委託ドライバー 求人。 求人に記載されている軽貨物ドライバーの業務委託ってどんな仕事?

委託ドライバー募集!

委託ドライバー 求人

毎回異なるルートで苦労することもありません。 配送経験 が無い方も、車への同乗、業務の助言など充実のサポート制度が ありますのでご安心ください。 多種多様な仕事がありますので、 あなたの希望を最大限に考慮いたします。 案件が豊富にあるため、仕事量は常に安定。 ご自身で営業を かける必要は無く、配送に専念できます。 また、車両ナンバーは 複数台取得することもできるので、ご家族やご友人と協力し、法 人化をしてオーナーになる夢を叶えた方もいます。 トラブルや苦情が発生した際もロジクエストがフォ ロー。 あくまでも配送だけに専念できる体制を用意しているの で、安心して仕事ができます。 開業費用を最小限で済ませられます。 あなた に必要なのは、安心・安全に届けようという責任感と普通自動車 免許だけ。 定期便が多いため、毎回異なる配送先などで焦る心配 もナシ。 それはただ単に配送や営業に重 きを置くことではありません。 サービスとして迅速かつ正確に届 けることこそがその答えであり、私たちの使命と考えています。 今回新たに軽貨物車配送のドライバーを募集していることもまた 、上質なサービスを提供していくための一環です。 事業内容 定期配送事業、スポット配送事業、国際輸送事業• 一企業の専属ドラ イバーとなり、決まったルートで回って頂き ます。 ご自宅付近の配送エリアもOK!休み希 望のある時も、社員のフォロー体制が整って います。 募集エリア 沖縄市・那覇市・浦添市・宜野湾市・豊見城 市 面接地 説明会は各支店、各会場にて開催しており ます。 応募情報 応募方法 求人を最後までご覧頂きありがとうございます。 応募をされる方は「応募する」ボタンより必要事項をご入力の上、お気軽にご応募ください。 応募後のプロセス ご応募いただいた内容を確認の上、求人担当者より追ってご連絡いたします。 代表問い合わせ先 応募受付センター 0120-905-876.

