徳井 義実 発達 障害。 チュート徳井のADHD説をめぐる議論で欠けていること 公的手続きが極端に苦手な人たちの存在 生活保護や年金では死活問題|LITERA/リテラ

【疑惑】徳井義実のADHD説を総まとめ!過去エピソードが発達障害の前兆か?

徳井 義実 発達 障害

お世話さまです。 YUUMAです。 先日、お笑いコンビ、チュートリアルの徳井義実さんが脱税で活動自粛という事態になりました。 それに伴いネット上では「徳井義実さんは発達障害ではないか?!」という疑惑が浮上してきています。 最近、何か事件や問題が起こる度に、その人が発達障害ではないかという一言で片づける世間の風潮に嫌気がさしているところですが、もし本当に徳井さんが発達障害だった時のことを考えて今回は進めていきたいと思います。 脱税発覚までの経緯について 2018年の年末、東京国税局から2016年~2018年までの3年間の無申告分、約1億1800万円と約2000万円の所得隠しを指摘されています。 毎年、無申告の指摘はあったものと思われますが、徳井さん本人は事の重大さに気付いたのは去年だったと言います。 これを受けSNS上の反応は、 言い訳にはならない。 徳井は自分がルーズなことは嫌ほど自覚しているはずだし、何度も脱税を警告されている以上、経理の事務職員を雇うべきだった。 経費で私物を落としたり、悪意もある。 放置していた吉本興業も同罪 — 都構想詐欺に騙されるな fckisn これだけ重大な不祥事を起こして復帰など考えられない。 もし復帰したなら納税に対する良識が世間では悪影響として広がり、一変する可能性さえ出てくる。 法治国家に沿わない人物を許すことはできない。 その思考こそ我々国民が自由平和に生きていける条件となるんだ。 — Moonlight RadioRadioLove チュート徳井氏の脱税?無申告?のニュース。 真面目に払っている多くの国民はそりゃ憤慨するよね。 領収証書いて貰ったり、それこそネット通販の場合なんてこっちでプリントアウトしなきゃいけないし、そんな雑用をみんなやってるんだよ。 健常者には悪質な脱税行為に見えるだろうけど、書類手続きができないのはADHDによくあることなんだよね…ADHDだって数年に1度ぐらいはやる気がでて調べたり工夫したりするんだけどそれがかえって悪質な行為に見えてしまったのが本当に救われない。 — ばっきゃ bakkkkkya というように厳しいコメントが多いですが、中には擁護するコメントもあります。 実は無申告の指摘問題は以前にもあった!! 実は2016年以前にも2015年までの無申告分を指摘され、2015年に納税していた事実があったようです。 つまり、今回が初めての無申告ではなかったらしく、東京国税局から指摘を受けるまでは数度となく無申告を繰り返していたようです。 発達障害者の思考メカニズムについて ここからは徳井さんが発達障害者という前提で進めていきます。 その裏付けとして、徳井さんにはこのようなエピソードがあります。 参照元: この症状を見るとADHDの症状に似ています。 また、 無申告を繰り返すと、その先に今回のように芸能活動を自粛しなければならない、もっと言えば刑罰を受けなければならないことを想像することができないのも発達障害者の特徴です。 さらに、今回の事態になる前に何より先に申告しなければならない、 最優先事項が分からないのも特徴です。 今後の対策について 今後の徳井さんについて勝手に考えてみました。 もし、徳井さんが自分の症状に本気で悩んでいるのでしたら、先ずは心理系の医療機関を受診して発達障害かどうか診断してもらうことをおすすめします。 そして、もし発達障害なら、認知行動療法を活用して、「こんな行動をすればこのような結果につながる」という事例を繰り返しトレーニングして、正しい知識、想像力を養う必要があると思います。

