喫茶 ステラ と 死神 の 蝶 エロ 動画。 喫茶ステラと死神の蝶感想

喫茶ステラと死神の蝶 感想:タクト舞う遥かなる白き星の日記

喫茶 ステラ と 死神 の 蝶 エロ 動画

年末に購入したの新作『喫茶ステラと死神の蝶』を(2019年内に)全ルート読破したので、その評価と感想です。 この作品は18禁作品ではありますが、この記事ではそういう描写のある画像等は投稿しませんのであしからず。 また評価や感想においても触れません。 私自身あまりそこに注目はしないので…… なおこの記事内に使用される画像は全て・株式会社ユノスに帰属します。 そもそもなぜ2ヶ月以上も前に購入・読破した作品の記事を……? という話ですが、ただ記事を書く気力が湧かなかっただけです…… ですので若干記憶があやふやな所もあり、新鮮な(?)感想は書けてない気もしますが大目に見てください。 まず作品の評価ですが、私の主観に基づき、適当に項目ごとに配点を決めたうえで合計100点満点とします。 以後、別作品を評価するときも基本的には同じ配点としますが、ジャンルそのものが変わる場合はその都度対応します。 「作品を点数評価とか何様だよ!」と思わないでもないですが、まぁ誰に突きつけるわけでもないので気にしないようにします。 と、いうわけで喫茶ステラの評価です。 〇シナリオ 35/50 〇キャラ 15/20 〇音楽 8/15 〇グラフィック 7/10 〇システム 5/5 〇総合 70/100 今回は初回ということで、以後評価する作品はこの点数を基準とします。 70点だと「特に悪くはない」「割と良かった」くらいですね。 「まぁまぁ」とも言う。 音楽の点数が低めですが、単純に私の好みではなく印象に残らなかったという話で別に悪いとかそんなことはありません。 そもそも音楽や芸術に良し悪しとか無くて、単純に好みかどうかが有るだけだと思ってます。 EDは各キャラルートごとで用意されており、相変わらずお金掛けてんなぁ……と思いましたね。 グラフィックはやはり安定のといったところで安心のクオリティです。 「これぞ萌え絵!」という塗りです。 システムは文句の付け所が無いですね、ほんとに。 選択肢の分岐やシナリオの進行具合が分かりやすい機能は大変便利だし、お気に入りボイス機能も素晴らしいです。 このシステム面は最大の武器だと個人的には思ってます。 シナリオについてですが、あらすじを説明するのも面倒なので(おい)、以下公式サイトからのコピペを。 ~~~~~~~~~~ 主人公、高嶺昂晴(たかみねこうせい)は何気ない学生生活を送っていた。 だがある日、不慮の事故で命を落としてしまう。 そこで予期せぬことが起きた。 死んだはずだった高嶺昂晴が、目を覚ましたのだ。 わけがわからないまま、もう一度、同じ一日を過ごす。 予知夢やデジャブのようなものではなく、一日の流れが全く同じ。 あまりの事態に恐怖を覚えながらも、死んでしまった、事故の場所を訪れた。 そして告げられる言葉。 「死はまだ回避できていません」 高嶺昂晴は死ぬ運命から逃れるために、死神の仕事を手伝うことになる。 その方法とは、何故か喫茶をオープンさせることであった。 基本コックですし。 というかこのあらすじで伝わるんですかね……? まぁこんな感じです。 気になる人は体験版をプレイしてみるなり、動画サイトに幾つも上がっているプレイ動画を観るなりすればいいかなと。 共通ルートでは、喫茶をオープンするまでの四苦八苦と、オープンしてから飛び込んでくるトラブルを解決したりがメインですね。 テンポが良くてすごく読み進めやすかったです。 この読みやすさもらしいといえばらしいですね。 以下各キャラと各ルート感想です。 記載の順番は個人的に評価の高いキャラあるいはルートほど後ろに回してます。 ネタバレ注意。 〇墨染希(すみぞめのぞみ) 年下幼馴染。 神社の一人娘。 毎日のように主人公である昂晴にご飯を作りに来てる実質通い妻的な? 感じです。 好ましいキャラではあるのですが、個別ルートがどうにも……っていう。 未練を残して死んだ魂の残滓が蝶となって周りに影響を及ぼす(共通ルート序盤で説明されます)……という設定をメインに据えた話ですね。 この蝶は輪廻転生する一歩手前の物だと思ってもらえれば。 