次の

株式会社ロジクエスト 沖縄支店 軽貨物配送ドライバー 【業務委託】の求人詳細

委託ドライバー 求人

委託ドライバーの仕事はキツイが稼げる! 委託ドライバー業界はブラックだといわれていますが、それは一部の話。 大半はまっとうに働いている人が多い業界です。 確かに肉体労働でキツイこともありますが、そのぶん稼げる仕事であり、「いくら働いても給料は変わらない」ということはありません。 自分の目的にあった働き方もできるので、委託ドライバーになりたいと考えている人は、自分にはどのような働き方が向いているのかを一度考えてみましょう。 委託ドライバーってどんな仕事? A. 依頼を受けて荷物を運ぶ仕事です。 最近よく聞く委託ドライバー。 仕事内容は「荷物を運ぶ」ことくらいしか知らないという人もいるかもしれません。 委託ドライバーは具体的にどんな仕事をしているのでしょうか。 本当に儲かるの? A. 運べば運ぶほど儲かります。 委託ドライバーで一番気になるのが、やっぱり「本当に儲かるのか」というところ!広告では稼げる仕事だって大々的に載せているのを見るものの、それを信用しても良い?儲かる仕組みはどうなっているんだろう?そんな疑問にお答えしています。 キツそうだけど… A. 稼ごうとすればするほど、肉体的にはハードに。 「儲かるってことは、それくらいハードな仕事では…」と想像する人もいるかもしれません。 荷物を運ぶのは肉体労働だからキツイだろうし、朝から晩まで車に乗って配送するのは想像するだけで骨が折れそうです。 実際のところはどうなんでしょうか? Q. すぐに始めることはできる? A. 最短で1日、最長で2週間ほどで始められます。 委託ドライバーは車さえあればすぐできるというイメージを持つ人も多いのではないでしょうか。 委託ドライバーになるには最短で1日、最長で2週間ほどかかります。 2週間かかる理由は、荷物の受け取り方やルートの確認といった研修を受ける必要があるからです。 開業資金はいくらぐらいかかる? A. 中には開業資金0円で始められるところも! 委託ドライバーは、すぐ始められる仕事の代表格。 「すぐに独立するのなら、まとまった開業資金が必要なのでは?」と不安になるのは仕方のないこと。 ですが、委託ドライバーを募集している会社の中には0円ですぐ始められるところもあります。 別の仕事してるんだけど副業OK? A. 企業によってはNG。 OKなところもありますが、そのぶん稼ぎは減ってしまいます。 「平日は別の仕事をしていて、土日だけ働きたい」。 委託ドライバーならそんな働き方も実現可能。 こちらでは、副業として委託ドライバーをするのが向いている人や注意点についてまとめています。 再配達問題って何? A. 荷物を届けに行ってもおよそ2割が「再配達」になる問題のことです。 配達で困りそうなのが「再配達」の問題。 全体のおよそ2割、なんと8億個もの荷物が再配達を食らっているそうです。 再配達になるとスケジュールがズレてしまうし、ドライバーとしてもありがたくないこと。 この問題を重く見た国土交通省が再配達を減らすために動き出しています。 女性でもできる? A. 丁寧さが必要な女性に適したお仕事です。 配送ドライバーに多いクレームとして、次のようなものがあげられます。 荷物の扱いが乱暴だった、ドライバーの言葉遣いや態度が乱暴だった、身だしなみへの配慮がなかった、などです。 こういったクレームは、荷物とクライアントへの細やかな気遣いや丁寧な対応があれば避けられるので、女性に適した仕事だと言えます。 求人はどこで探せばいいの? A. 委託ドライバーは直接雇用ではないので、ハローワークでは探せません。 求人サイトや情報誌で探しましょう。 一口に求人サイト・求人誌といってもそれぞれ個性があります。 掲載内容や申し込みの方法など、自分の好みに合った求人サイト・情報誌を見つけましょう。 こちらでは検索数上位の5社と情報誌についてまとめました。 軽貨物の内職商法ってなに? A. 仕事を斡旋するフリをして、実は車両販売が目的だと思われるやり方のことです。 委託ドライバー契約にかこつけて法外な加盟料を要求したり、提携店舗での車両購入を勧めたりした後ろくに仕事を回さないといった悪徳業者も存在し、ローンで苦しむ委託ドライバーも少なくありません。 国民生活センターでも注意喚起を促しています。 面接や説明会ではどんなことを聞けばいいの? A. 委託先と契約する前の面接で聞いておきたいことは主に3つ。 仕事、報酬、契約内容です。 とくにどんなことに気を付けて聞いたほうがいいのか、委託先との面接時に知っておきたい項目やポイントをまとめています。 また、面接時のマナーや服装についての注意点も解説しているので、面接前にチェックしてみてください。 車は購入する必要があるの? A. 委託ドライバーが利用する軽貨物車両。 必ず購入しなくてはならない訳ではありません。 委託ドライバーとして働くときに必要な軽貨物車両の種類や購入方法、リースや持ち込み車両について解説しています。 