ジャック ラッセル テリア 寿命。 ジャック・ラッセル・テリア

ジャックラッセルテリアの病気 症状や予防法

ジャック ラッセル テリア 寿命

大きさ• 体高25~38cm 体重• 体重6. 4~8. 2kg ジャックラッセルテリアは体高25~38cm、体重6. 4~8. 2kgの子型犬に分類されます。 長い四肢と柔軟な関節をもち、馬と並走できるほど運動能力が高いです。 他には「顎」「牙」「筋肉質な体」が特徴的です。 とにかく活発な犬種なので運動不足はストレスになりやすいです。 散歩に連れて行かないと自傷行為を始めるほどストレスが溜まってしまうため、日々の運動は欠かさないようにしてあげてください。 被毛のタイプが、「短毛のスムース」「ややふさふさとしているラフ」「剛毛のブロークン」の3種類あり、それぞれ違った印象を与えているのもこの犬種の特徴といえますね。 細身ながらも筋肉質な体は細い隙間を通り抜けて獲物を追いかけるために、強力な顎と牙はキツネ狩りの際に獲物を咬み殺すために発達したものとされています。 気をつけたい病気• レッグパーセス症• 膝蓋骨脱臼• マラセチア皮膚炎• 糖尿病 比較的長寿な犬種ですが「レッグパーセス症」「膝蓋骨脱臼」「皮膚病」「糖尿病」に注意が必要ですよ。 レッグパーセス症 レッグパーセス病は生後約1年以内の子犬に多くみられます。 大腿骨の骨頭が変形して壊死する病気です。 股関節が正常に動かせないので、突然足を引きずるようになどの症状がみられます。 壊死した大腿骨頭を切除すれば歩行が正常に戻ることが多いですが、発見が遅れてしまうと歩行異常などの後遺症が残る可能性もあるので早期発見・早期治療が大切です。 膝蓋骨脱臼 四肢がしっかりしているジャックラッセルテリアですが、過度な運動によって膝に負担がかかり発症することがあります。 重症化すると手術が必要になります。 「足を引きずる」「痛がる」などの症状がみられたら早めに病院で診察を受けてください。 「滑りやすい床にマットを引く」「段差に気をつける」「適度な運動をする」などに注意して愛犬の健康を守ってあげてくださいね。 マラセチア皮膚炎 カビの一種であるマラセチア菌が免疫力の低下や衛生状態の悪化などの原因で増えすぎてしまうことで起きる皮膚炎です。 症状としては多くの場合、痒み、フケ、抜け毛、ベタつき、独特の臭いなどが表れます。 過剰な皮脂やストレスも原因となるので、皮膚を清潔に保つだけでなく、脂肪分の少ない食事に替えたりストレスを溜めないように心がけたりすることも大切ですよ。 糖尿病 活発な犬種ですが肥満になりやすいので、糖尿病にも気をつける必要があります。 症状が進行すると白内障を併発することもあるので、食事と運動のバランスに気をつけてあげてください。 メスは妊娠が原因になることもありますので、繁殖を考えていないのであれば避妊手術をすることでリスクを下げることもできますよ。

次の

ジャックラッセルテリアの適正体重と肥満の目安

ジャック ラッセル テリア 寿命

iStock. 猟場までの長い道のりを馬と並走することもあったので、体力があり、活動的。 そのため、ジャック・ラッセル・テリアは運動欲求と、動くものを追いかけたいという欲求が高めです。 【参照元】 日々の生活では、長時間の散歩と、ボール遊びなどの猟欲を満たせるような運動を取り入れてあげないと、が溜まってしまうでしょう。 は、万病のもと。 ジャック・ラッセル・テリアは小型犬ですが、大型犬並みの運動量を提供してあげる覚悟を持って生活をしてあげてください。 ジャック・ラッセル・テリアがかかりやすい病気 iStock. おもちゃなどを噛んでいて、そのまま飲み込んでしまうという事故が後を絶ちません。 ぬいぐるみの綿、ゴム製のボールをはじめ、子供用のおもちゃ、飼い主が床に置いたままのカバンから引っ張り出したや、携帯電話の充電コード、テーブルに置いておいた割り箸など……。 あらゆるものが、ジャック・ラッセル・テリアの興味を引くでしょう。 誤飲した異物が腸に詰まってしまり腸閉塞になると、命に危機が迫ります。 嘔吐や下痢が続くようであれば、ジャック・ラッセル・テリアの場合は腸閉塞も疑われます。 早急に動物病院へ。 腸閉塞が確認されたら、緊急手術が必要です。

次の

【犬種】ジャック・ラッセル・テリアとは?性格の特徴と飼い方やしつけのコツ

ジャック ラッセル テリア 寿命

ジャックラッセルテリアの歴史 ジャックラッセルテリアの歴史はまだ浅く、19世紀の中頃にイギリスの牧師であるジョン・ラッセルが、フォックステリアをベースにビーグルやボーダーテリアなどを掛け合わせた犬であるとされています。 ジョン・ラッセル牧師はキツネ狩りの愛好者であり、自分の猟に同行させる優秀な猟犬が欲しくて犬の改良をはじめたとされていて、猟の最中にもひるまない性格を持つようにとブルテリアと交配をさせたことで、ジャックラッセルテリアの気質の荒い面ができあがったと言われています。 ジャックラッセルテリアはイギリス原産でありながら、イギリスの公認犬種として登録がされていません。 これはジョン・ラッセル牧師が、ジャックラッセルテリアはドッグショーに出すような犬ではなく、猟犬として生きるための犬であるという理由から公認登録を拒んだからです。 現在でもジョン・ラッセル牧師の意思を継いで公認登録をしていない国も存在しますが、日本では公認犬種として登録をしています。 毛色、被毛、抜け毛 ジャックラッセルテリアの毛色は白がベースとなり、そこに黒または茶が入る2色のバイカラーや、黒と茶の両方が入り3色になるトライカラーがあります。 茶の色は濃淡の違いがあり、それによって様々な個性を楽しむことができます。 また、顔の中心部分に入る白い線をブレーズと呼びますが、このブレーズは成長と共に両脇のカラーで隠されていきそのまま消えてしまうこともあります。 被毛は、スムース(短毛)・ラフ(長めの直毛)・ブロークン(短毛と長毛の中間)の3種類あるのも特徴です。 ただし、どの被毛になるのかは隔世遺伝の影響も入るので子犬の頃には判断が付きにくく、確定できるのは生後半年頃となります。 毛玉はできにくく手入れは比較的楽ですが、抜け毛は多いのでブラッシングを日課とするのがおすすめです。 寿命、かかりやすい病気 ジャックラッセルテリアの平均寿命は、14~16歳程度です。 小型犬でありながらかなりの体力を持ちますので、何か大きな病気などをしない限り比較的長生きをする個体が多いです。 ジャックラッセルテリアのかかりやすい病気としては、パテラと言われる膝蓋骨脱臼やレッグ・ペルテス・パーセス病です。 これはどちらも脚に関する病気で、動きの激しいジャックラッセルテリアがこの病気にかかると、目に見えて歩き方がおかしいなどの異常が見られるようになります。 それ以外では皮膚トラブルを起こしやすいので、シャンプーをした後などは雑菌などが繁殖しないように、被毛の根元までしっかりと乾かしておくことが大切です。

次の