アンゴラ 共和国。 アンゴラ女子ハンドボールチームが来熊します!|玉名市

アンゴラ共和国の国旗の意味や由来

アンゴラ 共和国

地雷についての認識 アンゴラでは、激しい内戦が行われていた時期がありました。 現在はそのような動きは収まっているため、治安は改善されています。 しかし、地雷には注意しなければなりません。 アンゴラには、現在でも多くの地雷が埋まっており、整備がされていない道を歩くと、地雷を踏んでしまう可能性もあるのです。 地雷を一度でも踏めば、命が失われる可能性があるため、非常に危険。 そのため、アンゴラ内における移動に関しては、飛行機を利用した方が賢明です。 また、路上を移動する必要のある場合には、きちんと整備された道路を選ぶようにした方がいいでしょう。 くれぐれも、荒れた道の上を歩くことのないようにしてください。 自動車で移動する際にも注意 アンゴラの交通に関して言えば、治安が悪いです。 交通事故がとても多く、飲酒運転をする現地のドライバーもいるので非常に危険。 そのため、自動車でアンゴラ内を移動する場合には、日本で運転する時以上に注意が必要がです。 また、アンゴラでは、強盗事件なども多く起きています。 たとえ車に乗っていても、金品を奪われる可能性も。 そのため、車の窓を開けっぱなしにしたり、ドアロックをしないというのは問題です。 いつ襲われるかわからないため、移動の際にはしっかり用心してくださいね。

次の

アンゴラ基礎データ|外務省

アンゴラ 共和国

名称:ミラドゥーロ・ダ・ルーア 2. キッサマ国立公園 キッサマ国立公園は首都のルアンダから約80km、クワンザ川が流れている、緑がとても美しい公園です。 植民地時代には猟獣保護区に指定され、のちに国立公園となりました。 しかし、一時は動物が絶滅しかけたのですが、動物移住計画を行ったことで、また少しずつ動物の数や種類も戻りつつあります。 現在はアフリカゾウ、キリン、シマウマ、ブッシュバック、ダチョウ、ホオジロマンガベイ、エランド、クドゥなどのレイヨウ類等の多くの動物と、そして今では数多くの鳥が生息しているところなんですよ!まさに動物の宝庫! 車でのサファリのほか、ボート・サファリやリバートリップも楽しめるとても人気のある公園、アンゴラに観光する際は、キッサマ国立公園にぜひ足を運んでみて下さいね! 3. カランドゥラの滝 アフリカでビクトリアフォールズの滝に次ぐ、アフリカ2番目に大きいと言われている、カランドゥラの滝!首都ルアンダから北東へ360kmに位置します。 この滝はなんと、105mの落差を誇っていて、まさにアンゴラ自慢の滝と言えるでしょう。 観光するのにも、特に入場券を買わなくても、近くで滝を観ることができるのがおすすめです!滝には柵などは何もなくて、小さな岩場を超えてすぐ上まで近づいて水が落ちるのを見るのは、とてもスリル満点!そこで記念写真を撮るのも楽しみの一つですね。 急な岩場を下まで降りて、滝を見上げたり、遠く離れた展望台まで車で走り、また違う角度で滝を眺めたりするのもおもしろいですよ。 まさにアンゴラの観光のハイライト的存在で、わざわざ見に行く価値大なのです。 特に雨季の1月から4月に行けば、水量がより激しさを増しているので、より迫力のある滝が堪能できるのです!.

