食器 拭き ふきん。 ふきんのおすすめ人気ランキング10選

台ふきん、食器拭き用ふきんの洗い方ってどうしてる?

食器 拭き ふきん

食器用ふきんの正しい洗い方と保管方法 まずは私がびっくりしたデータをご紹介。 ある年の食中毒1,100件のうち、64%は飲食店が原因、それに続いて多いのはなんと家庭での原因の12. 2%だったそうなんです。 飲食店での食中毒は店側の衛生意識の問題であり、私たちでは避けようもない部分がありますが、その次に多い家庭での食中毒は自分の意識で防ぐことができます。 食中毒といえば、食品の保存状況などが原因と一番に思いますがそれだけではありません。 主婦であれば毎日使っている食器を拭くふきんにも、食中毒の原因となる雑菌の繁殖がみられ、それが原因で食中毒になってしまうということもあるのです。 でも毎日使うものとはいえ、ついついおろそかにしがちな食器用ふきん。 だって、綺麗に洗ってあるお皿を拭くだけだし・・って思っちゃうんですよね。 食器用ふきんが簡単かつキレイになる洗い方 食器拭きに使用するふきんは主に食器を洗った後の水分を拭き取ることに使います。 水分だけで汚れていないからと、拭いた後そのまま キッチンに置き去りにしたり シンクに掛けておく家庭をよく見かけますが、ふきんを清潔に保つにはその2つの行動は NGです。 雑菌が大好きなのは高温多湿な環境です。 使ったものを湿ったまま置いておくと雑菌の好きな環境が保たれてとんでもない数にふくれあがります。 雑菌は見えないから、想像するとヒヤッとしますよね・・。 もし、ふきんから匂いがするようであればそのふきんには雑菌が大繁殖している証拠ですので使用をやめましょう。 食器用ふきんを洗濯するには強い香りや蛍光成分が入っている洗濯洗剤ではなく、食器用洗剤や専用洗剤、固形洗剤を使用するのが最適です。 これらの洗剤を使用して、シンクを洗った後に手洗いで洗うのがベストです。 台所仕事が落ち着いたら洗うようにし、きちんと乾かすようにしてください。 湿ったまま放置しないことが重要です。 洗濯機で洗濯するのはどうなのか?については次の見出しで! そして、週に1,2回は除菌をしましょう。 煮沸、塩素系漂白剤、アルコール使用など台拭きよりも入念に除菌することをおすすめします。 食器用ふきんの保管方法 洗って安心していては、せっかくの食器用ふきんがまた汚れてしまいます。 このあとが重要です! 食器用ふきんを洗った後、除菌の後は必ず完全に 乾燥させておくようにしましょう。 それから収納です。 いつ濡れてしまうかわからない場所に置いておくのは危険。 畳んで収納してください。 引き出しの場所によって湿気が多い場合があります。 見極めて選びましょう!• ただしカゴそのものをおく場所を考えなければいけません。 できれば下の方ではなく、棚の上など上の方におくのがおすすめです。 ちなみに私は引き出しに収納しています。 キッチンで使うものなのでキッチン周りに収納するのが便利だとは思いますが、出来るだけ湿気の少ない場所を選んでくださいね。 「完全に乾かす」のが雑菌を発生・増殖させないために大事なことです。 食器用ふきんは洗濯機で洗うと清潔?それとも逆に汚い? 少しでも早く家事を終わらせたいのに、食器ふきんまで洗うのってしんどいですよね・・ 各家庭によってふきんの洗い方にはそれぞれあるようですが、みんなが知りたい疑問は「洗濯機で洗ってもいいの?」ということ。 手洗いする方が良いかもしれないけど、洗濯機で洗えるととても楽チン。 前述したように、頻繁に洗って乾かすことが需要な食器ふきんはどう洗うのが良いのでしょうか? 私としては、洗濯機で洗うのはOKとしています!! ただ、直接お皿や茶碗などの食器を拭くためのふきんですからむやみに他の洗濯物と一緒に洗濯機に入れるのも気が引けます。 我が家は家族の人数が多く、必ず2回洗濯機を回すのでバスタオルやタオルを洗う組に入れて洗濯機にかけています。 さすがに靴下や汗がついているであろう子どもたちの体操服と一緒に回すのはやめています。 普通に1回の洗濯でふきんはとてもきれいになります。 分け洗いする人もしない人も、家庭によりそれぞれですが、どの家庭も自分がよければこだわらないという気持ちでいらっしゃるようで、洗濯機で洗うという人は私を含めほとんどこれで清潔が保たれていると感じています。 ただし他の洗濯物や洗濯機の衛生が気になる方には断然手洗いをおすすめします!小さいものですから余裕のあるときに手で洗ってくださいね。 毎日たくさん拭かないという場合は・・次の項のアイデアもあります! スポンサードサーチ 毎日たくさん拭かない?それなら食器用ふきんは使い捨ても考えよう! 最近は食器洗浄機のある家が多いので、大きなお鍋やフライパンなどの食器洗浄機に入らないものしかふきんで拭かないという家庭が多くなっています。 そういう家庭であれば、洗濯に気をつけたり除菌をしたりするめんどうさを考えると使い捨てという選択肢もアリだと思います。 いわゆるキッチンペーパーなどを使用すると、拭くたびに捨てられるので清潔なのは当然。 そして洗うコストがカットできますよね。 あまり使わないし、手間がかかるしふきんはちょっと…と思っている人にはおすすめです。 キッチンペーパーは50回分のロールで500円以下のものもあり、洗濯や除菌のことを考えるととても安く手に入ります。 私の会社では、手を拭くペーパータオルを食器用にして拭くようにしています。 社員も少なく、コップを洗って拭くだけなので、使い勝手がよく気に入ってます! 使い捨てにするにはもったいないですが、不織布ふきん(キッチンクロス)は1,200円程度、80〜100枚入のものがあります。 これなら薄手で洗うのが楽、そしてすぐ乾くので扱いやすいですよ。 洗いから乾燥までやってくれる食器洗浄機や乾燥だけの食器乾燥機が普及しているこの世の中、エコという観点から見るとあまり良くないのかもしれませんが、食中毒を防ぐということを考えると、ふきんの使い捨てという手段も考えても良さそうです。 編集後記 せっかく食材に気を使っていたとしても、ふきんの清潔さを怠ったために食中毒になってしまってはとても残念です。 前述のように食中毒の原因のうちわけを知ってしまっては、食器用ふきんにも気を使わないといけませんね。 それぞれに合ったやりやすい方法でふきんの清潔さにも気を配って健康に過ごしましょう。

