キンキー 意味。 kinkyの意味・使い方|英辞郎 on the WEB:アルク

キンキーブーツ

キンキー 意味

Contents:• kinky(キンキー)はsex(セックス)と関係のある単語 作品名が特に和訳されない場合、そのままの響きで覚えてしまうのであえて意味なんて考えない方の方が多いかもしれません。 …(性的に)異常な、変態の、倒錯した• …Something relating to, having, or appealing to unconventional tastes especially in sex. (型破りなセックスに関すること、すること、好むこと) つまり、この単語は「性的に変態な好みを持っていること」という意味なんですね。 はー…(恥)!それは知らなかった…。 (少しばかり18禁な内容にはなってしまいますが、つまり、セックス・プレイがかなり過激だ…ということを暗に意味するそうなんですよね。 ここで「あ、そうなんだ」と話しが終われば済むのですが、被害を被った大学が日本にあるんですね。 それが「近畿大学」です。 近畿大学(大阪府東大阪市)が、これまで「KINKI UNIVERSITY」としていた英語表記を2016年4月から「KINDAI UNIVERSITY」に変更すると発表した。 「KINKI」を英語で発音した場合、「『KINKY』(風変わり)と聞こえる場合がある」として、以前から変更を検討していたという。 とにかく、このように英語表記を変えざるを得ないくらい、インパクトの強い単語だということです。 歴史ある紳士靴メーカーが、何を血迷ったかドラッグクイーンのブーツを作り始めたことが kinky(異常)• ターゲットとなる顧客がドラッグクイーンであるということが kinky(変態)• Charlie Witness the future of price and son. Lola Owww! Papas got a brand new shoe. チャーリー:古い過去は捨てよう、だってもうそれは終わったことだから。 ローラ:私達は新しい未来へ準備万端。 チャーリー:プライス&サンの未来を目撃するんだ。 ローラ:あら、パパが新しい靴を手に入れたわ。 壊れたヒールで落ち込まないで。 チャーリー:僕たちなら解決策を知っているよ。 ローラ:立ち上がって。 チャーリー:動き出して、踏み出して。 時代は移り変わっていくんだ…ということが前向きに歌われているパートですよね。 4行目のローラの言う「パパ」とは「男性」のことを意味していると思います。 ドラッグクイーンのような男性でない限りは、ヒールの高い靴は履きませんもんね。 そして、プライス&サンの未来とはどんなものなのかを、チャーリーは次のように説明しています。 Spoken Welcome to our future. No longer are we making shoes, We are making two and a half feet of sexxxx. 僕たちはもはや靴を作っていくんじゃないんだ。 僕たちが作るのは、2. 5フィートの悩殺的ないかしたセックスさ。 さあ、始めよう。 」という内容になっています。 5フィートとは約76. ブーツ自体が筒状なので、「筒状のいかした靴」といったダブルミーニングで使っていると言えますね。 タイトルには作品の内容の核を詰め込んでいることがほとんどなので、意味をしっかりと把握して、より深く作品理解をしていきましょう! 『キンキーブーツ』 解説・考察トップ.

次の

「キンキーブーツ」とはどういう意味?英語で「Kinky Boots」と記述するとの事。│www.auctions.leonardjoel.com.auOG

キンキー 意味

この項目では、ブロードウエイ・ミュージカルについて説明しています。 2005年に制作されたコメディ映画については「」をご覧ください。 キンキーブーツ Kinky Boots 作曲 作詞 シンディ・ローパー 脚本 原作 映画『』 2005年 上演 2012年、 2013年、 2014年、全米ツアー 2014年、 2015年、 2015年、ウエスト・エンド 2016年、 他、海外プロダクション 受賞 オリジナル楽曲賞 ウェブサイト 『 キンキーブーツ』( Kinky Boots )は、および受賞者の作詞作曲、トニー賞受賞者の脚本による・。 実話を基にしたジェフ・ディーンとティム・フェイスの脚本による2005年の映画『』を基にしている。 イギリスの倒産しかけている靴工場のお堅いオーナーであるチャーリー、仲が悪いが後に事業の救世主となるのローラが登場する。 チャーリーはこれまでの紳士用フォーマル靴製造から、ドラァグ・クイーン用の靴製造へ移行する計画を立て、その過程で2人は互いにそれほど違いがないことに気付く。 2006年にミュージカル化の計画が始まり、2010年までに製作 チームが決定した。 2012年10月、にあるバンク・オブ・アメリカ劇場にてジェリー・ミッチェルの演出および振付、チャーリー役に、ローラ役にビリー・ポーターが配役されてミュージカル『キンキーブーツ』が初演された。 2013年にはブロードウエイに進出し、3月3日からのプレヴュウ公演を経て4月4日から正式に上演されている。 2014年から全米ツアーが行なわれている。 2013年に公開されたブロードウエイ作品ではミュージカル『』が好評であり、『キンキーブーツ』は劇評および興行収入でやや低評価であった。 しかし公開から1ヶ月以内に週間興行収入に見る観客数はライバル作品を上回り、その後のトニー賞発表後は爆発的ヒットとなった。 トニー賞では年間最多の13部門にノミネートされ、、ローパーへのオリジナル楽曲賞を含む6部門を受賞した。 ローパーにとってブロードウエイ作品の初作曲であり、オリジナル楽曲賞初の単独女性受賞者となった。 キャスト・アルバムはのキャスト・アルバム・チャート初登場第1位、初登場第51位を獲得した。 この作品のオリジナルプロデューサーの1人は、2013年日本人初となるトニー賞ベストミュージカルを受賞、また公演にもプロデューサーとして参加し、2016年・最優秀新作ミュージカル賞を受賞した。 背景および製作 [ ] ミュージカル『キンキーブーツ』は、1999年ののドキュメンタリー『 』のエピソードを基にした同名映画『』に着想を得た。 実話を基にしており、ドキュメンタリーのエピソードは閉鎖寸前の家族経営の靴工場であるW・J・ブルックス社のスティーヴ・ペイトマンに焦点を当て、再起をかけて紳士靴工場から「 Divine Footwear 」というブランドで男性用の個性的な靴を製造する話であった。 トニー賞受賞プロデューサーのダリル・ロスは 、2006年のでこの映画を鑑賞し、そのハートと精神性に心を惹かれた。 そのテーマは彼女の心に残り、ミュージカル作品としての見込みがあると考えた。 それとはまた別にホル・ラフティグはロンドンでこの映画を鑑賞し、その「ハートと人間性 そして存在感のある「レディ」 はミュージカル化によく合っている」と考えた。 