次の

アンゴラ

アンゴラ 共和国

1975~76年,アンゴラの解放組織間で戦われたと,冷戦下の東西両陣営の支援を受けて 2002年まで続けられた内戦。 , FNLA, の3解放組織は,1960年代から 1970年代前半の対ポルトガル武装解放闘争中も互いに抗争を続けていたが,1974年4月のクーデター後ポルトガル新政府がアフリカ植民地を手放す決意を示すと,1975年1月連合してポルトガルと独立協定を結び,暫定政府の樹立に合意した。 しかし同 1975年3月以降,解放組織間で武力衝突が散発し,7月に入って MPLAと FNLAの戦闘が本格化,やがて UNITAも巻き込んで全面的内戦に発展した。 アフリカ統一機構 が仲介に乗り出したが成果はなく,ポルトガルも治安を維持できないまま,FNLA,UNITA連合軍をアメリカと中国が,MPLA軍をソ連と東欧が援助し,10月にはが連合軍側に立って軍事介入を始めるなど,内戦は連合軍の優勢裏に激化していった。 しかし南アフリカの参戦を機に,中国が連合軍支援を中止,他方 MPLA軍側には 11月初旬以降キューバ軍約1万 2000が加わったため,戦況は徐々に逆転。 11月 11日の独立日には,FNLA,UNITAがアンゴラ民主人民共和国を,MPLAはアンゴラ人民共和国の樹立を宣言したが,12月 19日アメリカが対アンゴラ軍事援助禁止法案を可決して援助を中止したことも影響して,連合軍は劣勢に陥り,また南アフリカの支援を受けたことから連合軍の正統性は急速に失われた。 1976年2月上旬,内戦は MPLAの軍事的勝利のうちに事実上終息し,アンゴラは人民共和国政権の支配下に OAUへの加盟を果たした。 その後 UNITAは南アフリカ,アメリカなどの支援を得て再び武装闘争を開始し,第2次内戦となった。 1994年 11月 MPLAと UNITAの間で和平協定がされたが,1998年に再び内戦状態となった。 2002年,UNITAの J. 議長の死を機に,政府と UNITAは停戦協定に調印した。 出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について の解説 2002年4月4日、アンゴラ政府軍と反政府組織アンゴラ全面独立民族同盟 UNITA が首都ルアンダで停戦協定に調印、1975年の独立後27年間続いたアンゴラ内戦は終結した。 直接の契機は、02年2月22日、・サビンビUNITA議長の戦闘中の死亡。 サビンビは独立後も社会主義を目指すアンゴラ解放人民戦線 MPLA 政権と対立、米国、南アフリカ共和国の支援の下に内戦を続けてきた。 冷戦終結後の94年、いったん和平協定 ルサカ合意 が成立したが守られず、UNITAはダイヤモンド産出地域を押さえ、そのにより戦闘を継続した。 調印によりUNITA兵士 約5万人 は武装解除され、、警察に統合される。 この内戦で50万人が死亡、多くの難民が出た。 UNITAの政党復帰がなされ、03年6月の党大会で・サマクバがに選ばれた。 UNITAはできるだけ早期の大統領・国政選挙を要求したが、当初予定された06年10月の実施も延期される模様。 一方、04年、石油資源のある飛び地カビンダで分離独立を主張するムパラバンダが組織された。 これに対し政府軍は05年6月大攻勢をかけた。 林晃史 敬愛大学教授 / 2007年 出典 株 朝日新聞出版発行「知恵蔵」 知恵蔵について の解説 アンゴラ解放勢力の間で展開された、独立後の指導権をめぐる内戦。 1975年3月から1976年2月にかけての第一次内戦とそれ以降の第二次内戦とに分けられる。 ポルトガル領アンゴラでは、マルクス主義的なアンゴラ解放人民運動(MPLA)、反共的なアンゴラ国民解放戦線(FNLA)、アンゴラ全面独立民族同盟(UNITA)の3解放組織が互いに対立しながら対ポルトガル武装闘争を展開してきたが、1974年4月のポルトガル本国の政変の結果、新政府が植民地独立賦与声明を出したのちも、3組織間の対立は容易に収まらなかった。 1975年1月ケニアの調停で三者が一本化し、ポルトガルと独立協定を結んで、1975年11月11日を独立日と定め、暫定政府を発足させた。 しかし、同年3月にはMPLAとFNLAの間に、5月にはMPLAとUNITAの間に戦端が開かれ、8月以降MPLA対FNLA・UNITA連合勢力という形で内戦は激化していった。 当初、内戦は、ソ連・東欧諸国の援助を得たMPLAが、アメリカ・中国の援助を得た連合勢力を圧倒したが、10月末に南アフリカ共和国軍が介入すると形勢は逆転した。 しかし11月初旬からキューバ軍がMPLA支援のために送られ(内戦終結までに1万2000人に達した)、ソ連の武器援助も大規模化した(総計2億ドル相当)ため、形勢は再度逆転し、1976年2月中旬にはMPLAの勝利が確定した。 なお内戦中、MPLAはアンゴラ人民共和国を、連合勢力はアンゴラ人民民主共和国を宣言したが、内戦終結の直後、人民共和国の正統性がアフリカ統一機構(OAU)によって認められた。 これによって下火になったUNITAによる反政府武力闘争はその後ふたたび活性化し、第二次内戦へと発展したが、MPLA政権が1990年7月に社会主義路線を放棄し、1991年5月に複数政党制憲法を採択したことから和平の条件が整い、同月和平協定が調印され、1992年9月には大統領選挙、議会選挙も行われた。 しかし不正を理由にUNITAは選挙結果を認めず、第二次内戦が激化した。 1994年11月にUNITAの議長サビンビの副大統領就任(実際には「野党代表」という特別の地位に就いた)などの条件を含む和平協定調印があり、1997年4月ようやく国民統合政府が樹立された。 しかし、1998年UNITAと政府の内戦が再燃。 2002年2月サビンビが戦死し、UNITAの勢力が弱まり、和平交渉が進展した。 4月政府とUNITAなど反政府勢力が停戦合意に関する覚書に署名し、内戦は事実上終結した。

次の