持ち込み車両で営業する際の注意点についてもまとめたので参考にしてみてください。 黒ナンバーって何? A. 営業車両に着けるナンバープレートで、黒が基調となっていることから通称「黒ナンバー」と言われています。 委託ドライバーは個人事業主として開業する人がほとんどでしょう。 事業用車両として登録することで自動車重量税や軽自動車税が安くなり、登録するメリットは高いです。 こちらでは必要な書類や費用、手続き方法についてお答えしています。 配送マッチングサービスって何? A. 荷物を早く受け取りたい人とすぐに動けるドライバーをつなぐサービスです。 荷主と配送業者をマッチングさせる配送マッチングサービスがいま注目されています。 配送業者では委託ドライバーを常時募集しており、荷物を発送したい多くのお客様をカバーできる様マッチングサービスのアプリを提供しています。 委託ドライバーの仕事は好きな時に自由に働けるのが魅力。 ここではどの配送マッチングサービスを提供しているハコベルとPickGoの二社のサービスや委託ドライバーについてご紹介してます。 配送中はユニフォームを着る必要があるの? A. 会社によって異なります。 委託ドライバーも元会社の社員と同じユニフォーム着用を義務付けている会社もあれば、私服でOKとしている会社もあるのが現状です。 ユニフォーム着用のメリットや委託契約時のユニフォーム代に関する注意点、ユニフォームなしの場合の服装などを詳しく説明しています。 委託ドライバーによくあるトラブルってどんなもの? A. 委託ドライバーによくあるトラブルにはお客様への対応、品物の破損・汚損、配送ミス・遅延などです。 委託ドライバーのどんな行為がトラブルに繋がるのかを3つに分けて事例をあげ解説しています。 また、どの様なことに注意すればトラブルが避けられるのか回避法・対処法についてもまとめましたので参考にしてください。 どんな免許が必要なの? A. 基本的には普通自動車運転免許でOKです。 委託ドライバーが運転する車は軽貨物トラックがほとんどです。 軽貨物トラックは普通免許で運転できます。 ただ企業によっては「AT車限定不可」としているところもあるので、AT車限定の普通免許を取得している方はそこでは働けない場合もあります。 委託ドライバーになるのに年齢は関係あるの? A. 基本的にはありません。 委託ドライバーは個人事業主です。 運送会社から荷物の配送の依頼を受け、運送会社に代わり、荷物を各家庭に配送する仕事です。 運送会社に就職するには年齢制限があるかも知れませんが、就職ではなく、企業と企業との業務委託契約となるため、年齢に関わらず委託ドライバーになることができます。 Amazon配送を請け負う際に注意すべきトラブルや問題点は? A. Amazon配送の問題点や注意点を事前に知っておくことが、トラブル防止に不可欠です! Amazonでは、地域の委託ドライバーなどを使って独自の配送チーム「デリバリープロバイダ」を構成していますが、トラブルの報告が相次いでいます。 どのようなトラブルが発生しているか、充分に把握して予防対策を考えていきましょう。 ラストワンマイルって何? A. 厳密には「最後のひと手間」のことです。 ラストワンマイルとは、簡単に言えば「最後のひと手間」という意味。 物流業界で言えば「最後の営業所から荷受人の家に届ける工程」という意味になりますが、近年では「配送にかかわるすべての工程」を指して使われている言葉のようです。 2018年4月、配送業務の根本的な効率化を目指し、運送会社23社がラストワンマイル協同組合を発足。 国内の物流業界が大きく動き出しました。 ピンハネされる心配はない? A. 契約内容をよく確認しましょう。 「ピンハネ」とは、他人に支払われるべき金額の一部をかすめとる行為を指します。 ピンハネは法律で禁止されている不正行為です。 ただし、稼いだ金額の一部が取られているという事実だけで、違法行為と判断できるわけではありません。 契約書に稼ぎの一部を徴収することが書かれて、それで契約を結んでいる場合は、同意しているとみなされて違法行為ではなくなります。 委任ドライバーになるときのリスクって? A. 悪徳業者のおいしい話には気を付けましょう 現在、委託ドライバーの募集を行っている業者が多いですが、中にはドライバーから利益を巻き上げようとする悪徳業者も存在します。 そんな業者は、ドライバーが気づかないうちに不利益な契約を結ばせようとしてくる恐れがあるので要注意! 委任ドライバーを検討している方は、存在するリスクをできるだけ事前に把握しておきましょう。 実際に稼げるの? A. 稼げる人は稼げる仕事です 委任ドライバーの稼ぎは、さまざまな要素で金額が変わってきます。 具体的には、業務の種類、働いてる地域、仕事量、配達単価などです。 仕事量が多いエリアで配達単価が高い契約を用意している業者が見つかれば、高収入を目指せます。 委任ドライバーの稼ぎについて詳しく知りたい方は、詳細をチェック!.