年内にロスはトニー賞および受賞プロデューサーのラフティグと組んで舞台化権を手に入れた。 2008年半ばまでに、ロスとラフティグは将来性のある演出家のジェリー・ミッチェルと会議を重ねたが、まだ脚本家が決まっていなかった。 ロスが映画のDVDをミッチェルに送ると、彼はこの作品に夢中になった。 ロスとラフティグはミッチェルを演出に、ハーヴェイ・ファイアスタインを脚本に採用した。 ミッチェルはファイアスタインとシンディ・ローパーが友人であることを知っており、ミュージカル製作の最高のチームになることを確信していた。 ファイアスタインはこれに同意し、「ミュージカル化の機会において、音楽性に幅がありショーの音楽と共に「クラブ・ミュージックを書ける人」」を考えて最終的にローパーに作曲を打診した。 2010年6月、ローパーは製作チームに参加した。 『キンキーブーツ』以前、ローパーはアルバム『 』を手掛け、ファイアスタインは『』製作中であった。 ローパーにとって、2006年にブロードウエイで の『』に出演するなど舞台出演経験はあるが、『キンキーブーツ』はローパーにとってミュージカル作品初作曲となった。 ファイアスタインはこれまで『』、『 』など、ドラァグ・クイーン関連作品を手掛けたことがあった。 ローパーはドラァグ・クイーンに共感すると語っていた。 ファイアスタインとローパーはそれぞれの分野で高い称賛を受けている。 ファイアスタインは『 Torch Song Trilogy 』で男優賞および脚本賞、『』で男優賞、『ラ・カージュ・オ・フォール』で脚本賞とトニー賞4部門を受賞した。 ローパーはチャート上位に入るおよび女優であり、グラミー賞、など多くの賞を受賞している。 ファイアスタインは映画の舞台化において、工場再建物語から工場再建を歌い語るドラァグ・クイーン物語に変えると記した。 彼は大きな違いとして「相反する2人の若者が実は多くの共通点があり、それぞれが父親の呪縛から解き放たれる必要があると気付く」ミュージカルになると語った。 ローパーの音楽性の幅は、子供の頃に聴いた両親のレコード『』、『』からの『』やポップス歌手のまで幅広く影響を受けている。 『』のパトリック・ヒーリーによるインタビューで、ローパーとファイアスタインは許容および自己受容の問題解決の手段としての父と子の関係性や普遍性のテーマを強調した。 2011年10月6日、読み合わせが始まり 、ローパーは積極的に音楽の改良を行なった。 2012年1月、ロスは1ヶ月以内にワークショップを行なうこと、スターク・サンズとビリー・ポーターが主演に配役されたことを発表した。 2012年8月、プロデューサーは2013年4月4日にブロードウエイ初演をすることを発表した。 ミッドランズで育った別の少年は、チャーリーが興味のない靴に惹かれるが、赤い女性用のハイヒールだったために厳しい父親に怒られる。 数年後、チャーリーの父親は歳を取ったためチャーリーに工場を継いでほしいが、チャーリーは不動産業でのキャリアアップを願い地位にこだわる婚約者のニコラと共にロンドンへの引越を切望している The Most Beautiful Thing。 チャーリーがロンドンでアパートをやっと見つけると同時に、父親が急に亡くなる。 チャーリーが葬式のために急遽戻ると、工場が実は破産寸前であることを知る。 工場は高品質の紳士靴を製造しているが、高価でしかもお洒落ではないためあまり売れていない。 ほとんどがチャーリーの幼少期から知っている従業員たちはチャーリーの経営方針に懐疑的で反感を持つ。 チャーリーはロンドンに戻り、友人で業界仲間のハリーとパブで会い、工場再建について相談する。 ハリーは一時的な解決策しか提案できず、チャーリーに流れに逆らわないことと忠告する Take What You Got。 パブを出ると、チャーリーは2人の酔っ払いに絡まれている女性を見つける。 彼は仲裁しようとするが殴られて意識を失う。 彼が目を覚ますとそこは怪しいナイトクラブで、彼が助けようとした女性はこのクラブでバックダンサーのエンジェルズを率いるナンバーワンのローラであることを知る Land of Lola。 ローラの楽屋でまだ意識が朦朧としているチャーリーだったが、出演者たちのハイヒールが男性の体重を支えるようにできていないことに気付く。 しかしローラは高価でも壊れやすいこのハイヒールが自身の舞台に不可欠であると語る。 チャーリーは工場に戻り、不本意ながらも従業員の解雇を開始する。 製造部門のローレンはチャーリーから解雇を告げられると激怒し、他の経営難の靴工場はニッチ市場を開拓して生き残っていると告げる。 ローラとエンジェルズが工場に到着し、ローラはチャーリーの第1作目に不満を漏らす。 工場の女性陣はすぐさまローラの味方となり、ローラは手早く靴のデザイン画を描き、最重要課題は断然セックス・アピールだと語る The Sex is in the Heel。 工場長のジョージはローラのデザインを実務的に分析し、ローラに3週間後に控えるミラノで行われる高名な品評会まで滞在し、工場を守るために「キンキーブーツ」 異性靴 ラインのデザインをしてくれるようチャーリーに仕掛ける。 男性労働者から悪い態度を取られていたローラであったが、チャーリーにおだてられて渋々了承する。 チャーリーは工場をキンキーブーツ製造に方針転換することを告げる。 彼はアイデアをくれたローレンに感謝をし、彼女を昇進させる。 ローレンはチャーリーに恋し始めていることに気付く The History of Wrong Guys。 翌日、ローラは男性の服装で登場し、現場主任のドンと仲間たちにからかわれる。 落胆したローラはバスルームに引きこもり、チャーリーはローラを慰めようとする。 ローラは子供の頃父親からボクシングのトレーニングを受けていたが、ドラァグの恰好で試合に登場して勘当されたことを語る。 チャーリーとローラは互いに父親へのコンプレックスという共通点に気付き、ローラは自分の本名はサイモンであると明かす Not My Father's Son。 ニコラがロンドンから戻り、上司が策案したコンドミニアムへの工場跡地再開発プランを語る。 チャーリーは拒否するが、父親が生前、チャーリーは継がないものとしてこの計画に同意していたことを知りショックを受ける。 チャーリーは売却を拒否し、直後に労働者たちはキンキーブーツ第1作の完成に歓喜する Everybody Say Yeah。 第2幕 労働者の多くはこの大きな方針転換に熱心ではない。 うち一部、特にドンはローラに不快感を表す。 ローラはドンに言いかえし、女性労働者たちを味方につけ、女性たちにとってドンよりもローラの方が理想的な人物となる What a Woman Wants。 ローラはドンにどちらが本物の男か、互いの提案による賭けを持ち掛ける。 ドンはパブでのボクシング・マッチを提案する。 ローラがボクシング経験者であることを知っているチャーリーは不安になる。 ローラはドンから簡単に点をとるが、最終的にドンに勝たせる In This Corner。 後に2人きりになった際、ドンはなぜローラがドンに勝たせたのか尋ね、ローラはドンを仲間の前で恥をかかせたくなかったと語る。 