結膜炎 の 症状。 結膜炎の主な症状・種類 [目の病気] All About

結膜炎について

結膜炎 の 症状

contents• 結膜炎の結膜とは?目のどの部分のこと? まず、結膜とは目のどの部分の事を言うのでしょうか。 結膜とは上下のまぶたの裏側と眼球の表面を繋ぐ薄い膜の事です。 結膜は袋状になっており、眼球とまぶたを隔てて眼球の動きを可能にすると共に、外部からの異物を眼球の奥へと侵入させない役割をしています。 また、まぶたを開いている間、眼球が外気にさらされないように保護しています。 この結膜がウイルスや細菌に感染したり、アレルギーによって炎症を起こすことを結膜炎といいます。 結膜は常に涙で潤っているため、温度や湿度、栄養素がウイルスや細菌にとって好条件となりやすく、患者数が多い要因となっています。 結膜炎の主な症状と原因 目の病気の代表格ともいわれる結膜炎。 それだけによくある目の病気と思われがちですが、ウイルスが強い感染力を持っているケースやその他の合併症などのリスクもあり、決して油断できません。 ここでは主な結膜炎の症状とその原因について見ていきましょう。 ウイルス性結膜炎 結膜炎を引き起こすウイルスは数多くあるといわれていますが、中には非常に強力な感染力を持つウイルスもあり、人から人への感染には十分注意する必要があります。 結膜の画像も含めた動画がありましたのでこちらも参考にしてください。 はやり目(流行性角結膜炎) 動画でも紹介されている感染力の非常に強いアデノウイルス8型または19型によるウイルス性の急性結膜炎です。 俗に はやり目とも呼ばれ、ウイルス感染後1週間前後の潜伏期間を経て発症し、治療を受けておよそ10日程で回復に向かいます。 症状の特徴は、目の腫れ、充血、目やに、痛みを伴う場合もあります。 また、子供がかかりやすいというのも特徴として挙げられます。 感染力が強いため完治するまでは他の人への十分な配慮が必要です。 プール熱(咽頭結膜熱) アデノウイルス3型または7型などに感染することで起こるウイルス性急性結膜炎です。 子供が夏のプールの水を介してウイルスに感染しやすく、 プール熱とも呼ばれます。 こちらも1週間程度の潜伏期間を経て発症します。 症状の特徴は、目の充血に加えてのどの腫れやのどの痛み、発熱、下痢、だるいといった風邪のような症状が見られます。 やはり感染力が強く他の人へうつさないように配慮が必要です。 急性出血性結膜炎 エンテロウイルス70型またはコクサッキーウイルスA24型に感染することで起こります。 症状の特徴としては、およそ1日という短い潜伏期間と白目の部分が鮮血で真っ赤に染まるという特徴があります。 1週間ほど治療を続けることで出血は収まっていきます。 