ミニチュア ピンシャー。 ミニチュアピンシャーの子犬を探す|ブリーダーナビ

ミニチュアピンシャーの寿命について

ミニチュア ピンシャー

歴史 最近は断尾・断耳しない傾向にあり 「ピンシャー」とは、ドイツ語でテリアの意味。 原産国のドイツでは、見た目が子鹿に似ていることから、「レイピンシャー」(レイとはドイツ語で子鹿という意味)とも呼ばれます。 日本では「ミニピン」、英語圏の国でも「mini-pin」と略して呼ぶこともあるようです。 ミニチュア・ピンシャーは、見た目がドーベルマンと似ていることから、ドーベルマンを小型化した犬種と思っている人も少なくありませんが、歴史はミニチュア・ピンシャーのほうが古く、害獣駆除に使われていたヘル・ピンシャーという犬種にダックスフンド、イタリアングレーハウンド、ジャーマン・ピンシャーといった犬種を交配し、19世紀頃に現在のような形になったとされています。 ドーベルマンと同様、断尾・断耳の習慣がありますが、20世紀後半から、ドイツをはじめとするヨーロッパ各国では、動物愛護の精神により断尾・断耳を認めないという流れになりつつあります。 しつけ 好奇心が強く、別名「脱走の芸術家」 ミニチュア・ピンシャーの性格は、勇猛果敢で縄張り意識も強く、アメリカでは番犬として飼う家庭も多いほど。 警戒心が強くて神経質なので来客に吠えたりすることもあります。 プライドが高いので子どもにかまわれるのは苦手です。 また、好奇心旺盛、遊びが大好きで、いたずら好きな一面もあり、「脱走の芸術家(Escape Artists)」という別名を持つほどです。 しつけでは、好奇心のままに家を飛び出したりすることのないようガマンを覚えさせることが大切です。 忠誠心が強いのできちんとしつけを行えば従順です。 しつけの基本である「できたら褒める。 ダメなときは無視」を徹底し、正しい主従関係を築いてください。