ローラの賭けの提案は「誰かをありのままで受け入れる」ことであった。 チャーリーはミラノでの品評会に間に合わせるため自身の金銭を工場に投じ、製品の細かい部分が目につきイライラし、労働者の作業が手抜きだとして怒りにまかせてやり直しを命じる。 チャーリーの工場再建への妄想にうんざりしているニコラがやってきて別れを切り出す。 ローラは製造についてある計画を練っており、チャーリーの承諾を得ないまま準備を進める。 ローラは品評会のランウエイにプロのモデルではなくエンジェルズを登場させようとして、チャーリーは困惑しローラを激しく非難して他の労働者たちの前で恥をかかせる。 ローラは出ていき、労働者たちも続いて出ていく。 一人になったチャーリーは、工場を続けるのは父親のためなのか自分のためなのか葛藤する Soul of a Man。 ローレンはチャーリーを見つけ、工場に戻るよう諭す。 工場ではドンが他の労働者たちを呼び戻し、1週間の給料を免除してミラノの品評会のためにブーツを完成させようと奮闘していたのだ。 チャーリーは驚くと同時に喜び、ローレンにドンは借りを返してローラを受け入れたのか尋ねる。 ローレンはドンが受け入れたのはローラではなくチャーリーだと応える。 ミラノ行きの空港へ向かう時、チャーリーはローラの留守電に心を込めた謝罪を吹き込む。 その頃ローラは故郷の老人ホームで慰問公演を行なっていた。 ステージを降り、車椅子に乗った父親に語り掛け、心を通わせる Hold Me in Your Heart。 チャーリーとローレンはミラノに到着するが、モデルがおらずチャーリー自身がランウェイを歩くことを決心し、ローレンは驚く The History of Wrong Guys リプライズ。 品評会は失敗に終わるかと思われたが、ローラとエンジェルズがミラノに到着して危機を救う。 音楽 [ ] ローパーは作曲開始当初、異なるキャラクターそれぞれの一貫性が必要なことを考えた。 ローパーは当時の苦労について「いったいどれほどファッション、おかしな関係、人々の心変わり、そして靴のことを広げて書けばいいのよ」と冗談を言った。 ローパーが作曲した1曲目は歌声の音域の幅広いオープニングの曲であった。 曲が思い浮かぶとに吹き込み、編曲家のスティーブン・オレマスが楽譜に起こした。 オレマスはその後「ハーモニーにメロディを吹き込み、シーンや歌に合うを作成」し、曲を編曲した。 音楽性は「個性に合わせた歌詞に合わせたポップ、ファンク、現代風タンゴなど」幅広い。 『ニューヨーク・タイムズ』の批評家メリナ・ライジックは「さびや盛り上がる曲が多いが、『キンキーブーツ』の感動的なシーンは双方の親の心情を表すいくつかのバラードであった」と記した。 オーケストラではキーボード、パーカッション、ベース、ギター、リード楽器、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、トランペット、トロンボーンの12名で構成されている。 使用楽曲 [ ] 2013年のブロードウエイ公演で使用された楽曲を以下に示す: 第1幕• Take What You Got - ハリー, チャーリー、クラブの客• Land of Lola - ローラ、エンジェルズ• Charlie's Soliloquy - チャーリー• Step One - チャーリー• Sex is in the Heel - ローラ, パット, ジョージ, エンジェルズ, ローレン, チャーリー、工場労働者• The History of Wrong Guys - ローレン• Not My Father's Son - ローラ、チャーリー• Everybody Say Yeah - チャーリー, ローラ, ローレン, エンジェルズ、工場労働者 第2幕• What a Woman Wants - ローラ, パット, ドン, ジョージ、女性工場労働者• In This Corner - ローラ, Don, Pat, Trish, エンジェルズ、工場労働者• Charlie's Soliloquy リプライズ - チャーリー• Soul of a Man - チャーリー• Hold Me in Your Heart - ローラ• 2012年のシカゴ公演で使用された楽曲を以下に示す: 第1幕• The Most Beautiful Thing - 全員• Take What You Got - ハリー, チャーリー、クラブの客• Land of Lola - ローラ、エンジェルズ• Beware The Black Widow - ローラ、エンジェルズ• I Come To The Rescue - チャーリー• Sex is in the Heel - ローラ, パット, ジョージ, エンジェルズ, 工場労働者• The History of Wrong Guys - ローレン• Not My Father's Son - ローラ、チャーリー• Everybody Say Yeah - チャーリー, ローラ, ローレン, エンジェルズ、工場労働者 第2幕• What a Woman Wants - ローラ, パット, ドン, ジョージ、女性工場労働者• In This Corner - ローラ, ドン, パット, トリシュ, エンジェルズ、工場労働者• So Long, Charlie - ニコラ• Soul of a Man - チャーリー• Hold Me in Your Heart - ローラ• 2014年1月27日、 アンディ・ケルソがスターク・サンズの後任で チャーリー・プライス役に配役された。 2014年3月4日、 ジェナ・ド・ウォールがアナリー・アシュフォードの後任で ローレン役に配役された。 2014年3月4日、 コートニー・ウォルフソンはリナ・ホールの後任で ニコラ役に配役された。 2014年6月24日から9月30日、 ヘイヴン・バートンは一時的にジェナ・ド・ウォールの代役で ローレン役に配役された。 プロダクション [ ] シカゴおよびブロードウエイ [ ] 2012年2月6日、『』は『キンキーブーツ』のプロデューサーがブロードウエイ公演の試験興行としてでの公演を検討していると報じた。 2月22日、ブロードウエイ公演前のシカゴ興行が2012年10月に行なわれることが発表された。 6月28日、シカゴ公演の出演者が発表された。 2012年9月、にある劇場でリハーサルが行われた。 2012年10月2日、シカゴにあるバンク・オブ・アメリカ劇場でブロードウエイ前公演が開幕し、11月4日に閉幕した。 公演はミッチェルによる演出および振付、デイヴィッド・ロックウエルによる装置デザイン、グレッグ・バーンズによる衣装、ケネス・ポズナーによる照明、ジョン・シャイヴァーズによる音響で上演された。 音楽監督および編曲はスティーブン・オレマスであった。 演出およびデザイン・チームはこれまで高い評価を受けて数々の賞を受賞してきた。 