次の

求人に記載されている軽貨物ドライバーの業務委託ってどんな仕事?

委託ドライバー 求人

楽天エクスプレスとは? 「Rakuten EXPRESS」とローマ字表記するのが正式な呼称のようです。 ここではわかりやすく「楽天エクスプレス」と記していきます。 楽天はECサイト「楽天市場」における出店店舗の商品の保管から出荷まで。 全て楽天が一括して担う総合物流サービスを目指し、自社物流機能の強化を進めています。 この総合物流サービスを「楽天スーパーロジスティクス」、そのうちの配送部門を「楽天エクスプレス」と呼びます。 現在楽天エクスプレスが扱うのは「楽天ダイレクト」「楽天ブックス」「楽天ブランドアベニュー」の商品。 楽天市場の出店店舗のうち「楽天スーパーロジスティクス」を活用している店舗の商品の一部を配送しています。 すでに千葉県内や兵庫・大阪に物流センターを開設しています。 今後千葉県の習志野市と神奈川県の大和市に新たに物流拠点を開設(2020年中頃より稼働予定) 今後も全国規模で物流の拠点を増やしていく予定であり、当然それに伴い配送サービスも全国的に拡大していくでしょう。 同時にドライバーや物流施設ごとに雇用の拡大も期待できそうですね。 この記事を書いている段階では配送エリアは福岡県の一部や北海道の一部まで拡大しています。 関東や関西の主要エリアを含めると全国のカバー率は40%近くまで上がってきました。 拠点の拡大と配送網については強力なライバルでもあるAmazon Flexと似たような展開が繰り広げられています。 また「置き配」にも対応しているのも似ており、不在・再配達を極力減らす努力をしていることもドライバーにとってはメリットがあります。 楽天エクスプレスは稼げる?稼げない? 楽天エクスプレスの求人や報酬についての情報はなぜか非常に少ない。 まだ配送エリアが少ないというのもあるかもしれませんね。 だからか稼げる稼げないの情報もいろいろです。 割と多く聞こえてくるのは1日8時間で「日給15,000~16,000円」。 稼げるポイントと稼げないポイントをリサーチしてみました! 稼げるポイント:日当制 軽貨物の宅配業務は基本的に個数単価の完全出来高制で報酬が貰える仕組みです。 楽天エクスプレスの場合は宅配ですが個数ではなく日当制で報酬が貰えます。 宅配はどうしても天候や不在率などで報酬が安定しません。 楽天エクスプレスはしっかりと安定するので助かりますね。 稼げないポイント:物量が不安定 まだ新しいサービスなので物量が少ないと噂になっています。 物量が少ないと思った通りに勤務ができない問題があるようです。 実際楽天エクスプレスの求人をあまり見ないのは物量が多くないからでしょう。 もう少しサービスがうまく回りだせば物量も安定すると思います。 時間帯はどのエリアも固定だと思われます。 楽天エクスプレスを始める前に少しだけ経費がかかります。 特別な経費は・・・。 健康診断:約10,000円• 運転適性検査:4,200円• 運転記録証明:670円 よくある質問は赤い車両を貸出及び用意する必要性ですが。 楽天エクスプレスのマグネットの貸出があります。 車両と経費は原則ドライバー持ちです(車両用意の場合あり)。 Amazon Flexは1ブロック(2時間)あたり税込4,000円ぐらいですから、時給2,000円として1日8時間やると1日の収入は16,000円。 税別ですと実質14,500円という感じ。 Amazon Flexは事務手数料みたいな怪しいものがないので売上はそのまま懐に入れることができます。 大手運送会社やデリプロの場合は多少の単価の違いはありますが、まあ150円としましょう。 労働時間を1日8時間に揃えると大体100個ぐらい配れるとして日収は15,000円という感じ。 収入の不安定さはあるが、1番稼げる仕事でもあります。 ただし大手やデリプロの場合は単価がいくらか? 消費税が別建てになっているかどうか、売上から別途手数料が発生するかなどでだいぶ様相が変わりますね。 以上を踏まえると楽天エクスプレスの日給15,000~16,000円というのは的外れでもないですね。 