神社で祀られている大昔の女性の魂の残滓が実はまだ現世に残っていて、あれやこれやと影響を及ぼすわけですが、物語終盤で実はこの女性の娘の生まれ変わりが希であることが判明します。 そしてこの蝶と希、昂晴の対話によって蝶は転生(成仏?)し、めでたしめでたし、です。 まぁ話の大筋は全然悪くないんですよ。 ただ希が生まれ変わりであることが判明したとき「実感ないなぁ」なんて言ってたのに、その直後蝶との対話で「おかあさん!おかあさん!」と泣き叫んでたのには、なんだか冷めちゃいましたね……。 実感の無さは何処へ?? 気持ちの変化についていけずに、一番盛り上がるところで冷めたのは致命的でした。 まぁ気にならない人は気にならないのでしょうけどね。 〇火打谷愛衣(ひうちだにめい) 元気いっぱい後輩っ子。 褐色というよりは単なる日焼けですねこれ。 空気を明るくしてくれる良い子なのですが、色白な愛衣も見たかったです。 個別ルートですが、いやぁ……重い。 愛衣は蝶を自らの左目に吸収することができる極めて特殊な能力を持っています。 蝶はネガティブな魂の残滓、人に纏わりつくことでネガティブ思考をさらに加速させてしまう厄介な存在なわけです。 愛衣は(自身も所属していた)水泳部の友達に憑りついた蝶(愛衣自身は蝶は見えずモヤモヤくらいにしか見えない)を回収することで不調を治してたわけです。 周りには「おまじない」であると説明してたわけですが、だんだんとおまじないに依存し始める友達を見て、このままではいけないとおまじないを止めてしまいます。 そこから「おまじないくらいしてくれたっていいじゃん!」と関係が悪化していって、愛衣が自主退部するまでになったんです。 いやぁ……人間関係の拗れってなんで重く感じるんですかね。 ハッピーエンド至上主義であるなので当然最終的に仲直りしてめでたしエンドなんですけどね。 悪くはなかったけど、雰囲気を下げた割に感動が小さかったかな? という感じでしたね。 〇汐山涼音(しおやますずね) 今作のロリ枠(年上お姉さん)。 サブヒロインです。 登場シーンは大量の蝶に纏わりつかれていてものすごいローテンションなのですが、実際はめっちゃ楽しくて厳しい人です。 パティシエっていいよね…… サブヒロインなので個別ルートは短いうえに作品特有の死神や蝶などの設定はほぼ使われません。 ここらへんは近年のの傾向通りですね。 ものすごい大雑把に言うと、前の職場の上司をぎゃふんと言わせるために最高のお菓子を作るぞー! って話ですね。 あまり語ることはないんですが、重くなることも全くなく終始平静な気持ちで読み進められたので、これはこれで評価できた点です。 ……以上! 〇明月栞那(あきづきかんな) メインヒロインのなかでも更にメインの、センターヒロインってやつです。 人間ではなく死神。 銀髪の死神なんて「やだ、私好みどストライクじゃないですかー」って思ってたんですけど、そこまで好きなキャラというわけではなかったですね……もちろん嫌いではないです、好き。 センターヒロインなので作品の設定の核心に一番関わるルートです。 死神は魂の残滓である蝶を回収し、輪廻転生させるために神様に送り届けるのが仕事なのですが、実は昂晴は幾度も悲運な人生を送り何度も蝶となり栞那に回収されていた魂だったのです。 今度こそ幸せな人生を、と昂晴を初めから特別に思っていたわけですね。 共に過ごすうちに互いに惹かれていくわけですが、ここで人間と死神という存在の違いが障害になります。 死神というのは回収された蝶が輪廻転生し次の生を得るための準備期間だったんですね。 ネガティブな魂をポジティブにしてから転生させようという感じですね。 つまり栞那自身が幸せになればなるほど、別れの時が近づくわけですね。 悲しい…… 結局「幸せになってくださいね」というようなことを言い残し消えてしまうわけですが、昂晴は物語冒頭で時間を巻き戻した力を別の形で使い、栞那復活! そして人間になっちゃいましたー! ……ものすごいご都合展開を見ましたね。 あれこれ理由付けをしてはいますが、あれは読者の気持ちを置いていくの展開でしたね。 ……まぁ幸せならいいか? エピローグで唯一子どもができて家庭の幸せエンドだったんですが、こういう終わり方大好きなのでエピローグだけで評価かなり上げました。 ……これはものすごい個人的な見解なのですが。 