ミッチェルは2005年に『ラ・カージュ・オ・フォール』再演でトニー賞を受賞し、バーンズとポズナーもトニー賞に受賞したことがあり、ロックウエルはトニー賞などに複数回ノミネートされたことがあった。 ミッチェルとロックウエルは以前『ヘアスプレー』。 『』、『』でコラボレートしたことがあった。 ミッチェルは『ニューヨーク・タイムズ』に、第1作のキンキーブーツが完成してお祝いのダンスに合わせてブーツがに乗ってくる『 Everybody Say Yeah 』のシーンでは役者がこのベルトを動かすため安全に気を付け改良を重ねなければいけなかったと語った。 デザイナーのデレク・マクレーンは『キンキーブーツ』のベルトコンベア・ダンス・シーンのように振付家と装置デザイナーがコラボレートすることはよくあると語った。 マクレーンはベルトコンベアは複数で構成され、分割されてあちこちに動き回る様子は4インチ 12cm のヒールを履いた男たちのダンスにアクセントを付けており物語の背景によく合い、この一連の動きに感銘を受けたと語った。 ベルトコンベアに敬意をこめて、彼は「ベルトコンベアがこのように驚きの連続で、実際危険そうな動きでダイナミックに使われることはかつてなかった。 私が知っている中で、装置デザインと振付のスリリングなコンビネーションの1つである」と語った。 試験興行の後、チームは曲のカットおよび、チャーリーのための新曲とドラァグ・クラブでの2曲目の追加、脚本の修正を行なった。 ブロードウエイ公演が Al Hirschfeld Theatre にて2013年3月3日からプレヴュウ公演が行なわれ、4月4日に正式に開幕した。 シカゴおよびブロードウエイの出演者はローラ役にビリー・ポーター、チャーリー役にスターク・サンズ、ローレン役にアナリー・アシュフォードが配役された。 ポーターは特に批評家の称賛を受けた。 『ニューヨーク・タイムズ』は2012年から2013年のシーズンで、ブロードウエイ新作ミュージカルの多くは「映画や本から着想を得ている」 、また『キンキーブーツ』は「継続している失業率、財政難、工業の衰退」などを含む問題が現代と重なる部分があると記した。 2013年6月9日のトニー賞までに『キンキーブーツ』は興行面で『マチルダ』と競っていた。 しかし開幕から1ヶ月足らずで『キンキーブーツ』は週の興行収入で上回った。 『キンキーブーツ』はトニー賞においてミュージカル作品賞を含む、シーズン最高の6部門で受賞した。 翌日、チケットは125万ドル売り上げ、観劇するにはだいぶ先のチケットでも前売券を購入する必要があった。 トニー賞受賞数週間後の7月上旬にはチケット購入のための泊まり込みが始まったため、購入権は抽選で決まることになった。 『キンキーブーツ』は Al Hirschfeld Theatre におけるチケット売り上げ記録を更新し 、30週間の公演で比較的早く1,350万ドルの経費を回収し 、近年の大掛かりなミュージカル作品の中でもより速い回収となった。 2013年10月、ブロードウエイの公演において、『ブック・オブ・モルモン』に続き2番目にプレミア価格の高い作品となった。 2015年2月4日現在、1億3,500万ドルの収益を上げた。 11月28日、全米で放送されたでフィナーレのシーンが披露されたが、多くの視聴者が家族向けの番組に不適切だとコメントした。 ファイアスタインはこの放送により偏見が減りの人々への寛容さが増したと語った。 その他のプロダクション [ ] 2014年9月4日、にあるスミス・センターにて全米ツアー公演が始まった。 ローラ役はカイル・テイラー・パーカーが配役された。 2015年6月、全員人キャストによる・プロダクションの公演がロイヤル・アレキサンドラ劇場で開幕予定である。 2014年11月25日から2015年2月8日まで韓国のソウルにある忠武アートホールで韓国プロダクションによる公演が予定された。 2015年にウエスト・エンドプロダクションによる公演が予定され、ミッチェルが会場と交渉中である。 批評 [ ] 2012年10月のシカゴ公演開幕時、『シカゴ・トリビューン』の批評家クリス・ジョーンズは『キンキーブーツ』について「心温まる、感じの良い、豪華で、涙をそそる、寛大で上品なスケールの」プロダクションであると記した。 ブロードウエイ開幕前、他の批評家は音楽、脚本、演出、そしてポーターの演技を称賛し、その後チームはオープニングの曲をより効果的に、第2幕のペースを改良し、「チャーリーとローレンのロマンスの誕生のために、より導入部が必要となった。 観客にわかりやすいようにローレン役のアシュフォードに台詞や演技を追加した。 ブロードウエイ開幕公演では賛否両論であった。 『』の劇評家チャールズ・マクナルティは「ファイアスタインの伝えたいことはきちんと伝わってくる」が「商業的でなければとても楽しかっただろう」としながらも、ローパーの音楽について「ストーリーに沿わない」「初歩的な間違い」と批判した。 『』の Joe Dziemianowicz は「この脚本は足に全く合わない靴のように問題がある」としたが、「ミッチェルのプロダクションは全速力で動き」「ポーターにとってローラ役は当たり役」とし、ローパーの「多様な驚くべき楽しい」音楽は工場の靴よりも魅力があり、「この公演の本当の見せ場」は音楽にあることを証明したと記した。 『』でデイヴィッド・コートはノーザンプトンが舞台のこの作品にアメリカ人俳優を起用したことについてリアリティを失っていると記した。 『』は「ゲイのダンサーを起用したイギリスの労働階級の偽善的なお涙頂戴のエンディング。 『キンキーブーツ』は役者が台詞を言う前にネタバレするようなミュージカルである。 音楽も、シンディによる80年代後期の忘れ去られた定番のB面曲」であると批判した。 『バーゲン・レコード』のレヴュウでは「致命的な欠点はドラマティックなお約束の結末である。 このためひどく退屈なミュージカル」であるとし、「ありふれた」「作り話」と記した。 『トーキン・ブロードウエイ』でもネガティヴなレビュウであった。 『』 、『AMニューヨーク』 、でははっきりした表現は避けた。 『ニューヨーク・タイムズ』のベン・ブラントリーは「印象を受けた」とし、近年の人気ミュージカルと比較し「『』 ミッチェル振付 や『』のように、経営不振のイギリスの工場街では失業率が高く、気持ちの高揚が必要である。 『ラ・カージュ・オ・フォール』や『』のようにドラァグ・クイーンが盛り上げてくれる。 また『ヘアスプレー』とトーンが似て、『キンキーブーツ』は観客の情熱を引き出し、偏見を打ち消し、既成概念を超越する」と高評価を記した。 ブラントリーはローパーの「感傷的で奇抜な彼女のトレードマークの音楽」と「愛のこもった熱い音楽」に圧倒され、衣装やブーツをデザインしたグレッグ・バーンズは観客を赤いブーツに釘付けにしたと記した。 しかしブラントリーはファイアスタインの脚本については特に第2幕で「不快で説教くさい」「お決まりのストーリー」であるとした。 『タイム・アウト・ニューヨーク』の劇評家は「現代の著名ミュージカルの典型」と記した。 は「自分たちと重ねることができる昔から愛される父子の物語と独特な赤いブーツ。 