車両と経費が楽天持ちであれば好条件です。 そしてもう1つ気になる情報。 楽天エクスプレスは昼休憩が設定されており、現在はかなり長い時間(1時間以上)が設定されているとか。 他社の仕事では休憩は各自の裁量に任されている。 とは言っても1日の収入を15,000円レベルを確保するとかアカウント停止を喰らわないようにするには・・・。 20~30分の休憩すら惜しんで働かないといけないような気がいたします。 以上のことから収入の安定性で考えれば楽天エクスプレスかAmazon Flex。 ただしAmazon Flex にはアカウント停止という罰則があるのがストレスであり、仕事も毎日必ず取れるとは限らないデメリットが存在する。 楽天エクスプレスにはそういうペナルティや不確実性というものが聞こえてこない。 休憩時間の存在を考えると運送仕事の中では条件は悪くない部類に入ると思います。 楽天エクスプレスの業務委託求人は日当3万円ってホント!? 報酬に関する情報が乏しいこともあって好き勝手な噂が飛び交っておりますが、上で述べてきたことから考えると、日給制で日当3万円というのは有り得ませんね。 1日の労働時間が法を度外視するような働き方をさせられるのであれば有り得るかもしれませんが、さすがに今はそれはできません。 昼の休憩時間から考えると報酬より労働環境を重視している節があります。 ヤマト運輸が苦しんでいるのもその部分ですね。 労働時間規制で1日の配達量の上限問題が顕著になってきており、人手不足が解消せず人海戦術もできずに売り上げは頭打ちの赤字状態が続いてしまっている。 楽天エクスプレスのドライバー募集は滅多に見かけませんから、現状の配達エリアとカバー率から考えれば今はさほど人手に困っている状況ではないと推測できます。 今後自前の物流拠点が拡大し扱う荷量が増えていくことが確実になった時、どういう待遇でドライバー確保に走るのかは興味のあるところです。 その頃には運送業全体でドライバーの囲い込みが今より激しくなっていることも考えられるので、楽天エクスプレスだけでなく他社の待遇・条件の中には「日当3万円も可能!」という謳い文句が当たり前になっている? 楽天エクスプレスの評判口コミまとめ! 楽天だけではなくヨドバシカメラやアスクル等も自社配送網を強化しようとしています。 Amazon Flex やPick Go、ハコベルといった新興勢力も含めて、運送業において働き方の選択肢が増えてきたのは歓迎すべきことですね。 大事なことはそれぞれに特徴があるのでいかに自分が望む働き方であるか?ということ。 ここに楽天エクスプレスの働き方がイメージできる動画があります。 軽貨物ドライバーとして3つの働き方に大別できるように感じています。 一つは大手運送会社やデリバリープロバイダーの仕事を請ける場合の「拘束されるイメージ」の働き方。 一つはAmazon Flex やPick Go、ハコベルのような「自分の好きな時に好きなだけ」という自由な働き方。 そしてもう一つは楽天エクスプレスのような社員ではないが「組織・会社員的」という統率された働き方。 「拘束される」のと「組織・会社員的」というのは同じような感じに捉えられるかもしれません。 前者は労働がエンドレスのようなドロドロした働き方、後者は仕事とプライベートが明確・メリハリが効いているという働き方とイメージしていただくとわかりやすいでしょうか。 動画を見て何か感じたものはありましたか? 統一されたロゴ入りの真っ赤な車、お揃いのユニフォーム。 こういうのが好きな人もいれば生理的に受け付けない人もいるでしょう。 稼げれば我慢できますか? 軽運送業を始めてみようかと言う方々にとっては働き方も報酬も選択肢が増えてきた良き時代だと思います。 今はどの会社にいても先行き不透明。 だったら規模と知名度のある「楽天」の一員となり、会社員並みには稼げる軽ドライバーをやってみるのも面白いかも? 楽天エクスプレス配達員インタビュー! 現役の楽天エクスプレスの配達員の方にインタビューができました。 まだまだ情報が少ないので貴重な情報。 内容をnoteにてまとめてみたので、現在の楽天エクスプレスの状況を知りたい方はご覧ください。

次の