人間と死神という関係のまま関係を深めて、物語終盤でお別れエンド、エピローグで生まれ変わった栞那と奇跡の再会(お互いにそれとは気づかず)をするという話のほうが大変好みなんですがそれではダメだったんでしょうかね。 あれ? もう自分でこの設定で小説書いちゃう? ってこの記事書きながら思いました。 〇四季ナツメ(しきなつめ) もう喫茶ステラという作品はこの人のためにあったのではなかろうか。 年下2人と年上2人(片方死神)なヒロインのなかで唯一同級生ヒロイン。 序盤からめっちゃ蔑まれます。 私はMではないのですが、これはクセになります。 ならないほうがおかしい。 喫茶ステラをプレイした人全員の性癖(ほんとは誤用)がナツメになったと確信してます。 ナツメルートは一番恋愛してましたけど、今までのゆず作品にはいなかったくらい拗らせてます。 ナツメさん拗らせ過ぎ。 面倒くさい。 でもそこが大好き! そんな話です。 THE友達って感じの雰囲気から始まり、互いにどんどん打ち解けていって時には蔑まれ、時々いい感じの雰囲気になったりしてお互いにドキドキしながらも時には蔑まれます。 蔑まれる度に私のテンションは上がりました。 何かがおかしい……私はこんな人間ではなかったはず……。 ナツメは過去に友達との価値観のズレを認識したことによって自分が矮小な存在に思えてしまって、それからというもの自分が傷つかないように他人と一定の距離を置くようになるんですよね。 まぁそれもあって昂晴に対して恋心が芽生えてからもなかなか面倒臭い立ち回りをすることになるんですが……。 他にも幼少期に入院したことによって両親の夢であった喫茶を諦めさせてしまうことになったり、ナツメは他人に迷惑をかけたくないと色々諦めてしまうわけです。 でも死神なら人間じゃないし迷惑かけてもいいのかな、と栞那達を巻き込んでかつての両親の夢であった喫茶を始めようとするあたり、私個人的には意外とアクティブというか、活力のある子な印象はありますね。 ナツメルートは恋人になるまでが最大の盛り上がりというか、拗らせすぎたナツメに昂晴が全力でぶつかっていくのがよかったですね。 最終的にナツメは(病気の再発で?)死にかけた時に昂晴ともっと一緒に居たいと思って生きる活力を取り戻して、幸運にも発見が早かったことで手術が間に合って完治して昂晴とも結ばれてめでたし〜でした。 ただここら辺は死にかけたのが割と急だったというか、伏線がないわけでもなかったですけど、危ないかもしれないという話が出てきてから実際に危なくなるまでの時間が短すぎてついていけない感がなくもなかったです。 そこは少し勿体ない印象はありましたかね。 ナツメルートのもう一つというか最後の盛り上がりとして、昔入院していた頃に同じく入院していた同世代の子達との同窓会がありました。 かつて共有していた夢を再び語り合って、懐かしい思い出話に花を咲かせて、幸せそうなナツメの姿を見るのはなかなかに良いものがありました。 なおサプライズ嫌いなナツメに内緒で同窓会を企画していたことで蔑まれることになるのも大変良かったです……! その後ナツメの両親も登場して、かつて喫茶を開くことを諦めたのはナツメの入院が原因ではないことを説明されますが……理由が世界的があってタイミングが悪かった、というのはどうなんだろう、と。 伏線も何も一切無かったですし、せめて両親の初登場がもっと前にあっても良かったんじゃないかなぁ。 なんというかナツメの人格形成に大きく関わった両親が、ただ最後に事実を語るだけの存在になってしまってる感が否めないので、ちょっと扱いが雑なような気がしないでもなかったです。 ところどころで勿体ないと思う要素はあれど、総合的に見てすごく良かった話でしたね。 ナツメがいろんな意味で魅力的過ぎました。 ただしエピローグでHシーンぶち込んでくるのだけは本当にやめていただきたい。 雰囲気台無しじゃないですか……。 というわけで、全ヒロイン及び個別ルートの感想でした。 作品は基本的にローファンタが多く、ちょっと設定が雑に思えるのはいつものことなのですが、今作はまぁ比較的マシというか、構成自体は普通に良かったと思います。 前作のRIDDLE JOKERは構成が悲惨の一言に尽きた(個人の感想です)ので、割と安心できたというか、次回作も買ってもいいかなぁと思えました。 『喫茶ステラと死神の蝶』の評価・感想でした。 また次回お会いしましょう。 wind9463liara.