次の

使い捨て食器拭きおすすめは?キッチンダスター/ふきん/台拭き/不織布

食器 拭き ふきん

2018-01-20 23:43 それでは、前回の記事に引き続き、読者様からのご質問にお答えします。 スポンサーリンク 読者様からのメッセージ えりさりぃさんに聞きたいことがあります。 それは布巾の使い方です。 それすら知らないの?って思うと思いますが… 台拭き用と食器を拭く用は分けていますか? 洗い方はシンクで手洗いですか?洗濯機ですか? 洗う際の洗剤は何を使ってますか? 洗ったらキッチンに干していますか? 恥ずかしながら何もわかりません… 教えていただけると幸いです。 長い文章読んでくださりありがとうございます。 えりさりぃさんのブログ大好きです。 これからも読み続けます! スポンサーリンク メッセージありがとうございます!感想やご質問、記事リクエストお待ちしてます 「それすら知らないの?って思うと思いますが…」と書いておられますが、 そんなことまったく思いません(^^) 私も知らない事が沢山あります。 こうやって、分からない事を人に聞けるということは、気取らず謙虚な方なのだと思います。 こういったご質問をいただけると、人の役に立つブログに近づけると思うので、本当にありがたいんです。 みなさんも、気軽に感想や記事にしてほしい事など、送ってくださいね。 ちなみに、メールアドレスを入力する必要がありますが、悪用などもちろんしません。 子供の写真から分かっていただけると思いますが、普通のまじめな主婦なので、ご安心ください(笑) ニックネームで大丈夫です。 では、ご質問の答えと合わせて、他にも私の台所用布巾事情について、書かせていただきますね(^^) 家事の方法は、人それぞれ。 ライフスタイルや考え方によって、方法が変わってくるので、参考程度にお読みください。 キッチン用のふきんについて。 台拭き用布巾と食器拭き用布巾は分ける? 分けてます。 枚数は、台布巾を一枚、食器拭き布巾一枚です。 何枚も持っているご家庭もありますが、私は物を極力減らすシンプルライフをしているので、一枚ずつです。 キッチン用布巾の洗い方は?シンクで手洗いする?煮洗いは必要?洗濯機で洗う? 台布巾も、食器用布巾も、洗濯機で洗ったことはありません。 1枚ずつしかもっていないので、洗濯機で洗うと、その間困りますし。 食器用布巾を、洗濯機で洗うと、糸くずがつくので、食器に毛羽立ちがついてしまいます。 (ネットを使えば問題解決かもしれません) 私は、どちらもシンクで手洗いしています。 ちなみに、煮洗いすると殺菌でき、臭いにおいが発生しないので良いといいますが、私は煮洗いは面倒なのでしたことがありません。 でも、「布巾が臭い問題」に悩まされることはないです。 食器用布巾と台布巾を洗う時、洗剤は何を使っている? 固形せっけんです。 ミヨシ石鹸の「白いふきん洗い135g」というものをリピートしています。 こちらです。 無香料、無着色。 純石けん分(98%脂肪酸ナトリウム)。 洗濯用固形石鹸を、食器洗いや布巾洗いに使っている方も多くいますが、 こちらの白いふきん洗い石鹸には、 食器洗いにも使えることが明記されています。 (私は食器洗いにはほとんど使わず、布巾と台所での手洗いに使用) 布巾洗いに洗濯機は使わず、この固形石鹸で、食器拭きふきんと台ふきを洗います。 