ハーヴェイ・ファイアスタインは舞台に魔法をかけた」としつつも、「第2幕は全く不要であり、おかしな英国訛りでくだらない靴の話がだらだらと続く」とした。 『』は「シンディ・ローパーの音楽は心に訴えるものがあり称賛に値する」と記した。 『ニューヨーク・マガジン』 、『』 、『ワシントン・ポスト』 、『』からは高評価を得た。 『ニューヨーク・タイムズ』、『タイム・アウト・ニューヨーク』、『ニューヨーク・マガジン』による批評家選出作品、および『エンターテイメント・マガジン』による必見作品の1つに選ばれた。 受賞歴 [ ] 当初『マチルダ』が有力候補とされていたが、『キンキーブーツ』および『』再演が開幕すると激戦となっていった。 2013年度初頭、『キンキーブーツ』が優位となりドラマ・リーグ・アワードのミュージカル・プロダクション賞、ポーターおよびサンズがパフォーマンス賞にノミネートされ 、プロダクション賞を受賞した。 アウター・クリティクス・サークル・アワードにおいて9部門でノミネートされ、新作ブロードウエイ・ミュージカル作品賞、新作楽曲賞、ポーターに対するミュージカル男優賞の3部門を受賞した。 ドラマ・デスク・アワードでは2部門しかノミネートされず、ポーターがミュージカル男優賞を受賞した。 『ニューヨーク・タイムズ』劇評家のパトリック・ヒーリーはトニー賞投票者が『マチルダ』について「暗く」「やや冷淡」と評していると報じ、「『マチルダ』の緻密なすじは脚本賞に値するが、『キンキーブーツ』の温かさはその得点を覆す可能性がありトニー賞ミュージカル作品賞を獲得するかもしれない」と予測した。 トニー賞において『キンキーブーツ』はこの年最高の13部門にノミネートされた。 『ニューヨーク・タイムズ』が「批評家からの評判が高い」と評した『マチルダ』は12部門でノミネートされ、うち11部門は『キンキーブーツ』もノミネートされていた。 批評家からの評判に加えて『マチルダ』はドラマ・デスク・アワードのミュージカル作品賞を受賞し、またローレンス・オリヴィエ賞史上最多受賞となっていた。 にも関わらず『キンキーブーツ』はミュージカル作品賞、ローパーのオリジナル楽曲賞を含むこの年最多のトニー賞6部門を受賞した。 なおオリジナル楽曲賞を女性が単独で受賞したのはこの時が初めてであった。 製作チームはアメリカ人であり、『ガーディアン』のアメリカ人レヴュウ・ライターであるデイヴィッド・コートは『キンキーブーツ』の受賞について「イギリスの作品である『マチルダ』は、 イギリスが舞台ではあるが アメリカ発のミュージカルである『キンキーブーツ』のバランスの取れた愛」が勝因だったと分析した。 他にポーターに主演男優賞、シャイヴァーズに音響デザイン賞、ミッチェルに振付賞、オレマスに編曲賞が与えられた。 ファイアスタイン、サンズ、アシュフォード、演出のミッチェル、他3名のデザイナーはノミネートはされたが受賞には至らなかった。 また2013年のアーティオス賞でブロードウエイ・ミュージカルキャスティング賞を受賞した。 2016年、・最優秀新作ミュージカル賞、が最優秀主演男優賞、が最優秀衣裳賞を受賞。 収録 [ ] 詳細は「」を参照 2013年5月28日、ローパー、オレマス、ウイリアム・ウイットマンによるプロデュースのブロードウエイ・オリジナル・キャスト・アルバムが発表された。 ビルボード初登場時、キャスト・アルバム・チャート第1位、Billboard 200第51位となり 、2年前の『ブック・オブ・モルモン』以降、ブロードウエイ・キャスト・レコーディングのチャートで最高となった。 シカゴでの試験興行の前、ビルボードのクラブ・チャートにおいて『 Sex Is in the Heel 』がトップ10にランクインし、この25年間でブロードウエイの楽曲で初めてのランクインとなった。 2013年6月、Wayne G. このアルバムは『プレイビル』誌上でスティーヴン・サスキンにより高評価を受け 、グラミー賞ミュージカル・シアター・アルバム部門を受賞した。 日本での上演 [ ] 日本では、2016年に初演。 2016年(初演)• とのW主演で上演。 日本版演出協力と上演台本を、訳詞をが担当。 主要キャスト 2016年 チャーリー・プライス ローラ ローレン ニコラ ドン ジョージ パット トリッシュ ハリー (JONTE 脚注 [ ]• 2014年6月7日閲覧。 スポニチ. 2016年4月4日. 2019年3月5日閲覧。 playbill. com. 2012年10月17日. 2013年2月9日閲覧。 , BBC Two, accessed November 11, 2013• , Broadway. com, March 16, 2013, accessed November 14, 2013• , Internet Broadway Database, accessed December 16, 2013• Jones, Kenneth 2008年7月8日. 2013年12月17日閲覧。 BroadwayDirect. com. 2013年11月22日閲覧。 The Broadway League. 2013年12月17日閲覧。 Jones, Kenneth 2008年7月8日. 2012年10月5日閲覧。 2012年10月5日閲覧。 subscription required• Healy, Patrick 2012年8月15日. The New York Times. 2013年12月15日閲覧。 2013年11月7日閲覧。 Broadway. com 2010年6月23日. 2013年11月10日閲覧。 2013年11月8日閲覧。 Brantley, Ben 2006年4月21日. 2013年11月11日閲覧。 Parsi, Novid 2012年9月26日. Chicago. 2013年11月13日閲覧。 Henderson, Kathy 2012年10月1日. Broadway. com. 2013年11月14日閲覧。 2012年10月5日閲覧。 2012年10月2日. 2012年10月5日閲覧。 2013年11月12日閲覧。 Healy, Patrick 2013年4月17日. The New York Times. 2013年12月15日閲覧。 Broadwayworld. com 2011年8月16日. 2013年11月10日閲覧。 Jones, Kenneth 2012年1月11日. 2013年11月10日閲覧。 Healy, Patrick 2012年1月11日. 2013年11月10日閲覧。 Healy, Patrick 2012年8月15日. The New York Times. 2013年12月15日閲覧。 Peeples, Jase 2013年5月14日. 2013年11月12日閲覧。 Reich, Ronni 2013年3月17日. 2013年11月12日閲覧。 2013年6月7日閲覧。 playbillvault. com. 2013年6月7日閲覧。 