次の

チュートリアル徳井はADHD?!性格だらしない脱税疑惑で発達障害説が浮上

徳井 義実 発達 障害

徳井がADHDを疑われる理由には、いくつかの原因がある。 まず、23日の会見で本人によって語られた「想像を絶するルーズさが原因」という言葉に始まり、過去にはそれを裏付けるようなエピソードがあった。 2009年の12月からスタートした徳井のTwitterを遡ると、年に何度も公共料金の未払いで供給停止された記録があることを確認できる。 もちろん金銭的に困窮して支払えない訳ではない。 その言い訳はどれも「忘れていた」「支払うのが面倒くさい」といったものである。 また、郵便物の整理・処分が苦手で、自宅のポストがパンパンになるまで放置するといったエピソードや、借りたDVDを期限内に返却せず、何度も高額な延滞料金を支払ったといったエピソードも。 その他、相方の福田充徳に「コンビになろう」と持ちかけられた時も、「答えを出すのが億劫だった」という理由で3年間放置したといった逸話もある。 例えば、診断の国際基準であるDSM 米国精神医学会による「精神疾患の診断・統計マニュアル」 に基づくADHDのチェック項目の中には、「しばしば指示に従えず、学業・用事・または職場での義務をやり遂げることができない 反抗的な行動または指示を理解できないためではなく 」、「課題や活動を順序立てて行うことか? 難しい」、「精神的な努力を続けなけれは? ならない課題を避ける」といった項目がある。 こうした、医学的に発表されている診断基準のチェック項目の一部が、上記で挙げた徳井の発言やエピソードの特徴と一致しているように見えることから、徳井がADHDを疑われる原因になったのだろう。 しかし、これらはあくまでもADHDの特徴の一部にあてはまるというだけであって、たったこれだけの内容では必ずしも徳井がADHDであるとは言い切れない。 ADHDの診断項目は全部で22項目あり、幼少期の様子を踏まえた見解が必要となる。 また、診断によって不注意優勢型・多動優勢型・混合型に細分化することが可能だ。 ADHDの診断項目は、上記に挙げた項目の他、不注意性では「話しかけられた時に聞いていないように見えることがある」「課題や活動に必要なものをよくなくしてしまう」「外からの刺激によってすぐ気が散ってしまう」といった項目や、多動性では「手足をそわそわと動かし、またはイスの上でもじもじする」「じっとしていない、またはエンジンで動かされたように行動する」「しばしばしゃべりすぎる」、衝動性では「質問が終わる前に出し抜けに答え始めてしまう」「順番を待つことが困難である」「他人の会話やゲームなどを妨害し、邪魔することがある」といったものがある。 また、これらに加え、その様子が見られた期間や程度など、幼少期の様子も踏まえた聞き取りが必要となる。 これらの診断をより正確に行うためには、心療内科や精神科といった、専門の医療機関にかかり、実際にADHDの疑いのある本人を検査・診察しければならない。 発達障害によって生き辛さを感じている人への理解が高まりつつある一方で、偏見の材料にされていたり、極めて勝手な発達障害認定がなされる場面を多く見かけるようになった点は、残念な事実でもある。 徳井がADHDを疑われる理由には、いくつかの原因がある。 まず、23日の会見で本人によって語られた「想像を絶するルーズさが原因」という言葉に始まり、過去にはそれを裏付けるようなエピソードがあった。 2009年の12月からスタートした徳井のTwitterを遡ると、年に何度も公共料金の未払いで供給停止された記録があることを確認できる。 もちろん金銭的に困窮して支払えない訳ではない。 その言い訳はどれも「忘れていた」「支払うのが面倒くさい」といったものである。 また、郵便物の整理・処分が苦手で、自宅のポストがパンパンになるまで放置するといったエピソードや、借りたDVDを期限内に返却せず、何度も高額な延滞料金を支払ったといったエピソードも。 その他、相方の福田充徳に「コンビになろう」と持ちかけられた時も、「答えを出すのが億劫だった」という理由で3年間放置したといった逸話もある。 例えば、診断の国際基準であるDSM 米国精神医学会による「精神疾患の診断・統計マニュアル」 に基づくADHDのチェック項目の中には、「しばしば指示に従えず、学業・用事・または職場での義務をやり遂げることができない 反抗的な行動または指示を理解できないためではなく 」、「課題や活動を順序立てて行うことか? 難しい」、「精神的な努力を続けなけれは? ならない課題を避ける」といった項目がある。 こうした、医学的に発表されている診断基準のチェック項目の一部が、上記で挙げた徳井の発言やエピソードの特徴と一致しているように見えることから、徳井がADHDを疑われる原因になったのだろう。 しかし、これらはあくまでもADHDの特徴の一部にあてはまるというだけであって、たったこれだけの内容では必ずしも徳井がADHDであるとは言い切れない。 ADHDの診断項目は全部で22項目あり、幼少期の様子を踏まえた見解が必要となる。 また、診断によって不注意優勢型・多動優勢型・混合型に細分化することが可能だ。 ADHDの診断項目は、上記に挙げた項目の他、不注意性では「話しかけられた時に聞いていないように見えることがある」「課題や活動に必要なものをよくなくしてしまう」「外からの刺激によってすぐ気が散ってしまう」といった項目や、多動性では「手足をそわそわと動かし、またはイスの上でもじもじする」「じっとしていない、またはエンジンで動かされたように行動する」「しばしばしゃべりすぎる」、衝動性では「質問が終わる前に出し抜けに答え始めてしまう」「順番を待つことが困難である」「他人の会話やゲームなどを妨害し、邪魔することがある」といったものがある。 また、これらに加え、その様子が見られた期間や程度など、幼少期の様子も踏まえた聞き取りが必要となる。 これらの診断をより正確に行うためには、心療内科や精神科といった、専門の医療機関にかかり、実際にADHDの疑いのある本人を検査・診察しければならない。 発達障害によって生き辛さを感じている人への理解が高まりつつある一方で、偏見の材料にされていたり、極めて勝手な発達障害認定がなされる場面を多く見かけるようになった点は、残念な事実でもある。 引用:北海道大学医学研究院「ADHDにおける診断の実際」DSM—TR 注意欠陥多動性障害 本文:心理カウンセラー 吉田明日香 2019年11月4日 6時0分 リアルライブ.