現在のところ、これらのウイルス性結膜炎を引き起こすウイルスに対して、 即効性のある薬はまだありません。 症状の緩和と合併症の防止などの目的で、抗生物質入りの点眼などを続け回復を待つといった治療が行われます。 スポンサードリンク その他の結膜炎 細菌性結膜炎 細菌が原因となる結膜炎で、結膜の充血、目やにが多く出るといった症状が出ます。 ウイルス性とは違い、即効性のある抗生物質の点眼薬があり、短期間での治療が可能であるようです。 しかし淋などの一部の細菌は角膜にも悪影響を及ぼす可能性があるため注意が必要です。 クラミジア結膜炎 クラミジアトラコマティスにより引き起こされる感染症で、医療の乏しかった昔には失明などの大きな要因となっていたようです。 アレルギー性結膜炎 人によってはアレルゲンとなる物質(花粉・カビ・ダニ・ハウスダスト・食品など)を取り込むことで、アレルギー症状を引き起こすケースがあります。 症状としては目の充血、かゆみ、目やになどがあります。 アレルギー性結膜炎は個人の免疫機能により発症するものなので、細菌やウイルス性とは違い 他人への感染の心配はありません。 しかし、アレルゲンとなっている物質を取り除くと共に、寄せ付けないようにする対策が必要となります。 春季カタル 春季カタルもアレルギー性結膜炎の一種で、春から夏にかけて悪化しやすく症状も強くなります。 花粉やダニなどにより結膜が炎症を起こします。 アトピー体質の子供が発症しやすく、症状も悪化しやすいという特徴があります。 おわりに いかがでしたでしょうか。 今回は結膜炎の症状や主な原因について見てきましたが、これらに感染しないためには普段から予防することが大切になります。 ところで管理人は症状から見て細菌性結膜炎だったようですね。 点眼薬を処方してもらって早く治りましたよ! 管理人「せ! 先生ー!!! 目、目がっ!!! 目がおかしいんです!!! 先生「あらら、興奮しすぎて目が血走っているようですね・・・。 少し落ち着いてから診察しましょうね。 」 慌てすぎはいけませんが、結膜炎は身近な目の病気といえど、こじらせると大変です。 結膜炎かな? と思ったら早めにお医者さんに見てもらいましょうね! 結膜炎の予防法については別記事で詳しくお伝えしたいと思います。 それでは今回はこの辺りで。 最後まで読んでいただきありがとうございます。 人気記事一覧• 131件のビュー• 56件のビュー• 36件のビュー• 32件のビュー• 32件のビュー• 27件のビュー• 24件のビュー• 22件のビュー• 18件のビュー• 16件のビュー• カテゴリー• 147• アーカイブ• 最近のコメント• に 管理人J より• に より• に ルル より• に 管理人J より• に 管理人J より•