After previews, a song called "What Else Can I Do? 2013年6月9日閲覧。 playbillvault. com. 2013年6月1日閲覧。 Ferri, Josh 2013年7月16日. Broadway. com. 2014年3月4日閲覧。 2014年1月31日閲覧。 2014年3月4日閲覧。 broadway. com 2014年6月3日. 2014年6月22日閲覧。 Jones, Chris 2012年2月6日. 2013年11月10日閲覧。 Broadwayworld. com 2011年2月22日. 2013年11月10日閲覧。 Healy, Patrick 2013年2月23日. 2013年11月7日閲覧。 Jones, Chris 2012年6月28日. 2013年11月10日閲覧。 Gordon, David 2012年9月12日. TheaterMania. com. 2012年10月5日閲覧。 2013年11月12日閲覧。 Piepenburg, Erik 2013年4月3日. 2013年11月13日閲覧。 2013年3月14日閲覧。 Isherwood, Charles 2013年2月21日. 2013年3月14日閲覧。 Jones, Chris 2012年6月28日. 2012年10月5日閲覧。 2013年4月29日閲覧。 huffingtonpost. com. 2013年2月9日閲覧。 Isherwood, Charles 2013年2月21日. 2013年11月7日閲覧。 Matilda opened on Broadway on April 11, 2013, one week after Kinky Boots. 2013年11月9日閲覧。 Broadwayworld. com. 2013年12月18日閲覧。 Hetrick, Adam 2013年7月3日. 2013年11月7日閲覧。 Meadows, Megan. Broadway. com. 2013年12月18日閲覧。 The New York Times. 2013年12月18日閲覧。 Broadwayworld. com. 2013年12月18日閲覧。 Gans, Andrew 2013年10月3日. 2013年11月7日閲覧。 Healy, Patrick 2013年10月3日. 2013年11月9日閲覧。 , Playbill Vault, accessed September 30, 2014• Broadwayworld. com 2013年11月28日. 2013年11月29日閲覧。 Beard, Lanford 2013年11月28日. 2013年11月29日閲覧。 Page Six Team 2013年11月30日. 2013年12月15日閲覧。 Hetrick, Adam 2013年12月20日. Playbill. 2013年12月20日閲覧。 Cling, Carol 2014年8月28日. Las Vegas Review-Journal. 2014年8月28日閲覧。 2014年2月19日. 2014年2月21日閲覧。 2014年3月10日閲覧。 Hewis, Ben 2014年1月23日. whatsonstage. com. 2014年1月23日閲覧。 Jones, Chris 2012年10月17日. 2013年3月14日閲覧。 McNulty, Charles 2013年4月4日. 2013年4月29日閲覧。 2013年11月9日閲覧。 Teachout, Terry 2013年4月4日. 2013年12月16日閲覧。 Feldberg, Robert 2013年4月5日. 2013年12月16日閲覧。 Murray, Matthew 2013年4月4日. Talkin' Broadway. 2013年12月16日閲覧。 Feingold, Michael 2013年4月10日. 2013年12月16日閲覧。 Windman, Matt 2013年4月4日. AM New York. 2013年12月16日閲覧。 Kahn, Robert 2013年4月5日. NBC New York. 2013年12月16日閲覧。 2013年4月29日閲覧。 Feldman, Adam April 4, 13. New York. 2013年12月15日閲覧。 Kennedy, Mark 2013年4月4日. The Big Story. 2013年12月15日閲覧。 Geler, Thom 2013年4月9日. Entertainment Weekly. 2013年12月15日閲覧。 Bonanos, Christopher 2013年4月4日. 2013年12月15日閲覧。 Vincentelli, Elisabeth 2013年4月5日. 2013年12月15日閲覧。 Marks, Peter 2013年4月4日. 2013年12月15日閲覧。 Stasio, Marilyn 2013年4月4日. 2013年12月15日閲覧。 2013年12月15日閲覧。 Healy, Patrick 2013年6月7日. 2013年12月15日閲覧。 Gans, Andrew 2013年4月25日. 2013年4月27日閲覧。 Gans, Andrew 2013年5月17日. 2013年5月17日閲覧。 Gans, Andrew 2013年5月13日. 2013年5月13日閲覧。 Hetrick, Adam 2013年5月19日. 2013年5月20日閲覧。 The New York Times. 2013年12月18日閲覧。 2103年6月10日閲覧。 Healy, Patrick 2013年4月30日. 2013年11月10日閲覧。 2012年4月15日. 2013年11月20日閲覧。 Healy, Patrick 2013年6月10日. 2013年11月9日閲覧。 , , accessed November 20, 2103• シアターガイド. 2016年4月4日. 2016年4月5日閲覧。 masterworksbroadway. com. 2013年3月8日. 2013年6月7日閲覧。 Hetrick, Adam 2013年5月28日. playbill. com. 2013年6月7日閲覧。 playbill. com. 2013年6月7日. 2013年6月7日閲覧。 top40-charts. com. Top 40 Charts 2013年6月7日. 2013年6月7日閲覧。 Hetrick, Adam 2013年6月28日. 2013年11月7日閲覧。 Suskin, Steven 2013年8月4日. 2013年11月7日閲覧。 Hetrick, Adam 2014年1月26日. 2014年1月27日閲覧。 ステージナタリー 2016年2月9日. 2016年2月9日閲覧。 外部リンク [ ]• - ( 英語版)• - ( 日本語版)• at Playbill Vault• at Theater Mania• - 日本版.