次の

ミニチュアピンシャーの寿命について

ミニチュア ピンシャー

家庭が明るくなる!活気あるミニチュアピンシャーの魅力的な性格は? 小柄ながら気迫があり、とてもパワフルで活気があるミニチュアピンシャー。 とにかく遊び好きで元気いっぱいで、家庭に迎え入れれば、やんちゃ盛りの子どもが一人増えたように毎日が賑やかになります。 「飼いにくい」といわれることも多いミニチュアピンシャーですが、 まずは良い面から見ていきましょう。 室内でも動き回るほど遊び好き ミニチュアピンシャーはとても遊び好きで、とにかく活気があります。 外だけでなく、家の中でも活発に動きまわっているほど、運動量も多くやんちゃです。 遊びに興奮してコントロールが効かなくなることもあるため、注意が必要です。 ただ、運動不足はミニチュアピンシャーにとって大きなストレスとなり、問題行動の原因にもなってしまいます。 元気いっぱいに動きまわることは、ミニチュアピンシャーにとってとても大事なことなので、ストレスにならないようたくさん遊ばせてあげることが大切です。 また、遊びだけでなくイタズラ好きなところはときどき飼い主を悩ませますが、基本的に綺麗好きなので、暴れて部屋を散らかすようなことはありません。 ミニチュアピンシャーは室内飼いしやすい犬種ともいわれていますよ。 外向的で好奇心旺盛!勇敢な冒険家 非常に好奇心旺盛なミニチュアピンシャーは、常に周囲を見渡してイタズラや遊びを考え、散歩に出かければ色々な景色に目を配り興味を示します。 このように外向的な性格ではありますが、社交的ではないため知らない人にはあまり懐きません。 好奇心旺盛なミニチュアピンシャーはブリーダーの間で「脱走の芸術家」と呼ばれています。 好奇心の強さから、ほんのわずかな隙にドアや窓から出て行ってしまうことがあるため注意しましょう。 毎日の散歩は好奇心を満たす目的もあるため、散歩や十分な運動を欠かさずに行ってくださいね。 また、ドアや窓の開けっぱなしに気を付け、危険なところには柵をつけるなどして脱走できないような環境に整えることで、思わぬ事故やトラブルを回避できますよ。 「マテ」や「オスワリ」といった基本的なしつけをしっかりとマスターしておくことも脱走防止につながります。 臆病にならず、勇敢にいろいろなことへ興味を示す冒険家のような性格はミニチュアピンシャーの良いところでもあるため、良い方向へ伸ばしてあげられるかどうかは飼育環境やしつけ次第です。 オスメスで違う傾向がる ワンちゃんの性格はしつけや育った環境、個体差による差がありますが、性別でも異なる傾向が見られます。 ミニチュアピンシャーの場合、オスはメスよりも活発でやんちゃな傾向があり、やや攻撃的で、縄張り意識の高さからマーキングをする子が多いです。 一方メスはオスよりも穏やかですが、独立心があり、発情期には情緒が不安定になることがあります。 ミニピンのしつけが難しい理由は?注意点への対処法は? photo by ミニチュアピンシャーは利口で飼い主に忠実だったり、甘えん坊でかわいい一面も持っていたりと、家庭犬としても素晴らしい素質を持つ犬種です。 ではなぜ、しつけが難しいといわれているのか、その理由を確認していきましょう。 また、どうすれば飼いやすく、しつけやすい子に育つか、対処法もご紹介します。 しつけが難しいのは賢く利口だから 「利口=しつけが簡単」とはいい切れず、利口だからこそしつけが難しいケースは多くあります。 利口なワンちゃんは飼い主のいうことをきちんと理解しますし、飼い主がどんな人かも見抜くことができます。 しつけに一貫性がなかったり、主従関係が良好でなかったりすると、自分の意志を強く主張し、気の強くなってしまうのです。 家族でしつけを行う場合は、全員が同じようにしつけるためにも、褒めるタイミングや叱り方などを統一しましょう。 良いことをしたとき、指示に従えたときはすぐさま褒めます。 ついついミニチュアピンシャーのペースに持っていかれそうになりますが、飼い主の生活リズムやペースを軸に生活に慣らしていきましょう。 利口なワンちゃんだからこそ、曖昧なしつけは裏目に出てしまいますよ。 主従関係をきちんと築きましょう。 神経質な面を刺激すると攻撃的になってしまう ミニチュアピンシャーは神経質で敏感なところがあります。 他の人やワンちゃんとの交流が少ないと用心深くなり、攻撃的な面が強くなってしまう可能性があります。 また、叱り過ぎると次第に信頼関係が崩れ、勝気な性格の子に育ちます。 基本は褒めて伸ばすことを大切にし、叱るのは本当にダメなことや間違っていることをした瞬間に叱りましょう。 ミニチュアピンシャーは利口な犬種ですので、自分で考え行動に移すことができます。 信頼関係の崩壊や叱り過ぎは攻撃的な行動を促してしまうため、注意が必要です。 本来は飼い主に忠実で甘えん坊なところも! ミニチュアピンシャーをしつけやすい子に育てるには、まず信頼してもらうこと、リーダーとして認めてもらうことが大事です。 本来、ミニチュアピンシャーは信頼する飼い主に対して厚い忠誠心を示す犬種で、信頼した相手には思いっきり甘えることもあります。 ぜんぜん甘えてくれない、いうことを聞いてくれない、自由奔放でやんちゃすぎる、といったように、ミニチュアピンシャーの立ち居振る舞いに不満を覚えたときには、信頼関係が上手く築けていないかもしれません。 自分を強く持ち、堂々とした振る舞いが印象的なミニチュアピンシャーですが、本当は心を開けばたっぷりと甘えてくれるかわいらしいワンちゃんなのです。 まとめ photo by 小さく繊細そうな体つきのミニチュアピンシャーですが、自分をきちんと持ったパワフルなワンちゃんです。 本来持つ飼い主への従順さや甘えん坊な一面も引き出すためにも、信頼関係を大事に向き合ってみてくださいね。 きちんとしつけができれば、飼い主に寄り添ってくれますよ。