次の

【完全受注生産】ちゃろー☆

喫茶 ステラ と 死神 の 蝶 エロ 動画

攻略について• 1周目は涼音のルート以外の攻略が可能。 栞那、ナツメ、希、愛衣から誰か1人のルートをクリアする事で、次の要素が解禁される。 涼音のルートが攻略できるようになる。 ゲームのタイトル画面にある『タイトル切替』のアイコンからタイトル画面のデザインを変更できるようになる。 一部の選択肢について、CG鑑賞への登録のために全て選ぶ。 シーン鑑賞からの登録も可能。 アフターストーリーのどれかをクリアする事で、タイトル切替に1つ追加がある。 アフターストーリーを全てクリアする事で、タイトル切替に1つ追加がある。 共通ルート 『喫茶ステラと死神の蝶』における各ルートに入るまでの攻略。 ゲームのタイトル画面で『はじめから』を選択して開始する。 シーン 選択肢 備考 CHAPTER 1-1• 記憶を差し出す• 首ごと差し出す どれを選んでも良い。 CHAPTER 1-2• バイトの誘いを受ける - 〃• オムライスの味を• 栞那の練習に - CHAPTER 2-3• ちょっと休憩してから - CHAPTER 3-2• から次のように進める。 シーン 選択肢 備考 CHAPTER 3-2 先に凉音さんから - CHAPTER 4-6 希を送る - CHAPTER 7-1• 中に射精したい• 外に射精したい - CHAPTER 7-2• 捕まっちゃった• 逃亡を続ける - CHAPTER 7-3• 深いところで• ぶっかけで - CHAPTER 7-5• 粘液を混ぜちゃう• 粘液をぶっかけちゃう - 〃• 栞那に射精を見てもらう - 栞那ルートをクリアする事で次の要素が追加される。 ゲームのタイトル画面の『アフターストーリー』に『No. 1 栞那』が追加。 タイトル切替に1つ追加。 四季ナツメ 『喫茶ステラと死神の蝶』における『四季ナツメ』のルートの攻略。 から次のように進める。 シーン 選択肢 備考 CHAPTER 2-2 栞那の練習に - CHAPTER 2-3 ちょっと休憩してから - CHAPTER 3-2 先に凉音さんから - CHAPTER 4-6 希を送る - CHAPTER 6-7• 体の内側に教え込む• 体の外側に教え込む - CHAPTER 7-4• 素直にイかせていただく• やっぱりダメ! 我慢だ - 〃• パパになっちゃう• パパになるのは、また今度 - CHAPTER 8-1• 中にびゅーびゅー!• 体にびゅーびゅー! - EPILOGUE• しぼりたて精液を飲んでもらう• しぼりたて精液を浴びせたい - 〃• しぼりたて精液を、中に• しぼりたて精液を、体に - ナツメルートをクリアする事で次の要素が追加される。 ゲームのタイトル画面の『アフターストーリー』に『No. 2 ナツメ』が追加。 タイトル切替に1つ追加。 墨染希 『喫茶ステラと死神の蝶』における『墨染希』のルートの攻略。 から次のように進める。 シーン 選択肢 備考 CHAPTER 2-2 希の練習に - CHAPTER 2-3 給仕の練習も必要 - CHAPTER 3-2 先に凉音さんから - CHAPTER 4-6 希を送る - CHAPTER 6-1• 膣内に出す• 外に出す - CHAPTER 6-3• 希の口内に出す• 希の顔に出す - 〃• 膣内に放つ• 外に放つ - CHAPTER 7-6• 顔に射精する• 口内に射精する - 〃• 膣内に射精する• 外に射精する - 〃• 膣内に射精する• 体に射精する - 希ルートをクリアする事で次の要素が追加される。 