次の

「キンキーブーツ」とはどういう意味?英語で「Kinky Boots」と記述するとの事。│www.auctions.leonardjoel.com.auOG

キンキー 意味

4月 5, 2019 6月 29, 2020 2019年日本再演のミュージカル『キンキーブーツ(Kinky Boots)』は、実話を元にしたイギリスの地方都市が舞台の作品です。 シンディ・ローパーが全曲書き下ろしブロードウェイでは6年のロングラン公演。 2013年のトニー賞13部門ノミネート6部門受賞している作品です。 日本版は 小池徹平さんと三浦春馬さんのW主演で2016年に初演を迎え、2019年に同キャストで再演。 (『』は、2020年に渡辺直美さん主演で、日本初演を迎えるのでこちらも楽しみ) ジェリー・ミッチェル氏自ら「アスレチック」と認めるように、運動量が多くスピーディーな振り付けが特徴で、そこにシンディ・ローパーのポップでノリの曲が加わり、これで盛り上がらないのは無理!というものです。 特にヒール15ccm超の真赤なブーツを履いて踊るドラァグクィーンのローラとエンジェルスの姿は圧巻です。 初演時、ずっとピンヒールを履いていたローラとエンジェルスは氷水を張ったバケツに足を入れながらお稽古をしていたようです…><! ダンスと音楽に加え、チャーリーとローラの友情、そして彼らの父に対する息子としての葛藤も丁寧に描かれています。 作品のテーマである「自分自身を受け入れる」「他人もあるがまま受け入れる」というメッセージが、押しつけがましくなく優しく心に響き、一人でも多くの人に観て欲しいなと個人的に思う舞台の一つです。 また作品自体が素晴らしいのはもちろん、日本公演の初演が成功したのは、出演された役者さんたちの力もすごく大きいと思っています。 この作品で、チャーリーに 「ドラァグクイーンとただの女装の違いはなに?」と聞かれたローラは次のように答えています。 ローラ「 化粧をしてクレオパトラになるのがドラァグクイーンよ。 ママの下着を履いたチャールズ皇太子になるのが、ただの女装」 ドラァグクイーンは、男性同性愛者が自己主張のパフォーマンスとして女装した事が始まりとされています。 「女装する」といっても女らしくみせるのではなく、過度に女性を表現して、パフォーマンスとして昇華する人々のことを指すんですね。 男性の同性愛者、両性愛者に多いですが、近年では男女の異性愛者が行うこともあります。 ミュージカル『キンキーブーツ』のあらすじ 一幕 イギリス中東部の田舎町ノーサンプトン(Northampton)。 老舗の靴工場「プライス&サン」の4代目とした生まれたチャーリー・プライスは、家業を継がず、フィアンセの二コラとロンドンで生活する道を選ぶ。 しかしその矢先に父のプライス氏が亡くなり、チャーリーは父親の工場を継ぐことになった。 次期社長として帰郷したチャーリーは、実は会社が経営難で倒産寸前だったことを知る。 長年勤めた従業員を解雇しなければならず、苦悩しながらもひとりひとりに解雇通知を告げるチャーリー。 しかし、幼馴染の従業員ローレンに解雇通告をすると、彼女から「倒産を待つだけでなく、ニッチな市場を開拓してみたら?」とハッパをかけられる。 チャーリーは彼女の壊れたブーツを手にし、倒産寸前の工場を救うため「女装の男性たちの為のセクシーなブーツ」というニッチな商品を作ることを思いつく。 美しいブーツは女性物しか売っていないので、ローラはすぐに壊れてしまうブーツを我慢して履いていたのだ。 鮮烈な赤とセクシーなピンヒールがどれだけ重要かローラは力説する。 チャーリーはローラを靴工場の専属デザイナーに迎え、2人は試作を重ねる。 しかし靴工場の男性従業員はローラを受け入れる事が出来ない。 特にドンという偏見の強い従業員は、ローラをあからさまに侮辱する。 周囲になじもうと、一旦は男性の格好をして工場に現れたローラだが、屈辱的な扱いを受けてトイレに籠ってしまう。 駆けつけたチャーリーに、ボクサーだった父親の期待に応えられなかった生い立ちを話すローラ。 お互いの境遇に共通点を見出したチャーリーとローラの間に友情が芽生え始める。 そしてついに「キンキーブーツ」が完成! 二幕 キンキーブーツをミラノの展示会に出品するため大忙しの「プライス&サン」。 「プライス&サン」の工場長ジョージや女性従業員からの信頼を得ていたローラは、男性の格好ではなくドラァグクィーンの扮装のまま働いていた。 そんなローラに偏見からドンは強くつっかかり確執が決定的になる。 ボクシングで対決することになったローラとドン。 プロボクサーだった父親から訓練を受けていたローラだが、ドンに勝ちを譲る。 そのことに気づいたドンにローラは「あるがままの他人を受け入れて」と提案する。 従業員たちと絆を深めるローラに対し、ミラノの品評会へ出品するプレッシャーからチャーリーは仲間たちに当たり散らしはじめ、言ってはいけない一言でローラを傷つけてしまう。 ローラとほとんどの従業員は工場から去ってしまい、残されたチャーリー。 キンキーブーツを履いてくれるメンバーがいなくなり、品評会では彼自身がキンキーブーツを履くしかなくなったが、15cmのハイヒールを履いてまっすぐ立つこともできない。 そこに現れたのは・・・ チャーリー・プライス Charlie Price チャーリーはいわゆる「平凡な人」の代表。 老舗の靴工場「プライス&サン」の4代目で、家業を継ぐ気はなかったが、父親が急死し倒産寸前の会社を引き継ぐ為に、戻りたくなかった故郷へ戻ることに。 強い意志をもって生きてきたわけでもなく、靴づくりに情熱があったわけでもない。 女装する男性を差別しているつもりはないけれど、彼らと一緒に仕事をするのには人目が気になる。 突如経営難の会社を引き継ぎ、工場に長年尽くしてきた従業員にリストラを宣告してしまうチャーリーは最初情けなくもみえますが、チャーリーと同じ立場にたったら同じようにふるまうかもしれない…そう思えるような人物だと感じます。 そんなチャーリーも、ローラたちと様々な経験をしながら、見方を変えるだけで違う世界が開けてくることに気付いていきます。 ブロードウェイ『キンキーブーツ』演出・振付のジェリー・ミッチェル氏が「観客には、チャーリーとともに旅をする気分になってほしい」と語っているように、 チャーリーは作品の中心人物です。 小池徹平(こいけ てっぺい) MEMO『第14回 ジュノン・スーパーボーイ・コンテスト』でグランプリ受賞。 2002年のフジテレビ系ドラマ『天体観測』で俳優デビュー。 ミュージカル作品では、『デスノート The Musical』のL役、『1789 -バスティーユの恋人たち』の主演ロナン役、『キャバレー』クリフ役、『ロッキー・ホラー・ショー 』ブラッド役など。 この作品はドラァグクィーンのローラやエンジェルスがどうしても目立つので、「いわゆる普通の人」のチャーリーは演じるのに難しい役だと思います。 物語の流れに欠かせない「軸」がチャーリーだという事がすごく伝わってきます。 初演はどちらかというと透明感のある歌声が印象的でしたが、再演ではそこに力強さが加わったように感じました。 キンキーブーツでの受賞 第42回菊田一夫演劇賞・演劇賞受賞(『1789』『キンキーブーツ』での評価) 参考: 2016年ALL Aboutミュージカル・アワード新星賞 参考: MEMOテレビ、映画、舞台と様々な分野で活躍。 