だいたい、 一日のキッチン家事の終わりに洗う事が多い です。 固形石鹸で、毎日または2日に1回ぐらい洗っていれば、面倒な煮洗いはする必要がありません。 キッチンハイターを使わなくても、におわないし、それほど黒ずまないので、十分清潔に保てると思います。 台ふきんのみ、一か月に一回ぐらい塩素系ハイターにつけおきします。 洗っても臭いという時は、一度ハイターにつけるか、煮洗いしてリセットしてから固形石鹸で洗ったほうがいいです。 (私が使っている食器拭きは、ハイターNGなので、石鹸だけで洗うのみ) 洗った後、キッチンのフキン掛けに干す?外に干す? 台ふきんは、食器洗い乾燥機の側面に、100均で購入したマグネット付きタオルハンガーをはりつけ、定位置となっています。 使っていない時は、常にここ。 (今は違う絵柄ですが定位置は同じ) 食器拭き用のキッチンクロスと手拭きの定位置は、流し台の前。 左側が、食器拭きクロス。 右側が手拭きです。 食器拭きを固形石鹸で手洗いした後は、他の洗濯ものと一緒に干します。 外で干す時もあれば、部屋干しの時もありますね。 私のおすすめ食器拭き用クロス。 おしゃれでかわいい生活感が出ない。 毛羽立たないリネンの人気商品。 上の写真で登場した食器フキンと手拭きは、フォグリネンワークのリネン100%のもの。 愛用中のお気に入りです。 このリネンのキッチンクロスは、キッチンリネンのロングセラー。 すごく人気があって、以前から欲しかったものなんです。 購入してからだいぶたちますが、まったく劣化せず長持ちしています。 最初は多少毛羽立つこともありますが、すぐにほとんど気にならなくなります。 リネンは、乾きが早く、清潔に保てるし、だんだんなじむので使い込むのも楽しみがあります。 布巾にしては高いかもしれませんが、 洋服一着をむだに買って着ないより、毎日使う日用品に少しだけお金をかけて、いい気分で毎日家事をしたほうが、 賢いお金の使い方だと私は考えています。 注意したいのは、このfog linen workのキッチンクロスは、柄によっては、毛羽立ちが気になるという事。 手拭きなら問題ありませんが、食器拭きなら、毛羽立ちやすい柄は避けた方がいいと思います。 私が今食器拭きに使っている「ナチュラル」は大丈夫。 だけど、ブルーホワイトストライプ太ラインや、赤白や白黒のチェック柄は、毛羽立ちがいつまでも気になったので、手拭きにしました。 右の2枚がチェック柄です。 毛羽立ちにくいナチュラルは、こちらのお店で購入しました。 感想 74件 レッドホワイトチェックとネイビーホワイトチェックはこちらから購入しました。 あなたのご訪問、明日もお待ちしてます。 ブックマークお願いします。 23,947ビュー 2020年1月26日 に投稿された• 20,239ビュー 2020年2月5日 に投稿された• 13,371ビュー 2019年12月30日 に投稿された• 10,747ビュー 2020年6月25日 に投稿された• 7,219ビュー 2019年11月10日 に投稿された• 5,688ビュー 2018年5月10日 に投稿された• 5,485ビュー 2018年1月15日 に投稿された• 4,693ビュー 2016年12月22日 に投稿された• 4,568ビュー 2018年4月16日 に投稿された• 4,556ビュー 2019年4月1日 に投稿された カテゴリー• 101• 216•