次の

結膜炎!症状や原因を詳しく解説!

結膜炎 の 症状

結膜炎とは 結膜とは、目の角膜以外の眼球表面(白目と呼ばれる部分)と、まぶたの裏面を覆う粘膜組織です。 アレルギー、細菌・ウィルス感染、摩擦や日光などの物理的刺激が原因となり結膜に炎症が生じる病気です。 結膜炎の原因 結膜炎の原因は、アレルギー性、感染性(細菌・ウィルス・クラミジアなど)、異物や日光などの物理的刺激によるものがあります。 ・アレルギー性結膜炎の原因 アレルギー反応を引き起こす原因として多いのは花粉やハウスダスト、ガソリンなどから出る大気汚染物質などがあります。 何に対してアレルギー反応を起こしているかによって、毎年一時期だけ症状がある場合もあれば一年を通して症状に悩まされる場合もあり、長期的な管理が必要となります。 また、アトピー性皮膚炎を患っている人には結膜炎症状が出やすく、春季カタル、アトピー性角結膜炎、巨大乳頭性結膜炎といった疾患を合併することが多くなると言われています。 ・細菌性結膜炎の原因 黄色ブドウ球菌や肺炎球菌などがあります。 黄色ブドウ球菌は私たちが持つ常在菌の一つで、普段は健康に全く影響を及ぼしませんが、目の怪我や病気にかかるなどして体力・抵抗力が落ちている場合は好ましくない症状を引き起こすことがあります。 ・ウィルス性結膜炎の原因 アデノウィルス、エンテロウィルス、コクサッキーウィルス、ヘルペスウィルスなどがあります。 特にアデノウィルスによるはやり目(流行性角結膜炎)やプール熱は子供を中心に大人の間でも流行します。 急性出血性結膜炎はコクッサキーウィルスやエンテロウィルスが原因になります。 結膜炎の症状 〇細菌性結膜炎(症状は軽いことが多い) ・目やに ・充血 ・痒み 〇ウィルス性結膜炎(症状は細菌性に比べて重いことが多いが、痒みは少ない。 ) ・目の痛み(何かが目に入っているような異物感がある) ・充血 ・まぶたの腫れ ・目やに ・涙 ・目が見えにくい(眩しいなど) ・白目の部分に出血が見られる(急性出血性結膜炎) 〇アレルギー性結膜炎 ・目の痒み(まぶたなど目全体の痒みが強いことが多い) ・充血 ・目やに ・異物感 ・目の痛み ・目の混濁(視力低下) 結膜炎はうつる? 細菌やウィルスが原因であった場合は感染することがあります。 ウィルスが原因である場合は感染力が強く、タオル、プール、手を介して感染するため家庭、学校、施設などで感染が広がることも多くあります。 特に乳幼児や高齢者は抵抗力が弱くうつりやすい傾向があるためうつさない、うつらない注意が必要です。 目やになどの症状が出ている時は、手洗いをこまめにする、ハンカチではなくティッシュを使用する、タオルの共有をしない、お風呂は最後に入るなどに気をつけておくようにしましょう。 結膜炎は自然治癒する? 自然治癒しますが、軽く考えすぎないことが大切です。 結膜炎を起こしている原因を除去することができた場合や、細菌性やウィルス性であった場合でも日数とともに症状は軽快し、自然と治っていきます。 しかし、症状からだけでは原因がわからないことも多いため、自己判断で放置していると症状の悪化を招くだけでなく周囲の人へ感染が広がる危険があります。 また、アレルギー性の場合は原因を完全に取り除くことや、体質を改善するためには長期間かかることも多いため症状が長引くことも多々あります。 自然治癒するだろうと放置しておくと、時に視力低下や最悪の場合失明などが起こることもあるため、結膜炎の原因を知り原因に対して正しい対処を行うことが大切です。 結膜炎の治療方法 ・細菌性やウィルス性結膜炎には、抗菌薬や抗炎症作用のある点眼薬を点眼します。 ・ヘルペスウィルスが原因である場合などは軟膏を目に塗る、抗ウィルス薬を内服する場合もあります。 ・クラミジアに感染していることがわかれば、妊婦の場合も抗生剤を内服して治療を行います。 ・アレルギー性の物は、アレルギー物質の特定検査、アレルギー薬の内服/点眼などを行います。 ・免疫力の回復を速めることが大切です。 (睡眠、食事、休養を普段より意識してとる。 ) ・プール熱やはやり目といった、アデノウィルス、エンテロウィルス、コクッサッキーウィルスなどが原因となる場合は結膜炎に加えて発熱や喉の炎症など全身症状が出ている場合、それらの症状に対しても同時に治療が行われます。 結膜炎の治療は、症状の緩和・悪化予防が基本です。 アレルギーが原因である場合は季節性であれば症状が出る前に薬の内服などをすると症状が軽減されます。 コンタクトなどの間違った使用などが原因の場合は、普段の手洗いやコンタクトの着用方法を見直しましょう。 目は常に外界と繋がっていて様々なものにさらされるため、刺激を受けやすく、症状が出やすい部位です。 視力障害など重い障害を防ぐためにも、原因を知り、症状が改善しない場合や悪化するなどの場合はすぐに受診をしましょう。 カテゴリー•

次の

結膜炎をそのまま放置して悪化するとどうなるの?