ドラァグクィーンは女性らしくみせるというよりは、「女装でパフォーマンスしている」と見た目でわかりやすく伝えるものだと思うので、筋肉美と声の低さが役にすごくマッチしています。 肉体美だけでなく内面の描き方も素晴らしく、自分らしくいられるドラァグクィーンの姿の時は強気なのに、化粧を落とし男性のサイモンの姿になると今度は頼りなげにみえ、ローラの格好は自分のナイーブさを守る鎧だとわかります。 そしてピンヒールを履いてのキレキレダンスはオーラがあって、テレビでの三浦春馬さんしか知らなかった私は、初演でただただ本当に驚きました。 2016年初演時には公演開幕前にニューヨークでシンディ・ローパーの歌唱指導を受けられたの事。 特に「Hold me in your Heart」での三浦ローラの魂の歌は涙が止まらなくなります。 キンキーブーツでの受賞 第24回読売演劇大賞 優秀男優賞・杉村春子賞 参考: ローレン Lauren チャーリーとは幼馴染で工場「プライス&サン」で長年働く。 チャーリーにニッチ市場の提案をしたことから、チャーリーはドラァグクイーン用のブーツ作りを思いつく。 チャーリーが変化しようとする姿をみて彼に恋する。 ソニン MEMO元EE JUMPメンバーで2003年以降は舞台での活躍が多い。 2012年12月より文化庁新進芸術家海外研修制度にての研究員としてニューヨークで1年過ごす。 ミュージカル出演作は『RENT』ミミ役、『ミス・サイゴン』キム役、『1789 -バスティーユの恋人たち』ソレーヌ役、『マリー・アントワネット』マルグリット・アルノー役など。 チャーリーに恋におちるローレンはコメディ要素のあるキャラクター。 ソニンさんのローレンは天真爛漫でキュートでありながらパンチもあり、物語がすすむにつれて、チャーリーにとってなくてはならない人と思える人物像です。 ローレンの見所の一つに工場で「The History of Wrong Guys(間違いだらけの恋の歴史)」を歌いながら、エアダスターでゴーーーっと髪をなびかせるシーンがあるのですが、ウィッグをかぶっていることもあり実際のところ髪をなびかせるのはすごく難しいんだそう。 チャーリーと一緒にロンドンで生活しようとする。 玉置成美 (たまき なみ) MEMO小学校からサッカーをしプロを目指すも、21歳で受けたプロテストに最終選考で落ち、のちに役者を目指す。 映画では2010年『あしたのジョー』、2012年『テルマエ・ロマエ』、2014年『テルマエ・ロマエII』、2015年『HERO』、2016年『信長協奏曲 のぶながコンツェルト 』などに出演。 ドラマでは2014年フジテレビ 『HERO』、2015年TBS『アルジャーノンに花束を』、テレビ東京『勇者ヨシヒコと導かれし七人』など。 舞台ではキンキーブーツの他、2014年の『フルモンティ』などにも出演している。 ジョージ George ひのあらた ジョージは「ブライス&サン」の工場長。 伝統を重んじている。 MEMO2006年日本武道館で行われたEXILE新メンバー選考オーディションでファイナリストとして選出されるが落選。 2007年8月22日「ゆれる」で日本・中国・韓国の3か国同時デビュー。 2009年劇団EXILEのメンバーとなり俳優としても活動。 『ウィズ ~オズの魔法使い~』、『愛の唄を歌おう』など舞台出演多数 エンジェルス ローラが率いる美しきドラグァクイーンたち。 ローラと一緒にピンヒールでガンガン踊ります。 口語だと、(性格・行動などが)変な、気まぐれな または、変態の、性的に倒錯といった意味です。 ただし、キンキーブーツ(Kinky Boots)になると、 「特別にセクシーな外見で、とても高いヒールを持ち、細く丈が長くメダル色の性質のブーツ」といった意味もあるようです。 参考: 舞台のノーザンプトン(Northampton)は靴の聖地 作品の舞台になったイギリスのノーザンプトン(Northampton)は、「靴の聖地」と呼ばれています。 ジョン・ロブ、クロケット&ジョーンズ、エドワード・グリーン、チャーチ、トリッカーズ…といったイギリスを代表する老舗紳士靴ブランドの工場が集まっているんですね。 職人の手作業で作られる靴は、10年、20年と履き続けられる品質の高いもので、イギリス紳士靴を愛する人にとって「Made in Northampton」は特別な響きがあるようです。 イギリス旅行のツアーには「ノーザンプトンでファクトリー・アウトレット巡り」というものもあり、遠方からノーザンプトンのファクトリーショップへ訪れる人が今でも大勢います。 実話から着想を得て作られた ミュージカル『キンキーブーツ』は2005年の映画が原作ですが、この映画も、実在したエピソードが元になっています。 イギリスノーサンプトンシャー州のアールズ・パートンにある「W. Brookes Ltd」 W. ブルックス社 は100年以上続く、家族経営の老舗紳士靴メーカーでしたが、1997年、安い輸入靴の影響で経営難に陥ります。 しかしとあるオーダーをきっかけに、女装趣味の男性も履ける女性靴の製造に着手。 このことが1999年にイギリスTVBBC Twoのドキュメンタリーで取り上げられます。 そしてこのドキュメンタリーがきっかけで映画『キンキーブーツ』が作られました。 ただ、一時は経営が良くなったW. ブルックス社でしたが、残念ながら2000年に閉鎖になります。 (チャーリーのソロ「I Come to the Rescue」、ローレンのソロ「So Long Charlie」など) ジェリー・ミッチェルとシンディ・ローパーは20年以上の付き合いがあり、彼女の作曲の才能は疑ってはいなかったけれど、シンディはミュージカル作品初めてなので、登場人物の心情で作詞できるのか未知だったとのこと。 シンディ・ローパーも最初は『キンキーブーツ』には踊りやすいポップな曲をかけば良いと思ったそうです。 しかしシンディは、ミュージカル作品を調べていくうちにどうも普通の歌とミュージカルの楽曲とでは勝手が違い、『キンキーブーツ』を通して、ミュージカル音楽の創り方を学んでいったのだとか。 最終的に彼女が作った歌詞は、どれもキャラクターを優しく表現するものばかり。 そして個々の歌詞に合わせたポップでパワフル、バラード、ディスコ調と様々なメロディーに彩られ、シンディ・ローパーは『キンキーブーツ』でトニー賞最優秀楽曲賞を受賞する事となります。 すごく可愛い。 映画やドラマでも、欧米の作品は父と息子の関係深く描かれているものが多いと思うのですが、『キンキーブーツ』も同じです。 (日本だと母と娘の関係になりそうです) 父親の気持ちを裏切りたくはないけれど、自分を見失わないためには、今の父親の理想とは異なる自分を受け入れなければいけない。 しかしその父の気持に背き「自分らしくあろう」と生きてきたローラは、父親への愛情の板挟みに葛藤を抱えています。 そんなローラが父親の入所する故郷の老人ホームで行う慰問公演。 ありのままの感情を歌い、父親と気持ちを心通わせていきます。 「心の中で抱きしめて」 「ただ、ありのままの私を」 「過ちさえ愛している」 ローラが登場するLand of Lola の少し虚勢をはった強さではなく、内側からあふれる優しい強さに圧倒され、魂の歌声に涙がとまらなくなるシーンでした。 ミュージカルではないですが、涙と笑いがあり最後はスカッとした爽快感が得られる物語。 Amazonのレビューが高評価なものが多く、ミュージカル作品と合わせて楽しめる1本です。

次の