ゲームのタイトル画面の『アフターストーリー』に『No. 3 希』が追加。 タイトル切替に1つ追加。 火打谷愛衣 『喫茶ステラと死神の蝶』における『火打谷愛衣』のルートの攻略。 から次のように進める。 シーン 選択肢 備考 CHAPTER 2-2 愛衣の練習に - CHAPTER 2-3 フロアに顔を出す - CHAPTER 3-2 休憩を取らせてもらう - CHAPTER 4-6 希を送る - CHAPTER 8-2• 飲んで欲しい• ぶっかけたい - 〃• 愛衣の中に注ぎ込みたい• 愛衣の体を汚したい - CHAPTER 8-3• 眼鏡もかけていただけると……• なんでもないです 選んだ選択肢によってこの後にあるシーンのCG・テキスト等が変わる。 中にたっぷり注ぐ• 外にべっとりとかける• 直前の選択肢によってCG・テキスト等が変化。 服着替えないと』という台詞まで進める。 CHAPTER 8-6• 膣内に注ぐ• 膣外にぶちまける - 愛衣ルートをクリアする事で次の要素が追加される。 ゲームのタイトル画面の『アフターストーリー』に『No. 4 愛衣』が追加。 タイトル切替に1つ追加。 汐山涼音 『喫茶ステラと死神の蝶』における『汐山涼音』のルートの攻略。 から次のように進める。 シーン 選択肢 備考 CHAPTER 4-6 涼音さんと帰る - CHAPTER 6-3• このまま吸われたい• また舐められたい - CHAPTER 7-3• 涼音に任せる• 自分でも動きたい - CHAPTER 8-3• 中にそそぐ• ぶっかける - 涼音ルートをクリアする事で次の要素が追加される。 ゲームのタイトル画面の『アフターストーリー』に『No. 5 涼音』が追加。 タイトル切替に1つ追加。 ノーマルED 『喫茶ステラと死神の蝶』における『ノーマルED』のルートの攻略。 から次のように進める。 シーン 選択肢 備考 CHAPTER 4-6 希を送る - アフターストーリー 『喫茶ステラと死神の蝶』におけるアフターストーリーの攻略。 1 栞那 『明月栞那』のアフターストーリーについて。 選択肢は次の通り。 シーン 選択肢 備考 AFTER STORY• 中に射精したい• 外に射精したい - No. 2 ナツメ 『四季ナツメ』のアフターストーリーについて。 アフターストーリー中に選択肢はない。 3 希 『墨染希』のアフターストーリーについて。 選択肢は次の通り。 シーン 選択肢 備考 AFTER STORY• 希の顔に射精する• 希の口内に射精する - 〃• 膣に射精する• 外に射精する - No. 4 愛衣 『火打谷愛衣』のアフターストーリーについて。 選択肢は次の通り。 シーン 選択肢 備考 AFTER STORY• 水着は汚せない、中に出す!• もちろん水着にぶっかける! - 〃• 制服こそ汚せない、中に!• あえて汚す、外に! - No. 5 涼音 『汐山涼音』のアフターストーリーについて。 選択肢は次の通り。 シーン 選択肢 備考 AFTER STORY• 密着したまま小突く• 力強く抽送する - 外部リンク• Category Tag.