次の

ミニピンのしつけ・飼い方

ミニチュア ピンシャー

準備中 ミニチュア・ピンシャーをブリーダー直販のペットショップで購入する ミニチュア・ピンシャーの性格 犬籍登録を管理する国際的愛犬団体である一般社団法人によると、ミニピンことミニチュア・ピンシャーは、鹿のように脚を高く上げる歩き方が特徴的なドイツ原産の小型犬です。 ミニチュア・ピンシャーは、好奇心旺盛で運動神経抜群、タフな犬種です。 飼い主への忠誠心や勇敢さから番犬にも向いています。 「小さなドーベルマン」と呼ばれることもありますが、「ヘル・ピンシェル」という同じ犬種の血をひいており、ミニチュア・ピンシャーの方が先に生まれています。 ヘル・ピンシェルはネズミなどを駆除するために使われていました。 ミニチュア・ピンシャーの平均寿命 ミニチュア・ピンシャーの平均寿命は12~15年です。 小型犬は大型犬より長生きする傾向がありますが、小型犬の中でも平均寿命と言えるでしょう。 ミニチュア・ピンシャーの平均体重 ミニチュア・ピンシャーの平均体重は、4~6kgです。 一般的には無駄な脂肪がなく、手足は細めで筋肉質な体格です。 ミニチュア・ピンシャーの平均体高 ミニチュア・ピンシャーの平均体高は、25~30cmです。 オスとメスで大きな違いはありません。 祖先犬のヘル・ピンシェルは中型犬でしたが、19世紀頃から現在のサイズに安定しています。 体長と体高がほぼ同じ長さです。 ミニチュア・ピンシャーの毛色(カラー) ミニチュア・ピンシャーの毛色は、単色(ディアー・レッド、レディッシュ・ブラウン~ダーク・レッド・ブラウン)、ブラックとタン、チョコレートとタンです。 例)単色• 単色(ディアー・レッド、レディッシュ・ブラウンからダーク・レッド・ブラウン)• ブラック&タン• チョコレート&タン ミニチュア・ピンシャーが成犬になるまでの期間 小型犬は生後約10カ月で成犬とみなされます。 犬年齢1歳は人間の年齢の17歳程度で、ミニチュア・ピンシャーは生後6カ月ほどでほぼサイズが決まります。 ミニチュア・ピンシャーの鳴き声 ミニチュア・ピンシャーは警戒心が強く、よく吠える犬種です。 番犬としての役割はしっかり果たせるでしょう。 しかし住宅が密集している地域や集合住宅で飼う場合には、無駄吠えをしないようにしっかりしつける必要があります。 ミニチュア・ピンシャーがかかりやすい病気 病名 時期や症状 治療費 大腿骨頭無菌性壊死(レッグ・ペルテス) 大腿骨頭への血の流れが悪くなり大腿骨頭が壊死する。 歩行障害が出る。 1歳未満で発症するケースが多い。 約15万円 進行性網膜萎縮 網膜の細胞に徐々に障害がおき、夜盲症や失明につながる。 不明 耳介辺縁皮膚症 耳のふちが血行不良になり、壊死する。 約3千円~ 椎間板ヘルニア 椎間板が変性して突出、神経を圧迫し痛みや麻痺が出る。 約34万円 膝蓋骨脱臼 後ろ足のひざのお皿がずれたり外れたりして、歩行障害や痛みが出る。 夏の室内はエアコンが必須ですが、冷房の風は直接当たらないよう工夫し、室温を26度ぐらいに保ちましょう。 真夏に窓を閉めた車でのお留守番や、暑い時間帯のお散歩は大変危険なので控えましょう。 ミニチュア・ピンシャーの体臭 ミニチュア・ピンシャーは、比較的体臭の少ない犬種です。 しかし毛色が濃いほうが、体臭は強い傾向があります。 短毛種は肌に直接汚れが付着するため、定期的に硬く絞った濡れタオルなどで汚れを丁寧に拭いてあげるとよいでしょう。 ミニチュア・ピンシャーの飼い方 室内で飼育し、小さい頃からケージに慣れさせておくと便利です。 ジャンプ力があり、柵やケージなどを飛び越えてしまうことがあるため、注意しましょう。 また人見知りで警戒心が強いため、他の人や犬をケガさせてしまう可能性があります。 社会性を身につけさせ、興奮せずに落ち着いて行動するようにしつけましょう。 ミニチュア・ピンシャーは脚が華奢なため、高い場所から飛び降りると骨折してしまうかもしれません。 高い場所には登れないようにしておくとよいでしょう。 短毛で寒さに弱いため、冬場の温度調節も大切です。 ドッグフードの量・回数 ミニチュア・ピンシャーは活動量が多いですが、食事の量は一般的な小型犬と同じで十分です。 ドッグフードに記載されている量を目安に、おやつのカロリーも考慮して決めましょう。 子犬の時期は、1日3回以上に分けてふやかして与えます。 成犬になったら1日に2回与えるのが基本です。 骨や関節に関わるトラブル予防として、 グルコサミンやコンドロイチンなどが配合されたフードを選ぶとよいでしょう。 食べさせてはいけないもの 犬が食べてはいけない食べ物 ネギ類全般(にんにく、ニラ、玉ねぎなど)・ぶどう類全般・チョコレート・キシリトール・生の魚介類(魚、イカ、タコ、エビ、カニ)・鶏の骨・アボガド・ナッツ類全般 犬は避けたほうがいい食べ物 ほうれん草・生肉・香辛料・にぼし・のり・生卵・生野菜・牛乳・ココナッツオイル・干しあんず 上記は代表的な食べ物を記載していますが、もっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてください。 柑橘類• スパイス類• クセのある葉物野菜 上記の食べ物も控えたほうが無難でしょう。 抜け毛の量 ミニチュア・ピンシャーは短毛でシングルコートです。 季節に合わせて生え変わる下毛がないため、抜け毛はあまり多くありません。 それでも定期的にブラッシングをして抜け毛をとり、風通しを良くしておけば肌トラブルの予防に効果的です。 お風呂の入れ方 お風呂は、月に1~2回程度を目安にしましょう。 頻繁に入れすぎると、肌のトラブルを抱える可能性があります。 シャンプーは必ず犬用を使用しましょう。 犬の肌や被毛に合うよう作られており、人間のシャンプーとは全く異なるためです。 子犬と成犬それぞれのミニチュア・ピンシャーのお風呂の入れ方を紹介します。 ミニチュア・ピンシャーの子犬のお風呂の入れ方.

次の