次の

中川政七商店のふきんで家事が快適に!食器拭き嫌いをやめる方法。吸収抜群で食器拭きが好きになる!

食器 拭き ふきん

マイクロファイバーの定番クロス!「YUI MONOTONE 厚手 マイクロファイバーふきん」 出典: まずご紹介するキッチンふきんは、「これぞ王道!」というような定番のふきんです。 このざらざらとした見た目は、皆さんもなじみ深いですよね。 この生地は マイクロファイバーと呼ばれる素材なのですが、その特徴は高い耐久性。 簡単には破れない強さ、長く使ってもほつれづらい作りの細かさがあって、とにかく長く使うことができるのが最大の特徴。 実際に使っている方の感想がこちら。 少し大きめサイズの物を選べば、普段使いの食器拭きにも使えますし、包丁やまな板のそばに置いておき、水気を取りたい時にもすぐに拭き取りができちゃいます。 このふきんが優れているのは、 綿、麻、レーヨンの3種類の素材が使われていること。 吸水性が優秀なレーヨン、耐久性が優れた麻、そして2つの素材の特徴を良い感じに合わせもった綿がマッチすることで、他のふきんにはない使いやすさが生まれます。 さらに、この白雪ふきんに使われている 蚊帳生地は、使えば使うほど柔らかくなっていくというオリジナルな生地にもなっています。 長く大切にものを使いたいという方に、特におすすめのふきんと言えそうです。 その品質の良さに多くの驚きの声が届いていました。 大判サイズだから大きめのお皿や鍋も楽々拭くことができる!「ホテル仕様 キッチンふきん」 出典: お皿や鍋を拭くのは正直面倒…だからこそ「できるだけ早くやって終わらせたいし、1枚で全てのお皿を拭き終わりたい!」そんな効率良く食器ふきをしたいという方にピッタリなのが、こちらのふきんです。 だから、お皿をくるくるしたりする手間が必要なく、さっさと拭くことができるんです! 吸水性もグッド。 ワッフル生地と呼ばれる凹凸のある生地が使われていますが、この生地はそれほど厚手でないのに良く水を吸います。 さらに水を吸った後もべたべたせず、 肌につかないのでとても使いやすい生地でもあります。 吸水性が高いのが好評なようです。 ドイツとスウェーデンのおしゃれコラボふきん「Blitz キッチンふきん」 出典: こちらのふきんはタイトルにもある通り、ドイツとスウェーデンの素材、デザインがコラボしたふきんになっています。 素材はドイツでしか作られない特殊な素材で、綿と セルロースが配合されたものです。 セルロースは木材の外皮に含まれている成分で、これが非常に珍しい。 ドイツでしか作られないその特殊な生地は、環境先進国ドイツらしい特徴を持っています。 なんと、使い終わった布はなんの処理もせずに、 土に還ってしまう驚きの性能!実は究極のエコ商品なんです。 そして、スウェーデン人デザイナーが作った、可愛らしく洗練されたデザインを 環境に優しいインクでプリントして完成。 そのおしゃれなふきんを4枚1組で、13種類の組み合わせの中から選ぶことができます。 使い心地はいかがでしょうか。

次の