次の

喫茶ステラと死神の蝶 評価・感想

喫茶 ステラ と 死神 の 蝶 エロ 動画

素人がどうこう言えるものでもないですし 幸せそうでよかったです。 めでたしめでたし 四季ナツメ:進めば進むほどクールになっていく自分がそこにいました いや、可愛いし、悪くないんだけど…僕Mじゃないし、何ていうか僕との噛み合いが良くないんですよ。 確かに突出して好きな属性持ってるわけでもないですし。 下着黒かったし… シチュエーションの一つ一つは良かったと思います。 エロはそうでもなかったけど。 選択肢で毎回笑わせに来るのはどうかなと思いました 結局こういうのって相手が好きな属性持ってるかどうかじゃないですかね。 僕はなんていうか、"好き"に妥協するのは絶対嫌な性分なので。 そこらへん含めてこんな気分になったんだと思います あ、でも彼が幸せになったのは面白かった。 破局したら大笑いする自信あるけど 墨染希:終わって真っ先に零〜紅い蝶〜で検索しました この手のゲームのストーリーちょくちょく忘れるので定期的に見たくなるんですよね それはさておき、普通に良かったです。 それ以外の感想が思いつかない程度にはよかったです あんまり他のキャラが関わってこないのは寂しく思いましたが、それだと収集つかなくなりそうなので戯言だと思ってください こういうの見て毎回思うのは、どうして他人のためにそこまで親身になれるのだろう、ということです。 まぁ今回の場合命かかってますのでならざるをえないのかもしれませんが、それにしたってそういうことに感情移入するのは苦手です そんなこと言ってるから僕には心がないのかもしれませんが、そういうのは別にいらないです。 ノーサンキュー 某巫女姫とかラーメンネタとかやたらと昔を思い出すようなイベントが多かったですね。 僕はそういうの好きなので楽しかったです あ、あと隠れてる口ってすごくいいなって思いました。 どういうことかは秘密ですけど 火打谷愛衣:初心な子ってすっごく可愛いなぁ…、の言葉に尽きます なんかこう、照れたり恥ずかしがってる子っていうのは視覚的な良さが大きいので、そういうのは好きです。 自分が当事者になるのは嫌ですけど でもなぁ…。 僕褐色とか日焼け跡とかに良さは感じないんだよなぁ…。 なーんで噛み合わないんだろ… 髪型も後ろがロングだったら完ぺきだったのになぁ…、名前呼ばれるのも好きじゃないしなぁ…、でもたまに毒舌になるのは嫌いじゃないけどなぁ…。 一々惜しいのが残念です もうさ、水着だのなんだの、とりあえず肌を見せればいいだろ的な考え方止めませんかね? 必要性があるならともかく、それを感じないのにとりあえず脱がされるから微妙なんですよ、ええ。 今後もこれ言い続けますからね、僕 汐山涼音:絶対こういう人現実にはいませんよね こういう一つの物事に対して一生懸命な人ってすごいと思いますし、そういう一生懸命さが誰にも伝わってないなんてことは無いと思いますよ。 物事に打ち込むっていうのはそれが好きじゃなかったら出来ないことですし 僕じゃあるまいし誰かしらにはその真っすぐさは理解されているはずです。 (まぁ僕は他人に理解させないようにする工夫もしてるけど) 内容に関してはまぁ、何ていうかな…。 普通でした 毎度毎度ゆずソフトのサブヒロインはとてもそのポジションにいるのが惜しいんですが、今回は別にそういうの感じませんでした 何だろう、自分じゃよくわかんないけど好みじゃないのかな。 確かに特筆するような好きは無かった。 でもだからといって嫌いじゃない。 結局普通だったっていう感想がしっくりくるんですよね 先に書きましたけど、僕感受性皆無ですからね。 昔から何を思ったかとか、そういうのほんとダメです。 何も思いませんでした、丸。 がそれですから …逆に聞きたいんだけど、皆さん常に何か感じながら日々を過ごしてるんですか?何も感じない。 なんてこと無いって断言できるんですか?僕はそこが気になります まとめ:終わってみるとやっぱりいつも通りでした。 別にそれが悪いとは全然思ってませんけど、僕としては刺激が欲しいというのが本音です。 いつもどおりとか、安定感とか、そういうのを売りにしているっていうのもあると思いますしね やっぱり作品に対するモチベーションっていうのはキャラ次第っていうのは再認識したような気がします。 今作には別段僕好みのヒロインはいませんでしたし、確かにそこまでモチベーションは高くなかったんじゃないかとも思っています。 だいぶのんびりやってたような気がしますし 作品としては別段悪いところは無いですが、全体的に惜しさが多かったと、僕は思います …あと全然関係ないけどトラブったのに延期しなかったのはやっぱりすごいなと思いました。

次の