して、旅がスムーズに進むように導いてくれる人をツアーコンダクター(tour conductor)と言いますよね。 旅行を案内(conduct)してくれる人だから「ツアーコンダクター」と呼ぶわけです。 「conduct」は「guide」よりフォーマルな表現です。 The old man conducted me around the town. その老人は、町を案内してくれました。 The man conducted me to a small room, where we talked about the business. 男は私を小さな部屋に案内してくれました。 そこで私達は仕事の話をしました。 付き添って案内する・地図で示す 相手に付き添って道を案内したり、地図上で場所を示したりするときの「案内」の英語は 「show」です。 「show」には「見せる」という意味があるので、「実際の行き方を見せる」、「地図で見せる」という意味で覚えやすいと思います。 Could you show me the way to the station? 駅への行き方を教えてもらえませんか。 なお、「show」は「付き添って案内する」という意味があるので、通りすがりの人などに聞くときは「tell」を使う方がいいです。 Could you tell me the way to the station? 駅への行き方を教えてもらえませんか。 「tell」を使って聞けば、言葉で案内してもらえませんか?という意味が伝わります。 なお、 あちらこちらに連れて行って案内するという意味では 「show around」を使います。 I will show you around Osaka. 大阪を案内してあげますよ。 「show」の代わりに「連れて行く」という意味の 「take」を使うこともできます。 I will take you around Osaka. 大阪を案内してあげますよ。 「show around」と「take around」は、日常会話でよく使われるくだけた表現です。 I'll take you to Osaka castle. 大阪城に連れて行ってあげるよ。 道を教える 目的地までの行き方を教えるという意味の「案内する」の英語は 「direct」です。 「direct」には、「一緒に行って教えてあげる」という意味はなく、言葉で伝えたり指し示したりして教えるだけです。 Could you direct me to the nearest station? 一番近い駅への行き方を教えてもらえませんか。 看護師は私を椅子へと案内して、医師がすぐに来ると言いました。 先導する 先頭に立って「案内する」ときの英語は 「lead」です(「lead」の活用形は「lead-led-led」) 手を握って連れて行ったり、動物などを綱(つな)を使って連れて行ったりするという意味でも使うことができます。 「guide」や「conduct」とは違い、あちこち案内するという意味はなく、単に目的の場所に連れて行ってあげるというニュアンスです。 The woman kindly led me to the nearest elevator. その女性は、親切にも一番近いエレベーターに案内してくれました。 なお、「lead」は物を主語にしても使うことができます。 This door leads to the kitchen. このドアはキッチンにつながっています。 (このドアはキッチンに導いてくれます) 日本語では、無生物主語はあんまり使わんから、慣れるまでは変な感じがするのは仕方ないな。 そのうち普通に思えてくるで。 英語を自由に話せるようになるには? この記事では、「案内する」の英語をニュアンスごとに5つに分けて説明しました。 少しずつ意味が違うので、正しい使い方を覚えてください。 ただし、 よく使う表現を覚えるだけでは、言いたいことを英語で言えるようにはなりません。 言いたいことを英語で言えるようになるには、そのための専用の勉強が必要です。 勉強方法について詳しくは、メール講座で説明しています。 以下のページから無料で参加して、不要になればいつでも解除できます。 気軽に参加してください。

次の