結膜炎 の 症状

この記事の目次• 結膜炎の種類と見分け方について 結膜炎は大きく3つの種類に分けられます。 ウィルス性結膜炎• 細菌性結膜炎• アレルギー性結膜炎です。 1)ウイルス性結膜炎 ウイルス性結膜炎はさらに次の3つに分類することができ、症状にはそれぞれ特徴があります。 それぞれの見分け方と一緒にお伝えしますね。 流行性角結膜炎(はやり目) 病名が角結膜炎というように、白目部分の結膜だけでなく、黒目部分の角膜にも炎症が起きます。 目の充血と 目ヤニ、数日後には角膜に 小さな点状の混濁や炎症が見られます。 咽頭結膜熱(プール熱) 代表的な症状は、病名の通り、 咽頭炎、結膜炎、高熱の3つです。 夏かぜの代表的な症状と言われています。 急性出血性結膜炎 流行性角結膜炎と症状が似ていて、 強い充血や大量の目ヤニが特徴です。 しかし、角膜には炎症は起きません。 目が出血するケースは稀です。 また、感染力が非常に高く、潜伏期間が1日程度と短いのも特徴です。 2)細菌性結膜炎 代表的な症状として、 目の充血、眼球の痛み、ネバネバした黄色や緑色の目ヤニが出ます。 原因菌に合った目薬でないと効果がないため、市販の目薬では症状はそれほど改善されません。 抗生物質と抗生剤の治療によって1週間ほどで回復します。 3)アレルギー性結膜炎 花粉やハウスダストなどアレルギーの原因になるアレルゲンが目に付着することで発症します。 感染はしません。 痒みや充血が主な症状で、アレルゲンを特定して対処していく必要があります。 自宅でできる結膜炎治療 基本的には、結膜炎の症状が見られたら、はやめに眼科を受診することをおすすめします。 ただ、休診日だったり連休に入ったばかりというタイミングもあると思います。 そんな時のために、 自宅でできる治療について紹介していきます。 拭き取る前後には必ず手洗いをして、清潔なティッシュで拭き取りましょう。 ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎の症状を緩和させるのが温湿布です。 アレルギー性結膜炎に適しているのが冷湿布です。 ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎については、感染を防ぐため 片目ずつ違うタオルを用意しましょう。 コンタクトレンズにウイルスや細菌が付着している可能性もあるので、念入りに洗浄しましょう。 目の乾燥を抑え、原因となる物質を洗い流す効果が期待できます。 市販の目薬の中には、アレルギー性結膜炎に効果を発揮する抗ヒスタミン剤が含まれているものもあります。 服用から数時間~数日後、症状が改善します。 改善しない場合は、 ウイルス性結膜炎か細菌性結膜炎の可能性を疑いましょう。 また、抗ヒスタミン剤もアレルギーの諸症状に対応します。 充血には充血除去剤を使用すると充血の症状を抑える効果があります。 結膜炎は予防が大事 ウイルス性結膜炎や細菌性結膜炎は、 感染経路が「手」の場合がほとんどです。 結膜炎の人が目を擦って、• 擦った手で車内のつり革を持った場合• 洗面所で感染した人と同じタオルを使った場合 など、日常生活の中でかなりの確率で感染してしまいます。 普段から、手洗いの習慣が身についていることが結膜炎の予防につながります。 家庭内で結膜炎にかかっている人がいる場合、• タオルの共有は控える• かかっている人は一番最後に入浴する など、工夫しましょう。 また、充分な栄養と休息をとり、免疫力を落とさないように心がけましょう。 アレルギー結膜炎の場合は、アレルゲンを家の中に持ち込まないように、こまめに掃除をするようにしましょう。 目薬を嫌がる子どもには・・・ 私の子どもは3歳の時に結膜炎と診断され、目薬を処方されました。 でも、目薬をとても嫌がり、大泣きで全くさせません。 ネットで相談したところ、緑茶を使う方法を教えてもらいました。 緑茶を煎じた液に塩を入れ、それをコットンにしみ込ませ、目頭や目尻から、そっと目に流し込む感じで洗ってみるという方法です。 子どもも抵抗することなく応じてくれました。 結膜炎の症状も改善されて、とても助かりました。 まとめ 結膜炎には ウイルス性結膜炎、細菌性結膜炎、アレルギー性結膜炎の3つの種類があります。 結膜だけでなく角膜にも症状が出るものや、目ヤニが酷いもの、感染力が非常に強いものなど症状は様々です。 普段から、結膜炎の感染源になる手を清潔に保ち、免疫力を高めるような生活を心がけましょう。 市販の点眼薬や人口涙液、アレルギー治療薬で、症状を緩和させることもできます。 症状の改善が見られない場合や症状が悪化している場合は、 はやめに眼科を受診することをおすすめします。 今すぐできる対処法もお伝えしています。

次の