次の

【大人の発達障害なのか】チュートリアル徳井義実に「ADHDでは?」の声が上がる!【どうしようもなくルーズ】

徳井 義実 発達 障害

〈株式会社チューリップの無申告〉• 2010年3月期~2012年3月期分: 無申告が3年続き、3年分を併せて2012年6月25日に申告。 2013年3月期~2015年3月期分: 無申告が3年続き、3年分を併せて2015年7月23日に申告。 申告後に納税をしなかったため、2016年5月頃に銀行預金を差し押さえられた。 2016年3月期~2018年3月期分: 無申告が3年続き、2018年9月頃に国税局の税務調査を受ける。 3年分を併せて2018年12月に申告。 徳井義実さんは、 毎年申告しなければいけないのを3年ごとに申告していることがわかりました。 更には会社設立時に、 社会保険の加入手続きをしていないこともわかっています。 〈個人の無申告〉• 2012年~2014年分: 無申告が3年続き、3年分を併せて2015年7月23日に申告。 2015年~2017年分: 無申告が3年続き、3年分を併せて2018年11月頃に申告。 徳井義実さんは、個人の申告も3年ごとにしていることがわかりました。 yahoo. 今回は 税金の金額や意図的ではなかったことから、脱税ではなく無申告と判断されています。 過去にも注意されていたにもかかわらず、やらなければいけない申告をしなかったことで、ネットでは「発達障害ではないか」「ADHDではないか」と言われています。 徳井義実て、あれ本当ならADHDの症状じゃん。 — ぽるぽるぽん 発達 nutsunufu 徳井は過去の話を見ても発達障害だと思う。 だからと言って納税しないの許される訳ない。 事務所運営なんて自分にはハードル高いこと自覚すべきだったしそれでも個人事務所するならサポートしてもらう人をお願いすべきだった。 それすらも億劫なら大人しく吉本に全部任せなきゃ — hummingbird yukihanatsuki ネットでは自分と同じ症状だと共感している人がとても多くいました。 過去の徳井義実さんの行動が、 ADHDと特徴と一致していると言われています。 支払期限があっても、 面倒で支払いが遅れてしまうなどの行動が何度もありました。 運転免許証の更新をし忘れて、期限が切れたまま運転していたこともあったようです。 ADHDは、頭では理解していても行動できないというような事が多いようです。 実際に、徳井義実さんがADHDなどの発達障害なのかどうかはわかっていません。 スポンサーリンク 自分は病気と公言! 徳井さんは 自分の考えや行動が、普通と違うことを自覚していたようです。 「心配して連絡してきた近しい同業者に、自ら『 自分は病気なんです』と漏らしていたとか。 ズルをしようという気持ちはなく、本当に『 いつか払えば大丈夫』と思い込んで、そのままにしていたのでしょう。 infoseek. しかし、本当に病気なのか、発達障害なのかはわかっていません。 徳井さんは、自分が忘れっぽかったり、面倒で後回しにしてしまうのをわかっています。 無申告の件もそうですが、お金を払って税理士さんに確定申告までお願いしていればこんな事にはならなかったと思います。 自分でなんとか出来ないのであれば、もう少し周りの人にサポートしてもらったほうが良さそうですね。

次の